16件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

堺市議会 2020-12-15 令和 2年12月15日竹山修身前市長の選挙資金問題等調査特別委員会-12月15日-01号

本件については、大阪地方検察庁において訴訟記録記載内容が公開されることにより、被告人関係者の名誉、プライバシー等が侵害されることなどを防止するため、公益上の必要性について慎重に判断しているものと理解しております。  他方、竹山修身氏及び阪本圭氏への証人尋問や、また選挙運動費用収支報告書政治資金収支報告書等内容調査し、相当程度、事実関係を解明することができました。  

堺市議会 2020-12-15 令和 2年12月15日竹山修身前市長の選挙資金問題等調査特別委員会−12月15日-目次

……… 14 〇地方自治法第100条第1項に基づき大阪地方検察庁請求した記録の不提出について   ……………………………………………………………………………………………… 15  令和元年12月24日の委員会において決定し、大阪地方検察庁検事正に対し、令和2年1月17日を期日として提出を求めた竹山修身氏及び渡井理恵氏それぞれの第一審が大阪簡易裁判所にて行われた政治資金規正法違反被告事件についての訴訟記録

堺市議会 2020-02-07 令和 2年 2月 7日竹山修身前市長の選挙資金問題等調査特別委員会−02月07日-01号

本件については、令和元年12月24日の委員会で決定し、大阪地方検察庁検事正に対し、1月17日を期日として提出を求めていた第一審が大阪簡易裁判所にて行われた政治資金規正法違反被告事件についての訴訟記録写しについてですが、お手元に配布のとおり、1月31日付で地方自治法第100条第1項に規定する当該調査を行うため特に必要があると認めるに足る理由が明らかでないため、同請求には応じられないとの回答が2月4日

堺市議会 2020-01-28 令和 2年 1月28日竹山修身前市長の選挙資金問題等調査特別委員会−01月28日-01号

令和元年12月24日の委員会で決定し、大阪地方検察庁検事正に対し1月17日を期日として提出を求めていた第一審が大阪簡易裁判所にて行われた政治資金規正法違反被告事件についての訴訟記録写しですが、現時点提出はされておりませんので、状況報告いたします。

堺市議会 2019-12-24 令和 元年12月24日竹山修身前市長の選挙資金問題等調査特別委員会-12月24日-01号

本件については、堺市長選挙に係る選挙運動に関する収入及び支出報告に関する調査を行うため、大阪地方検察庁検事正に対し、竹山修身氏及び渡井理恵氏それぞれの、第一審が大阪簡易裁判所にて行われた政治資金規正法違反被告事件についての訴訟記録写し提出を求めたいと思いますが、いかがでしょうか。   

大阪狭山市議会 2014-09-11 09月11日-03号

宮崎順介市長  確かに、裁判公開の原則というふうなことで訴訟記録一般に公開されていて誰でも閲覧するということはできるということのようでありますけれども裁判所において閲覧できるということと、それをもって公表するというふうなことは若干意味合いが違うというふうに思いますし、今回の件につきましては以前から、前回のときにもお話しさせていただきましたけれども、その内容職員の昇任という個人の権利利益にかかわる

枚方市議会 2008-09-22 平成20年第3回定例会(第2日) 本文 開催日: 2008-09-22

刑事訴訟記録に添付されていた資料でございましたが、その取り扱いにつきましては、入手した趣旨ゆえに制限がかかっているもので、そのまま提出することにつきましては慎重にすべきと判断いたしました。  そのため、東部整備室事務所の捜索の際に押収されました書類の一つであろうと推測し、大阪地方検察庁に対し照会をかけました結果、入手することができ、その後、議会運営委員会提出したものでございます。  

八尾市議会 2004-03-08 平成16年 3月定例会本会議−03月08日-04号

次に、本市のこれまでの調査内容検討結果についてでありますが、本市顧問弁護士とも連絡を密にし、適切な指示、助言を得ながら、当該訴訟記録などの閲覧や企業の担当者からの事情聴取をしてまいりましたが、現時点においては、談合の事実を裏づけるような確証は得ていないところであります。 ○議長大沢秀史)  谷沢議員、2回目の質問を願います。

四條畷市議会 2003-12-05 12月05日-01号

この損害賠償請求につきましてはすべての起訴されました方々の裁判がすべて公判終了後、大阪地検の方から訴訟記録いわゆる供述調書等入手をいたしまして、その結果、フジタの不法行為により公正な価格の形成が阻害されたということで具体的な損害が発生しておるということで、各参加業者から事情聴取をしたところでございます。

河内長野市議会 2000-12-14 12月14日-03号

去る10月31日開催されました決算委員会におきまして丹羽議員より日野谷埋め立てに関する訴状の開示についてのご質問をいただき、お答え申し上げたとおり、民事訴訟法におきまして、訴訟記録閲覧につきましては第91条の規定にて、何人も、裁判所書記官に対し訴訟記録閲覧請求することができる、とあり、閲覧は許されております。

阪南市議会 1998-06-09 06月11日-03号

その後、その損害賠償請求金額について、現在100条調査特別委員会からは2億1,638万円という金額を提示していただいてございますが、これにつきましても現在刑事訴訟記録の中での損害賠償請求が何通りか提示されておりまして、その部分について、どの部分の額とするかということを100条調査委員会の勧告とあわせまして現在検討中でございますので、よろしくお願いしたいと思います。 

阪南市議会 1998-03-03 03月04日-02号

談合刑事裁判につきましては、先ほど議員からご指摘ありましたように、本年に入りましてから裁判がそれぞれ確定したところでございますけれども、その経過にわたる資料につきましては、なお確定刑事訴訟記録開示がもうそろそろされるように聞いておりますが、私どもとしても手続をしてその開示についての対応をしているところでございます。 

大阪市議会 1992-03-10 03月10日-03号

確かに、刑事確定訴訟記録法では閲覧できることがうたわれてはいます。しかし、実際の運用は、訴訟関係者以外には閲覧できるようにはなっておりません。それをあたかも、誰でも閲覧できるかのように言うのは、事実誤認であります。私は、一般論でなく、現実に基づいて判断すべきであり、事実誤認に基づく今回の不受理決定は撤回し、受理した上で公金支出の当、不当を判断すべきだと考えますが、見解を求めます。 

  • 1