10701件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

八尾市議会 2022-10-25 令和 4年 9月定例会本会議−10月25日-06号

ワークショップにおいて、共に育ち、共に生きる共生社会の一端を担うインクルーシブ視点を取り入れられたことに注目するとともに、いつまでも住民に愛着を持ってもらえる公園になってほしいと願います。西側跡地活用を含め、誰もがまちづくり構成員であるというインクルーシブ視点を持ち、市民の声に耳を傾けながら、八尾市が一体となって取り組める事業展開になることを望みます。  

吹田市議会 2022-09-09 09月09日-03号

こういう視点吹田市で取り入れるとすれば、JR吹田駅前、旭通商店街がふさわしいと考えます。車道で分断されることなく、どちら側の店舗にも行くことができるようになり、もともとの車道部分にはキッチンカーが出店したり、テントを張ってマルシェを開いたりすることもできます。 なんば駅周辺では2度にわたって社会実験を実施した結果、好評で本格実施に至りました。 

八尾市議会 2022-09-08 令和 4年 9月定例会本会議−09月08日-03号

まず、水道事業への住民参加をどう考え、実践しているかについてでありますが、水道事業ビジョン基本目標の一つにある皆様の近くにあり続ける水道という視点の下、様々な施策事業に取り組んでおります。  次に、水需要見込み施設整備についてでありますが、平成5年度に第6次拡張事業を策定する際、当時の人口予測を元に、将来見込みを行い、整備したものであります。  

吹田市議会 2022-09-08 09月08日-02号

3点目、教員の負担軽減視点から、複数顧問制外部指導者活用を積極的に取り入れることが必要であります。部活動指導員について法律的な位置づけ、任用のこと、謝礼のこと、権限のこと、責任のことに関して、外部指導員との違いを含めた現状についてお聞かせをください。 4点目、活動時間や休養日の設定により、方針策定の前と後ではどの程度活動時間が削減されたか。

八尾市議会 2022-09-07 令和 4年 9月定例会本会議−09月07日-02号

財政認識について、様々な視点があるものと考えられます。将来の経済動向社会ニーズを確定的に見極めることができない以上、財政の良し悪しというものは、絶対的な基準では決めることができません。また、日本における自治体の財政運営自体が、収入の多くを地方交付税という国会が定める法律に基づいて額が計算される収入に依存している側面があります。

岸和田市議会 2022-06-29 令和4年庁舎建設特別委員会 本文 開催日:2022年06月29日

だけど、そこに全てを集中させる、人に来てくださいではなくて、あるけれども各市民センターでも同じ機能で同じ書類、もっと言えば、家からメールを飛ばしてメールで返してもらって自分でプリントアウトできるようなものにしていくとか、それがない方は市民センターでできるとか、そういう流れをつくっていかないと、せっかくスペースをコンパクトにする中で、だけど人は集まってくださいという視点では理屈に合わないんじゃないかという

岸和田市議会 2022-06-28 令和4年総務常任委員会 本文 開催日:2022年06月28日

春木市民センターは、長期的な視点に立った施設のあり方についての検討でございます。公民館活動地域コミュニティー支援を行い、地域が継続発展していくための拠点施設として機能を発揮させるとともに、今後の施設在り方について、施設賃借料などの問題を含め、長期的な視点に基づき、全市的な計画とも整合させながら取り組んでまいります。  次に、八木市民センターでございます。

岸和田市議会 2022-06-27 令和4年事業常任委員会 本文 開催日:2022年06月27日

市営住宅在り方としましては、住宅ストックの効率的かつ円滑な更新を図るため、今後30年程度の中長期的視点に立ち、将来の人口減少を見据えた市営住宅需要見通しを踏まえ、長寿命化による長期的な維持管理実現を目指し、また、老朽化した用途廃止予定住宅につきましては、居住性の向上並びに安全性確保などの観点から、他の市営住宅への住み替えを基本としつつ、既存の市営住宅ではその需要を満たせない場合などの対応といたしまして

八尾市議会 2022-06-24 令和 4年 6月24日予算決算常任委員会(総務分科会)−06月24日-01号

財政部次長財政課長下村利幸)  事業のその執行率という視点でいきますと、今回のこの5000円の給付金あるいは水道の減免というのは、執行率は非常に高いものであるという事業であると認識してございまして、当然、それに割く一般財源は、一定額予算に近い額充てる必要があるというのは、同じ認識でございます。  

八尾市議会 2022-06-23 令和 4年 6月健康福祉環境常任委員会−06月23日-01号

健康保険課長北野洋英)  統一保険料率と、少し視点が異なる部分にはなるのですけれども、国保の事業会計そのものに対する分になってまいります。都道府県化広域化という取組が、平成30年度から実施しておりまして、法改正がそれに基づいてされておりました。それに向けて、国のほうも動きをとっておられまして、合計、現状で3400億円、全国で3400億円の資金投入という部分をされております。  

岸和田市議会 2022-06-21 令和4年第2回定例会(本会議 第2日目) 本文 開催日:2022年06月21日

計画の目指す地域社会実現に向け、障害のある人、またその家族が共に自分らしく生活できるまちづくりのためには、欠かすことのできない重要な視点があるのではないでしょうか。今日はその中から幾つかの点について質問いたします。  1つ目は、地域生活支援拠点等整備についてです。その中でも、特に緊急時の相談対応受入体制は重要です。障害のある人やその家族にとって安心できる体制になっているのかどうか。

岸和田市議会 2022-06-20 令和4年第2回定例会(本会議 第1日目) 本文 開催日:2022年06月20日

1点目のヤングケアラー支援について、学校教育部では、ヤングケアラーと思われる事例があることや、教職員がヤングケアラーについて理解し、その視点を持った上で子供たちを見守りつつ、生活実態を把握することが重要であるとの答弁でした。その後、どのように取り組まれてこられたのかお答えください。  

八尾市議会 2022-06-17 令和 4年 6月定例会本会議−06月17日-03号

名称変更については、父親や家族が関わる視点も持ちながら、国・他市の動向を踏まえ、引き続き検討してまいります。  次に、子育てアプリの併用についてでありますが、本市母子健康手帳紙媒体となっておりますが、本市生活応援アプリ「やおっぷ」には、子供情報を登録すれば、身長、体重などの発育や予防接種などが管理できる機能がございます。

八尾市議会 2022-06-15 令和 4年 6月定例会本会議−06月15日-01号

政策企画部長山原孝英)  今ございましたとおり、我々もこのコロナ禍におきましては、市民の暮らしの安全確保市民生活支援、それと地域産業への支援活性化という視点で、3つを柱に、これまでも、緊急対策で、臨時対策交付金活用しながら、市民生活を支える施策を打ってきたと考えてございます。