運営者 Bitlet 姉妹サービス
2561件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-27 茨木市議会 平成31年第2回定例会(第8日 3月27日) 茨木っ子グローイングアッププランの最終年度である平成31年度は、対話的な授業を通じた学習意欲の向上や多様な授業による理解力の促進を図るため、小中学校にタブレット端末を増設するほか、業務サポーターの増員や英語力向上に向けた取り組みを進められることなどについては、本市らしい取り組みと受けとめます。それだけに甘んじず、教育のまち茨木にふさわしい取り組みに、果敢にチャレンジされることを期待します。   もっと読む
2019-03-19 茨木市議会 平成31年文教常任委員会( 3月19日) 3目教育振興費につきましては、小中学校の教育振興を図る経費でございまして、主なものといたしましては、奨学金事業、教職員福利厚生事業などに要する経費や英語教員への英語力向上研修の実施、スクールソーシャルアドバイザーの拡充、部活動指導員の配置など、第4次3か年計画茨木っ子グローイングアッププランの取り組みに要する経費などを計上しております。  次に、216ページをお開き願います。   もっと読む
2019-03-14 堺市議会 平成31年第 1回定例会−03月14日-05号 英語教育の早期化や小学校プログラミング教育の必修化など、新学習指導要領への対応│ │はもとより、ICTの活用による授業の質の向上や少人数学級、習熟度別授業による生徒一人一人│ │に応じたきめ細やかな教育の実践など、子どもたちの総合的な学力の育成に資するハード・ソフト│ │両面での取り組みを求めておきます。                            もっと読む
2019-03-13 茨木市議会 平成31年第2回定例会(第7日 3月13日) 市といたしましては、日本語が得意でない外国人等へ言語関係の支援として市民ハンドブックの英語版と中国語版の作成、易しい日本語版をホームページに掲載するほか、識字、日本語教室を実施しております。 もっと読む
2019-03-07 茨木市議会 平成31年第2回定例会(第3日 3月 7日) 英語教育につきまして、中学校の英語科教員の全員を対象にした研修については評価するものですが、小学校から中学校へとスムーズな接続が英語教育の効果を上げるものと考えます。小学校においては、新指導要領の移行期間ともなりますが、中学年の外国語活動の内容に加え、高学年には外国語科の内容が加わります。教員の指導力向上とともに、指導力をカバーできる体制も必要と考えます。 もっと読む
2019-03-04 茨木市議会 平成31年第2回定例会(第1日 3月 4日) また、本市中学校の英語科教員全員を対象に、英語教育の外部専門機関による研修を実施し、「聞く・話す・読む・書く」の英語4技能を総合的に学ぶ授業の実現をめざします。  そして、教員と子どもの向き合う時間を確保するため、小・中学校に業務サポーターを増員するとともに、全中学校に部活動指導員を配置し、教員の負担軽減と部活動の充実を進めます。   もっと読む
2019-02-20 堺市議会 平成31年第 1回定例会−02月20日-04号 また、堺市では堺市立堺高等学校を設置しており、その教育課程の中で国際交流や英語力向上に取り組んでいるところでございます。今後とも海外や大学との交流を通じて、国際化に対応できる人材の育成を進めてまいりたいと考えております。以上でございます。 ◆17番(井関貴史君) 議長。 ○議長(山口典子君) 17番井関貴史議員。 もっと読む
2019-02-18 堺市議会 平成31年第 1回定例会-02月18日-02号 現在はその移行期にあり、今回の予算では学校教育ICT化推進事業として、児童のタブレット端末の整備、英語教育推進事業といったネーティブスピーカーの派遣などが挙げられています。  今回の新学習指導要領は、前回の改訂でゆとり教育から大幅に方向修正をしたものをさらに進めるものと認識していますが、今回新学習指導要領で示された学力と堺市のめざす学力についてお示しをいただきたいと思います。   もっと読む
2019-02-12 堺市議会 平成31年第 1回定例会−02月12日-01号 まず、英語によるコミュニケーション能力の向上を図るため、小学校3、4年生へのネイティブスピーカーによる授業時間を拡充いたします。  また、2020年度からの小学校プログラミング教育必修化を見据え、プログラミング教材と児童用タブレット端末を整備し、ITリテラシーの向上を図ります。  さらに、部活動の充実や活性化、教員の負担軽減を図るため、中学校の部活動指導員の配置を拡充します。   もっと読む
2018-12-21 大東市議会 平成30年12月定例月議会−12月21日-04号 そして何よりも大事なのが、外国人のお客さんを迎えるのに英語をしゃべれる方がいらっしゃらないといけないということで、英語の観光ボランティアの育成について、これは提案をしたいというふうに思います。   もっと読む
2018-12-21 豊中市議会 平成30年12月定例会(本会議)−12月21日-04号 また、長内市長の選挙公約や政策で、教育に係る小学校全学年35人学級の推進、外国人英語指導助手の推進、ICT教育の推進についてのめど、目標は、どのように検討されているのかお聞かせください。あわせて、こども未来部との関連から校舎・教室のスペースはどの部局で検討され、どのように取り組むのかお聞かせください。 もっと読む
2018-12-19 大東市議会 平成30年12月定例月議会−12月19日-02号 7点目、英語教育についてでございます。  グローバル化に伴い、本市も英語教育には力を入れて取り組んでいますが、その成果はどうなっているんでしょうか、お答えください。  8点目、自治体の指定金融機関についてでございます。  これは9月議会におきまして指定金融機関の件をお聞きしました。北河内7市のうち、6市がりそな銀行を使っております。その後、近隣市と協議はどうされているのかお答えください。   もっと読む
2018-12-19 豊中市議会 平成30年12月定例会(本会議)−12月19日-02号 私は、小中一貫教科の設定も掲げている中、例えば、学習面での習熟度別のクラス編制を英語や国語の語学教科で導入する取組み、人数が増えることでのクラブ活動数の充実も学校の魅力の部分につながると考えますが、今年度末までに示されるであろう学校の魅力に関して、現在の市の見解をお聞かせください。  また、どのような形で今年度中に示される魅力の部分を地域に説明に入られるのかもお聞かせください。   もっと読む
2018-12-14 堺市議会 平成30年12月14日総務財政委員会-12月14日-01号 ◎坂本 財政課長  シーリングとは、英語で天井を意味するものでございます。  本市の平成31年度当初予算編成事務におきましては、予算額について各局が要求できる額の上限を目安として設定をしております。以上でございます。 もっと読む
2018-12-13 東大阪市議会 平成30年12月13日環境経済委員会-12月13日-01号 外国の方の推移のほうを見させていただくと、ちょっとそれはまた後にして、先に済みません、先ほど質問させてもらった部分だけ、例えばですけど英語の方が何名か同時にかけてきたときに、じゃあ翻訳が必要だと、翻訳者の方が必要だという場合、同時に翻訳者の方が英語それぞれで対応できるのか。 もっと読む
2018-12-13 堺市議会 平成30年12月13日文教委員会−12月13日-01号 1点目は、英語教育の早期化・高度化への対応。2点目は、学校図書館教育の充実でございます。  次に、よりよい教育環境の充実に関しましては、大きく3点。1点目は、学校教育ICT化の推進、2点目は、生徒指導体制等の充実による秩序と活気のある場づくり。3点目は、学校園施設の計画的な老朽化対策、安全対策の推進でございます。以上でございます。 もっと読む
2018-12-12 堺市議会 平成30年12月12日産業環境委員会−12月12日-01号 現在も転入者に対する区役所窓口でのチラシ配布を継続しているほか、英語・中国語・韓国語・ポルトガル語・ベトナム語版と点字版のチラシも作成するなど、さまざまな手法を用いて周知に努めているところでございます。以上でございます。 ◆乾 委員  回収ボックス15カ所、そしてまた店頭回収の協力店ですね、5カ所をふやされたとのことであります。 もっと読む
2018-12-11 松原市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月11日−04号 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ◆16番(福嶋光広君)   今、長時間労働が大きな問題になっているんですけれども、また、2020年の学習指導要領の改訂で、小学校では授業時数が140時間ふえる、3年生から外国語活動が入って、5年生から教科で英語が始まるというふうな状況になっているんです。 もっと読む
2018-12-11 能勢町議会 平成30年12月定例会議(第2号12月11日) ただ、特に高学年から中学生になりますと、いわゆる主要教科といいますか、国語、社会、数学、理科、英語、それにつきましては割と毎日近く授業もありますし、家での課題といいますか、予習復習も含めまして学習しますから、その主要教科等については割と毎日は持って帰って持ってきていると、そういう状況の子供のほうが多いと思います。   もっと読む
2018-12-11 茨木市議会 平成30年文教常任委員会(12月11日) 私は、それから主要5教科ですね、国語、社会、数学、理科、英語、これの結果でテスト教科以外である、例えば音楽とか、美術、体育、技術、こういった平均点も決まっていくという問題点がある。  それからあと、各学校の評価もこのチャレンジテストによって決まると。 もっと読む