33件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

堺市議会 2018-12-12 平成30年12月12日産業環境委員会−12月12日-01号

その延伸区間が平成15年度から府営事業として着手され、当時確認された絶滅危惧野生動物への配慮などのための審議や、またそれに伴う工法変更、盛り土区間の材料調達に時間を有したことなどにより、平成26年度に完了いたしました。その後、残区間の工事を行い、平成27年11月には全2.6キロメートル道路本体の整備が完了いたしました。なお、これらに係る総事業費は府・市合わせて約55億円となっております。  

堺市議会 2018-09-28 平成30年第 3回定例会−09月28日-05号

ウシガエルやアメリカザリガニなどは、メダカトンボのヤゴなどを食│ │べ荒らし、絶滅危惧が増加していることも問題になっています。また、農作物がアライグマ│ │に荒らされるなどの被害も増加しています。ペットとして飼われていたものが野に捨てられ、│ │農作物に大きな被害をもたらし、自然体系を壊すなどの問題が深刻化しています。

羽曳野市議会 2017-12-11 平成29年第 4回12月定例会-12月11日-03号

特に当時は、絶滅危惧に指定されていましたオオタカも生息していることもあり、基本的には現況のままで自然環境を保全することとしたものであります。  なお、第6次羽曳野市総合基本計画では、調和のとれた土地利用の推進として、市街化調整区域においては無秩序な市街地の拡大を抑制しつつ、農地自然環境の維持保全を前提とした土地利用を図ることとしています。

羽曳野市議会 2017-10-23 平成29年10月23日総務文教常任委員会-10月23日-01号

特に音楽関係であるとか、舞台関係であるとか、文化部というのがもう今ほとんど消滅というか絶滅危惧のような形になっておると思いますが、やはり両面を子どもたちの教育の分野として考えていただいたら、市内にもそのような分野でまた民間として指導していただけるような方もいらっしゃるのではないかなと思います。

堺市議会 2017-09-21 平成29年度決算審査特別委員会−09月21日-03号

ウシガエルやアメリカザリガニなどは、メダカトンボのヤゴなどを食べ荒らし、絶滅危惧が増加していることも問題になっています。また、農作物がアライグマに荒らされるなどの被害も増加しています。ペットとして飼われていたものが野に捨てられ、農作物に大きな被害をもたらし、自然体系を壊すなどの問題が深刻化しています。当局には、外来種に対する対策を強化するよう申し上げておきます。  

豊中市議会 2017-03-13 平成29年 3月13日環境福祉常任委員会-03月13日-01号

公園みどり推進課主幹(三川和夫) 春日町ヒメボタル特別緑地保全地区整備事業に含まれる整備工事目的でございますが、春日町ヒメボタル特別緑地保全地区は、大阪府の準絶滅危惧に指定されているヒメボタルが市内で唯一生息する地区で、これまで市民との協働による保全活動に取り組むとともに、自然観察会、自然環境学習の場として活用してきたところでございますが、ヒメボタルの保全とその更なる活用を図るため、必要な施設

高槻市議会 2016-11-04 平成28年史跡整備等特別委員会(11月 4日)

5点目、京大農場における生態系調査で確認されたケリという鳥は、準絶滅危惧だということですが、ケリの生育環境はどのようになるのでしょうか。ケリの繁殖には水田が必要だということですが、公園ができると水田がほとんどなくなってしまうということになります。京大農場のケリについてはどうなるのか、お答えください。  以上です。

豊中市議会 2015-09-10 平成27年 9月10日環境福祉常任委員会−09月10日-01号

ところが、その後に非常に熱心な会派が出てこられまして、まあこれ任せときゃええわということで私はずっと手を引いていたわけなんですが、今日に至って、このようなことで保全に向けてしっかりと取り組んでいただいているということについて一定の評価をさせていただくわけでありますけれども、ただ1点、こういった豊中市内における絶滅危惧、そういったものを保全していこうという気持ちはよくわかります。

岸和田市議会 2015-06-23 平成27年第2回定例会(本会議 第2日目) 本文 開催日:2015年06月23日

そこに挑戦するために、平成19年度に策定されたのが観光振興計画であったのかなというふうに理解をしているわけでございますが、岸和田を訪れてくださる方を260万人までその計画で伸ばそうとしてきたわけですけども、あれは平成23年でしたかね、絶滅危惧のコウノトリがいきなり久米田池に飛んできたというのがありまして、本当にその様相ですよね。

大東市議会 2015-06-23 平成27年 6月定例月議会−06月23日-02号

これがカダヤシ、ミシシッピに住んでいるところから見れば、亀と一緒に水槽に入ってきたのかなと思いますけども、グッピーとは、観賞用の魚、グッピーとは違って、野生でどんどんふえていって、これが日本メダカ絶滅危惧を駆逐してしまっているという例がたくさんあります。  これがお話にありましたバラエティーのその1で、ギンブナですね。それから、左側のがドジョウです。

豊中市議会 2014-03-11 平成26年 3月11日文教常任委員会-03月11日-01号

これも衝撃的な数が知れたわけですけれども、まさに絶滅危惧かと思ったんですけれども、違うそうです。これは、最近こうするようになったそうです。これは、やっぱりすごいことだなと思うんですよ。  私たちの世代は、保護者と一緒に昼食を食べていた。あるときを境に途端にやらなくなった。

泉南市議会 2013-03-26 平成25年第1回定例会(第7号) 本文 開催日: 2013-03-26

としてつなぐことでは、真ん中が抜けているということで、道路として位置づけた場合、事業効果は抜けていることでないと、堀口議員のほうは多分そういうことで質問されたのかなと、こういうふうに思うんですけれども、もともとこの道路については、泉南市の自然を破壊というのかな、豊かな自然を守るということでは、たくさんの自動車が通ることになれば、排気ガスがどんどんまき散らかされて自然破壊につながっていくし、オオタカ問題も、オオタカが絶滅危惧

豊中市議会 2012-10-15 平成24年10月15日環境福祉常任委員会(決算)−10月15日-01号

その結果、大阪府が準絶滅危惧に指定しているヒメボタルが春日町2丁目、3丁目に生息していることがわかりました。この貴重なヒメボタルの生息環境を守るため、市は生息地を保全区域として設定し、平成4年に発足した生息地周辺の住民を中心とした市民団体、豊中ヒメボタルを守る会とともに保全事業を開始しました。

大阪狭山市議会 2011-09-12 平成23年  9月 定例会(第3回)-09月12日−02号

かつて狭山池の西堤に残された雑木林にバタフライガーデン、蝶の森を造成した原因の一つは、狭山池絶滅危惧のシルビアシジミが発見されたことにあります。チョウが食べ、吸蜜する花を育てるボランティアの方々の毎月の協力で、今や狭山池の人気スポットとなり、親子の自然学習の場になっています。  

堺市議会 2011-03-02 平成23年 3月 2日建設委員会-03月02日-01号

今、温暖化による夏の猛暑、大型台風豪雪など、地球環境が大きな警告を私たちに与えているというふうに思いますし、私、絶滅危惧を含む101種のこれらの地域に生息されている育成環境、これを守れない行政というのは、市民の生活を守ることはできないと。あるいは市民の生活を守ることができない行政に、これらの環境を守る施策の展開はできないというふうに思っております。  

豊中市議会 2010-12-21 平成22年12月定例会(本会議)−12月21日-03号

税に関する助成につきましては、竹林の保全を目的としたものではなく、大阪府で、準絶滅危惧とされているヒメボタルを保全するために、生息区域の一部に対して行っているものでございます。  ご質問の上新田の竹林につきましては、所有者の方々が土地区画整理組合を設立されており、区域内の竹林の保全はその事業の中で良好な住環境の整備とあわせて検討していくものと考えておりますので、よろしくお願いいたします。

堺市議会 2010-12-10 平成22年第 6回定例会−12月10日-04号

先ほど見ていただきましたとおり、一連の連担している緑の3分の1、4分の1というあの固まりのですよ、それぐらいの面積、23.3ヘクタール緑地が失われることは、堺市のみならず、堺市民にとりまして、絶滅危惧を含む生物多様性自然環境と営農環境地球温暖化問題などの大きな経済的損失につながるというふうに考えております。  特別緑地保全地区については明確な答弁が出されませんでした。

豊中市議会 2010-10-14 平成22年10月14日環境福祉常任委員会(決算)-10月14日-01号

◆委員(渡邉稔) 大阪府から準絶滅危惧ということで指定されているこのヒメボタルでございます。この保全について生物多様性が重要視されているのは今日においても非常に大切なことではないかなと考えられるところでございます。恐らく南部の堺市などのところでは人が入らない古墳等のところで多くの生息が確認されていると説明いたしております。

  • 1
  • 2