601件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

河内長野市議会 2021-03-25 03月25日-04号

犯罪被害者等補償法を制定して)犯罪被害者に対する経済支援を充実させるとともに、手続的な負担を軽減する施策を講じること。 3.犯罪被害者の誰もが、事件発生直後から弁護士による法的支援を受けられるよう、公費による被害者支援弁護士制度を創設すること。 4.性犯罪性暴力被害者のための病院拠点型ワンストップ支援センターを、都道府県最低1か所は設立し、人的・財政的支援を行うこと。 

貝塚市議会 2021-03-25 03月25日-04号

かなり市民生活にも大きな影響があったというところの中で、新型コロナウイルス感染対策並びに経済支援策を迅速に実施できたと、私としては考えております。 私自身、これまで貝塚市も含めて3回の基礎自治体出向経験を有しておりますけれども、どちらかというと人口規模がある程度有しないと、市民皆様方の満足のいくような施策が十分に実施できないと考えておりました。

大東市議会 2021-03-23 令和 3年 3月定例月議会−03月23日-05号

事業内容としましては、本市住民登録のある65歳以上の高齢者の方及び障害者手帳所持者の方に対し、新型コロナウイルス感染症対策を行うための経済支援として、お一人当たり5,000円分のギフトカードを郵送するものでございます。  ギフトカードは、全国共通のもので、大東市内の主要なスーパーや量販店等で使用できるものを予定しており、郵送の際には、市内で使用可能な店舗の一覧を同封させていただきます。  

茨木市議会 2021-03-10 令和 3年第2回定例会(第5日 3月10日)

フリースクール通学に対する経済支援についてでございます。  費用補助につきましては、他市事例を参考にしながら研究してまいります。 ○河本議長 17番、青木議員。 ○17番(青木議員) この件について、要望いたします。  通級指導教室は、5年間で、小学校が14校に、中学校では全14校に設置されるということです。

大東市議会 2021-02-28 令和 3年 3月定例月議会−02月28日-02号

今回、先ほど、議案第33号が提出をされまして、今ちょっと見させていただいてるんですけど、一応、高齢者障害者の方に対して、感染症対策を行うための経済支援策として、対象者1人当たり5,000円のギフトカードを送付をすると。そして、緊急対策の取組のターゲットとして、高齢者を守る、障害者を守るということで出していただいております。  

吹田市議会 2021-01-29 01月29日-01号

担当部においても、あくまで経済支援の一助となる程度の認識であり、限られた予算における支援策を講じる上での必要十分条件に至る根拠もありません。二兎を追うものは一兎をも得ずになるとは言いませんが、これで交付対象者への支援を実行した気にはならず、本当に必要な施策は何なのか、いま一度検討し、支援策を別途実施するよう求めます。 以上の意見を申し上げ、本案に賛成いたします。

河内長野市議会 2021-01-05 03月25日-資料

犯罪被害者等補償法を制定して)犯罪被害者に対する経済支援を充実させるとともに、手続的な負担を軽減する施策を講じること。3.犯罪被害者の誰もが、事件発生直後から弁護士による法的支援を受けられるよう、公費による被害者支援弁護士制度を創設すること。4.性犯罪性暴力被害者のための病院拠点型ワンストップ支援センターを、都道府県最低1か所は設立し、人的・財政的支援を行うこと。

羽曳野市議会 2020-12-23 令和 2年第 4回12月定例会−12月23日-05号

犯罪被害者等補償法を制定して)犯罪被害者に対する経済支援を充実させるとともに、手続的な負担を軽減する施策を講じること。 3.犯罪被害者の誰もが、事件発生直後から弁護士による法的支援を受けられるよう、公費による被害者支援弁護士制度を創設すること。 4.性犯罪性暴力被害者のための病院拠点型ワンストップ支援センターを、都道府県最低1か所は設立し、人的・財政的支援を行うこと。

箕面市議会 2020-12-21 12月21日-02号

さらに、これは重要なことでありますが、必要なときに必要な経済支援を必要な子どもたちに実施する本市独自の新たなそういった仕組み、そういったものを早急に構築する必要があると思うんですが、当局のご見解を伺います。 ○議長中井博幸君) 副教育長 尾川正洋君 ◎副教育長尾川正洋君) 保護者離職収入減等による見えない貧困問題についてご答弁いたします。 

松原市議会 2020-12-18 12月18日-05号

犯罪被害者等補償法を制定して)犯罪被害者に対する経済支援を充実させるとともに、手続的な負担を軽減する施策を講じること。 3.犯罪被害者の誰もが、事件発生直後から弁護士による法的支援を受けられるよう公費による被害者支援弁護士制度を創設すること。 4.性犯罪性暴力被害者のための病院拠点型ワンストップ支援センターを、都道府県最低1か所は設立し、人的・財政的支援を行うこと。