166件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

豊中市議会 2019-06-19 令和 元年 6月定例会(本会議)−06月19日-06号

さらに、校内のケース会議へのスクールソーシャルワーカーの派遣や、弁護士臨床心理士精神等の専門家に管理職が相談できるサポート会議、弁護士への専門的な法律相談の実施等の取組みも進めております。 ○議長(弘瀬源悟) 17番、坂口福美議員。   ( 登 壇 ) ◆17番(坂口福美) 3問目を行います。  虐待は、幼い子どもに深い傷を残します。未然防止の観点から親子一体の支援が必要であります。

東大阪市議会 2019-06-18 令和 元年 6月18日民生保健委員会−06月18日-01号

ある意味マニュアルがなかったら間違った指導もする場合がありますから、そんな場合に個々のケースのときに集団認識でなしに、一定の専門的な精神とかいうようなチームをつくってこのケースどうしようかみたいなことをせんと、経験だけではなかなか難しいというふうに思うんですけども、それはこういういろんな事件が起きてる場合は、やっぱり東大阪のいろんなケースを、個々のケースをそういうふうに具体化、支援の手をどう具体化

枚方市議会 2019-06-05 令和元年6月定例月議会(第5日) 本文

オープンダイアローグ・ネットワークジャパン共同代表で、精神の斎藤 環氏は、従来の精神医療というものは、薬物療法が進歩すれば鬱病も統合失調症も最終的には全部治るという目標で頑張ってきたが、最近になってそれには限界がある、正しい薬さえ出していれば治るはずだと言うが治り切れない人がすごく増えているという現実があると語っています。  

東大阪市議会 2019-03-18 平成31年 3月18日民生保健委員会−03月18日-01号

きょうの朝日新聞にちょうど載っておりまして、国は22年度までに全市町村家庭総合支援拠点を設置するということで言うてますけども、この中に小児精神の奥山眞紀子さん、日本子ども虐待防止学会の理事長さんが見解を述べておられるんですけども、児童相談所の業務、これはかなり多岐にわたると思うんですが、この児童相談所の業務で養護相談とか障害相談とか非行相談、しつけや不登校などの育成相談とか保健相談、これは多岐

守口市議会 2018-10-31 平成30年決算特別委員会(10月31日)

専門医、小児精神も非常に不足している中で、その部分のサービス社会全体で不足もしておりますけれども、そういうふうな小児精神を含めてのかかりつけ医がいらっしゃればこの子の発達についてはどういうことが保障されていくべきか、これが療育計画プログラムになりますけれども、そういうことを踏まえて、かつ保護者さんの思いもあるでしょう。

豊中市議会 2018-10-16 平成30年10月16日文教常任委員会(決算)−10月16日-01号

一方、支援チームにつきましては、相談チームとは別の弁護士精神臨床心理士などから構成され、月1回のサポート会議の中で解決困難な課題に対して丁寧なアセスメントを行い、解決への具体策等について検討などを行っております。 ◆委員(吉田正弘) 相談と支援で合わせて決算額が772万円ですが、これらの詳細についてお聞かせください。

豊中市議会 2018-10-15 平成30年10月15日環境福祉常任委員会(決算)−10月15日-01号

すごくプライバシーとかセンシティブな問題であるHIVのことや、精神的に悩んでるというときに、いきなり精神という発想に多分世の中なっていると思うんですけれども、ハードルが高いというか、敷居が高いので、身近な保健所でもそういう相談事業をされているということをもう少し多くの市民の方々が認識というか意識の中で持っていただいたら、例えば家族であったり身近に悩んでいる方がいたときに、精神科ではなくて保健所でもそういう

東大阪市議会 2018-09-14 平成30年 9月第 2回定例会−09月14日-02号

また精神を嘱託医として雇用し、アルコール依存症の専門相談に対応しており、本人、家族、関係機関などからの相談や、医療が必要な方へは専門医療機関との連携をとって、相談から受診までスムーズな対応を行っております。また医療と並行して自助グループへつなぐなど相談者の状態に応じた支援に努めております。なお、周知方法につきましては、ウエブサイトや市政だよりで行っております。  

堺市議会 2018-08-22 平成30年 8月22日子どもと女性が輝く社会実現調査特別委員会−08月22日-01号

◆榎本 委員  今しっかり取り組んでいただいているいうことなんですけども、やはり実際児童虐待を行う保護者は自分が虐待を受けた体験による心の問題を抱えていると言われておりまして、先ほど御説明ありましたように、精神等の医者とかあるいは臨床心理士協力を得て心理的側面からケアを行うことによって、虐待の再発防止や子どもの福祉の向上に資するというふうに考えますので、ぜひこういう保護者指導カウンセリング

能勢町議会 2018-03-20 平成30年総務民生常任委員会(3月20日)

加えて御指摘の内科に寄ったというような御指摘もある中で、当然このサポート医のいろんなサポート医になる要件がいろいろあるわけですけれど、やはり一番大きなのは、精神としての勤務5年以上とかいろんな要件があってサポート医になられる先生もいらっしゃるわけで、やはり精神科の先生に携わってもらえるほうが本町のサポート医の先生方も心強いというところで、今、精神科専門医のドクターにも携わっていただくというところで

豊中市議会 2018-03-09 平成30年 3月 9日文教常任委員会−03月09日-01号

支援チームにつきましては、相談チームの弁護士とは別の弁護士精神臨床心理士などから構成されておりまして、月1回これら専門家によるサポート会議を開催し、具体的なケースの検討や支援の具体策について検討等を行っております。また、必要な場合には、学校専門家の派遣もしております。

八尾市議会 2017-12-11 平成29年12月保健福祉常任委員会−12月11日-01号

実際に管内の医療機関であったり、また診療所といったところの、精神の先生方ともしっかり連携をしていきながら、対応をさせていただいております。  また、いろいろな精神障がい者向けのサービス、たくさん事業所もございますので、そういったところともしっかり連携を図りながら、精神障がいの方々、また一般の市民の皆様の心の健康相談の対応に当たっておるというところでございます。

交野市議会 2017-10-04 平成29年  9月 定例会(第3回)-10月04日−07号

また、精神帚木蓬生さんは、「ギャンブル依存症は誰でも陥る可能性があり、陥るか陥らないかの差は、ほぼ環境要因で決まる」、つまり環境そのものにギャンブルしやすい環境が整っていると依存症患者は確実にふえると指摘をされており、IRカジノ法によってカジノを解禁することがギャンブル依存症問題の悪化を招くことは確実です。  

東大阪市議会 2017-06-14 平成29年 6月第 2回定例会-06月14日-03号

記事では、各自治体の訪問支援によって医療機関の受診につながったり、就労したりして社会参加できた例は多数あると言われていることや、国の指針づくりにかかわった精神の齊藤万比古愛育相談所長が、ひきこもり支援に訪問の手法は欠かせず、スタッフの増員や専門性の向上が必要であると示し、訪問支援の重要性を指摘していることを紹介しています。

東大阪市議会 2017-03-14 平成29年 9月第 3回定例会−03月14日-17号

また市政運営方針では、独立行政法人化により職員採用による専門性の維持向上や、意思決定の迅速化による経営の効率化を図り、医業収益においても順調に改善が図られると述べられ、心臓血管外科の新設や常勤の精神の確保、高度な急性期医療に対応できる手術室や集中治療室の整備など、市民に向けて必要な医療を提供する中河内の地域医療の中核病院として、私たちはあなたのために最善を尽くしますの経営理念のもと、より高度な病院

東大阪市議会 2017-03-05 平成29年 9月第 3回定例会−03月05日-14号

また、4月からは常勤の精神を確保することにより、認知症患者などへの対応の充実が図られる予定であり、これまで以上に市民医療ニーズに迅速に対応できる体制が整えられることとなります。また、市民皆様に初期的医療から専門的医療へ継ぎ目のない医療を提供するために、地域医療機関と病診、病病連携の強化に努めることで、紹介率、逆紹介率の向上が図られてきております。

泉南市議会 2016-12-08 平成28年第4回定例会(第2号) 本文 開催日: 2016-12-08

ドクターが少ないということで、発達障害児等の専門の医師については、現在和歌山の病院に勤務する小児精神が対応いたしてございます。今後もこの発達障害等専門の医師、これの確保というのが重要だと考えてございますので、大阪府に要望させていただき、今後も引き続き要望を続けていきたいと考えてございます。