27件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

泉南市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第1号) 本文 開催日: 2019-03-06

また、産業創出につきましては、商工会と連携して、企業間、第一次産業産業といった異業種間の交流マッチングを進めるとともに、空き店舗対策としての家賃補助事業を通じて、市内商店街空洞化の抑制と商業の新たな担い手の育成を進めることによって、商業地域活性化を目指します。  次に、観光について申し上げます。  

泉南市議会 2018-06-13 平成30年第2回定例会(第1号) 本文 開催日: 2018-06-13

また、産業創出につきましては、商工会と連携して、企業間、第一次産業産業といった異業種間の交流マッチングを進めるとともに、空き店舗有効活用による創業機会創出に取り組みます。  次に、観光について申し上げます。  平成29年の関西の訪日外国人数は約1,200万人、LCCの増便などにより、インバウンドは飛躍的に拡大しています。

豊中市議会 2016-09-29 平成28年 9月定例会(本会議)−09月29日-03号

( 登 壇 ) ◎政策企画部長足立佐知子) 地域経済循環図に関する本市特徴でございますが、生産については、本市卸売小売業や塾、医療介護といったサービス業など、産業生産全体の8割強を占めております。地方創生でいう稼ぐ力のある基盤産業も、産業中心となっています。雇用者等の所得については、本市住宅都市であることから、地域外に勤務して給料等を得る割合が高くなっております。

泉南市議会 2014-10-28 平成26年空港等まちづくり対策特別委員会 本文 開催日: 2014-10-28

そういうことを考えていくと、観光に特化しないで、本当にそういう外国人方たちの今後の泉南市のいろんな産業のあり方も、先ほど農業云々とありましたけれども、農業にも限らず第二次産業にしても産業にしても、そういうところで長期的にそういう人たちとも、ともに一緒に泉南市を盛り上げていく考えはあるのかどうか。  

岸和田市議会 2012-12-05 平成24年第4回定例会(本会議 第1日目) 本文 開催日:2012年12月05日

岸和田市は、古くから泉州地域における中核都市として発展し、海から山まで豊かな自然を有する地域性もあって、農業製造業卸小売業サービス業など、第一次産業から産業まで多種多様な産業が発展してきました。  岸和田名産品といたしまして、タマネギ、ミカン、桃、水ナス綿スフ織物光学レンズ顕微鏡ガラス金属造形品、桐だんす等がございます。  

泉南市議会 2012-06-12 平成24年第2回定例会(第2号) 本文 開催日: 2012-06-12

私が入手している情報では、神奈川県相模原市ではフラワーショップのオーナーが中心となって花卉業界活性化するための組織を発足させ、第一次産業から産業までを統合し、第六次産業創出して、花卉業界の改革を目指しています。  広島県の世羅町では、観光農園や農作物の販売所に力を入れており、第六次産業化の進んだまちとして有名であります。  

岸和田市議会 2011-03-08 平成23年第1回定例会(本会議 第4日目) 本文 開催日:2011年03月08日

本市岸和田市では、農漁業を初め、第二次産業産業業種もあり、産業の支援と言っても業種によってさまざまな施策展開が必要であります。  そこでまず、市内における産業構造特徴についてお尋ねします。  2点目、官公需市内業者への発注率について。  中小業者官公需法に基づき、中小企業受注機会の増大に努めることが、国と地方自治体に求められています。

岸和田市議会 2010-06-17 平成22年第2回定例会(本会議 第1日目) 本文 開催日:2010年06月17日

その人がサービス業産業第四次産業、いろいろな仕事で飯食ってるわけでございます。  私もおかげで議員を長いことさしてもろて、ありがたく感謝してるわけでございますが、仕事がないというのは一番惨めでございます。仕事あることによって生活ができて、やっぱり楽しみもありゃ苦しみもあるわけでございます。  

泉南市議会 2009-10-16 平成20年度決算審査特別委員会(第4号) 本文 開催日: 2009-10-16

いろんな数字があるわけでございますけれども、1つは我々類似団体泉南市の産業構造、第一次、第二次、産業これとよく似たところとの比較というのがございまして、これは一般的に使われる手法です。  これの統計によりますと、平成19年度の数字で、泉南市の人口1人当たり公債費ですね。支出した公債費を6万5,000人で割った数字、これが3万8,900円余りの額になっております。

岸和田市議会 2007-06-21 平成19年第2回定例会(本会議 第2日目) 本文 開催日:2007年06月21日

また、産業などの活性化や既存の商店街活性化策を講じるのですか、それともベイサイドエリアのような大規模商業施設を誘致するのでしょうか。岸和田カンカン、トークタウン、ラパークと3店舗で市民20万人としては飽和状態ではないでしょうか。  そういった飽和状態を解消する一つの手段として、和泉中央駅でとまっている交通網岸和田まで延伸させたり、道路などのインフラ整備を実施するのでしょうか。

大東市議会 2005-01-24 平成17年1月24日少子化問題特別委員会−01月24日-01号

この間、テレビでやってましたけど、大分先の話やけど、このままいったら就業人口産業で何百万単位で不足していくという、やっぱり少子化というのは、先を考えたら大変なことになるんやなというのがね、日本の産業維持ができなくなる危険性、技術の継承、これはちょっと真剣に考えないかんなと。

吹田市議会 2003-10-14 10月14日-04号

我が党は、これまで議会のたびに中小企業振興条例の制定や中小業者実態把握を求めてきましたが、吹田は産業、サービス業の比率が高いなどの理由をつけて、後ろ向きとも受け取られかねない答弁に終始してきました。産業が多ければ必要ないのでしょうか。産業が多いとできないものなのでしょうか。納得がいきません。まず、この問題についての理事者の御認識を明らかにしていただきたいと思います。 

吹田市議会 2001-12-14 12月14日-05号

各都道府県の配分額は、労働力人口求職者数、非産業従事者割合及び完全失業率を勘案され決定され、大阪府は200億円の交付金額となっております。大阪府内の各市町村配分につきましては、200億円のうち、100億円を府の事業の財源として活用され、残り100億円を市町村事業に対する補助金として配分されることになっております。

吹田市議会 2001-09-20 09月20日-03号

本市におきましては、卸売業サービス業といった産業のウエートが非常に高いという特徴を持っており、第二次産業の占める割合は低く、特に製造業構成比事業所数従業者数とも府内の平均を大きく下回っておる状況でございます。 こうした中で本市が元気のあるまちとなるためには、地域経済を担う産業活性化が必要不可欠と考えております。

池田市議会 2000-03-15 03月15日-02号

現在は、産業が主流なので、大阪そしてまた大阪市でも住環境が整ってきたこともあり、仕事場に近い大阪市内人口が移動しています。 現在、少子化経済グローバル化など現状を分析いたしますと、人口増の根拠が見えてきません。私も、人形劇の公演などで臨空タウンショッピングセンターに行くことがあります。そこでは人と人とでごった返しています。

  • 1
  • 2