13836件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

松原市議会 2021-07-07 07月07日-05号

やっぱりその辺でいうと、大阪府の攻略方法といったらちょっと変ですけれども、どういう対応をしていけばいいのか、言えば我々議員からもそういう率直な相談をしていただく、議会との両輪をしっかり果たしていただけるということが大事だと思うんですけれども、その辺について、本人さんとお話をまた今後していく中で構築もしていけばいいんですけれども、先ほど市長人材育成もということで、今、一番大事なところおっしゃっていただいて

柏原市議会 2021-06-30 06月30日-06号

◆14番(大坪教孝議員) 以前、私も相談を受けて、何とかもう少し借りられるとか、支援していただくところはないかということで、切実な思いを聞いたことがあるんですけれども、300人ぐらいおられるということで、1か月、単身で6万円、2人世帯で8万円、3人以上で10万円ということなんですけれども、先日、テレビのニュースで大阪市のことをやっておって、この制度大阪独自策として、4人世帯にはプラス2万円、5人

松原市議会 2021-06-29 06月29日-04号

加配をつけるという要否に当たりましては、保護者等から加配についての相談があった児童につきまして、臨床心理士が行った行動観察、面接、発達検査等を基に、臨床心理士がほかの子ども施設課等いろいろな職員と、子ども未来室内で当該児童への加配の可否を判定しているところでございます。 また、幼稚園におきましては加配という考え方はございません。

松原市議会 2021-06-28 06月28日-03号

先ほど保育所の件で提案もいただきましたけれども、ぜひ子育てしやすい松原ということで、この辺は森田議員、いろんな相談を受けたら、松原市はそういうところ積極的にやっていくよということでお話しもいただきたいなと思うんですが、これもいずれにいたしましても、毎年大きな財源がかかってくる問題でありますから、その財源の確保に向けて、今、全庁挙げて取り組んでいるところであります。

泉佐野市議会 2021-06-25 06月25日-04号

地方行政現場では、子ども・子育てに関する様々な相談要望住民から日々寄せられている。妊娠、出産、保育、教育、医療福祉児童虐待、非行、貧困、いじめ、事故など多岐に亘る要望相談に適切に対処すべく、現場職員は国と連携しつつ尽力しているが、国の一元的な窓口が存在しないため、十分な連携が取れず、迅速かつ適切な対応ができないケースもある。また、必要な施策を進める上で、財政的な制約も深刻である。 

箕面市議会 2021-06-23 06月23日-03号

本市保健師は、これまでの相談において、流産を経験し、その後、妊娠したが、流産への不安があるとの話を伺った経験があり、その際は、相談者の話を丁寧に傾聴し、いつでも相談に乗ることは可能であり、最後までフォローしていくことを伝え、安心していただいたことがあると聞いています。 

泉佐野市議会 2021-06-23 06月23日-02号

さくらねこ基金について知識のない市民の方が多いので、相談があったときにはその案内もしっかりしていただきたいと思いますが、いかがでしょうか。 ◎政策監生活産業部長長尾讓治君)  地域猫であったり野良猫であったりということでご相談を受ける場合は、環境問題が問題になってご相談を受けるケースが多いものですから、大体が環境衛生課のほうでご相談を承ってるというような状況になっております。

茨木市議会 2021-06-22 令和 3年第3回定例会(第3日 6月22日)

実態の把握につきましては、総合支援資金の貸付けの延長をする場合、本市自立相談機関であります、あすてっぷ茨木での相談が条件となっていることから、対象者状況については一定は把握しております。 ○河本議長 4番、朝田議員。 ○4番(朝田議員) お答えいただきましたんで、2問目、行きます。  

柏原市議会 2021-06-22 06月22日-05号

石橋敬三健康福祉部長 多くは、ひとり親医療証児童扶養手当申請時に初めて窓口に来られる場合で、その際に養育費相談を受けることがあります。また、児童扶養手当相談、申請において養育費受け取り状況を確認する必要がありますので、その内容から、例えば受け取りがきちんとなされていない場合にはこの補助制度を紹介するなど、確実に養育費を受け取れるよう相談支援を行います。 

箕面市議会 2021-06-22 06月22日-02号

18歳までのひきこもりやニートに関しては、保護者からの相談でその状況を把握する場合がほとんどで、相談があった場合には、ひきこもりやニート初期対応として相談に応じる生活相談窓口をご案内しています。 その後の支援方策を検討するに当たり、これまでの子ども状況などについて、子ども成長見守りシステムからデータ提供を行うなど、必要に応じ生活相談窓口等情報提供を行っています。 以上でございます。

柏原市議会 2021-06-18 06月18日-03号

3月議会においても、どうやってしていこうかということも皆さんで相談したというのを思い出すんですけれども、そういった中で、この1年半ぐらいになるんですか、日々やっぱり状況が変わってまいります。そうなると、やっぱりいろんな市民の方の声を私も聞きます。その時々の状況になった途端はどうなるんやろうとか不安だったり、ちょっとましになったら「よかったね」とか「いつ感染拡大が収まるんやろう」とか。

松原市議会 2021-06-18 06月18日-01号

こちらのほうも、有効活用、今年度でできるのかどうかというのを踏まえまして、また議会とも相談させていただきながら、また基金の使い方についてしっかりと考えていきたいと思っております。 以上でございます。       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ○議長池内秀仁君)  7,500万円のうち返礼品に幾ら使ったのかというお尋ねでしたが。 はい、どうぞ。     

柏原市議会 2021-06-17 06月17日-02号

冨宅正浩市長 地域におきまして、孤立を防ぎ、誰もが互いに支え合うような豊かな人間関係を育むための地域共生社会、これの実現に向けた取組についてのお尋ねということで、具体的に申し上げますと、まず、地域住民との協働、こちらにつきましては地域でご活躍中の民生児童委員であったり、地区福祉委員の方々と本市のコミュニティソーシャルワーカーが連携をいたしまして、より住民に身近なところで相談を受け止め、専門の相談機関

貝塚市議会 2021-06-15 06月15日-01号

本市孤立防止対策として、生活困窮者自立支援制度による支援住民主体の通いの場への活動支援地域包括支援センターによる介護予防教室の開催、ユーチューブによるつげさん体操の動画の配信や地域支援センターによる個別訪問フレイル予防等相談支援ゲートキーパー養成研修自殺予防対策研修実施、こころの体温計を利用したメンタルヘルスチェック、相談窓口対応、広報への啓発記事の掲載、庁内・庁外自殺対策連絡会

茨木市議会 2021-06-11 令和 3年第3回定例会(第2日 6月11日)

次に、3月末で廃止された福祉まるごと相談会の検証について、お聞きをします。  これまで取り組んできた福祉まるごと相談会が3月末で終了となりました。地域の身近な相談窓口として、民生委員さんにご協力をいただいて実施をされてきましたが、地区保健福祉センターが開設されることもあり、終了することとしたと3月議会でご答弁をいただいています。