14件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

門真市議会 2019-10-03 令和 元年10月 3日決算特別委員会-10月03日-01号

具体には行政OB産業部門経験者、電機、金属などの大手メーカーOBの各部門経験者システムエンジニア経験者などであり、それぞれ販路開拓補助金顕彰制度品質管理生産管理、創業支援などの専門分野に精通しております。 ◆岡本宗城 副委員長  わかりました。それでは、この30年度のですね、実績と今後の取り組みについてはどのように取り組んでいかれるのか、これについてお聞かせください。

泉佐野市議会 2017-09-27 09月27日-03号

GAPの実施は、生産管理向上効率性向上生産者自身従業員経営意識向上につながるといった効果があり、食の安全の推進農作業事故の軽減、農業人材の育成、農業競争力にも有効でございますので、大阪府やJA大阪泉州連携を図り、農業者が集まる研修会の場や視察の場において、今後の農業経営改善に必要となりますGAP制度の普及に努めてまいりたいと考えておりますので、ご理解賜りますようお願い申し上げます

箕面市議会 2013-03-26 03月26日-04号

しかし、栽培技術において、農薬を使用しないで、作物の生育を阻害しない程度に雑草の発生を抑制管理する必要があり、雑草の除草や害虫の防除が不十分な場合、近隣農地害虫を誘引するなどの悪影響も十分懸念されますが、農業公社では、農薬管理など安全な食材の生産管理を実践しながら、自然農法について、まずは事例調査など研究していきたいと考えております。 

枚方市議会 2011-06-27 平成23年第2回定例会(第4日) 本文 開催日: 2011-06-27

また、平成17年に輝きプラザきらら内に開設いたしました地域活性化支援センターでは、定例の専門相談窓口を設け、経営管理販路開拓品質生産管理など、商工業のさまざまな分野での相談に応じているほか、新たな事業の創出を目指す事業者へのアドバイスや、大学研究機関事業者との連携、調整、各種セミナー開催などを行っております。  

能勢町議会 2009-03-24 平成21年 第1回定例会(第5号 3月24日)

一方、能勢産農産物ブランド化、そして安全な農産物イメージ化推進するためには、栽培技術向上による品質確保生産量の増大、消費者ニーズを的確にとらえた栽培計画など、高いレベルでの生産管理を実施していく必要があると考えられ、エコ農産物推進を初め、栽培履歴記帳の徹底を図ることによって、消費者に信頼される農産物を提供することが重要でございます。  

八尾市議会 2005-09-07 平成17年 9月定例会本会議−09月07日-01号

このソフトをつくっている過程の中で、ここの工場というのは5人の家族の方が仕事を分担しているので、この生産管理システムは、例えば3女の娘さんがやっていたりとか、奥さんは何々しているとか、こういう分担をしてやっているわけなんですが、その中で息子さんがお父さんの姿を見て、こういうふうにおっしゃっておられるんです。おやじは年だといってごまかさない。

守口市議会 2004-07-12 平成16年合併問題調査特別委員会( 7月12日)

○(田中光夫委員)  その上でお聞きするんですけれども、自己水でやる場合やったら原価計算というのがあるんやけれども、冒頭に真崎委員からいろんな形で、水道料金を初め水道に関する単価等質問がなされてたんですけれども、この原価計算は、大体割合的に、人件費生産管理費、また営業経費とかいうようなことで区分をされたら、どういうふうな区分で大まかにくくっていけるんですか。

東大阪市議会 2001-03-16 平成13年 3月第 1回定例会−03月16日-04号

また平成12年12月に技術交流プラザ参加企業を対象に技術交流プラザ事業効果測定と今後の施策ニーズ等を把握するためのアンケート調査を実施したところでございますが、この調査結果ではCAD、CAMや生産管理ソフト等廉価利用サービスに対するニーズが高いことが明らかになっており、本市といたしましては今後ITを活用したこうしたサービス事業化への可能性を研究してまいりたいと考えておる次第でございます。  

交野市議会 2000-12-22 12月22日-05号

この問題は、メーカーがHACCPという政府(厚生省)の推し進める生産管理システムの認証をうけていたなど、行政食品の安全に対する責任も孕んでいるといえる。 加えて、今後、食品流通国際化や、国際基準づくりなどが進むなかで、食品の安全の確保は国民・消費者個人努力や選択だけでは解決することが困難であり、政府における食品安全行政の充実・強化、そしてそれを実行する社会的システムづくりは急務と考える。 

東大阪市議会 1994-09-19 平成 6年 9月第 3回定例会−09月19日-02号

さらにこの冊子をもとにした取引交流会東大阪商工会議所と共催で開催を計画しており、また最近の価格破壊企業が対応できるよう生産コストの削減や生産管理等の指導を中心にした出前の経営並びに技術相談を今年10月に実施したいと考えております。今後とも景気の動向をにらみながら、東大阪商工会議所との連携を密にして経営セミナーやシンポジウムの開催等により効果的な景気対策事業を実施してまいる所存でございます。  

大阪市議会 1990-03-06 03月06日-02号

それから東京都墨田区の中小企業センターを例に挙げられまして、中小企業指導センターのあり方についての御質問でございますが、本市中小企業指導センター経営技術相談指導診断事業につきましては、生産管理、販売促進、会計、下請など、経営上のいろいろな問題についての専門相談員を配置、対応いたしておりまして、中小企業の皆さんが相談に来ていただいて十分御満足をいただけるように努力をいたしております。

  • 1