501件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

八尾市議会 2019-06-14 令和 元年 6月定例会本会議−06月14日-03号

平成30年度の全国の公立小学校教員採用試験の倍率が3.2倍と7年連続で減少し、過去最低の危険水域に近づいているという文科省の調査が、先日の報道で明らかとなりました。教員離れによって、教員の質の低下が懸念される。そのような現状を本市はどのように認識しておられるのか、お答えください。  

八尾市議会 2019-06-13 令和 元年 6月定例会本会議−06月13日-02号

前任期中から、我々は一貫して、八尾市財政状況について、決して楽観視できない危険水域にあると指摘してまいりました。  このたび、こうした3期12年間の前市長の財政運営を引き継ぐことになったわけではありますが、現在の本市の財政状況について、市長はどのように受けとめられているのか、現状分析と今後の見通しについて、答弁を求めます。  

高槻市議会 2019-05-28 令和元年都市環境委員会協議会( 5月28日)

次に、環境モニタリング事業では、市内4か所の大気常時監視局や定期的な大気中の成分分析、公共水域地下水の水質測定のほか、鉄道・幹線道路沿線や住宅地における騒音・振動など定期的な調査と結果の公表などを通じて、市域における環境負荷の状況を継続的にモニタリングします。  続きまして、37ページからは、資源循環推進課に係る事務でございます。  

八尾市議会 2019-03-06 平成31年 3月 6日予算決算常任委員会(建設産業分科会)-03月06日-01号

下水道は、生活環境の改善、浸水の防除、公共水域の水質保全等のため、必要不可欠な都市基盤として、早期整備が求められているところであり、計画的に事業を実施してまいりました。  平成31年度におきましても、適正かつ効率的、効果的な事業執行に努め、平成31年度末の整備人口普及率94.6%を目標として考えております。  平成31年度予算書の5ページをごらん願います。  

東大阪市議会 2019-03-05 平成31年 3月 5日建設水道委員会-03月05日-01号

事業の目的ですが、雨水及び汚水を排除し処理をすることを通じて都市の健全な発達及び公衆衛生の向上に寄与し、あわせて公共水域の水質の保全に資することです。事業概要ですが、業務の予定量といたしまして、年間有収水量を44万6000立方メートル減しまして、5232万6000立方メートル予定いたしております。1日平均有収水量は1000立方メートル減の14万3000立方メートルを予定いたしております。

八尾市議会 2018-12-10 平成30年12月建設産業常任委員会-12月10日-01号

また、農地のほうは8ヘクタール以上、この水域においてあるということでございます。  以上です。 ○委員長(村松広昭)  畑中委員。 ◆委員(畑中一成)  いわゆる補修繕をしなければいけない、非常に重要な池であるということの評価をさせていただいてよろしいんでしょうか。 ○委員長(村松広昭)  村田局長

東大阪市議会 2018-11-02 平成30年11月 2日平成29年度決算審査特別委員会−11月02日-05号

寝屋川水域は4分の3が低い土地で浸水リスクが高いと、そういうところを中心にして時間雨量で50ミリの管を入れていくというようなことでお話がありました。全体作業も29年度だけではなしに、当然今までからそうですし今後もそれは続いていくというふうに思っておりますけれども、この辺はしっかりと効果的に進めていただきたいと思います。  

枚方市議会 2018-10-31 平成30年決算特別委員会(第6日目) 本文 開催日: 2018-10-31

公共下水道事業につきましては、公共水域の水質保全や市民生活の基盤整備を目的として、住居地域を中心に市域の約8割を計画区域と定め、昭和30年代から整備を開始いたしました。平成元年からは、大阪府流域下水道渚処理場の供用開始に合わせて本格的に整備を進めてきたことから、このころを境に汚水に係る資産総額は急増しております。  

堺市議会 2018-10-25 平成30年10月25日大都市制度・広域行政調査特別委員会-10月25日-01号

│ │           │○下水道公共水域の水質保全など、極めて公共性の高い社会資本│ │           │ である。                          │ │           │○下水道事業を実施する地方公共団体は恒久化された補助率の下での│ │           │ 国庫補助制度を前提とし、下水道の管理運営を行っている。   

大阪狭山市議会 2018-09-25 平成30年  9月 予算決算常任委員会-09月25日−03号

◎三井雅裕グリーン水素シティ事業対策室長   ちょっとあれですけれども、今回そこまで、有害物質が流れていたら公共水域の水濁というか汚染につながりますので、まずパネルにそもそも有害物質が含まれていたのかどうかというのも確認した上で、落ちているのか、それが中で破損して、中の有害物質が出ているのかどうかというのも、まだ我々も何も確認とれていませんので、それをした上で、もし最悪なケースがあれば、どういう対処

八尾市議会 2018-09-10 平成30年 9月定例会本会議−09月10日-02号

それから、大和川危険水域についてですけれども、これを見ますと、右岸、左岸で差があって、違えているんですけれども、このことは非常に、このことを正確に読むと非常に難しいことが書いています。ぜひわかりやすくしていただきたいと思います。  時間がないので、病院に移りたいと思います。  病院は、地域医療ができているということですが、どういう点がよくできたんでしょうか、具体的な内容を教えてください。

堺市議会 2018-09-05 平成30年第 3回定例会−09月05日-03号

管理についてでございますが、ふれあいビーチは水域の中に人工的に設置された砂浜で、その水域港湾管理者である大阪府が管理しております。堺市生物多様性の回復・保全に向けた実験の場として、大阪府より水域占用許可を得て、砂浜を設置し、管理しております。以上でございます。 ◆1番(西川知己君) 議長。 ○議長山口典子君) 1番西川知己議員

羽曳野市議会 2018-03-22 平成30年 3月22日建設企業常任委員会-03月22日-01号

まず、下水道は、公衆衛生の向上、生活環境の改善、公共水域の水質保全を図るため整備推進しております。処理区域においては、公共下水道に接続いただいてその効果が発揮できるものであります。  しかしながら、委員お示しのとおり、整備した区域の中で接続がいまだお済みでないご家庭がありまして、本市では水洗化促進の対策として取り組んでおります。

大東市議会 2018-03-22 平成30年 3月定例月議会−03月22日-04号

大東市の下水は生活排水だけでなくて、内水域という非常に市民の浸水被害も含めた施策で非常に重要な役目の立場で頑張っていただきました。これまでの苦労話も含めて、今後、大東市におけるそういう下水の大切さ、この辺を最後答弁をいただきたいと思います。 ○寺坂修一 議長  大嶋上下水道局長。 ◎大嶋健一 上下水道局長  貴重な時間をいただきまして、ありがとうございます。  

能勢町議会 2018-03-12 平成30年環境教育常任委員会(3月12日)

○委員(西河  巧君)  先ほども答弁にあったんですけれど、まだまだ法定点検、清掃等が低いということですけれど、今そういうふうなことに対して、保健所協力して啓発に努めているというところでありますけれども、やっぱりここにも予算で上がっているのは、公共水域への水質汚染防止というような観点でそういうことを、今現状のやっぱりそういう設備に関してももうちょっと指導をしていくべきやと思うんです。