65件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

交野市議会 2020-12-08 12月08日-03号

前回の9月議会でもお伺いをしましたが、星田北エリアまちづくりについて、今後のまち魅力づくり、そしてまた治安の確保必要性を私のほうから申し上げさせていただきました。現在、星田交番所星田駅周辺に移転することが望ましいというふうに私は考えておりますけれども、また地域からの要望もあるというように聞いております。改めて、市の考え方を聞かせてください。 ○議長三浦美代子) 近田部長

交野市議会 2020-09-17 09月17日-06号

最後8点目、星田北エリア開発について、とりわけ星田北エリア文化財についてお伺いいたします。 本議会でもいろいろと質問が出ておりましたが、星田北星田駅北地区土地区画整理事業において、本格的な造成工事に先立ち、文化財調査を実施されたとお聞きしております。 当該区域において、どのような文化財が発見されましたでしょうか。調査結果について、少し具体的にお聞かせください。 

交野市議会 2020-09-15 09月15日-04号

健康・医療について  ・骨髄ドナー登録について3.理事兼健やか部長4.市民サービスについて  ・火葬場について4.市民部長5.コロナウイルスの影響による課題について  ・消費者被害防止普及啓発について  ・食品ロスの削減について5.副市長6.避難所運営について  ・避難所における感染症対策について6.危機管理室長7.学校教育について  ・学校の安全について7.教育長8.星田北開発について  ・星田北

交野市議会 2020-03-27 03月27日-05号

昨年の人口推移におきましても、子育て世代本市への流入傾向がうかがえる中、若い世代に住みたい、住んでよかったと思っていただけるよう、待機児童の解消、保育事業への支援強化、新しい学校づくり、タブレットの児童・生徒1人1台配備など、子育て教育環境充実住民誘致企業誘致につながる星田北エリア都市基盤整備人口減少が進む中、子供からお年寄りまで、通学、通勤の方々も、誰もが利用できる公共交通維持と、

交野市議会 2020-02-25 02月25日-01号

星田北エリアまちづくりと関連する「第三中学校区及び第四中学校区」の方向性につきましても、具体的な検討を進めてまいります。 さて、市長戦略では政策の、大きな柱のひとつに「地域活力雇用を生む基盤づくり」を掲げております。まち活力維持のためには、先ほどお伝えしました世代間バランス確保とあわせて、地域産業振興と身近な雇用の創出が大事であります。 

交野市議会 2019-12-09 12月09日-03号

このような厳しい財政状況の中で、将来に向けて持続可能な魅力あるまちを目指す中で、自主財源確保観点からも、かねてより取り組んできました星田北エリアまちづくりを、また、公共施設サービス維持機能強化観点から、これまで先送りとなっておりました公共施設老朽化対策に係る費用を見込みながらも、将来にわたって安定的で持続可能な財政基盤を確立するために、財政運営基本方針を策定したところでございます。 

交野市議会 2019-10-29 10月29日-06号

JR星田駅に近く、第二京阪国道沿道である星田北エリアでは、乱開発防止農業住居産業調和という方針のもと、星田北区画整理令和3年、駅北区画整理令和4年のまち開きに向け、地域による良好なまちづくりが進められており、本市といたしましても引き続き必要な支援を行うとともに、市が行うインフラ整備などについては時期を逸することなく、しっかりと進捗を図ってまいります。 

交野市議会 2019-06-28 06月28日-05号

防災対策防犯対策強化教育子育て充実、庁舎、学校など公共施設老朽化対策星田北エリア都市基盤整備など、本市重点課題を初め市政全般に対し、議員の皆様には平成27年10月にご就任されて以来、二元代表制の一翼を担う議会として真摯に取り組まれ、市政運営に対してご指導、ご理解、ご協力をいただいてまいりました。心より感謝申し上げます。 

交野市議会 2019-06-17 06月17日-04号

星田北エリアで進められているまちづくり進捗状況と、市として、このまちづくりに30億円もの投資を行うメリットについて、改めてお伺いいたします。 3つ目は、生活道路改善について。 市民の方から、道路のひび割れや傷みがひどく、市に要望してもなかなか改善されないという声をよくお聞きいたします。道路舗装改善について、どのような計画で取り組んでおられるのか、現状をお聞きいたします。 

交野市議会 2019-06-05 06月05日-01号

事業は、星田北エリアの第二京阪道路沿道まちづくりにあわせて公共下水道幹線整備工事を行うもので、技術力人材力マネジメント力を活用するため、地方共同法人である日本下水道事業団工事委託契約を締結しておりますが、国道協議等に時間を要し、工事の着手がおくれ、年度内での工事完了が見込めないことから繰り越すもので、平成30年度12月議会にてご承認いただいております繰越明許費補正額6千300万円と同一事業

交野市議会 2019-03-07 03月07日-03号

隣接する星田北エリアまちづくりとあわせて、安全な道路への整備改善に着手すべきだと考えますが、検討状況をお聞きいたします。 以上、大きく5点、再質問関連質問を自席にて同僚議員とともに行わせていただきますので、よろしくお願いいたします。 ○議長友井健二) 1点目及び4点目の答弁者黒田市長。 ◎市長黒田実) 日本共産党藤田議員の1点目及び4点目のご質問に答弁いたします。