30件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

茨木市議会 2019-03-27 平成31年第2回定例会(第8日 3月27日)

また、安威川流域の治水については、ダム建設優先、ダム効用神話助長ではなく、本川と支流をあわせた流域全体の耐越水堤防整備、河床修復、貯留施設整備、堆積土砂の除去、斜面崩壊防止、低地内水氾濫地域の浸水解消へ雨水管整備を求めるなど、流域全体の治水対策の強化を求めるとともに、どのような河川管理上の課題があるかを住民の視点で明らかにして、住民が主体的に河川整備の優先順序を議論し、決定にかかわるべきであり、市もその

茨木市議会 2019-03-06 平成31年第2回定例会(第2日 3月 6日)

日本共産党はかねてから安威川流域の豪雨災害対策については、本川と支流をあわせた流域全体の耐越水堤防整備、河床修復、貯留施設整備、堆積土砂の除去、斜面崩壊の防止、低地内水氾濫地域の浸水解消へ雨水管整備等求めるなど流域全体の治水対策の強化を求めてきました。そのためにもどのような河川管理上の課題があるかを住民の視点で明らかにして、住民が主体的に、河川整備の優先順序を議論し決定にかかわるべきです。

茨木市議会 2018-09-10 平成30年第4回定例会(第3日 9月10日)

日本共産党茨木市議員団は、かねてから茨木市の安威川流域の豪雨災害対策について、安威川本川と支流の茨木川、佐保川、勝尾寺川、大正川、箕川など、流域全体の豪雨対策は耐越水堤防整備、河床修復、貯留施設整備、堆積土砂除去、斜面崩壊防止、低地内水氾濫地域の浸水解消へ雨水管整備等を求めるなど、流域全体の治水対策の強化を求めてきました。  

枚方市議会 2018-08-28 平成30年全員協議会(8/28) 本文 開催日: 2018-08-28

土砂災害特別警戒区域等の指定解除につきましては、地形の傾斜度30度以上かつ高さメートル以上といった区域指定基準を満たさなくなるよう地形を変更、もしくは斜面崩壊対策を実施することにより、地形要件が区域指定基準を満たさなくなったと大阪府が判断した場合に、その区域の全部または一部が解除されることになります。  

高槻市議会 2017-09-25 平成29年第4回定例会(第3日 9月25日)

今回の災害では、豪雨による多数の斜面崩壊などが発生しておりますし、既設の砂防堤が土砂、流木を捕捉し、下流の人家等への被害を軽減でき、推定流木捕捉量は1万6,500立方メートルとのデータもあります。あわせて、台風18号による被害も発生した結果を踏まえ、本市の災害対策や豪雨災害対策土砂災害対策について、お伺いしたいと思います。  

箕面市議会 2016-06-13 平成28年  6月 建設水道常任委員会-06月13日−01号

それから、熊本のほうで少し追加しておきますけども、こちらの被害の特徴なんですけども、大規模な斜面崩壊により管路が流失した、それから道路被害のほうが大きくて復旧ルートのほうの選定がなかなか難しかったと聞いてございます。それから末端家屋の給水管だけでなくて配水管、基幹管路の被害が多く発生しまして断水被害のほうが拡大したと報告を受けてございます。  

高槻市議会 2015-12-08 平成27年都市環境委員会(12月 8日)

応急復旧対応の費用といたしましては3,160万円で、その内容につきましては摂津峡公園舗装やのり面の補修及び公園墓地で発生いたしました斜面崩壊の応急復旧工事等でございます。  また、今後対応する災害復旧の費用につきましては7,000万円で、内容は公園墓地の本復旧工事でございます。予算成立後、速やかに発注予定でございます。  

岸和田市議会 2014-12-05 平成26年第4回定例会(本会議 第2日目) 本文 開催日:2014年12月05日

本市におきましても、今年は台風の通過に伴う雨で、河合町では斜面崩壊が起こり、家屋が押し潰される被害が発生し、また堺町周辺では浸水被害が発生しました。このうち、浸水被害への対策についてお尋ねいたします。  もう一点は、行財政運営についてお尋ねいたします。  

岸和田市議会 2014-08-26 平成26年第3回定例会(本会議 第1日目) 本文 開催日:2014年08月26日

質問に入らせていただく前に、先日、台風襲来時、本市におきまして斜面崩壊により土砂災害が発生し、家屋損壊の被害がございました。心よりお見舞い申し上げます。  では、質問に入らせていただきます。  信貴市長は、就任後初の議会において、財政体力を精査し、政策に優先順位をつけて実行していく旨の発言をされ、今般、市長公約の行政施策化についてロードマップが示されました。

阪南市議会 2013-06-07 平成25年  6月 定例会(第2回)-06月07日−02号

大雨や豪雨のときには、斜面崩壊が生じて、埋め立て産廃が土石流となって流れ出すことが考えられます。また、同時に、広大な森林を伐採して、20年間埋め立てることになれば、その後植樹しても数10年間は保水力がない状態でもあります。滝畑川、山中川、そして続く男里川の氾濫などの洪水の被害も想定されます。  

茨木市議会 2012-03-12 平成24年建設常任委員会( 3月12日)

○鎌谷道路交通課長 市内における斜面崩壊等の抑止と復旧などで、どういう工法を使っているのかということでございます。  まず、簡易なものから言いますと、土のう積みをして、あるいは、ふとんかごなどで積みあげるというようなことをやっております。また、石積み、あるいはブロック積みなどもやっております。

大東市議会 2011-09-06 平成23年9月6日いきいき委員会−09月06日-01号

石川 学校教育部総括次長教育政策室長   先ほど部長のほうから説明ありましたが、まず1点目、北条小学校の通用門の付近、2年ほど前に斜面崩壊がございました。それで現在、仮復旧の状態でとめております。崩壊した部分が民地であるということもございますので、その部分そのものはさわれません。

茨木市議会 2011-03-16 平成23年総務常任委員会( 3月16日)

大地震のときに、斜面崩壊が起きて、いわゆるダム津波を起こす危険性は本当にないのかどうか、茨木市はどのように、改めてここでお尋ねしておきたいと思いますが、本当にないのかどうか、ないと言い切れるのか、その辺をお聞きしておきたいと思います。  実は、安威川ダムの場合、ダム堤が破壊されるというよりも、ダム津波危険性が高いと専門家は指摘しております。

  • 1
  • 2