1492件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

泉大津市議会 2021-09-11 09月11日-01号

遺跡観光資源とする発想は古くからあり、文化庁においても文化遺産を生かした観光振興地域活性化事業を積極的に進めております。弥生時代の佐賀県の吉野ヶ里遺跡でも、今では観光資源としてかなりの成果を上げております。研究が進むことにより地域活性化経済効果にもつながると期待されておりますと発表されておりました。 

河内長野市議会 2021-06-13 06月13日-03号

(4) 百舌鳥古市古墳群世界文化遺産登録勧告)との繋がりと日本遺産を通じた他市との交流について。    (5) 「日本遺産」の魅力をどのように国内外情報発信していくのか。    (6) 今後の事業推進のための体制(組織充実、人材の確保と育成)について。 要旨2 『誰一人取り残さない』SDGs(持続可能な開発目標)17の目標に対する推進について。    

藤井寺市議会 2020-12-11 12月11日-03号

そういった環境の中で、百舌鳥古市古墳群が本年7月に世界文化遺産登録を果たし、観光面において本市魅力アップの大きな要素に加わったものと存じます。今こそ国の内外に向けて発信し、観光振興を図るチャンスだと考えます。 本市においては、平成26年に藤井寺まちなか観光創造プランを策定し、その具体的な方策として、藤井寺シティープロモーション戦略が昨年3月に示されました。

松原市議会 2020-12-09 12月09日-03号

今後は、世界文化遺産登録自治体と連携し、また、地域の方々と大塚山古墳歴史的価値を共有しながら、観光客受け入れ態勢整備大阪内外への情報発信の強化に努め、機運醸成に向けた取り組みを実施してまいります。そして、大塚山古墳世界的にも認められるような文化遺産を目指し、情報発信魅力創出に向けた取り組みを進めてまいります。       

河内長野市議会 2020-08-30 08月30日-01号

商工費では、千早赤阪村などとの広域連携による、楠木正成公をテーマとしたゆかりの地域文化遺産などの魅力を発信するストーリープロジェクト推進しました。 総務費では、高齢者を対象に市内タクシーなどの運賃負担の軽減を行い、公共交通の利用を促進するとともに、外出機会創出により、健康増進介護予防取り組みました。 

堺市議会 2020-08-05 令和 2年 8月 5日持続可能で魅力的なまちづくり調査特別委員会−08月05日-01号

今、これずっとやられているんやけど、今、インバウンドの問題がありますけどね、1つインバウンドでこの世界文化遺産になってインバウンド人たちが幾らぐらいここに見に来ていただいたかいうのが1点。  それと、やっぱり5年、10年先も含めて、この計画を含めてですね、何十万とかの人間を想定しているのかと。

藤井寺市議会 2020-06-27 06月27日-03号

世界文化遺産登録現実のものとして目前に迫る中で、外国人来訪者が増加することが想定されます。本市を取り巻く環境が変化する中で、英語力向上にこれまで以上に取り組むことが重要であると思います。異年齢、異文化人たち英語を通じて交流を図り、お互いを成長させる取り組みができると考えます。生涯学習充実の面においても、市の施策に合致するのではないでしょうか。 

堺市議会 2020-06-18 令和 2年第 2回定例会−06月18日-08号

───────────────┼────────┤   │産業環境 │(1)観光行政について         │令和2年    │   │委員会  │(2)国際施策について         │6月19日から │   │     │(3)スポーツ振興について       │        │   │     │(4)文化行政について         │令和3年    │   │     │(5)世界文化遺産

藤井寺市議会 2020-06-18 06月18日-01号

百舌鳥古市古墳群世界文化遺産登録に向けましては、本年5月にユネスコ諮問機関でありますイコモスより勧告が出され、百舌鳥古市古墳群世界遺産一覧表に記載することが適当であるとの評価を得ました。この勧告を踏まえ、いよいよ7月にはユネスコ世界遺産委員会におきまして本登録の可否が決定することとなっております。

堺市議会 2020-06-10 令和 2年 6月10日産業環境委員会-06月10日-01号

そこには、世界三大墳墓の1つである仁徳天皇陵古墳をはじめとする百舌鳥古墳群、由緒ある寺社、旧堺燈台等の貴重な建造物山口家住宅清学院鉄砲鍛冶屋敷などの町家、ふとん太鼓やだんじりといった伝統行事など、数多くの歴史文化遺産を受け継いでいる、これらの資産を生かした観光振興を図るため、その紹介、宣伝、文化観光拠点整備などの事業を行ってきたとされております。  

堺市議会 2020-06-08 令和 2年第 2回定例会−06月08日-07号

前半は飛ばしますが、多面的・多角的な考察や深い理解を通して涵養される我が国の歴史に対する愛情、国民としての自覚、国家及び社会並びに文化の発展や人々の生活の向上に尽くした歴史上の人物と現在に伝わる文化遺産を尊重しようとすることの大切さについての自覚などを深め、国際協調の精神を養うとあります。  そこでお伺いをいたします。歴史教育重要性について、市教委の認識をまずお聞かせいただきたいと思います。

堺市議会 2020-06-05 令和 2年第 2回定例会−06月05日-06号

まだ記憶にも新しい百舌鳥古市古墳群世界文化遺産登録を受け、市域周遊や環濠エリア魅力創出など、ハード・ソフトともに創造し、議論し、調査し、構築していく過程だと思われますが、今回の新型コロナウイルスの終息が見通せない中において、多くの国民市民観光消費マインドの低下が想定されております。市民皆様の活力と経済活動の観点からお聞きできればと思います。  

堺市議会 2020-06-04 令和 2年第 2回定例会−06月04日-05号

昨年度までの世界文化遺産推進室業務内容はどのように変わったのでしょうか、お答えください。 ◎文化観光局長宮前誠君) 昨年度までの世界文化遺産推進室世界遺産登録に向けた臨時的な組織でございまして、市民民間団体と連携した登録への機運醸成をはじめ、世界遺産登録推薦書の作成、イコモスによる審査への対応など、百舌鳥古市古墳群世界遺産登録実現に向けた取組などを進めてまいりました。