49件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

高槻市議会 2016-06-28 平成28年第3回定例会(第4日 6月28日)

先日、ある保守派の憲法学者の方にお会いする機会がありました。引用ばかりで済みません。その方が、ある新聞のインタビューでこのように答えておられました。国旗道徳国際儀礼上、尊重されるべきものだとしながらも、それを受け入れられない人の意思表示自由を認めないといけない。強制による良心の自由の侵害は、民主主義国家ではあってはならないと、この憲法学者の方は言っておられました。

泉南市議会 2016-06-09 平成28年第2回定例会(第1号) 本文 開催日: 2016-06-09

共産党は、民進党、社民党、生活の党の4野党は、多くの若者、ママさんたち、憲法学者宗教者などの多くの市民に強く押し出され、全国32の1人区で、野党市民が共闘して、候補者を両立するということが決まったのです。これは、安倍政権の暴走政治への怒りのあらわれといえるのではないでしょうか。  安倍政権は、1つは、憲法違反の安保法制、戦争法の強行、立憲主義を根底から破壊した。  

泉南市議会 2016-03-03 平成28年第1回定例会(第1号) 本文 開催日: 2016-03-03

憲法学者の7割は、集団的自衛権行使容認、安保法制・戦争法は憲法違反と表明し、著名人の作家、僧侶である瀬戸内寂聴さん、ジャーナリストの鳥越俊太郎さん、ノーベル賞受賞の京都大学名誉教授の益川敏英さん、作家の澤地久枝さん、憲法学者、慶應大学名誉教授の小林 節さんなど、さらにきょうは「しんぶん赤旗」で紹介されましたが、元内閣官房長官、元新党さきがけ代表、武村氏も国家危機野党協力は当然と、このように主張

交野市議会 2015-12-24 平成27年 12月 定例会(第4回)-12月24日−05号

また、圧倒的多数の憲法学者と学識経験者はもとより、歴代の内閣法制局長官が衆参両委員会安保法案違憲だと表明し、参院での審議過程においては、最高裁判所長官が明確に憲法違反の法案であると公表した中での強行採決は、立憲主義に対する冒☆にほかならないとのように考えます。  私たち議員は、国では憲法法律、そして都道府県市町村では条例をつくる立場にあります。

堺市議会 2015-12-17 平成27年第 4回定例会−12月17日-05号

また、多くの憲法学者や歴代の内閣法制局長官、元最高裁判事長官違憲と断じる法律成立させたことは、内閣国会による立憲主義の否定であり、断じて認めることはできない。  この法律が発動されれば、日本海外戦争する国になり、自衛隊海外で殺し殺されることになり、日本自体が武力紛争の当事者となって、「平和安全」とはまったく逆の事態を招くことになる。  

堺市議会 2015-09-29 平成27年第 3回定例会−09月29日-05号

│ │ 圧倒的多数の憲法学者内閣法制局長官、元最高裁長官判事らも、こぞって立憲主義を│ │ないがしろにするものと断じ、憲法違反との認識を相次いで表明いたしました。      │ │ 世論調査では、安全保障法制に反対が54%、今国会成立させる必要がないは68%に上│ │り、説明不足は80%を超えております。

八尾市議会 2015-09-09 平成27年 9月定例会本会議-09月09日-01号

圧倒的多数の憲法学者、元法制局長官に続いて、最高裁判所長官を務めた山口繁さんも、憲法違反と断じました。10月8日衆議院特別委員会での参考人質疑で、大森元法制局長官は、憲法基本原理からの重大な逸脱だと批判しました。だから合憲違憲か、市長は国論を二分すると言われたけども、この論争にははっきり決着がついているんではないですか。これは市長答えてほしい。 ○副議長(谷沢千賀子)  政策企画部長

堺市議会 2015-09-01 平成27年第 3回定例会−09月01日-02号

だからほとんどの憲法学者憲法違反だと表明し、日本弁護士連合会もこぞって反対をしています。世論調査では国民の過半数が違憲、6割が反対、今国会成立させるべきではない、8割が説明不足と表明しています。国会審議が進めば進むほど違憲性や問題点が明らかになり、安倍内閣はそのことを否定するから答弁が矛盾し、その答弁がまた矛盾を呼ぶといった状況に陥り、もはや論拠が完全に崩れ去っています。  

岸和田市議会 2015-08-31 平成27年第3回定例会(本会議 第2日目) 本文 開催日:2015年08月31日

これまで歴代内閣憲法上許されないとしてきた集団的自衛権を一内閣の専断でできると変更したことは、憲法学者はもとより、どの世論調査でも国民の過半数が憲法違反と判断しています。さらに、自衛隊の活動を格段に拡大し、若い自衛隊員戦闘行為に巻き込ませる危険が飛躍的に高まることになります。  

高槻市議会 2015-07-15 平成27年第3回定例会(第4日 7月15日)

6月4日の衆議院憲法審査会では、政権与党推薦者を含む出席した全員の憲法学者が「憲法違反である」という認識を示した。  戦争は新たな戦争を生むだけである。これからも日本国憲法を守り、平和の道を歩み続けることが何よりも大切である。  したがって、政府、及び国会においては、違憲戦争法案安全保障法案)を撤回・廃案にすることを強く求める。  以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。   

守口市議会 2015-07-01 平成27年 6月定例会(第2日 7月 1日)

6月4日の衆議院憲法審査会で、与党から推薦を受けた3人の憲法学者からもこの法案憲法違反であると表明された憲法違反の戦争法案です。共同通信社が行った世論調査では、81.4%の方が国は十分に説明しているとは思わないと答えていますし、朝日新聞世論調査では6割が今の国会成立させる必要はないと答え、一つ一つの法案に対しても反対が賛成を上回っています。

大阪狭山市議会 2015-06-30 平成27年  6月 定例月議会-06月30日−04号

6月4日、開かれました衆議院憲法審査会で、自民党の推薦した参考人を含む3人の憲法学者がそろって戦争法案憲法違反と指摘をしました。続いて戦争法案を審議する衆議院特別委員会参考人として出席した2人の元内閣法制局長官違憲、撤回をと述べ、従来の憲法解釈の範囲内とは言えないと指摘をしました。