23件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

大阪狭山市議会 2020-08-31 08月31日-01号

まず初めに、今期もさきの第4期と同様、平成30年2月の市長要求監査の結果を受け、本市指導監督の下で、同社が一部反映したものとなっております。 4ページをお願いします。 貸借対照表でございます。 まず、資産の部の流動資産としましては、普通預金太陽光発電における売電益からの売掛金として860万7,588円となっております。 

大阪狭山市議会 2019-12-20 12月20日-05号

ため池等太陽光発電事業につきましては、平成30年2月26日付の市長要求監査の結果やこれまでの市議会で議論してきた意見を踏まえて、また、平成30年5月31日付の監査委員からの大阪狭山職員措置請求に係る監査結果について、地方自治法第242条第4項の規定に基づき、是正に向けた必要な措置を講じるよう、各財産区の管理者である市長に対し、また、市100%出資法人代表取締役である社長に対し、勧告を受けております

大阪狭山市議会 2019-06-28 06月28日-04号

平成27年度から進められたため池等太陽光発電モデル事業におきましては、市100%出資法人メルシーforSAYAMA株式会社事業を拙速に進めてきた結果、市長要求監査住民監査請求まで至っております。また、平成29年度から正常化委員会を設置し、市庁内で横断的な見直しを行い、弁護士指導のもとで進められております。

大阪狭山市議会 2019-06-19 06月19日-03号

これまでに市長要求監査などを受けて、現在、太陽光発電事業が完了する残り17年間まで適切な事業スキーム事業が行えるよう、法的な見解に基づいて契約関係見直し相手方企業弁護士間で契約締結交渉に向けた交渉を進めていますので、ご理解いただきますようよろしくお願いします。 ○片岡由利子議長  上谷議員。 ◆1番(上谷元忠議員)  今、ご答弁いただきました。 

大阪狭山市議会 2019-06-18 06月18日-02号

このたびの市長要求監査住民監査請求に至った主な原因議員ご承知のとおり、産官学が一体となって事業を進めるグリーン水素シティ構想案が発端となっています。平成27年度の第1期目の市長就任後、これからの本市の将来を見据え、人口減少や超高齢化社会が到来し、それが及ぼす影響や課題に対し的確な対応ができるような実効性の高い戦略を進めようということで、この構想案を考え出しました。 

大阪狭山市議会 2018-12-12 12月12日-03号

しかしながら、議員指摘の部分及び市長要求監査でもお示しされておりますように、現状の立場が変化しておりますので、さきの議会でもお示ししましたように、契約の手続の見直しに向けた交渉を始めたところで、現時点では契約締結に至っていないことから、このような表現となっております。 次に、2番の第1期決算、第2期決算、第3期決算確認ができない、どうなっているのかのご質問にお答えします。 

大阪狭山市議会 2018-06-12 06月12日-03号

ことし2月の市長要求監査におきまして、評価項目には太陽光発電設備発電性能請負金額評価など非常に専門的でかつ技術的な内容が含まれているにもかかわらず、専門家選定委員会のメンバーに含まれていない点について、厳正かつ公平に審査を行い得たのか疑問であると指摘されていますが、メルシーforSAYAMA株式会社における事業ですので、本市における公共事業ではないため、この是非については、発注者であるメルシー

  • 1
  • 2