7件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

高槻市議会 2021-03-16 令和 3年文教にぎわい委員会( 3月16日)

まずは1問目、地域人材を活用する事業であった再チャレンジ教室事業地域連携した特色ある学校づくり推進事業及び事業を一元化することで、効率的かつ効果的な取組を推進するとのことです。これまで個別に募集していた事業を一元化することでサポーター活動を希望する人に対しても発信しやすく、窓口が一本化されることで問合せがしやすくなることも期待されます。

高槻市議会 2021-03-09 令和 3年第1回定例会(第3日 3月 9日)

年度の再チャレンジ教室、地域連携した特色ある学校づくり推進事業がございまして、これを教育活動サポーター事業というふうに統合していくということですが、この現行3つございますそれぞれの予算額、それぞれの開始時期は現年度どうなっているのかお答えください。  2点目が、前年度比新年度では624万2,000円増額となっていますが、この理由をご説明ください。  

高槻市議会 2015-06-30 平成27年第3回定例会(第3日 6月30日)

しかしながら、これまで再チャレンジ教室等、ばらばらな支援をするのではなくて、スクラップ・アンド・ビルドで事業を精査し、本当の意味での学習支援の手法や予算についてもっともっと研究を積み重ねていただいて、一番適切なそのやり方を考えていただきたいということを指摘いたしまして、質問を終わります。  以上です。

高槻市議会 2015-06-29 平成27年第3回定例会(第2日 6月29日)

既に、実施されている再チャレンジ教室事業についての評価、今回導入する土曜学習支援事業の目的、整合性についてお伺いします。  また、本事業は民間にその運営を委託されることから、無事故、かつ円滑に情報管理も万全に実施されなければなりません。保護者地域方々の役割を具体にお示しください。  

高槻市議会 2015-06-02 平成27年文教市民委員会協議会( 6月 2日)

地域方々として登録し、学習部活動など学校教育活動支援するボランティアとして協力をいただいております。  以上、教育指導部の主な所管事務につきまして、ご説明をさせていただきました。今後ともよろしくお願い申し上げます。 ○(田村委員長) 説明は終わりました。  ただいまの所管事務報告に対し、特に質問があればお受けします。    

高槻市議会 2015-03-18 平成27年第1回定例会(第3日 3月18日)

次に、同じく、社会教育費 青少年育成費に関して、放課後子ども教室については、事業実施には担い手となる人材の確保が重要となることからも、地域で活躍しているボランティアの方やなど他の事業連携しながら進めてほしい、との要望のほか、他市の実施状況に比べるとおくれているが、本市では地域主導での運営を目指していることからも、慌てて行政主導で拡大するのではなく、教育委員会地域の意識を高める働きかけをしながら

高槻市議会 2015-03-10 平成27年文教市民委員会( 3月10日)

地域でご活躍のボランティア方々との連携など、地域での人材発掘や他の事業との連携も必要であるというふうに思います。  ご答弁にもありましたが、核家族化が進む中で、大人同士の新たな出会いとつながりを深め、さらには子どもたち地域方々とのつながりを深めていけるよう、今後の事業展開に期待をさせていただきます。  引き続き、特別支援教育についてお伺いをいたします。  

  • 1