8625件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

門真市議会 2019-10-16 令和 元年10月16日決算特別委員会−10月16日-03号

具体には人口減少対策事業特別枠を設置し、子育て世代の転出を抑制し、転入を促進することにより、バランスのとれた年齢構成を実現するため、子どもを真ん中においた子育て教育への積極的な取り組みを進める予算額として拡充分も含め、5歳児に加え新たに4歳児の幼児教育保育・療育の利用者負担の無償化に2億5152万1000円、保育定員拡充事業に10億6381万1000円など総額20億66万9000円を措置することにより

門真市議会 2019-10-03 令和 元年10月 3日決算特別委員会-10月03日-01号

◎高田 企画課長  審議会委員の方の関心事や意見などにつきましては、それぞれの専門的見地から年齢層別人口減少データ、目標数値の設定根拠や達成方法、地域金融機関との連携検討、定住促進、シティプロモーション、防犯カメラ、子育て支援、不登校子どもの貧困産業振興などに関して幅広く御意見等をいただいております。

八尾市議会 2019-09-30 令和 元年 9月定例会本会議−09月30日-04号

こういった中で、平成25年学識経験者、地域団体代表等からなる八尾市地域拠点あり方検証委員会や意見交換会での議論を経て、出張所は単に窓口業務や紙媒体での行政情報の提供を行う場ではなく、健康子育て地域のまちづくりを初めとする総合的な相談機能に重点を置くべきであるとの判断から、窓口業務を廃止し、新たに地域のまちづくり支援に関する事項を追加する機能再編が行われたものであります。  

茨木市議会 2019-09-27 令和元年第4回定例会(第3日 9月27日)

議案第54号、「茨木市特定教育保育施設及び特定地域保育事業の運営に関する基準を定める条例等の一部改正について」及び議案第55号、「子ども・子育て支援法の一部を改正する法律施行に伴う児童福祉法第59条の2第1項に規定する施設に関する経過措置に関する条例の制定について」は、9月10日、一括して審査いたしました。  当初、担当部長から説明があり、質疑に入りました。

茨木市議会 2019-09-20 令和元年一般会計決算特別委員会( 9月20日)

それでは、続きまして、子育て支援課の担当になるかと思いますけれども、児童虐待の防止について、お聞かせをいただきたいと思います。  連日のように児童虐待についての報道がなされております。本当に胸が痛む思いでいっぱいですけれども、本市においても、本当に児童虐待についての事案が発生したことがあります。

門真市議会 2019-09-19 令和 元年第 2回定例会-09月19日-02号

また、今後のあり方につきましては、これまでの利用実績からも子育て世帯にとってニーズが高いサービスであると認識しており、門真市子ども・子育て支援事業計画の次期計画策定に向けて実施したニーズ調査の結果や、病児保育室が実施したアンケート調査の結果等も踏まえ、さらなる事業の充実に努めてまいりたいと考えておりますのでよろしく御理解賜りますようお願い申し上げます。

茨木市議会 2019-09-17 令和元年一般会計決算特別委員会( 9月17日)

市民文化次長人権男女共生課長 松 山 浩一郎  健康福祉部長 北 川 友 二  健康福祉理事 北 逵 和 雄  健康福祉次長地域福祉課長 青 木 耕 司  健康福祉部副理事兼相談支援課長 竹 下 綾 子  健康福祉部副理事兼生活福祉課長 澤 田 信 一  健康福祉次長保健医療課長 河 崎 一 彦  健康福祉次長長寿介護課長 重 留 睦 美  こども育成部長 岡   和 人  こども育成次長子育て

茨木市議会 2019-09-12 令和元年総務常任委員会( 9月12日)

15款国庫支出金につきましては、総額で4,069万1,000円の増額となっており、幼児教育保育等の無償化に係る子ども・子育て支援事業費補助金や未婚のひとり親に対する臨時・特別給付金に係る母子家庭対策総合支援事業費補助金、橋梁の補修、安全点検に係る社会資本整備総合交付金等でございます。  16款府支出金につきましては、キャリア教育推進モデル事業の実施に係る委託金でございます。  

茨木市議会 2019-09-12 令和元年文教常任委員会( 9月12日)

○地頭江文化振興課参事 危機管理課、政策企画課、文化振興課、スポーツ推進課、障害福祉課、長寿介護課、こども政策課、子育て支援課、商工労政課、農とみどり推進課、環境政策課、都市政策課、北部整備推進課、社会教育振興課、歴史文化財課、中央図書館学校教育推進課、それと市民文化理事が入っております。 ○大嶺委員 はい、わかりました。

茨木市議会 2019-09-11 令和元年民生常任委員会( 9月11日)

あけぼの学園でペアレントトレーニングをされる目的と、今回、小学校3年生から小学校6年生までとしている根拠についてと、あと、ペアレントトレーニングについては、四、五年前からそういうふうなことを市民の皆さんに、子育ての不安感とか心配というのを和らげて、カウンセリングみたいなこともしたいって、市民のそういう資格を持った方が、子育て支援課とかこども育成部に提案に行かれているんです。

門真市議会 2019-09-11 令和 元年 9月11日文教こども常任委員会−09月11日-01号

◎寺西 子育て支援課長  平成31年3月に取りまとめられた門真市子ども・子育て支援に関するニーズ等調査において、放課後児童クラブの終了時間に関する設問では、18時から19時まで利用希望と答えた人の割合が29.7%となっていることから、本施策の実施が本市の子育て環境の充実に一定に寄与することができるものと考えており、今後も引き続き就労家庭等の子育て支援の一翼を担う施策として運営してまいりたいと考えております

茨木市議会 2019-09-10 令和元年民生常任委員会( 9月10日)

○中井子育て支援課長 通常よりは一時預かりの保育の内容を充実するために、平成30年度からスタッフの方の子育て支援員の資格取得のための補助制度というのを設けております。一定、ご案内のほうをさせていただきまして、昨年度は2人の方、今年度は3カ所の広場のほうから、ご意向を示されておりますので、そういった補助事業を活用しまして、保育の質の向上に努めていきたいというふうに思っています。

八尾市議会 2019-09-09 令和 元年 9月定例会本会議−09月09日-02号

公立施設保育の水準の維持向上や、保育サポートの充実に努めるとともに、地域子育て家庭に対する支援を先導的に行ってきました。その役割は、より一層、求められると思います。その決意と現在の状況を御報告ください。  以上をもって、1回目の質問を終わらせていただきます。(拍手) ○議長(越智妙子)  市長の答弁を求めます。  市長。

門真市議会 2019-09-09 令和 元年 9月 9日総務建設常任委員会-09月09日-01号

このことから門真市旧第一中学校跡地整備活用方法検討プロジェクトチームにおいて検討を重ね、関係部局による議論を経て、まちのコンセプトを学びを通じ新たな出会いが生まれるコミュニティガーデンとし、まちのターゲットを子ども、子育て世代子育て世代を含めた子育てファミリー層といたしました。

八尾市議会 2019-09-06 令和 元年 9月定例会本会議−09月06日-01号

これでは、子育て支援どころか、少子化対策に逆行することになり、地域経済にも悪影響を及ぼします。八尾市として、無償化の財源を消費税から切り離すよう、国に求めるべきですが、御答弁ください。  2つ目は、国の基準すら満たさない施設まで補助対象にする問題です。  今回、厚労省指導監督基準すら満たさない認可施設まで無認可の対象にするとしています。

茨木市議会 2019-09-06 令和元年第4回定例会(第2日 9月 6日)

まず最初に、子育て世帯に対する支援について、お伺いいたします。  ことし、国では虐待等を踏まえた児童福祉法等の改正、子どもの貧困対策法の改正が行われ、今年度内には、子どもの貧困対策大綱の見直しが予定されています。  本市においては、第3期次世代育成計画、2015年から2019年の5年目、最終年となります。

門真市議会 2019-09-06 令和 元年第 2回定例会−09月06日-01号

次に、2項児童福祉費の1682万3000円の減額は、臨時的任用職員交通費に不足が生じることに伴う賃金の増額分、令和元年10月から国の幼児教育保育の無償化制度が開始されることに伴う子育てのための施設等利用給付事業に係る補助金の減額分及び実績報告による事業費確定に伴う国及び府への返還金の追加分等を計上いたしております。