324件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

堺市議会 2018-12-12 平成30年12月12日産業環境委員会−12月12日-01号

同様に健康医療についても、今般泉北のほうに大学がやってまいりますけれども、そのことは南大阪地域における堺あるいは大学病院を中心とした優位性を高めることにはなります。  しかし、健康医療産業ということになりますと、それはもはや南大阪地域に1個健康医療産業があるとか、そんなレベルではありません。

八尾市議会 2018-10-12 平成30年10月12日予算決算常任委員会(総務分科会)−10月12日-01号

本当に、緊急性が低い患者さんが対象なんですが、119番するケースが全国的に問題になっているということ、消防庁委託を、病院大学病院とか、また行政なんかと連携してそれをやっていきたいということで、緩やかな救急搬送システムと名づけた実証実験を始めてるということでございます。  

堺市議会 2018-06-20 平成30年 6月20日健康福祉委員会-06月20日-01号

私もいつまでも若い若い思っとったらもう50目前でありまして、子育て世代現役世代からいいますと、うちの子どもも大学生と高校生のそういったような現役世代でありますけれども、私も30代のときに一度リンパ腫じゃないかという疑いがちょっとかかりつけの医者で言われまして、大学病院で検査したことがあるんですけれども、そのときはまだ子どもも小さく、非常に今自分がどないかなるとえらい大変だなというそういう思いもありました

泉南市議会 2018-03-05 平成30年第1回定例会(第3号) 本文 開催日: 2018-03-05

それは全然同じ医療水準を、府下並みにしたからというて、ここがせめて岸和田市とか泉佐野市、貝塚市並みとか、もっといえば高槻市とかああいうところ、大学病院も近くに幾つかあって、専門的な医療も身近に受けられるというのと全然違うわけでしょう。  そんなん負担だけ府下並みにしてもろたって、医療水準が一緒になるということは絶対にないと思うんですよ。その辺の部長の認識というのはどうなんですかね。

泉南市議会 2018-02-28 平成30年第1回定例会(第1号) 本文 開催日: 2018-02-28

あと、そんな大阪府下で合わすというけれども、北摂みたいとか、ほかの市町村みたいに公立病院がちゃんとあるとか大学病院がちゃんとあるとか、そういう医療サービスがきっちり受けられるところと、所得も高いですわね。そういうところと泉南市と一緒にされたら、それはもう払えるわけないでしょう、府下統一というけれども。  

堺市議会 2017-12-13 平成29年12月13日健康福祉委員会-12月13日-01号

私、この間のこの委員会でもちょっと取り組ませていただいた、これからのまちづくりは、健康福祉の面からやはりまちづくりというのも、ニュータウンなんかに住んでおりますとその必要性を実感するわけでありまして、やっぱり悪いものが来るんかというと、公共性の高い病院が来る、災害時には地域医療の拠点となる、そういった先進医療も受けていただける大きな大学病院が来るということで、私も実家が大野台でして、今の近大の近所に

羽曳野市議会 2017-12-11 平成29年第 4回12月定例会-12月11日-03号

11月8日に開催されました南河内医療懇話会で、急遽大阪府より、近畿大学病院よりこれまでの経緯と異なる内容の相談を受けた、こういう冒頭の説明がありまして、羽曳野市でも現在内容を調査中であると、こういうことでありますが、また医師会としても今後の動きを注視している。そして、羽曳野市では救急医療周産期医療等について体制の強化を図る、こういう答弁であったと思います。  

豊中市議会 2017-10-13 平成29年10月13日環境福祉常任委員会(決算)−10月13日-01号

総務企画課主幹(城戸篤) がん診療に関しましては、科学的な根拠に基づいて現在利用できる最良の治療と証明されている標準治療が一般的となりますが、ご質問の最先端の治療につきましては、主に大学病院研究医療機関において研究、取組みがなされているところであり、当院は協力機関として参加しているところでございます。  

大東市議会 2017-09-11 平成29年9月11日街づくり委員会−09月11日-01号

それで、うちの事例言いますと、犬の毛が喉に入って、重篤なぜんそくになって、大学病院で見てもうたら、動物、おたくの近くで犬飼うてますかいうたら、2階が飼うてはります。 ○酒井 委員長   要約のほうをお願いいたします。 ◎本郷 請願者   そういうような、損害賠償対象の事件につながるということです。 ○酒井 委員長   ほかに発言はありませんでしょうか。  光城委員。

堺市議会 2017-08-30 平成29年 8月30日総務財政委員会-08月30日-01号

大学病院は普通に紹介者がないと行けなくなります。制度が変わるんです。だから新しくその近大病院をこしらえていただいて、南河内が進める方向づけやっていただいて、また雇用が生まれます、堺区でやっていくと。  例えば原山公園、私たち住んでる人間は、いつも交通麻痺で日曜日、難儀してます。

堺市議会 2017-06-20 平成29年 6月20日総務財政委員会-06月20日-01号

しかし、私はそこを果敢に挑戦をしていく使命をある意味これから市が挙げて、大学病院あるいは医学部を誘致するんであれば、挑戦をしていくべきなのではないかというように考えていますし、この大いなる実験、実験というと語弊があります、大いなる試みを三原台から始められたらどうなのかなと思うところでございます。  そこで視点を変えてお尋ねいたします。

堺市議会 2017-03-24 平成29年度予算審査特別委員会−03月24日-03号

本会議のほうでは、野村議員から近畿大学病院の誘致に伴って医療産業の創出についてということで議論をさせていただきましたんで、その医療産業の創出いうことを視野に入れていただきたいと思いますし、私先ほど申し上げた、この南区最も高齢化した地域であるからこそ、介護予防というのが産業として今後育っていくなというふうにも考えますので、その辺も同時に視野に入れていただきますように、ぜひともよろしくお願いします。  

羽曳野市議会 2017-03-09 平成29年第 1回 3月定例会-03月09日-04号

近畿大学附属病院の移転問題より以前からこの問題については、高度救命医療の空白地帯を言うまでもなく、南河内のこれまでの大きな問題であり、近畿大学病院の移転によりその問題がにわかにクローズアップされたにすぎません。  医療の安心は地域の安心につながります。逆説すれば、住民が医療に不安を感じるところには人は住まなくなるということです。

八尾市議会 2017-03-08 平成29年 3月 8日予算決算常任委員会(保健福祉分科会)−03月08日-01号

◎企画運営課長(朴井晃)  正直申し上げまして、大学病院等と比較されれば、その学会を開いたということも、決して特別なことではないんかなとは思いますが、一般の380床規模の公立病院の中で、当院学ぶ環境という意味でいったら、積極的だと思っています。  

高槻市議会 2017-03-07 平成29年第1回定例会(第2日 3月 7日)

大阪府三島救命救急センターのあり方についてですが、患者受け入れの改善には、救命救急センターの常勤医師確保や幅広い多くの医療従事者を抱える大学病院との連携による人材の確保、また集中治療室等の満床状態を回避するために、急性期を脱した高齢患者等の転院先の確保に向けた関係医療機関との連携が必要であると考えています。