運営者 Bitlet 姉妹サービス
21件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2
日付議会議事録名議事録内容
2018-06-19 藤井寺市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月19日−02号 ご質問のご当地ナンバープレートでございますが、これは各自治体が地域の特性にちなんだ個性あふれる図柄や形状のナンバープレートのことで、平成19年4月に愛媛県松山市が小説「」にちなんで雲の形をしたナンバープレートを採用したのを皮切りに、長野県上田市の六文銭や山形県天童市の将棋の駒をデザインしたものなど、全国各地に広がっていったものでございます。   もっと読む
2016-03-10 河内長野市議会 平成28年  3月 定例会(第1回)-03月10日−02号 市長に、あので有名な名こそ惜しけれという言葉を残されていますけれども、いわゆる日本人としての武士道なんですよ。武士道精神なんですよ。この名こそ惜しけれという言葉をもう一度かみしめていただいて、まず役所の立て直しからしっかりと果たしていただけますよう心から願いつつ私は質問を終わりたいと思います。ありがとうございました。 もっと読む
2014-10-03 守口市議会 平成26年 9月定例会(第1日10月 3日) ところが、歴史小説作家である司馬遼太郎の「」や「龍馬が行く」などの作品やテレビ等の大河ドラマなどが、まるで歴史の事実であるかのような錯覚が少なくなく横行しています。長州維新史研究家で、萩博物館特別学芸員・高杉晋作資料室長の一坂太郎氏は、その著書「司馬遼太郎が描かなかった幕末-松陰・龍馬・晋作の実像」の中で、「私は「晋作ファン」という男子学生の訪問を受けたことがある。 もっと読む
2014-09-04 豊能町議会 平成26年第3回定例会(第2号 9月 4日) ほんなら編集手帳の中に、読まれた人もおられるかわからんけど、司馬遼太郎の「」の内容が載ってまして、その秋山真之いう人が、その幼なじみの正岡子規に、こういうふうに言わはったらしいですわ。軍艦は遠洋航海に出て帰ってくると、船底にカキ殻がくっついて船足が落ちると。 もっと読む
2013-06-28 守口市議会 平成25年 6月定例会(第2日 6月28日) この御当地プレートを最初に導入したのは2007年松山市で、司馬遼太郎の小説「」にちなんで雲の形とし、地名表記も松山市から道後・松山市と変更し、道後温泉を活用しアピールをしています。その後、各地に広まり、現在では44都道府県210市区町村で導入済み、もしくは導入が予定されています。近隣の枚方市では、くらわんか舟の船頭をモチーフにした犬のゆるキャラ、くらわんこを採用。 もっと読む
2013-06-18 岸和田市議会 平成25年第2回定例会(本会議 第1日目) 本文 開催日:2013年06月18日 最初に導入した愛媛県松山市は、松山市が舞台になりました、司馬遼太郎の『』をイメージした雲形デザインで、市の名前の表記は「道後・松山市」としています。また、富士山型のナンバープレートは、富士山を取り巻く静岡県、山梨県の市町村が取り入れ、広域的に富士山周辺の市町村のイメージアップを図り、観光振興に活用しております。   もっと読む
2011-12-20 門真市議会 平成23年第 4回定例会-12月20日-02号 これは、市区町村が交付する原動機付自転車の独自のデザインナンバープレートで、御当地ナンバープレートなどと呼ばれていて、2007年に愛媛県松山市が、同市が舞台となった小説「」をイメージした雲のデザインのナンバープレートをつくったことから、各市町村で現在約50以上の地域で実施されているものであります。   もっと読む
2011-03-04 泉大津市議会 平成23年  3月 定例会(第1回)-03月04日−03号 先日、市長の施政方針の中に、小説「」を挙げておられました。私も好きな小説の一つであります。秋山兄弟、そしてまた正岡子規等が出てまいりまして、幼少期から青年期、そしてまた大きくなりまして、戦争云々は別としまして、その当時、世界唯一であるロシアバルチック艦隊を日本海において迎え撃ったという形で小説が進んでおります。 もっと読む
2010-12-06 東大阪市議会 平成22年12月 6日文教委員会−12月06日-01号 私はやはり改めて日々考えているんですけれど、たまたま今ちょうどNHKでもですか。本市にちなんだ司馬遼太郎の、ちょうど日露戦争にかかわる、明治を学ぶ非常にいい材料だと私は思ってるんですよ。同様に、東大阪では鴻池新田会所は江戸期を学ぶ重要な材料ですよ。それにさらにその神代ではないですが、1万年から1万5000年前の財産の埋蔵文化財のセンターも、これまたひとえに東大阪の財産ですよ。 もっと読む
2010-06-24 四條畷市議会 平成22年  6月 定例会(第2回)-06月24日−02号 静岡県御殿場市では富士山をイメージした形、宮城県登米市では米をイメージした形、愛媛県松山市では司馬遼太郎さんの小説「」にちなんだ雲の形、長野県上田市では上田城のイメージをした形に真田氏の旗印である六文銭のデザインも入っています。山形県東根市では形は本市と同じですが、生産量日本一を誇るサクランボのデザインを入れています。 もっと読む
2010-03-23 八尾市議会 平成22年 3月総務常任委員会−03月23日-01号 参考までに言いますと、松山市、「」テレビでありましたね。だから、「を軸とした21世紀のまちづくり」。  そして、2つ目には「スポーツを通じた地域の活性化、青少年育成を全国発信したい」。  3つ目、24時間365日、小児科救急やる。  そして、4つ目が具体的なんですよ。  松山の詩人、種田山頭火。終焉の地「一草庵」。 もっと読む
2010-03-11 泉大津市議会 平成22年  3月 予算審査特別委員会-03月11日−04号 要するにマーケティング、こういった手法をまず持って、結果出てきたことに対してまちづくりどうやっていくかということをやる必要が僕はあるんじゃないかと思うんですが、今までそのマーケティングという手法に関しては、やはり余り市では聞かなかったと思うんですが、これからのまちづくりに対してやっぱり攻めの行政、ビジョンを定める、それ実現させていくとなると、やっぱりにやろうと思ったら、マーケティングあって もっと読む
2010-03-11 泉大津市議会 平成22年  3月 予算審査特別委員会-03月11日−04号 要するにマーケティング、こういった手法をまず持って、結果出てきたことに対してまちづくりどうやっていくかということをやる必要が僕はあるんじゃないかと思うんですが、今までそのマーケティングという手法に関しては、やはり余り市では聞かなかったと思うんですが、これからのまちづくりに対してやっぱり攻めの行政、ビジョンを定める、それ実現させていくとなると、やっぱりにやろうと思ったら、マーケティングあって もっと読む
2010-03-02 能勢町議会 平成22年 第1回定例会(第2号 3月 2日) それと、一身独立して一国独立という言葉、町長がこの激動の中で若いリーダーがというような形で、育ってほしいという思いで言うたというので、町長、そのお言葉を僕なりにとれば、この言葉が今使われ出したのは、福沢諭吉の「学問のすゝめ」という福沢諭吉が中心になって議論されて出てきたことではなくて、今、NHKの大河ドラマの「」、3年連続してやるという中で、日露戦争の秋山好古を一つのテーマにして、その秋山大将 もっと読む
2009-12-15 堺市議会 平成21年12月15日市民人権委員会-12月15日-01号 司馬遼太郎のは今テレビでやってますけれども、その冒頭は、まことに小さき国が開花期を迎えようとしていたという一説であります。本市もまた、政令指定都市では大きい市ではありません。言うならば、まことに小さな、小さき政令指定都市が開花期を迎えようとしていたというときではないかと、このように思います。   もっと読む
2009-12-10 堺市議会 平成21年第 5回定例会−12月10日-04号 最後に、皆様もご存じだと思いますが、司馬遼太郎氏の「」の後書きにあります一節を、今こそ新しい希望の時代を開きたいとの思いを込めてご紹介をさせていただきます。前をのみ見詰めながら歩く。上ってゆく坂の上の青い天にもし一朶の白い雲が輝いているとすれば、それのみを見詰めて坂を上ってゆくであろう。以上をもちまして公明党堺市議会議員団を代表して大綱質疑を終わります。ありがとうございました。 もっと読む
2008-12-10 羽曳野市議会 平成20年第 4回12月定例会-12月10日-03号 前回お話しした滋賀県彦根市のひこにゃん基金以外にも、愛媛県松山市では松山を舞台とした司馬遼太郎の名作「」をまちづくりのテーマとしてとらえ、まちづくり基金を創設、これがそのチラシなんですけれども、ふるさと納税制度により全国から集まった寄附金を松山市の行政に生かしておられます。   もっと読む
2005-12-06 堺市議会 平成17年第 5回定例会−12月06日-02号 限られた財政の中で最大限の効果を上げるために何が必要かを十分に見きわめながら、施策展開をされる姿は、市長の愛読書と聞いております司馬遼太郎氏の「」とテーマを同じくするものではないかと思います。12月1日の市長の所信表明をお聞きしまして、2期目の市政運営にも大きく期待いたしております。  さて、堺市と美原町の合併後10カ月を経過いたしました。 もっと読む
2004-09-15 堺市議会 平成16年 9月15日建設委員会-09月15日-01号 再開発事業につきましては、8月13日の都市活性化・雇用対策特別委員会で私自身質問をさせていただきましたが、場当たり的なものではなくて、松山市のような、をテーマにしたまちづくりを例といたしまして、考え抜かれたストーリーのあるまちづくりが必要であると訴えさせていただきました。 もっと読む
2004-08-13 堺市議会 平成16年 8月13日都市活性化・雇用対策特別委員会−08月13日-01号 現在、都市再生のモデルといたしまして、私が注目しておりますのは、松山市のまちづくりであります。NHKが21世紀スペシャル大河として、司馬遼太郎さん原作の「」を制作することが決まったことを受けて、松山市が市民とともに、あらゆる角度から新たなまちづくりを展開をしております。 もっと読む
  • 1
  • 2