318件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

豊中市議会 2019-06-21 令和 元年 6月定例会(本会議)−06月21日-付録

このため、近隣事業者は、さらなる地盤沈下に見舞われ、大きな悪影響を受けております。  特に、庄内WEST商店街部分の拡幅事業については、これまでの住環境整備計画等においても長年位置づけられ、新計画でも見直しがされているものの、四十余年経過しているにもかかわらず、実際には、拡幅の見込みが全く立っていない状況です。

豊中市議会 2019-06-19 令和 元年 6月定例会(本会議)−06月19日-06号

参考までに、「とよなかの環境」に採録されている大阪府の調査結果では、高度成長期に地下水の大量取水によって地盤沈下が懸念された豊中市内の地点における地下水の水位が、この数十年間で毎年上昇しており、豊中市内では、井戸を掘れば一定量の生活用水の水源として活用できると考えられます。  そこで、お尋ねします。

茨木市議会 2019-03-12 平成31年第2回定例会(第6日 3月12日)

地域住民にとって心配なのは、地域全体の地盤沈下です。地域交流が図られ、地域コミュニティを守るためには、地域内の移動支援も重要であると考えます。このような課題について、市はどのように認識され、今後どのように移動支援を進めていかれるのでしょうか。また、市が想定されている丘陵部というのはどこになるのでしょうか、お聞かせください。 ○下野議長 大塚副市長。     

堺市議会 2018-12-14 平成30年12月14日総務財政委員会-12月14日-01号

大阪万博というのは、大阪・関西をアピールするに当たりまして、絶好の機会となるというふうなことで、関西地盤沈下してる経済成長にも一定の寄与するんじゃないかというふうに思っております。  特に堺は来年の世界文化遺産登録をめざす百舌鳥古墳群などの有数の歴史文化資源を有するところであり、またこの万博の理念でございます未来につきましても、SDGs未来都市としてのテーマと一致するとこでございます。

東大阪市議会 2018-12-07 平成30年11月第 3回定例会-12月07日-03号

しかし地震による地盤沈下、壁が破損し崩れ落ちた状態など、その補修が必要となっています。保存修理は昭和62年から平成7年に行われ、平成9年から鴻池新田会所の一般公開が始まりましたが、保存修理から20年を経過しており、補修や施設整備が求められています。また、台風21号による被害も出ており、早急にそのための補修を行うことは言うまでもありません。  そこでお聞きします。

八尾市議会 2018-11-29 平成30年12月定例会本会議−11月29日-01号

その中で、府は、建物はそうであっても、周りの附属施設通路であったり車庫部分が、建設後、地盤沈下を起こしていくだろうと。そこら辺もすごく心配しているというお話がありました。  それと、もう1つは、そういうごみの層であれば不安定なので、工事中に崩落事故とかを過去に起こしたことがあり、そういう不安もあるという総合的な判断の中で、ごみの撤去というのを求められたのかと。  

茨木市議会 2018-10-09 平成30年建設常任委員会(10月 9日)

今回、隣の高槻市では水道管の本管が破裂した、地盤沈下があったということで断水があったのが、茨木市については本管の破損というものがなかったようにお聞きしております。マンション等で一部、そこは出なかったというのは聞いておりますけれども、その部分。  それと、一番茨木市の中で誇れる部分は、震災瓦れき。これの撤収が物すごく早かった。

八尾市議会 2018-10-09 平成30年10月 9日予算決算常任委員会(保健福祉分科会)−10月09日-01号

地盤沈下が大方3メートルぐらいしてて、3メートルを越える高潮やったと。想定ができなかったということやったんですけども、何が起きるかわかりませんしね。ましてや大和川が氾濫するやどうやこうやというよりも、近くにある春日町のところのアンダーパスですら、やっぱりつかるんと違うかという怖さもあるぐらいの集中豪雨が起きるときもありますんでね。

東大阪市議会 2018-09-26 平成30年 9月26日総務委員会−09月26日-01号

そんなことでいくと、その学校では校長先生は、地盤沈下だと思いますと言って、その原因を推察されて、基礎に亀裂が入っているということは、そこから水が入ってさびついていくと、一応耐震化の工事はしたんだけども、劣化が進んで、非常に心配することが、耐震化の意味がなくなってくるんじゃないかとも心配するわけです。

大東市議会 2018-09-26 平成30年 9月定例月議会−09月26日-04号

◆6番(寺坂修一議員) その視点からいくと、僕は本当に、ちょっと厳しいと思いますけど、僕が議員になったころというのは、この市役所というのはいつも何メートルか、地盤沈下してて、結構すき間が見えてた記憶があって、最近は全然それなくなったんですけど、何か上手に誰か隠してるんじゃないかなと思ってるんですけど、僕は下には間違いなくちゃぽんちゃぽんした水の状態になっていて、大東市というのは決して液状化が起きない

茨木市議会 2018-09-21 平成30年一般会計決算特別委員会( 9月21日)

市内の2次救急受け皿について、全体として地盤沈下が起こっているのではないでしょうか。見解をお聞かせください。  小児2次救急も含めて、市内2次救急体制確保に向けて、改めてどのような施策が効果的か、再構築の上、充実、拡充すべきと考えますが、それに向けた検討は平成29年度、どのように行われたのか、検討状況について、お聞きしたいと思います。

泉南市議会 2018-09-20 平成29年度決算審査特別委員会(第1号) 本文 開催日: 2018-09-20

それと、130ページですけれども、関空の南ルートですけれども、今回こういう事故がありましたけれども、橋の北ルートというか、空港の橋の事故がありましたけれども、この事故を経て、割と早く解決もしたし、開通するようにもなったし、これからもっともっと空港地盤沈下の問題とか高潮の問題とかの対応が中心になっていって、これはますます南ルートというような話は出てこないんじゃないかというふうに、こっち側が言わん限り

東大阪市議会 2018-09-18 平成30年 9月第 2回定例会−09月18日-03号

また、地盤沈下などにより校舎と地面との間にタヌキのすみかとなる穴がある、校舎の土台に亀裂が入りコンクリートが脱落する、体育館の外階段が傾く、校舎などの外壁がはがれ落ちる、ひさしの角が欠けて落ちる、手すりとコンクリートの接続部が劣化して外れかけるなど、危険な箇所が多数あります。

羽曳野市議会 2018-06-13 平成30年第 2回 6月定例会-06月13日-03号

これまで南河内医療圏で唯一高度救急救命を担う三次救急病院であった近大病院の撤退は、南河内全体の医療のみならず、南河内地域地盤沈下、流入人口をさらに減少させる重大な問題であると考えています。  そこで1回目の質問として、近畿大学医学部附属病院移転問題の状況は今どうなっているのかお聞きします。  次に、救急救命の搬送先受け入れ体制について、その搬送先の状況をお聞かせください。  

東大阪市議会 2018-03-23 平成30年 3月23日環境経済委員会−03月23日-01号

ということは、6平方センチ以上であれば揚水量が多くなるであろう、これが地盤沈下の影響があるだろうというので測定器の設置プラス報告が必要だということで間違いございませんか。 ◎木村 公害対策課長  測定器の設置のことだと思うんですけども、6平方センチメートル以上の断面積を持つ吐出口については、水量測定器を設置し、市長に報告をすることとなっております。以上です。

交野市議会 2018-03-19 平成30年  3月 都市環境福祉常任委員会-03月19日−01号

◆委員(藤田茉里) 交野の水は非常においしくて自慢できるところやなと思っていて、ただ、地下水のくみ上げというところで砂も一緒にくみ上げてしまうというところが、因果関係はちょっとはっきりわからないんですけれども、地盤沈下とかそういうのを住民の方、地域の方は気にしておられるところとかもあるんです。その辺の因果関係みたいなのは考えておられますか。ありますか。

茨木市議会 2018-03-14 平成30年建設常任委員会( 3月14日)

それと、松沢池の樋門、ゲートの操作にかかわって、地盤沈下という事象も報告されたということなんですけれども、この地盤沈下が起こった場所と、ゲート操作の実績とその関連性ですか、地盤沈下の場所、どんな実績で地盤沈下が起きたのか、操作との因果関係茨木市はどう考えているのか。その地盤沈下に対して補償の有無はあったのかどうか。

大東市議会 2018-03-12 平成30年3月12日街づくり委員会−03月12日-01号

ただ、本市の場合におきましては、地下水を昔採取してたものの、地盤沈下等、いろいろな問題がございまして、廃止したところでございます。現在は、大阪広域水道企業団からの受水で主に賄っているものでございます。現在のところ、御指摘の地下水については考えておりません。  以上です。 ○酒井 委員長   中河委員。 ◆中河 委員   今、僕たちが飲んでいる水は本当においしいきれいな水やと思うんです。