運営者 Bitlet 姉妹サービス
1263件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-25 大阪狭山市議会 平成30年 12月 定例月議会-12月25日−04号 また、地方が我が国の将来にとって重要な政治課題となり、その実現に向けて大きな責任を有する地方議会の役割は、ますます重要となっている。   もっと読む
2018-12-21 大東市議会 平成30年12月定例月議会−12月21日-04号       〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 〇 地方自治法第121条による出席者        東 坂 浩 一   市長        西 辻 勝 弘   副市長        亀 岡 治 義   教育長        松 本   剛   上下水道事業管理者        田 中 祥 生   理事        大 石 達 也   危機管理監        東   克 宏   地方局長 もっと読む
2018-12-20 大東市議会 平成30年12月定例月議会−12月20日-03号 ○水落康一郎 議長  東地方局長。 もっと読む
2018-12-19 大東市議会 平成30年12月定例月議会−12月19日-02号 ○水落康一郎 議長  東地方局長。 ◎東克宏 地方局長  北条まちづくりプロジェクト、ズンチャッチャ夜市以外にも、深野北小学校跡地活用プロジェクト、地域健康プロジェクトの計4つがございます。 ○水落康一郎 議長  6番・寺坂議員。 もっと読む
2018-12-12 大阪狭山市議会 平成30年 12月 定例月議会-12月12日−03号 ご承知のとおり、グリーン水素シティ構想(案)は、産官学が一体となって画期的な事業を進めるといった、本市にとっても地方を深化させていく上では有効に働くものと考えていました。   もっと読む
2018-12-07 泉南市議会 平成30年第4回定例会(第3号) 本文 開催日: 2018-12-07 地方を機に、自治体間競争は激しさを増していると言われていますが、なぜかこの泉南市周辺地域では泉佐野市だけが競争への参戦意欲を旺盛に示していて、隣の我が泉南市は一向に対戦相手になろうとしないので、このままだと泉南市の欠場、不戦敗となるのでしょうか。  そして、地方については、泉佐野市は成功モデルとなり、泉南市はじり貧にあえぐことになるのでしょうか。 もっと読む
2018-12-05 豊能町議会 平成30年12月定例会議(第3号12月 5日) こうしたことから、地方推進交付金を受け、「地域の資源をしごととお金にかえる」を目標にして、農×観光戦略推進計画を策定し、進めているところであり、六次産業化を推進するため、町内の農業団体等に対して特産品の開発等の支援を行っているところでございます。  若年層の本格的な参入にまでは至っておりませんが、関心を寄せていただいている若者は増加しつつあるということもあります。 もっと読む
2018-12-05 泉南市議会 平成30年第4回定例会(第1号) 本文 開催日: 2018-12-05 本市におきましては、これまで人口減少対策や定住促進策として、人口ビジョンにお示ししている4つの方針に基づき、まち・ひと・しごと地方総合戦略と絡めまして、まちのにぎわいづくりや雇用促進事業、子育て支援の充実などのさまざまな取り組みを行ってきたところでございます。   もっと読む
2018-12-05 泉南市議会 平成30年第4回定例会 目次 開催日: 2018-12-05 ………………………………………………………………………………………… 138      1.教育問題について      2.アスベスト対策について      3.新家駅前整備について      4.防災対策について   13)森 裕文議員……………………………………………………………………………………………………… 149      1.財政について      2.内部統制について      3.地方 もっと読む
2018-12-04 豊能町議会 平成30年12月定例会議(第2号12月 4日) 地方地方の予算とってますやんか。地域を生かすいう予算とってますやんか。だから格好ばっかりしたらだめですよ。やることやらな。だから今後要するにこの東地区は廃校の対応策これは地域とともにある学校づくりをすること、地域との協働によるコミュニティスクールの推進をすること、教師の適正配置による労働の軽減化、これは1億総活躍社会いうのを今やってますやろ。予算もあるんですよこれ。 もっと読む
2018-11-29 大東市議会 平成30年12月定例月議会−11月29日-01号       〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 〇 地方自治法第121条による出席者        東 坂 浩 一   市長        西 辻 勝 弘   副市長        亀 岡 治 義   教育長        松 本   剛   上下水道事業管理者        田 中 祥 生   理事        大 石 達 也   危機管理監        東   克 宏   地方局長 もっと読む
2018-11-12 泉南市議会 平成30年第2回臨時会(第1号) 本文 開催日: 2018-11-12 行革もそうでありますし、また福祉の面でもそうでありますし、教育もそうでありますし、また地方もそうでありますし、人口減少もそうであります。  ただ、私ども議会は、しっかりと短期に、そして中長期的に物事を考えながら、しっかりと議論をしていかなければならない、今こそ議会の力が必要だというふうに思っております。   もっと読む
2018-10-23 守口市議会 平成30年決算特別委員会(10月23日) 第3回目といたしまして、平成29年度に実施したシティプロモーションに関する事業の報告、また、その他地方に関する事業の報告を行いました。  以上でございます。 ○(福西委員)  これも各3回の会議、出席者数の中身はどんなものですか。 ○(平企画課主任)  第1回目の出席者が8名、第2回目、10名、第3回目、8名でございます。 ○(福西委員)  これ、委員さんは全部で13名ですか。 もっと読む
2018-10-23 松原市議会 平成30年 10月 決算特別委員会-10月23日−02号 ◆委員(森田夏江君)   しっかりアンテナも張っていただかなあかんし、緊急性もあるということは、地方の交付金なんか、ほんまにぎりぎりに決まって、何月何日までにとほんま1カ月もないぐらいに計画を立ててこいとかいう国のそういう中でうわっとなって出して、もうちょっとこれしたかったあれしたかともうちょっとこうすればよかったということなんかもあるんでしょうけれども、大体、いろんな補助金というのは、決定文書 もっと読む
2018-10-23 豊中市議会 平成30年10月23日総務常任委員会(決算)−10月23日-01号 まずは、この事業の地方推進交付金と市の一般財源の決算額についてお聞かせください。 ◎くらし支援課主幹(濱政宏司) 本事業の決算額は4,999万4,000円で、国庫補助金、一般財源はともに2,499万7,000円でございます。 もっと読む
2018-10-17 松原市議会 平成30年 10月 定例会(第3回)-10月17日−04号 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ◎市長公室長(松岡達也君)   第5次総合計画の基本構想の3つ目の柱である魅力を発信し、市民と共に進めるまちづくりにおいて、地方による移住・定住の促進や本市の魅力の磨き上げや掘り起こし、効果的に発信していく取り組みを推進することが、これは掲げられております。   もっと読む
2018-10-16 松原市議会 平成30年 10月 定例会(第3回)-10月16日−03号 次に、松原市のPRについてでございますが、第5次総合計画基本構想のまちづくりの3つ目の柱となります「魅力を発信し、市民と共に進めるまちづくり」に基づいて、「行ってみたい」「住んでみたい」「暮らし続けたい」と感じるまちになるよう、地方による移住・定住の促進や観光、文化、芸術、スポーツ等の魅力の磨き上げや掘り起こしを行い、それらを効果的に発信していく取り組みを進めてまいりたいと考えております。   もっと読む
2018-10-16 門真市議会 平成30年10月16日決算特別委員会−10月16日-03号 決算事項別明細書24ページ、そして27ページの地方推進交付金についてお伺いいたします。  地方に関する昨年度の国の予算は、地方推進交付金を自治体が利用しやすいように拡充したことと伺っています。地方自治体の地域活性化を支援するため1000億円計上されているようですが、昨年度の門真市の推進交付金の活用についてお伺いいたします。 もっと読む
2018-10-09 大東市議会 平成30年10月特別議会−10月09日-01号       〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 〇 地方自治法第121条による出席者        東 坂 浩 一   市長        西 辻 勝 弘   副市長        亀 岡 治 義   教育長        松 本   剛   上下水道事業管理者        田 中 祥 生   理事        大 石 達 也   危機管理監        東   克 宏   地方局長 もっと読む
2018-10-04 門真市議会 平成30年10月 4日決算特別委員会−10月04日-01号 また、平成27年度に策定しました、まち・ひと・しごと創生総合戦略や地方推進交付金の申請に必要なKPI(重要業績評価指標)にも幸福度指標の一部を設定し、本市の地方に係る取り組みの基礎情報として活用しているところであります。 ◆松本 委員  それでは、平成29年度で3回目の調査となりましたが、今後の方針についてはどのようにお考えかお聞かせください。 もっと読む