7件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

箕面市議会 2020-03-05 03月05日-03号

先月2月10日には、議員研修の一環として、国立情報研究所山田誠二教授を招いてAI化で変わること、変わらないことをテーマに学習しました。AIにも得意分野、不得意分野があること、人とAIの共同の在り方などについて学びました。

東大阪市議会 2019-12-06 令和 元年11月第 4回定例会−12月06日-04号

このような状況の中、AIvs.教科書が読めない子どもたちの著者である、国立情報研究所教授で、一般社団法人教育のための科学研究所所長の新井紀子氏の指摘が注目を集めています。新井教授は、2011年から、ロボットは東大に入れるかという、AIのプロジェクトを率い、AI時代を生きるために何が必要なのかを調査、分析されてきました。

箕面市議会 2019-03-04 03月04日-02号

次に、リーディングスキルテストについてですが、これは文章を正確に読み取る基礎読解力を測定するためのテストで、国立情報研究所を中心とした研究チームが大学入試を突破する人工知能の研究を通して開発したものです。 基礎読解力とは、小説や表論文などを読んで作者が言いたいことや行間から作者の意図を読み取るような読解力ではなく、文章そのものの意味・内容を正確に読み取る力のことです。

箕面市議会 2010-12-20 12月20日-02号

この事業に関して、数学教育情報学を専門とする国立情報研究所のセンター長が、実際の授業を見た上で専門的な見地から課題を報告されております。次がその主な課題です。 OSの立ち上げに約5分かかり、アプリケーションの立ち上げにはさらに遅く、10分ほど授業時間が費やされ、45分の授業では時間がかかり過ぎるなど、計画どおりの授業ができない場合がある。

茨木市議会 2007-06-07 平成19年第3回定例会(第1日 6月 7日)

次に、解雇権の、これは乱用に当たるんじゃないかということですが、これにつきましても、以前議員のほうからご指摘いただいた国立情報研究所非常勤嘱託員の雇い止め事件、これが、昨年の12月に高裁の判決が出ております。これによりますと、私のほうから以前お答えさせてもらっていますように、この雇用関係は、どこまで行っても、いわゆる公法上の任用関係であると。

  • 1