59件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

高石市議会 2017-09-08 平成29年  9月 定例会(第3回)-09月08日−01号

これは、旧市立体育館、旧高師浜公民館、旧高石幼稚園の用地売却に伴い、旧市立体育館に設置しております防災行政無線(固定)の移設及び防火水槽を新たに設置する費用でございます。  次に、教育費でございますが、幼稚園費の幼稚園管理費におきまして、需用費及び工事請負費といたしまして計211万8,000円を計上いたしております。

東大阪市議会 2017-03-09 平成29年 3月第 1回定例会−03月09日-03号

また、戸別受信機及び半固定につきましては、毎月1日に定期放送を実施しており、防災行政無線の日常的な点検を実施しております。今後の屋外拡声子局の訓練放送につきましては、市民の皆様の防災意識向上につなげるため、地域での防災訓練時に放送するよう積極的に自主防災会に働きかけてまいります。  

大東市議会 2016-10-27 平成28年10月27日街づくり委員会−10月27日-01号

目6防災無線対策費1,379万9,920円の主なものは、次のページ、節15工事請負費のうち、地震対策使用する地区対策部である市内8中学校に新たに設置しましたMCA無線半固定子局設置等工事費でございます。  以上でございます。何とぞよろしく御審議の上、御承認賜りますようお願い申し上げます。 ○北村 委員長   次に、東地方創生局長

大東市議会 2015-10-29 平成27年10月29日街づくり委員会−10月29日-01号

今回、大東・四條畷医師会につきましても、この災害時の重要な機関組織ということで、この施設大東市としましてもMCA無線の半固定を設置させていただきました。以上です。 ○北村 委員長   ほかに発言はございませんか。1回目、発言はございませんか。  中河委員。 ◆中河 委員   それでは、質問させていただきます。  

貝塚市議会 2014-09-09 平成26年  9月 防災・環境問題対策特別委員会-09月09日−01号

災害発生時に迅速な情報伝達を行うべく、整備を進めております防災行政無線につきましては、現在、市内全域で固定28箇所及び町会等放送設備への戸別受信機接続46箇所の計74箇所に設置をいたしております。これの一覧表につきましては、別紙4‐1・4‐2に一覧表、そして、5‐1・5‐2・5‐3に設置箇所の位置図を添付させていただいておりますのでご参照いただきたいと思います。  

貝塚市議会 2014-03-20 平成26年  3月 予算特別委員会-03月20日−02号

次に、防災行政無線整備事業は、平成25年度、固定といいまして、ポールにスピーカーを設置する型ですが、脇浜地区に1箇所増設しました。また、町会放送設備自治会放送設備に対する防災行政無線放送個別受信機の設置を6箇所行いました。これまで整備が進んでおりませんでした永寿校区、特に三ツ松西之町、三ツ松団地、三ツ松団地南、レイクガーデン自治会と4箇所の設置を行ったところです。  

貝塚市議会 2013-09-27 平成25年  9月 防災・環境問題対策特別委員会-09月27日−01号

災害発生時に迅速な情報伝達を行うべく、整備を進めております防災行政無線につきましては、現在、市内全域で固定27箇所及び町会等放送設備への戸別受信機接続40箇所の計67箇所に設置をいたしております。この67箇所の内訳につきましては、まず場所につきましては別紙2-1と2-2を添付させていただいております。

貝塚市議会 2013-09-19 平成25年  9月 決算特別委員会-09月19日−02号

危機管理課長(高笠忠士)   まず、防災行政無線につきましては、現在、屋外固定と申しまして、ポールを立てましてその上にスピーカーをつけている無線局ですけれども、それが市内全体27局ございます。主に浜手地区と蕎原、大川、秬谷の山手地区でございます。木積、畑も含まれております。  

東大阪市議会 2013-07-23 平成25年 7月23日環境経済委員会-07月23日-01号

東中西各本署のほうに固定の無線装置、これを配備します。各署所につきましては、署所端末用の受令機、これを配備します。以外に現場指揮本部用として移動局の無線装置、あと局と各所に携帯型の無線装置、その他無線機用の電源装置等でございます。 ◆天野 委員  この3億6000万というこの金額というのは、事前にある程度情報収集はやられたんですか。

貝塚市議会 2013-03-22 平成25年  3月 予算特別委員会-03月22日−02号

危機管理課長(高笠忠士)   まず、固定といたしましてポールに無線機とスピーカーをつけております箇所が現在28箇所でございます。また、町会放送設備の個別受信機に接続いたしております箇所が現在32箇所。なお、これにつきましては本日も1個、和泉台町会にまさに今日工事をしております。

守口市議会 2012-10-05 平成24年 9月定例会(第3日10月 5日)

同じく市役所基地とし、半固定31局、他18局を持つ地域防災無線は、電源が失われたときに大いに力を発揮するものと思います。あとは、誰が使うのか、どれだけ使える人を確保するのかが問題となるでしょう。災害時においては、職員マニュアルどおりに配置につくことはまず不可能と考え、少人数によるBCP、事業継続性の検討は以前質問をいたしました。  

貝塚市議会 2012-07-24 平成24年  7月 防災・環境問題対策特別委員会-07月24日−01号

防災行政無線につきましては、現在、貝塚市内全域で固定25箇所及び町会等放送設備への戸別受信機接続31箇所の計56箇所に設置しております。この内訳につきましては、まず別紙4−1をご覧いただきたいと思います。これが固定系屋外局といいまして、ポールで建てておるところでございます。これの名簿でございます。次に、別紙4−2が町会放送設備へ戸別受信機を接続しております一覧表でございます。

高石市議会 2011-12-06 平成23年 12月 総務文教委員会-12月06日−01号

◆委員(出川康二君)   そうしますと、平成24年度以降、今後の整備ですが、固定は今これで13局ですから、あと重要なのは、どれぐらい必要経費だと見込まれておるんでしょうか。 ◎危機管理課長(矢部正信君)   お答えいたします。  固定の場合は、子局が9局でございますので、9局と、それから屋内受信局41局でございます。  固定につきましては、定価ベースで約300万円でございます。

阪南市議会 2011-12-05 平成23年 12月 定例会(第4回)-12月05日−01号

従前のアナログ防災行政無線が老朽化していることや聞こえにくいといった声もあり、平成21年、22年度の2カ年をかけてこれらを解消し、また以前から聞こえない等自治会から要望のありました7カ所を新設し、合計96カ所の固定を設置し、放送を行っているところであります。  現在、デジタル防災行政無線による放送におきましては、ほぼ市域全域を網羅できていると考えております。

阪南市議会 2011-05-16 平成23年  5月 総務事業水道常任委員会-05月16日−01号

◎山本危機管理課長 防災行政無線につきましては、市内に固定というのが96カ所ございます。これは、以前のアナログのときから7カ所増ということでございます。それと、今スピーカーの性能が向上しておることとか、私どもにおきましては、ほぼ市全域をカバーしていると考えてございます。

泉大津市議会 2011-03-08 平成23年  3月 予算審査特別委員会-03月08日−01号

まず、防災行政無線が何台あるかということでございますけれども、市の防災行政無線につきましては、固定が5局、あと移動局が32局、あと堺泉北地域防災相互無線につきましては固定が2局、移動局が11局でございます。あと講習会のほうでございますけれども、全体につきましては把握をして今手元に資料はございませんけれども、課としては2名が修了をしております。

八尾市議会 2010-03-16 平成22年 3月文教産業常任委員会−03月16日-02号

八尾市は、今、4つの固定、常時監視局がございます。そのうち2つ、太子堂と久宝寺局、久宝寺緑地の中に置いてある局ですけども、この2つが自動車局でございます。  現在、この2つの局は、実は測定データ等は職員が行ってデータをとっておりましたけども、ことし21年3月にテレメーターシステムというものを導入しまして、電話回線で親機とつないで、それがすぐに大阪府の方へデータが送られることになっております。

八尾市議会 2009-07-06 平成21年 6月文教産業常任委員会−07月06日-02号

環境保全課長(三田彰)  今、御質問の、八尾市における大気観測の固定の件でございます。  今現在、八尾市におきましては、4局、大気汚染観測局がございます。一般大気の観測といたしましては、八尾保健所と水越、それから、自動車排ガス測定局といたしましては、太子堂と久宝寺緑地がございます。  今、御指摘の、その機器の変更予定でございますけれども、定期的に古くなった機器については変更しております。  

大東市議会 2009-06-24 平成21年第 2回定例会−06月24日-03号

防災行政無線同報系の固定による通信内容につきましては、大東防災行政無線局管理運用規程により、防災及び災害対策に関することや緊急を要する事項などが定められております。  運用につきましては、周辺住民に混乱を来さないよう、通信内容等を考慮した上で判断をいたしておりますけれども、あくまでも緊急性を重視し、市民の皆さんの迅速な対応が必要であると判断したときに放送いたしております。