4件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

羽曳野市議会 2013-12-12 平成25年第 4回12月定例会-12月12日-03号

さらに、これまでは日本年金機構や税務署などの官公署に対しては調査の回答義務までは明記されていませんでしたが、今回の改正により回答が義務化されたものでございます。また、不正受給の罰則が3年以下の懲役または30万円以下の罰金であったものが、3年以下の懲役または100万円以下の罰金に引き上げられました。

吹田市議会 2012-05-23 05月23日-05号

改正法では、提案のみならず、提案に対する回答義務自治体に課していますが、その啓発を市内事業者団体向けに積極的に行えということです。 3点目は、PFI事業について実施した場合と実施しない場合のコスト計算をあらかじめ示し、かつ事業者が選定され、事業が実行された場合は、実際のコストとの対比も公表するということです。 

吹田市議会 2001-05-24 05月24日-04号

また、このリサイクル法は5年後に見直すということになっているようですけれども、新しい地方自治法では、自治体連合組織制度等に質問や改善を申し入れると、従来国は承りましたで終わっておったんですけれども、それに対して回答義務若しくは回答努力義務が課せられることになっています。国への申し入れはどうされたのでしょうか。また、回答はどのようなものであったでしょうか。 

  • 1