339件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

貝塚市議会 2021-11-29 11月29日-02号

資源循環型社会というのは、ごみ発生そのものを減らし、出たごみリサイクルをするという考え方ですので、今後検討する上において、ごみ発生抑制使用というものをやはり市民活動として展開されるような方策も必要かと私は考えておりますが、その点いかがでしょうか。 そして、もう一点、余り職員の方もご存じないのですが、貝塚市例規集の中に「庁舎内ごみの取扱いに関する訓令」がございます。

高石市議会 2020-03-11 03月11日-03号

使用後は水を抜いて折り畳み、繰り返し使用できるので、環境にも優しい防災用品ということです。 市民の生命、財産、インフラを水害から守るということで、宮城県気仙沼市の漁港や日本各地でも実績があり、海外でもメキシコ湾オイル流出事故などにも使われた実績があるようです。 土のうは、泉州水防事務組合の大和川の訓練で、私も自分で土のうを作ってやってみたことあるんです。

泉佐野市議会 2020-03-06 03月06日-03号

また、近年では循環型社会実現に向けた3R(排出抑制使用、再生利用)を推進するための法制度整備が進められ、ごみ処理広域化を取り巻く状況は大きく変化をしている一方、人口減少社会への対応や持続可能な開発目標(SDGs)への貢献、さらに地球温暖化対策災害対策の強化がこれまで以上に重要な課題となってございます。 

豊中市議会 2020-03-05 令和 2年 3月定例会(本会議)−03月05日-03号

そこで、1に発生抑制リデュース)、2に使用(リユース)、3に再利用リサイクル)、優先順位のある3Rの着実な実施が重要になります。今後の市の地域清掃活動の後押しや学生との協議と行動などによる、若者の新たな発想で海洋プラスチックごみ排出抑制25パーセントに期待し、この質問を終わります。  次に、市のみどりの推進についてお尋ねします。  

茨木市議会 2019-08-21 令和元年市民会館跡地等整備対策特別委員会( 8月21日)

多分、人工芝にしたら、そのすり減った人工芝をもう一度使用するというのは難しいかなと思います。天然芝にすると、また再利用もできるのではないかということで利活用経費削減という面におきましても、その辺を主軸に考えていただけたらなというふうに思います。そこにつきましても、終了させていただきます。  

茨木市議会 2019-06-14 令和元年第3回定例会(第2日 6月14日)

ごみ処理の原則4Rは、リフューズ、やめる、リデュース、減らす、リユース使用、リサイクル、再利用とされています。そして、そもそもリサイクル前提ではなく、リサイクルをするごみを減らすことが大事とされています。環境を守るごみ減量化推進食品ロス対策について、この観点から質疑をさせていただきます。  まず、レジ袋有料化広域連携取り組み効果と今後の取り組みについて、お伺いします。  

東大阪市議会 2019-03-20 平成31年 3月20日環境経済委員会−03月20日-01号

◎飯田 循環社会推進課長  リユース取り組みと申しますか、一般廃棄物処理基本計画の中では環境に優しい、ごみを出さない町東大阪、この理念をもとにどのような展開をしていくか、その基本方向を3つ定めた、そのうちの一つがもったいない意識の浸透による発生抑制使用推進となっております。

吹田市議会 2019-03-04 03月04日-03号

マイバッグなどを利用し、レジ袋の受け取りをできる限り辞退する、購入した物品の使用または長期使用する、購入した食品はできるだけ残さず食べる、使い捨ての食器類は受け取らない、イベント会場ではリユース食器を使うように努めるなど、廃棄物発生抑制循環型社会形成のための事業者住民の責務が規定されています。

枚方市議会 2018-08-27 平成30年全員協議会(8/27) 本文 開催日: 2018-08-27

ですから、お金の問題はあると思いますけど、こういう耐震工事のときには、倒壊というだけではなく、やはり基本的には公共施設ですから、できるだけ早期に使用ができる、この基準耐震工事も行わなければならないのではないかということで、今後そういうことについて、確かにお金がかかるとは思いますが、そういう基準がやっぱり必要だと、私としては意見を申し上げたい。  

泉佐野市議会 2018-06-27 06月27日-03号

当時、可燃ごみとして出されていた、ごみの調査では、焼却せざるを得ないものは全体の約75%で、残り約25%は、ペットボトル容器包装プラスチック、カン、ビン、紙、古着などの資源ごみで、さらなる資源ごみの再利用が求められていましたことから、同じく平成18年4月から容器包装プラスチック等無料収集による資源化を併せて実施させていただき、ごみ発生抑制使用、再生利用循環型社会推進していく必要がございました

大阪市議会 2017-10-25 10月25日-03号

また、西成区版プレーパークトライアル実施を開始し、常設化を目指して引き続き取り組むとともに、薬物依存者薬物使用を防止するため、相談者状況に応じた継続的な支援を進めました。 次に、府市一体となった成長実現取り組みについては、府市一体で進めている大阪成長戦略成長目標を達成するため、特区民泊など国家戦略特区活用や、地方税ゼロの延長を初めとしたビジネス環境整備推進しました。 

高槻市議会 2017-06-23 平成29年第3回定例会(第4日 6月23日)

ごみを出さない、使用・再利用リサイクル基本理念のもと策定されています。4年前の資料ですが、本市リサイクル率は、13.2%。河内長野市が1位で24.1%、枚方市は21.8%と本市の1.7倍以上になっています。  計画の中に、リサイクル率が少ないその原因として、ペットボトルリサイクルが少ないこと、プラスチック製容器分別収集をしていないことが挙げられています。

東大阪市議会 2017-03-21 平成29年 3月21日環境経済委員会−03月21日-01号

それは自治体が直接こういうぐあいにする以外でも、いろいろ手法はあると思うんですけども、実際に大型ごみを捨てる中でも、再利用使用ができる部分というの、たくさんやっぱりあると思いますし、一つ本市としての循環型社会をやっぱりつくっていく、本市ならではのそういうごみ減量をつくっていく大きな、これ有料化してしまったらほかの周辺自治体とおんなじことになってしまうので、やっぱり本市としてのアピールをできる大

八尾市議会 2017-03-10 平成29年 3月10日予算決算常任委員会(建設産業分科会)−03月10日-01号

資源循環課長重村吉則)  回収させていただいた袋の中で、使用できる袋というものを分けて保管しておりまして、主に災害用のときに使用する保管用といたしまして分けて保管しております。 ○委員長村松広昭)  田中委員。 ◆委員田中慎二)  それは、どのぐらい残してはるんですか。枚数でもトンでもキロでも何でもいいんです。どのぐらいの量を別に分けて、そういう施設に、もう届けてあるんですか。

東大阪市議会 2017-03-10 平成29年 3月第 1回定例会−03月10日-04号

昨年の5月に実施された大型ごみ収集に関する市政モニターアンケートによると、大型ごみを出さないために取り組んでいることはありますかの問いに、まだ使えるものは他人に譲っている、32.94%、リサイクルショップに持ち込んでいる、29.38%、修理して使用している、20.4%と、大型ごみを出さないための取り組みを80%以上の方が実践していました。

泉大津市議会 2017-03-07 03月07日-02号

都市政策部長重里紀明) 2点目の循環型社会構築における排出段階市民に求める役割についてですが、市民は、みずからがごみ排出者であるという自覚を持ち、みずからの生活様式を見直し、使用、再生利用等ごみ減量に努め、循環型社会構築事業に積極的に参加、協力することとしております。 以上でございます。 ○議長(堀口陽一) 高寺危機管理監

豊中市議会 2016-12-21 平成28年12月定例会(本会議)-12月21日-03号

環境部長脇山啓文) ごみ減量リサイクルを進めていくためには、ごみ排出者である市民事業者が市の施策に積極的に参画・協力して取り組んでいただくことが重要であることから、廃棄物減量等推進員にもご参加いただき、小学校、こども園を中心に環境学習に取り組んでいるほか、再生資源集団回収報奨金交付事業等廃棄物発生抑制使用、再生利用といった、いわゆる3Rにつながる市民の自主的な活動を促す啓発に取り