13320件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

藤井寺市議会 2053-09-13 09月13日-03号

数値ではなく文章で、児童・生徒の変容を評価することで、子どもたちにとって励みとなるようにしております。教員にとりましても児童・生徒の理解や実態把握につながり、さまざまな場面での指導に役立っております。 以上、答弁とさせていただきます。 ○議長(片山敬子君)  山本議員

大阪市議会 2034-11-19 11月19日-04号

以上のほか、本委員会におきましては、行政手続のオンライン化、法人市民法人税割の超過課税、長期間未活用の未利用地、塾代助成事業、不妊治療児童いきいき放課後事業の時間延長、こども相談センターの機能強化、発達障害のある方への支援、敬老パスの市域外住民への拡充、要支援・要介護認定事務の遅延、受動喫煙防止対策日本脳炎ワクチン予防接種、骨髄移植ドナー助成制度、府立博物館地方独立行政法人化、IR誘致の問題点

藤井寺市議会 2029-06-26 06月26日-02号

続きまして、(2)子育て施策についてのア.待機児童の解消について質問させていただきます。 子育て世代への支援策の柱というのは、やはり待機児童の解消であると思います。岡田市長は子育てしやすいまち藤井寺を目指すとおっしゃっていますが、國下市政においても毎年この待機児童の解消については取り組んでおったんですけども、やはり解消するまでに至っていないのが現状であります。 

箕面市議会 2027-06-25 06月25日-03号

教員の役割の一つは、児童生徒に寄り添って、その才能や適性を見出していくことにあり、児童生徒本人や保護者とそのことを共有し、将来について一緒に考えていくことが必要であると考えます。 児童生徒のとがった才能や適性を伸ばしていくためには、教員児童生徒の才能や適性を見きわめること、そして、適性や才能を伸ばすために、児童生徒自身の考える力を育てていく必要があります。

柏原市議会 2026-11-28 11月28日-01号

また、放課後児童会につきましても各小学校に開設しておりますので、本条例附則におきまして、柏原市放課後児童条例別表中にございます「国分東小学校放課後児童会」の項を削るとともに、統合先の国分小学校放課後児童会の定員を「120人」から「200人」に改めるものでございます。 なお、この条例施行期日は、令和2年4月1日となります。 以上で議案第64号の説明を終わらせていただきます。 

泉大津市議会 2025-06-20 06月20日-02号

病児保育に従事する人の条件ですが、病児の看護担当として看護師等を利用児童おおむね10人につき1名以上配置するとともに、児童が安心して過ごせる環境整備のため、保育士を利用児童おおむね3人につき1名以上配置することが条件となっております。 また、ベビーシッターについては本市での人数は把握しておりません。 

四條畷市議会 2024-09-17 09月17日-02号

○吉田裕彦議長 次に、日程第7議会議案第2号児童虐待防止対策のさらなる強化を求める意見書について及び日程第8議会議案第3号信頼される政府統計をめざしてさらなる統計改革を求める意見書についての2件を一括して上程し、議題といたします。 事務局に議案を朗読させます。事務局。 ◎※(事務局) じゃ、朗読いたします。 議会議案第2号児童虐待防止対策のさらなる強化を求める意見書について。 

柏原市議会 2024-06-18 06月18日-03号

ただ、いじめを受けている被害者児童・生徒のケアはもちろん大切で絶対必要不可欠なものですが、いじめを根底からなくすにはいじめをする側--児童・生徒の加害児童・生徒に対するケアも必要だと思うんですが、加害児童・生徒のケアについてはどのようなケアをされているのか、お尋ねいたします。

箕面市議会 2023-12-19 12月19日-03号

児童養護施設の子どもの進学率及び就職率はどのようになっているでしょうか。 ひとり親家庭の子どもの進学率及び中学校卒業後の就職率はいかがでしょうか。 小学生、中学生の不登校率は、それぞれいかがでしょうか。 以上、箕面市全体の数値とあわせて可能な限りで結構ですのでお答えください。 ○議長(二石博昭君) ただいまの質問に対する理事者の答弁を求めます。

池田市議会 2023-12-03 12月03日-01号

さて、本決算では、くすのき学園の移転拡充、保育所幼稚園等の児童に対するエンゼル補助金交付の対象者拡充、2歳6カ月児の歯科検診、骨髄等移植ドナー支援の新設や自殺対策、就学援助金制度の入学準備金前倒し実施、池田市総合スポーツセンターの耐震改修事業などは評価するものでありますが、以下の点を述べて反対の討論を行います。 第1点目は、社会保障制度の後退です。 

池田市議会 2023-09-26 09月26日-03号

児童保護者への継続的な支援には、隔週では時間の制約があるように思いますが、今後の配置予定を含めた見解をお聞かせください。 次に、外国籍児童・生徒の対応についてお尋ねしたいと思います。 6月の文科省の公表では、日本語指導が必要な児童・生徒が2016年度の調査で約4万4千人、10年間で1.7倍に増加し、新しい在留資格の創設で外国人児童の増加がさらに見込まれるとのことです。 

吹田市議会 2023-09-24 09月24日-04号

次に、不登校児童・生徒には日程等についてあらかじめ学校から周知し、健診を受けるために登校した際には、他の子供たちとの接触に配慮するなど、児童、生徒の状態に応じた対応をとっております。 また、本市適応指導教室に在籍する児童、生徒には、市内の施設を会場にした健康診断を別日程で実施しております。 なお、未受診児童・生徒の住所や名前等につきましては、在籍校で把握をしております。 以上でございます。

大阪狭山市議会 2023-09-10 09月10日-03号

また、「児童生徒及びその保護者、教職員が、抵抗なくいじめに関して相談できる体制を整備するとともに、児童生徒や保護者の悩みを積極的に受け止められているか、適切に機能しているかなど、定期的に体制を点検すること、保健室や相談室の利用、電話相談窓口について広く周知することが必要である」とも明記されております。 

吹田市議会 2023-08-02 08月02日-06号

---------------------------------◯出席説明員 市長        後藤圭二   副市長       春藤尚久 副市長       辰谷義明   水道事業管理者   前田 聡 危機管理監     清水康司   総務部長      小西義人 行政経営部長    稲田 勲   税務部長      小林祐司 市民部長      高田徳也   都市魅力部長    井田一雄 児童部長

大阪狭山市議会 2023-06-28 06月28日-04号

○片岡由利子議長  続きまして、日程第18、意見書案第3号、児童虐待防止対策のさらなる強化を求める意見書についてを議題といたします。 (別紙)    児童虐待防止対策のさらなる強化を求める意見書 暴力を振るう、食事を与えない等の行為によって保護者が我が子を死に追いやるといった深刻な児童虐待事件が相次いでいる。