43件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

柏原市議会 2020-12-10 12月10日-02号

先ほど市長のご答弁の中に、観光健康産業振興のツールとして発展させたいと、そういう思いを語っていただきました。いわゆる観光拠点健康拠点を実現するためには、例えば観光課健康課といったより専属的に具体的に進める専属の課の設置が必要であると思います。新庁舎完成と同時に、各課、部署との横串強化を図れるような機構改革を要望いたします。 

大東市議会 2020-10-27 令和2年10月27日街づくり委員会−10月27日-01号

これ、例の深野北小学校跡地活用におきまして、令和元年度が屋上防水あと建物オーナーが実施しなければならない維持補修工事を実施するというのが主な実施内容というふうに受け取るんですけども、これは要するに、この間の宿泊施設の開設でありますとか、あるいは健康産業創業ということもこれに書いてありますが、基幹型の地域包括のテナントとして入るような形での5つの建物のアウトラインの維持補修工事をされたという解釈でいいんですか

高石市議会 2020-03-31 03月10日-02号

広報紙が全世帯に配付されないこと、スマートウェルネス事業健幸まちづくり協議会での健幸ポイント事業など、ほんの一部の市民に大幅に偏った健康施策が続けられること、同協議会による高石市での健康産業の創出など成果が疑われる事業が継続されること、マイナポータルLGWAN-ASPサービスコンビニ交付など、マイナンバーカード関連の無駄、不必要だと思われる予算が計上されていること、シーサイドフェスティバルは、

高槻市議会 2020-03-24 令和 2年第1回定例会(第4日 3月24日)

国民健康意識の向上や昨年開催されたラグビーワールドカップを皮切りに始まったゴールデン・スポーツイヤーズによるスポーツへの関心の一層の高まりを受け、スポーツ関連産業の成長が期待されており、その市場規模拡大を加速すべくスポーツ用品健康産業、スポーツツーリズムなど、多分野にわたり経済活性化を図るための活動官民双方において活性化しています。  

東大阪市議会 2020-03-17 令和 2年 3月17日環境経済委員会−03月17日-01号

この施策医療関係介護関係健康産業東大阪物づくりマッチングということで、また来年度も継続して行われると思います。その中で、今年度もツアーが非常によかったと思います。ツアーがことしは3回行われたんでしたかね。2回でしたっけ、非常に好評だったと思います。来年度は何回ぐらいを計画されてますでしょうか。 ◎太田 モノづくり支援室次長  お答えいたします。

高石市議会 2020-03-02 09月25日-05号

健康福祉周辺まちづくりでは、健康産業創業していくですとか、我が事・丸ごとだったらお困り事を丸ごと承るんだと、そういうようなことがなされていると。土木経済周辺まちづくりだったら、リノベーションをやるとか、駅の周辺をやるとかというふうにくくられていくと思うんです。 一つ土木経済周辺のことで確認しておきたいのは、高架下なんです。

東大阪市議会 2019-12-13 令和 元年12月13日環境経済委員会−12月13日-01号

◆井越 委員  関連医工連携プロジェクトについてですが、市長所信表明にもありました医療健康産業などの先端分野への参入のためのネットワーク構築展示商談会、また、きのう委員会でも質問いたしましたミートアップ事業など、連なって、東大阪市としても本気で物づくりのブランドを確立していくのだというふうにわくわくさせていただいているんですけども、このプロジェクト、これが平成28年度からの取り組みでいらっしゃると

東大阪市議会 2019-11-29 令和 元年11月第 4回定例会−11月29日-01号

医療健康産業など先端分野への市内企業参入につきましては、部品部材供給試作品開発を呼び込むために、ネットワーク構築展示商談会の開催を進めてまいります。また、市内企業製品の高付加価値化につきましては、引き続き市内企業と実績のあるデザイナーとのマッチングを図り、市内企業デザイン有効性を周知するとともに、デザインという重要な資源を生かした付加価値の高い製品開発を支援してまいります。  

高石市議会 2019-09-14 03月07日-02号

この目的は、高石市に健康産業を育成し、それを主要産業とすると。高石市のメーンの産業健康産業にすると。誰がこんなことをしてくださいと言ったんですか。全く荒唐無稽な目的です。ここに負担金を出すというのは非常に不適切です。 しかも、国に提出している計画書とは全く違う進捗をしています。計画では、平成31年度、総合保健センターにシャワーなどの施設をつくって1,000万円の収益を上げるとなっていました。

高石市議会 2019-05-20 06月27日-03号

仕事をつくって、健康産業高石市の主要産業とすることが目標なんです。8,000万円以上の協議会のお金が毎年払われているんです。それを、まだ調査、研究と言いながらずっとここに税金を使われるのは、事務事業評価の観点からは非常に見直しに値するんではないかと、そういう事務事業評価が行われていないために、このような事業が継続されているんではないかということを申し上げたいだけです。 

東大阪市議会 2019-03-01 平成31年 3月第 1回定例会−03月01日-01号

また、医療健康産業への市内企業参入につきましては、医療機器関連企業が集積する首都圏で単独の展示商談会を開催するなど、医療機器企業とのネットワーク構築強化を進めてきており、部品部材供給試作開発支援を呼び込む仕組みづくりを引き続き進めてまいります。平成31年度は、これまでの取り組みを一層進めるとともに、歯工連携による製品開発分野にも着手してまいります。  

岸和田市議会 2018-03-13 平成30年予算特別委員会(第2日目) 本文 開催日:2018年03月13日

また、波及効果としまして、そのトップアスリートが来られることによりまして、医療事業健康産業などの分野におきましても需要が生まれ、地域経済活性化にもつながるものと思われます。  今後は、積極的にやはり私たち9市4町で事業展開していくわけでございますが、一つ本市で先んじて言えるのは、この職員を派遣していけるという可能性があるというところで、すごくメリットがあるものだと思っております。  

大東市議会 2018-03-09 平成30年3月9日街づくり委員会−03月09日-01号

それで、今後の計画の中におきましては、今のリードプロジェクト4つ目に位置づけられてる健康産業創業件数というのを、平成32年度、全面オープンの時期に合わせて、記載されておりますけれども、この健康産業については、今どのくらいのところまで具体的になってるんですか。 ○酒井 委員長   清水地方創生局課長

八尾市議会 2017-07-07 平成29年 6月定例会本会議−07月07日-04号

政府は600兆円に向けた官民戦略プロジェクト健康産業活性化戦略として、2017年度予算では医療保険分野におけるマイナンバー制度利活用推進事業に200億円を計上しています。  今後は、医療保健介護保険における補足給付と同様の金融資産等保有状況を考慮に入れた負担を求める仕組み拡大について検討することとしており、2018年度末までに検討し、結果に基づき、必要な措置を講ずるとしています。  

八尾市議会 2017-06-22 平成29年 6月22日予算決算常任委員会(保健福祉分科会)−06月22日-01号

要は、少子高齢化を好機と捉え、健康産業活性化云々と書いてるでしょう。要は社会保障分野を大企業利潤追求の場にしていこうという戦略です。個人の健康のデータをつくるとか言ってますねんけど、そんなんじゃないわけです。八尾市がつくってる国民健康保険データヘルス計画、ここの1ページに、日本再興戦略閣議決定ではというて書いています。

堺市議会 2016-12-05 平成28年第 5回定例会−12月05日-02号

その内容といたしましては、農林水産業水資源自然生態系に対する影響への対応、また、自然災害健康産業経済活動都市生活などにおける影響に対する防災機能強化予防対処法適応技術開発など、分野別、国際的な適応策に取り組むこととなっております。  堺市においても国の適応計画を踏まえ、庁内での検討体制や、既に実施している取り組みの整理を行ってまいります。以上でございます。

堺市議会 2016-09-04 平成28年度決算審査特別委員会−09月04日-02号

市長答弁の中で、例えば市民健康増進につながる事業になると、まさに健康ブームで、そしてまたそれをインセンティブにすれば、いろんな面で社会保障が抑えられたり、また新たなこういった健康産業にも寄与できるのではないかというふうに思います。どうぞよろしくお願いいたします。  次に、行財政改革について質疑をさせていただきます。  

高石市議会 2016-09-01 09月23日-03号

健幸ポイントプロジェクトは約5,558万円を投入し、健康づくりの努力、成果に対して金銭的なインセンティブを与え、無関心層に行動の変容を促すとされているが、その実態は金銭的インセンティブ投入金額わずか13%で、その大半が健康産業関連に流れるシステムになっており、税金の無駄遣いにすぎない、撤退すべきであると考えます。 

吹田市議会 2015-12-16 12月16日-05号

そうしながら、運営については健康産業関係企業NPO法人などコミュニティビジネスに丸投げするというやり方はいかがなものでしょうか。市はどういう形で責任を果たすのでしょうか、お示しください。 高齢化は差し迫った課題であり、誰もが元気で老いたい、介護が必要になったら安心して介護が受けられるようにと願っています。