9609件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

能勢町議会 2019-12-12 令和元年12月定例会議(第3号12月12日)

これにつきましては、旧東郷保育所の解体事業費、これは防災拠点施設整備事業として取り組むものでございます。3,500万円を見込むものでございます。  続いて、18ページからは歳出でございます。歳出につきましては、人件費につきまして、これは人事院勧告によるものが主な増額理由でございますので、説明等は省略をさせていただきます。  まず、款2の総務費でございます。

能勢町議会 2019-12-10 令和元年12月定例会議(第1号12月10日)

幼児教育保育の無償化については、1、こども園、保育所、認可外も含みますが、での給食費徴収、集金、償還事務について、2、無償化以降の入園、入所児童の整理について、3、無償化から生じる逆転現象や課題について。  以上の項目について、担当部局より説明を受け、今後、これらの内容について引き続き委員会内で協議し、調査研究を進めてまいります。  

八尾市議会 2019-10-28 令和 元年 9月定例会本会議−10月28日-05号

今から4年前、八尾市教育委員会は、公立保育所7園、公立幼稚園19園全てを廃止し、5カ所だけの公立認定こども園をつくる計画を打ち出しました。3年前には、八尾市教育委員会が、就学前の教育保育希望する全ての子どもを受け入れできるようにというチラシを全市的に配布しています。

門真市議会 2019-10-16 令和 元年10月16日決算特別委員会−10月16日-03号

また、少子化対策といたしまして産後間もない支援の必要な母子に対する育児サポートを行う妊娠・出産包括支援事業、女性の就労支援を行う女性雇用環境整備補助事業や女性サポートステーションにおける、かどママ就活サポートを新たに予算計上するとともに、全ての子どもがひとしく質の高い幼児教育保育・療育を受けることができる環境を整える幼児教育保育・療育の無償化事業、小1の壁の打破を目的とする放課後児童クラブ運営事業

門真市議会 2019-10-10 令和 元年10月10日決算特別委員会-10月10日-02号

この10億6000万円という総事業費を使って保育定員の拡充を行っているんですけども、この門真市では何人の保育定員が30年度確保できたのか、また、今年度ですね、令和元年度の整備予定及び子ども・子育て支援新制度のこの開始以降ですね、27年度からの開始以降、門真市子ども・子育て支援事業計画に基づいて何人の保育定員が確保できたのか教えてください。

門真市議会 2019-10-03 令和 元年10月 3日決算特別委員会-10月03日-01号

また、施策等で最も関心が高かったのは18歳までの医療費助成で、ほかにも幼児教育保育等の無償化、全刑法犯認知件数の減少などが挙げられました。 ◆岡本宗城 副委員長  このアンケート調査の結果を受けてですね、魅力発信課として、この結果の分析とこの分析に基づいて、今後、どのようにシティプロモーションを進めていくのか、この点についてお聞かせください。

茨木市議会 2019-09-27 令和元年第4回定例会(第3日 9月27日)

施設基準などを緩和し、保育の質や安全性の確保を置き去りにしたやり方を、根本から改めることが喫緊の課題です。  企業主導型保育施設は、認可保育施設と異なり、自治体は設置、監査に関与しません。保育士の配置基準は、認可施設の半分以下でいいなどとしています。このように、質の確保をなおざりにして、急速に拡大させたことが、さまざまな問題を引き起こす大もとになっています。  

能勢町議会 2019-09-26 令和元年 9月定例会議(第5号 9月26日)

そのほか、福祉課関係では、コミュニティーソーシャルワーカーの活動状況、独居高齢者に対する取り組み、病後児保育の現状、シルバー人材センターの取り組み、自殺対策事業、命のカプセル事業の現状等についての質疑がございました。  健康増進課関係においては、予防接種助成、住民健診の実績及び勧奨の取り組み、子育て支援モバイルサービスの運用状況等についての質疑がございました。  

茨木市議会 2019-09-20 令和元年一般会計決算特別委員会( 9月20日)

 山 嵜 剛 一  保育幼稚園事業課長 村 上 友 章  学童保育課長 幸 地 志 保  産業環境部長 吉 田   誠  産業環境部理事兼商工労政課長 德 永 嘉 朗  産業環境部次長兼農とみどり推進課長 浦 野 芳 博  環境政策課長 牧 原 博 孝  産業環境部次長資源循環課長 神 谷 邦 夫  環境事業課参事 礒 川 敏 弘  都市整備部長 岸 田 茂 樹  都市整備部次長都市政策課長 福

豊能町議会 2019-09-20 令和元年 9月定例会議(第4号 9月20日)

次に、第49号議案、豊能町特定教育保育施設及び特定地域保育事業の運営に関する基準を定める条例等改正の件でございます。  提案説明は省略いたします。質疑といたしまして、保育料以外にかかる費用はどんなものがあるかという質問に対しまして、3歳から5歳児の保育料については全て無償化します。実費分は主食費、副食費、教材料費、通園バス費、行事費等であるとの答弁でございます。

門真市議会 2019-09-19 令和 元年第 2回定例会-09月19日-02号

修正案別掲〕  本修正案は提案理由にありますように家庭保育事業等及び特定地域保育事業の連携施設に、本来求められている保育内容の支援や代替保育の提供が可能でない企業主導型保育施設等を認めることはできず、企業主導型保育施設等を連携施設としなくても本市においては3歳児を受け入れることは可能なことから、企業主導型保育施設等を連携施設として認める関係条文を削除するものであります。  

茨木市議会 2019-09-17 令和元年一般会計決算特別委員会( 9月17日)

北 川 友 二  健康福祉理事 北 逵 和 雄  健康福祉次長地域福祉課長 青 木 耕 司  健康福祉部副理事兼相談支援課長 竹 下 綾 子  健康福祉部副理事兼生活福祉課長 澤 田 信 一  健康福祉次長保健医療課長 河 崎 一 彦  健康福祉次長長寿介護課長 重 留 睦 美  こども育成部長 岡   和 人  こども育成次長子育て支援課長 中 井   誠  こども育成次長保育幼稚園総務課長

能勢町議会 2019-09-13 令和元年 9月定例会議(第4号 9月13日)

び特定地域保育事業の運営に関              する基準を定める条例の一部を改正する条例について 日程第 8 議案第39号 能勢町子どものための教育保育給付の支給認定に関する条例              の一部を改正する条例について 日程第 9 議案第40号 能勢町子どものための教育保育に関する利用者負担額を定め              る条例の一部を改正する条例について 日程第10

門真市議会 2019-09-11 令和 元年 9月11日文教こども常任委員会−09月11日-01号

──────────────────────────────────── ○森博孝 委員長  次に、議案第43号、門真市特定教育保育施設及び特定地域保育事業の運営に関する基準を定める条例の一部改正についてを議題といたします。  本件に対する理事者の説明を求めます。

能勢町議会 2019-09-11 令和元年 9月定例会議(第2号 9月11日)

特に保育所ではこの取り組みを随分精力的に行っていただいておりますし、小学校の低学年等でもやっぱり親子で一緒に動くっていうこともすごく大事だというふうに思いますので、学校教育だけではなくて、生涯教育課とつながって、今度、行事も計画しておりますので、親子で体力を伸ばしていくっていう問題意識を親御さんに持っていただきながらそのように進めてまいりたいなということを思いますので、よりこのホームページ等を皆さんが

八尾市議会 2019-09-10 令和 元年 9月定例会本会議−09月10日-03号

そういった部分にも、どこか何か昔を回顧するだけじゃないですけども、どこか政策的に打ち出していかないと、なかなか今の高齢者の独居の課題であるとか、あるいは保育子育ての孤独の課題なんていうのも、本当に行政がどこか打ち出していかないと。行政に求める声というのはすごくありますが、やはり新たな施策を打っていかないとしんどいんじゃないかなと思うんです。

茨木市議会 2019-09-10 令和元年民生常任委員会( 9月10日)

次に、第2条では、条例中の「支給認定」を、「教育保育給付認定」に改めるなどの改正を行い、新たに満3歳以上教育保育給付認定子どもなど、新たに定義を追加するとともに、特定教育保育施設及び特定地域保育事業者が提供する保育の内容について、子どもの保護者経済的負担の軽減について、適切に配慮することを追加します。  

茨木市議会 2019-09-10 令和元年建設常任委員会( 9月10日)

○浦野農とみどり推進課長 市での木材利用の取り組みということなんですけども、先ほどご紹介いただきました市での方針作成におきましては、先ほど委員からもありましたように、学校幼稚園保育所等々の関係各課の参画を求めまして、市の内部、十数課のほうから参画をいただきまして作成しております。