運営者 Bitlet 姉妹サービス
10674件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-25 大阪狭山市議会 平成30年 12月 定例月議会-12月25日−04号 メルシーforSAYAMA株式会社の経営及び財務、また、グリーン水素シティ事業に係る不透明な実態の全容を解明するために、市長みずからが請求した監査の結果における数多くの指摘、平成28年度決算不認定を踏まえた措置、また、住民監査請求の監査結果においては、それに対する措置の期限が12月末日とされており、各議員の議会での質問においても、それらについて厳しく指摘してきたところでございます。   もっと読む
2018-12-21 大東市議会 平成30年12月定例月議会−12月21日-04号 反対の理由の1つは、北条プロジェクトの東心株式会社に1億3,000万円、3月には7,000万円の合計2億円の出資をする件についてです。  東心株式会社は、大東市が100%出資して設立された公民連携まちづくり会社の子会社で、何の実績もない会社です。実績のない会社に2億円もの市民の税金を出資することへの担保について、大東市は十分な説明をすることができませんでした。   もっと読む
2018-12-21 東大阪市議会 平成30年12月21日総務委員会−12月21日-01号 三千三百何ぼと、嘱託とかいろいろなものを入れて、5200か300、プラス派遣会社の人がいてる。これをみんな東大阪市の税金で賄ってるんでしょう。確かに派遣会社はそこの会社にぼんと渡すだけやけども、派遣してもらってる人数はわかりますわな。それはよろしいですわ。これ山本さんと話をしてたんや。そしたらこれが頼りないねん。括弧書きやら何やらいっぱい書いてあるねや。 もっと読む
2018-12-21 豊中市議会 平成30年12月定例会(本会議)−12月21日-04号 今回の教訓を踏まえ、本庁舎の停電対策として、第一庁舎の電気引込み系統を、現行の1系統から複数系統へ切り替えるべく、現在、電力会社の協力を得ながら検討を進めているところでございます。今後も、安全・安心な本庁舎機能を維持・確保する観点から適切かつ計画的な予防保全に努めてまいります。   もっと読む
2018-12-20 大東市議会 平成30年12月定例月議会−12月20日-03号 陣痛タクシーは、事前に出産予定日や医療機関をタクシー会社に登録することで、陣痛時に優先的に配車をしてもらえるサービスのことで、タクシー会社によってその内容は多少異なっております。   もっと読む
2018-12-20 八尾市議会 平成30年12月定例会本会議−12月20日-05号 しかし、PFIで維持管理運営となれば、維持管理運営や、経営にまで利潤を追求する株式会社が入り込みます。これでは、自治体の使命、公立病院の果たす役割と矛盾することになります。  相矛盾する立場で、どうしてよきパートナーとして、病院運営を進めていくことができるのでしょうか。  2点目は、1046億円の積算根拠も、VFMが3.1%という根拠も示されていないということです。   もっと読む
2018-12-20 豊中市議会 平成30年12月定例会(本会議)−12月20日-03号 ◎危機管理監(伊藤孝彦) 2点目の電気自動車を使った緊急対応の実証実験についてでございますが、大規模停電を想定してカーシェアリングサービスの電気自動車蓄電池を利用し、高層マンションのエレベーターや給水システムを稼働させるといった非常時の実証実験が、大手建設会社や自動車販売会社、自治体などの連携で、東京や横浜市などで実施されているとお聞きしております。   もっと読む
2018-12-19 大東市議会 平成30年12月定例月議会−12月19日-02号 そしてまた、大東市でも、緩まないねじ、知ってはりますか、ねじ緩みませんという、丸ヱムさんありますんで、ねじの会社ですね、そういったすばらしい会社もありますし、象印マホービンもありますね。すばらしい釜をつくってるところもありますんでね。 もっと読む
2018-12-19 東大阪市議会 平成30年12月19日建設水道委員会-12月19日-01号 指定管理者となる団体は近鉄住宅管理株式会社、指定期間は平成31年4月1日から平成36年3月31日までの5年間でございます。  続きまして4ページ目をお開きください。東大阪市営住宅の指定管理予定候補者の選定についてという資料でございますが、まず1、指定管理予定候補者の団体概要は近鉄住宅管理株式会社。2、指定の期間は平成31年4月1日から平成36年3月31日まで。 もっと読む
2018-12-19 豊中市議会 平成30年12月定例会(本会議)−12月19日-02号 ◎都市活力部長(本荘泰司) 大阪国際空港に発着する機材につきましては、従来より低騒音機材の導入を関係機関に要望しているところでありまして、各航空会社で低騒音機材への切替えが順次進められているところでございます。  今後も騒音の低減につながるよう、この機材の積極的な導入について要望を続けてまいります。 ○議長(喜多正顕) 3番、三藤雅道議員。    もっと読む
2018-12-19 東大阪市議会 平成30年12月19日総務委員会−12月19日-01号 600社ある50人以上の会社、今の状況はどうですか、聞いてみてもらってもいいんじゃないですか。人勧でやるんやったら、国から人勧分、もうたらよろしいですやん。国からもらえるんですか。東大阪市民の税金使うんでしょう。それぐらいのことをするのが当たり前違うの。何もそればっかり言うたん違いますよ。調べていただいたらどうですか。うちには経済部もあれば、統計をとってる部署もありますがな。 もっと読む
2018-12-18 大阪狭山市議会 平成30年 12月 総務文教常任委員会-12月18日−01号 今後の退職してからのおよその生活というも一定会社として考えて、報酬とは別に出されているわけなんです。それが、果たして我々の、4年に1回、もしかしたら議員になれない可能性もありますし、なる可能性もある。でも、そういった状況の中で、やはり一定の報酬について民間準拠に対しての議論というのは、非常に比べるのが難しいと思うんです。私たちは一般企業に勤めているわけではないですから。 もっと読む
2018-12-18 泉南市議会 平成30年第4回定例会(第5号) 本文 開催日: 2018-12-18 また、請負会社は大阪だけでなく、他府県で事業展開しています。泉南市の地域に事務所を置くなど、市民が安心できる体制をとっていただく必要があります。  要望を述べ、反対いたします。  続きまして、議案第18号、泉南市青少年センター条例及び児童館設置条例の一部を改正する条例の制定について、賛成討論を行います。   もっと読む
2018-12-18 東大阪市議会 平成30年12月18日総務委員会−12月18日-01号 そこの参考資料とつけさせていただいております表なんですけども、そちらのほうは最終、図面ができ上がって委員のおっしゃるとおりに中身を精査するために、会社会社独自の表でなく、市が使ってるこの表をもって当てはめてくださいねということの参考資料でございます。 もっと読む
2018-12-17 東大阪市議会 平成30年12月17日総務委員会−12月17日-01号 ◎鈴木 資産経営室次長  今回、設計、施工一括発注させてもらったというところでは、建物を建てる商工会議所のほうも設計、施工一括発注で請け負うということで、その請け負う会社に内装の整備を同時にさせていただければ、時間の短縮、あと建物の、商工会議所会館と新永和図書館の調和がとれたデザインになるというところも含めまして、設計、施工一括発注というのを選んだ一つでございます。 もっと読む
2018-12-14 東大阪市議会 平成30年12月14日総務委員会−12月14日-01号 これに東大阪市の平均月額、いわゆる500人以上の会社のこれに見合うことを出したら、すぐ出るのん違うの。国民健康保険もしかり。おんなじ議案書のつづりの中に入ってあるねんから、この中でおんなじ、そうでしょう。これが議案ですやろ。国民健康保険であろうが、水道企業会計補正予算であろうが、介護保険のことでも、みんな職員がついて回ってるんでしょ。ここにも給与の平均が出てるやん。 もっと読む
2018-12-14 八尾市議会 平成30年12月14日予算決算常任委員会(全体会)−12月14日-01号 PFIという民間の株式会社が運営することが本当に住民の福祉の増進につながるのか。また、この金額は1期目のほぼ二倍の金額になっているが、これが妥当なのか。  前回提出された15年間の収支試算など、そういう資料が今回はなぜ提出されていないのか等々の疑問に答える答弁、資料は大変不足だったように思いました。   もっと読む
2018-12-14 大阪狭山市議会 平成30年 12月 予算決算常任委員会-12月14日−01号 ◆松尾巧委員   正常化するためにいろんな、実務とか手続とか取り組みは急いでやっていただきたいんですけれども、メルシーforSAYAMAというのは株式会社ですから、もちろん古川照人社長ということになっています。そういう株式会社が市の庁舎に入るということになると、やっぱり一般市民としては混乱を招くというふうに思うんです。   もっと読む
2018-12-13 東大阪市議会 平成30年12月13日環境経済委員会-12月13日-01号 聞知した後、すぐに施工会社に東大阪市消防局のダンパーがどこでつくられたものなのかという確認をしております。その中でカヤバ製であるということが確認をされましたので、引き続きそのダンパーが対象のダンパーであるかどうかということを確認するように指示をしておりました。 もっと読む
2018-12-12 大阪狭山市議会 平成30年 12月 定例月議会-12月12日−03号 まず1番、平成27年に発電の認定を受けたのは本市であり、メルシーforSAYAMA株式会社は関係ありません。あくまでも本市がFITの認定を受けておるということです。メルシーは関係ないです。  メルシーforSAYAMA株式会社は、実質的に委託を受けてお金の分配を行う業務を行う会社です。要するに、グッドセンターという会社からお金をいただいて、それを単純に分配するだけの会社だということですよね。 もっと読む