75件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

守口市議会 2018-10-26 平成30年決算特別委員会(10月26日)

それを開発公社をなくすときに市が代物弁済でいただいたわけですが、これは売却をするに当たって、民間に移管した保育所に、この敷地は要りませんかというようなことは当然お尋ねになったんでしょうか。 ○(大岸財産活用課主任)  八雲中町1丁目の土地について、隣接する認定こども園確認を行ったかということなんですが、私どもでは園様に対しては確認は行っておりません。

羽曳野市議会 2018-09-19 平成30年 9月19日総務文教常任委員会-09月19日-01号

40億円発行いたしておりまして、この発行した際に本市の土地開発公社から代物弁済として用地取得しております。この用地につきましては、今回府道の郡戸大堀線大阪府が整備することになっています恵我ノ荘駅前南側線用地として、大阪府の土地開発公社売却を行いました。この売却を行ったことによりまして、用地売却収入1,265万3,000円。

泉南市議会 2018-06-19 平成30年総務産業常任委員会 本文 開催日: 2018-06-19

というのは、これは公社平成27年じゃなくて、どうやったんかな、代物弁済平成25年に公社から市に移管されているんですよね。ということは、この段階でこの面積が一旦登記しているということは、多分このやり方であれば公簿でいっているんかなという気がするんですが、というのは、それがきっちり今のように確定しているんであれば、今平成27年に測量し直す必要がないですよね。  

守口市議会 2018-02-22 平成30年 2月定例会(第1日 2月22日)

当該市有地につきましては、平成24年度に国の制度により土地開発公社解散した際に、本市が公社より代物弁済を受けたものでございます。公社解散に当たりましては、国が特例措置として創設した第3セクター等改革推進債活用いたしており、その償還財源とするため、売却分減債基金に積み立てることとしておりますことから、補正をさせていただこうとするものでございます。  

高槻市議会 2016-09-27 平成28年第4回定例会(第4日 9月27日)

7点目の平成26年6月議会でご議決をいただきました代物弁済につきましては、議会でご説明した内容のとおり平成27年4月から代物弁済を開始しており、今月中には完了する予定でございます。  以上でございます。   〔交通部長平野 徹)登壇〕 ○交通部長平野 徹) 交通部に係るご質問にお答えいたします。  

東大阪市議会 2016-06-15 平成28年 6月第 2回定例会−06月15日-03号

また、土地開発公社解散に伴い代物弁済を受けた土地のうち1物件を福祉部に所管がえされ、条件つき一般競争入札において1億1000万円の歳入確保に努められたのも承知しております。以上のような貸し付けや売却により市有地有効活用を図るという点では、我々大阪維新の会の方針と合致しているところでございますが、平成27年度に取り組まれた市有地有効活用についての実績と今後の方向性もあわせて御答弁願います。  

東大阪市議会 2016-03-23 平成28年 3月23日総務委員会−03月23日-01号

◎濱口 資産経営室次長  第4回定例会のほうで提出させていただきました資料、こちらのほうは土地開発公社から代物弁済を受けた土地でございます。これにつきましては以前議会のほうからの指摘もあり、こちらのほうは活用のない土地については売却していくという方針に決めたものでございます。 ◆樽本 委員  決まったからというのはすごくわかるんですよね、その言い方としてはね。

守口市議会 2015-09-24 平成27年 9月定例会(第1日 9月24日)

積立金は約17億4,000万円、平成24年度に守口土地開発公社解散に伴い、代物弁済取得いたしました土地の売り払いにかかる財産収入約15億円を第三セクター等改革推進債の今後の償還金に充てるため、減債基金に積み立てましたことなどから、前年度と比較すると約15億7,000万円の増加となっております。

泉南市議会 2015-03-17 平成27年度予算審査特別委員会(第3号) 本文 開催日: 2015-03-17

あの際に取得時の簿価、それから解散時の鑑定評価等を比較させていただいた表なんかを解散プランに載せ、また解散を承認いただいたときに合わせて、いわゆる旧保有地代物弁済として市が取得するに当たって、債務減免というような形で、当時たしか50数億だったと思います。そういう差額の部分もあわせて御議論もいただいて、御承認いただいたところかと存じております。  

岸和田市議会 2015-02-24 平成27年第1回定例会(本会議 第1日目) 本文 開催日:2015年02月24日

◯山内正資総務部長  まず、大宮常盤線事業先行取得用地の経過につきましてですが、こちらは平成25年3月の土地開発公社解散に伴いまして、代物弁済取得した土地の一つでございます。  土地開発公社解散するに当たりまして、公社保有地につきましては、市が所有した後の事業計画関係各課で協議いたしました。

守口市議会 2014-12-18 平成26年12月定例会(第2日12月18日)

当該土地は、旧守口土地開発公社解散時に代物弁済守口市が手に入れた土地であります。市長はことしの2月の定例会で、西郷通の社会福祉関連施設用地売却についてでございますが、当該用地は過去から未利用地として位置づけられ、平成20年度に民間事業者に貸し付け、活用を図ろうといたしましたが不調に終わっております。

高石市議会 2014-11-28 12月04日-03号

土木部長石川輝之君)  ただいまご指摘清算事業団から取得した土地につきましては、第五次高石市財政健全化計画案におきまして売却予定地となってございましたので、今般、第三セクター債代物弁済という形で事業のあるなし、その辺について十分精査した上で、今回、売却という方針を立てたものでございますので、よろしくお願いいたします。 ◆8番(明石宏隆君)  わかりました。 

守口市議会 2014-10-20 平成26年決算特別委員会(10月20日)

土地開発公社から代物弁済として市に帰属された土地普通財産への区分変更に対しまして、議会への報告を怠っておりました。大変申しわけございません。今後このような事態が生じないよう、十分配慮し、議会との信頼関係が損なわれないよう努めるとともに、今後とも市が所有しております土地につきましては計画的に測量などを実施し、適正な管理に努めてまいりたいと考えております。

交野市議会 2014-10-02 10月02日-03号

土地につきましては新給食センター用地土地開発公社からの代物弁済による事業用地及び代替地用地、また公園台帳整備、見直しによる増加等があり、差し引き10万5千165.1㎡ふえまして、決算年度末現在高は84万6千815.7㎡となっております。 建物につきましては、第2別館の新築等により110.2㎡の増加決算年度残高は14万1千952.6㎡となっております。 

八尾市議会 2014-10-01 平成26年 9月定例会本会議-10月01日-03号

これら8事業用地については、平成25年6月4日八尾市と公共用地先行取得契約等解除契約を締結し、公社保有地については、簿価額から時価評価を行い、時価鑑定評価額は6億3700万5951円となりましたが、公社解散を進めるにあたり、平成25年9月30日八尾市と代物弁済契約を締結し、公社金融機関から借入している平成25年9月30日現在の残高支払利息を含め34億2300万円を八尾市が金融機関に代位弁済することになり

泉南市議会 2014-09-10 平成25年度決算審査特別委員会(第1号) 本文 開催日: 2014-09-10

それと、もう1つ、この土地開発公社解散に伴いまして、泉南市へ代物弁済ということでされた土地について、今後の利用計画、特にこの解散に当たって、砂川駅周辺の整備用地として、土地開発公社で位置づけられている土地についての今後の活用方法についてお聞かせください。