3279件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

門真市議会 2019-06-21 令和 元年第 1回定例会-06月21日-02号

介護保険制度高齢者人口の増加とそれに伴う費用の増大による財政面での持続性や効率性が運営上の課題であります。そのためくすのき広域連合として介護保険を運営し保険財政基盤のより一層の安定化を図るとともに、一元的に事務を遂行することで可能となる事務の効率化及び地域密着型サービス共有できることがメリットと考えられます。

八尾市議会 2019-06-19 令和 元年 6月定例会本会議−06月19日-05号

介護保険制度が後退の一途をたどっている中で、認知症の人と家族の会は、介護保険の困り事アンケートを実施しました。介護中の家族からは2割負担となり、支払いがとても苦しいので、訪問介護をふやしたくても我慢している。2割負担で本人の年金を全て施設利用料にあてなければならず、先行きが不安。3割負担になり、デイサービスの回数を減らすことにした。

泉南市議会 2019-06-10 令和元年第2回定例会(第4号) 本文 開催日: 2019-06-10

次に、下段に記載の介護保険事業特別会計繰出金事業55万円の増額は、介護報酬等の見直しによる介護保険制度改正に伴う電算システム改修委託料に係る繰出金を増額するものでございます。  次に、次の87ページ上段に記載の予防接種事業1,424万2,000円の増額は、麻疹風疹及び高齢者肺炎球菌に係る予防接種経費を増額するものでございます。  

豊能町議会 2019-03-27 平成31年 3月定例会議(第4号 3月27日)

次に介護予防サービス計画費給付事業の減額理由はという質問に対しまして、介護保険制度の見直しがあり、プランの要らないサービスの総合事業が始まり、そちらに移られた方の分が減ったものですという答弁でございました。  討論は、高尾委員による反対討論がありました。  採決は挙手多数で可決されました。  次に、第18号議案、平成31年度豊能町下水道事業特別会計予算の件。  

羽曳野市議会 2019-03-26 平成31年第 1回 3月定例会−03月26日-06号

なお、介護保険制度を持続可能な制度にするため、市として国や大阪府に、公費負担を大幅にふやすこと、介護労働者の処遇改善加算や働き続けられる条件整備を行うなど、抜本的な制度の見直しを強く働きかけていただき、市独自での負担軽減のための一般会計からの繰り入れの制度拡充を強く要望します。  

門真市議会 2019-03-22 平成31年第 1回定例会−03月22日-05号

そのような状況を踏まえ本市においては介護保険制度を基盤に3師会、介護保険サービス事業者、NPO等の関係団体とともに必要があれば市域を越えて在宅医療介護連携推進事業認知症施策を推進し、また、地域ケア会議等を通じ身近な生活圏域でのサービスのありようを検討するなど、本市の特性に基づく地域包括ケアシステムの深化、推進に取り組んでおるところでございます。  

泉南市議会 2019-03-18 平成31年度予算審査特別委員会(第2号) 本文 開催日: 2019-03-18

国民年金の出産前後の保険料の免除に関しては、これはもう周知をしっかりとしていただくことしかないと思うので、しっかりと後になっても請求できると、請求というか、その制度が使えるということですので、ただただ介護保険制度なので、全然関係ない、出産に関係ない方に100幾らの負担がかかるということは、これはもう仕方がないのかな。

東大阪市議会 2019-03-18 平成31年 3月18日民生保健委員会−03月18日-01号

大きな話になりますけど、そういうような形で介護保険制度ができてかなりなるんですけど、どんどん高齢者がふえていきます。支える人がだんだん疲弊をしていきます。いわゆる2025年問題以降の介護保険制度はどうなっていくのかという見通し、これは現場ではどんなふうに持っておられますか。

松原市議会 2019-03-14 平成31年  3月 予算特別委員会-03月14日−04号

いずれにいたしましても、いろんな収入状況によっていろんな立場の方というのが、市民さんの中には当然いらっしゃいますので、そういったお声というのを可能な限り拾わせていただいて、何とか持続可能な介護保険制度につながるような形で、日々ちょっと努力のほうさせていただいております。  以上です。 ○委員長(池内秀仁君)   森田委員。

羽曳野市議会 2019-03-14 平成31年 3月14日民生産業常任委員会-03月14日-01号

まず1点目は、予算概要の34ページにありますように、平成31年度は第7期高年者いきいき計画に基づく2年次の事業運営になるということですけれども、介護保険制度が今回7期目を今やっているんですけれども、始まってからの保険料の推移と、ここ数年間の滞納額をお聞きします。  

八尾市議会 2019-03-14 平成31年 3月14日予算決算常任委員会(全体会)−03月14日-01号

介護保険制度そのものについては、昨年の4月から、要支援の1・2、訪問介護、通所介護が、介護予防・日常生活支援総合事業の訪問型・通所型サービスに移行される。さらには、現役並みの所得の利用料3割負担化が昨年8月から実施されております。  さらには、安上がりで、無資格サービス。緩和した基準によるサービスの導入も行われようとしています。  

泉南市議会 2019-03-13 平成31年厚生文教常任委員会 本文 開催日: 2019-03-13

142 ◯和気委員 介護保険を、10月から消費税が上がるということで、このために第1段階、2段階、3段階を軽減するという形になっているんですが、介護保険制度で3年ごとにずっと上がってきていますし、また、この介護保険の料金からいけば、消費税が上がれば全員にかかってくる問題だというふうに思っています。  

八尾市議会 2019-03-08 平成31年 3月 8日予算決算常任委員会(保健福祉分科会)-03月08日-01号

今回4000万円ほどの補正をお願いする中身ですけども、実際、保険給付費という形で、これまでの予防給付でありましたら、恐らく補正という形には至らなかったのかなと考えていますが、今後、平成31年度、平成32年度、まだまだ介護保険制度が続きますので、そのあたりもしっかりと考えて、介護予防には取り組んでいきたいと考えております。 ○委員長(大野義信)  他にありませんか。     

岸和田市議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会(本会議 第3日目) 本文 開催日:2019年03月07日

見直しの内容でございますが、助成の一部が市のほかの助成事業と重複しているものについて一定是正を図るとともに、大阪府補助金に上乗せをして交付している市単独の補助につきまして、介護保険制度に基づく事業として実施することで、国や府の財源を活用することが可能になるなど、財政負担の軽減に向けて段階的に見直しを進めていくというものでございます。  

羽曳野市議会 2019-03-06 平成31年第 1回 3月定例会-03月06日-03号

具体的なサポートとしましては、介護保険制度で、第2号被保険者として、要介護認定を受けることにより、介護サービスをご利用いただき、ご家族のサポートも含め、認知症カフェなど地域の方々が集う場や介護家族の会などへの参加、悩みや助言し合う情報交換ができる場などへの紹介や支援を行っております。