8704件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

八尾市議会 2019-07-12 令和 元年 6月定例会本会議−07月12日-06号

使途については、間伐や人材育成、担い手の確保、木材利用の促進に関する費用とされていますが、森林吸収源対策や、森林の広域機能の恩恵を口実に、国や温室効果ガス排出企業が引き受けるべき負担を、国民個人に押しつけるものであります。  反対理由の第1は、低所得者も一律負担になっていることであります。  

八尾市議会 2019-06-27 令和 元年 6月総務常任委員会−06月27日-01号

○副委員長(田中久夫)  何でそこを心配するかというと、これは今後、優秀な人材確保という観点からいうと、始まりがあって、終わりも含めて、ある意味、指針であったり、道筋を示しておかんことには、本当に人材の確保という面で、私自身は心配もしているところでもあります。  

八尾市議会 2019-06-26 令和 元年 6月26日予算決算常任委員会(保健福祉分科会)−06月26日-01号

ただ、そこだけに頼るということではなくて、新しい人材の掘り起こしということも生活支援コーディネーターの非常に重要な任務の一つというふうに考えております。  そのためにも、一つツールとして、シルバーリーダー養成講座という講座を、市のほうで直接させていただいてたのですが、これを4月から社会福祉議会委託をさせていただいております。  

大東市議会 2019-06-26 令和 元年 6月定例月議会-06月26日-04号

学校がその中心的役割を担うとともに、スクールカウンセラー、スクールソーシャルワーカーなどの外部人材や関係機関とも連携を図りながら、取り組みを進めているところですが、今後、フリースクールとの連携の充実、そして今議員御指摘いただきました家庭教育センター、ペアレンツキャンプ代表理事でいらっしゃいます水野教育委員にアドバイスをしていただくなど、子供たちのために最大限何ができるかという視点で検討してまいりたいというふうに

東大阪市議会 2019-06-25 令和 元年 6月第 2回定例会−06月25日-04号

複数校での運営などを想定したコミュニティースクール設置の検討、市民の方に来てもらえるような東大阪市立野外活動センターの運営及び整備、約0.7%の生徒しか登録しなかった大阪府が実施しているLINEを活用した教育相談のさらなる周知、最悪のケースにつながらないための虐待やいじめの早期発見、今年度から開始している中学校給食を通しての食育の推進、小中一貫教育における夢TRY科の効率的なカリキュラムの検討、地域人材

門真市議会 2019-06-24 令和 元年第 1回定例会−06月24日-03号

さきにも述べましたが第32次地方制度調査会では広域的な行政課題に対し、生活圏経済圏を同一にする地方公共団体が連携して対応することを求めており、医療保健福祉土木建築に徴税、あるいは災害対応といった分野での技術職、専門職などの人材地方公共団体の枠を越えて活用することや、国や地方公共団体間の壁を越えた公共建築物の最適配置、市町村の区域を越えた人の移動の実態に即した公共交通ネットワーク化、大規模災害

大東市議会 2019-06-24 令和 元年 6月定例月議会−06月24日-02号

そのような中、本市としましては平成27年度より大阪府社会福祉議会主催の「北河内地域介護人材確保連絡会議」に参画し、人材確保のためのさまざまな事業に共同で取り組んでおります。昨年度は、市内介護施設に御協力いただき、小学生の親子介護現場を体験していただくなど、将来を見据えた人材不足解消に向け、取り組みを行っております。  

八尾市議会 2019-06-24 令和 元年 6月24日予算決算常任委員会(建設産業分科会)−06月24日-01号

産業人材戦略推進経費で1000万円、プレミアム付商品券の交付対象拡大に伴う経費といたしまして、プレミアム付商品券事務事業経費で465万2000円、自治体ポイントへのプレミアムポイント付与事業に伴う経費といたしまして、個人番号カード利用消費活性化経費で1184万5000円をそれぞれ増額いたすものでございます。  

八尾市議会 2019-06-24 令和 元年 6月建設産業常任委員会−06月24日-01号

譲与税の充当事業は、間伐や人材育成等に関する費用となっており、令和元年度に約1000万円が分配される見込みで、令和15年度まで段階的に増加していく見込みとなっています。  そのため、譲与税を活用した事業の円滑な執行を図るために基金造成が必要であることから、本条例を制定いたすものでございます。  次に、議案書59ページを御参照ください。  

門真市議会 2019-06-21 令和 元年第 1回定例会-06月21日-02号

小中連携も視野に入れ、中学校教員が小学生を教えたり、外部の人材を活用したりすることも検討可能となります。学級担任制は基本とする小学校教員の1週間当たりの平均授業時間数は教科担任制の中学校教員より多いとのデータがあり、長時間勤務にあえぐ教員の負担軽減など働き方改革にもつながるのではないかと思います。  そこでお伺いします。

堺市議会 2019-06-21 令和 元年第 4回臨時会−06月21日-01号

さらに、今後ますます進むと考えられるグローバル社会に対応できるよう、オンライン英会話等の効果的な手法を活用し、実践的な英語やICTスキルが身につく教育を進め、世界で活躍できる人材を育みます。  住みなれた地域でこれからも安心して生活していただく環境の整備に向けては、高齢者社会全体で支える地域包括ケアシステムを推進していくため、その基幹拠点である地域包括支援センターの拡充を図ります。

岸和田市議会 2019-06-19 令和元年第2回定例会(本会議 第3日目) 本文 開催日:2019年06月19日

その1点目といたしましては、相談や判定業務、一時保護中の児童観察、一時保護等の法的措置等には管理職を含めて一定のスキルを持った職員が必要となりますが、その人材確保や育成が可能であるかどうかというところでございます。  2点目といたしましては、児童相談所設置による人件費や施設整備費等のイニシャルコスト及びランニングコストの財源確保が可能であるかというところ等があると考えられます。

守口市議会 2019-06-19 令和元年総務建設委員会( 6月19日)

プログラミン教育の円滑な実施に向け、専門的な外部人材を活用し、小学校教員指導力の向上と質の高い授業の実現を目指すため、昨年度国のWEB会議システム等を利用した遠隔教育システム導入実証研究事業を錦小学校で実施するとのことで申請したところ、採択されましたことから、国の学校ICT環境整備促進実証研究事業委託金を全額活用し、8節報償費から14節使用料及び賃借料までの経費を補正しようとするものでございます

八尾市議会 2019-06-18 令和 元年 6月定例会本会議−06月18日-04号

次に、時間延長や長期休みのみの一時預かりについてでありますが、児童安全に預かり、責任を全うする人材確保について、大きな課題があると認識をしており、現在のところは困難であると考えております。  また、つどいの広場等の活用につきましては、放課後児童室が月曜から金曜、また、長期休業の間になりますので、現状の形では困難かと考えているところでございます。  

岸和田市議会 2019-06-17 令和元年第2回定例会(本会議 第1日目) 本文 開催日:2019年06月17日

指導するスポーツ文化活動に対する専門的知識技能だけでなく、生徒指導上の対応、事故の際の対応、保護者対応等、教員と同等の指導や対応が求められますので、部活動指導員任用の際には学校教育に関する十分な理解を有する人材を選定しなければならないと考えております。  また、任用後も適切な対応や服務規律順守に向けた研修が必要であると考えております。