運営者 Bitlet 姉妹サービス
2874件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-21 豊中市議会 平成30年12月定例会(本会議)−12月21日-04号 ( 登 壇 ) ◆1番(木村真) やはりことし11月ですけれども、消費者庁は高齢者が入浴中に死亡した人数は、交通事故による死亡者数を上回っている旨を発表しています。介護予防センターのお風呂は、安全・安心な入浴のためにも役割を果たしているのではないでしょうか、答弁をお願いします。 ○議長(喜多正顕) 大東健康福祉部長。 もっと読む
2018-12-19 豊中市議会 平成30年12月定例会(本会議)−12月19日-02号 スクールゾーンは子どもの安全を図り、交通事故を防止するため、昭和47年の全国交通安全運動を契機として、全国的にその設定が推進されました。これを受け同年、豊中市スクールゾーン対策委員会及び豊中市安全協議会において対策の検討が行われ、小学校を中心におおむね500メートル四方のエリア内のスクールゾーン電柱表示が始まりました。 ○議長(喜多正顕) 3番、三藤雅道議員。    もっと読む
2018-12-10 茨木市議会 平成30年建設常任委員会(12月10日) 最後に、自転車の安全利用ということについて、お伺いをしていきたいんですけれども、まず大阪府の交通事故に占める自転車事故の割合は、約3割と。全国平均よりも10ポイントほどですね、高いというふうに言われているそうでございます。  本市でも、自転車事故が非常に多いことから、過去の議会質問でも、幾度か取り上げられてきている課題ではあります。   もっと読む
2018-12-10 松原市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月10日−03号 しかし、例えば道路環境整備等に起因する事故というのは、管理を徹底することで一件も起こらず、完全に交通事故等を排除できると思っております。本当に登下校時というのは大切な、先ほども申し上げたように教育の場でありますので、子どもたちをぜひとも守っていただきたいと思います。家から学校までの通学路というのは本当に大切な場所であると思います。 もっと読む
2018-12-07 松原市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月07日−02号 再認証までの5年間の取り組みとして、交通事故や犯罪、また地域のきずなを強めていく活動の中で安心・安全のまちづくりを推し進めてこられました。2018年11月18日に再認証を取得され、5年後の再々認証に向けてどのように進めていくのか、市としてのお考えをお聞かせください。  2、まつばらマルシェについての質問ですが、8年前、第1回まつばらマルシェが行われ、南大阪最大級の地産地消フェア「買って!食べて! もっと読む
2018-11-29 大東市議会 平成30年12月定例月議会−11月29日-01号 次に、報告第11号「交通事故に係る専決処分の報告について」、市長より提出があり、既にお手元に配付しておりますので、これにより御了承いただきたいと思います。   もっと読む
2018-11-16 茨木市議会 平成30年市民会館跡地等整備対策特別委員会(11月16日) 接触事故や交通事故が起こって、対応策のために新たに渡りをつけるというのは、非常に工事費用や後づけで新たな費用が出てしまうという心配ごとにつながっていくというふうに考えますので、当初の基本設計の中で、渡りというのも大きな要素の1つとして検討してほしいというふうに思います。これ、答弁結構です。  3つ目は、市民会館が閉館中、さらには福祉文化会館も解体という計画になっています。 もっと読む
2018-11-05 守口市議会 平成30年決算特別委員会(11月 5日) 253ページ、3項雑入でございますが、2目一般被保険者第三者納付金として交通事故等に伴う第三者納付金が5,107万9,842円、4目一般被保険者返納金として国保被保険者の資格喪失後受診に伴う返還金が1,026万1,694円となっております。  以上、簡単な説明ではございますが、よろしく御審査の上、御認定賜りますようお願い申し上げます。 もっと読む
2018-10-31 松原市議会 平成30年 10月 定例会(第3回)-10月31日−05号 また、交通事故や事件などの成果も述べておられましたが、セーフコミュニティを実施していない自治体のほうが成果を上げている実態があり、矛盾が出てきています。機構の縛りから解きはなたれ、もっと自由に松原らしく松原独自のものへ発展させていくことが必要だと思います。   もっと読む
2018-10-26 松原市議会 平成30年 10月 決算特別委員会-10月26日−04号 職員の視察や職員の研修につきましても、このセーフコミュニティがなくてはできないというわけでもありませんし、事故、事件が減っているということにつきましても、この間あらゆるところの議論の中で、セーフコミュニティをやっていないところのほうが交通事故件数は減っているという結果も出ているわけでございますから、本当に安心・安全を取り組む上で費用対効果をきちっと見きわめる中での予算設定が必要ではないかというふうに もっと読む
2018-10-23 松原市議会 平成30年 10月 決算特別委員会-10月23日−02号 犯罪防止対策委員会あるいは交通事故、交通安全対策委員会、あるいは子どもの安全対策委員会、お年寄りの安全対策委員会、災害対策委員会、自殺予防、こういったところも毎年少しずつではありますが、大きな成果も上げているところがあったり、事故・事件が減ることによって、けが、病気も減る、そういったところへもつながっています。これも費用対効果だと思っております。   もっと読む
2018-10-22 豊中市議会 平成30年10月22日建設水道常任委員会(決算)−10月22日-01号 ◎道路建設課主幹(奥原健) 二中南側桜の町線整備事業についてでございますが、平成27年(2015年)5月に通学中の児童が巻き込まれる交通事故のあった桜井谷小学校の通学路において安全対策を行ったものであります。   もっと読む
2018-10-15 松原市議会 平成30年 10月 定例会(第3回)-10月15日−02号 次に、ドライブレコーダー設置への補助についてでございますが、ドライブレコーダーは個々の交通事故の状況を記録し、原因を明確にするためのものと考えており、公益性や安心・安全のまちづくりに対する効果の有無等について調査してまいります。  次に3点目、災害対策についての質問でございます。   もっと読む
2018-10-04 門真市議会 平成30年10月 4日決算特別委員会−10月04日-01号 ◎山下 クリーンセンター施設課長  持ち込みごみの予約制導入による市民にとってのメリットにつきましては、予約時間を原則30分単位としていますことから、持ち込み車両の渋滞はほとんど発生しておらず、センター内外での交通事故の防止及び待ち時間の短縮が図られていることや、電話で事前に住所、氏名などを聞き取っていますことから、当日は身分証明書の提示のみで受け付け時間の短縮が図られていることであります。   もっと読む
2018-09-28 泉南市議会 平成30年第3回定例会(第3号) 本文 開催日: 2018-09-28 学校支援地域本部事業、青色防犯パトロール、登下校の見守りは、ボランティアの確保が困難ではありますが、不審者や交通事故から子どもをしっかり守り、被害者を出さないようさらなる取り組みをお願いいたします。  高齢者を初め、女性、若者に対して、詐欺、虐待、DV等の消費者相談、弁護士相談の体制の充実と周知もお願いいたします。   もっと読む
2018-09-25 大東市議会 平成30年 9月定例月議会−09月25日-03号 対策としましては、生徒本人の交通マナー遵守に対する自覚が一番重要ではありますが、歩行者等との悲惨な交通事故を未然に防ぐため、学校や警察に通学時の交通マナーに関する指導の依頼を行うとともに、関係団体と連携を図りながら、交通マナーに対する啓発活動を行っているところでございます。  学校側におきましても通学路に先生が立ち、生徒への交通マナーの指導を行っているところでございます。   もっと読む
2018-09-21 茨木市議会 平成30年一般会計決算特別委員会( 9月21日) ○中田建設管理課長 開発行為に伴う撤去や自然災害による倒木、交通事故などによる倒木による場合は、周辺の街路樹の状況や地域のニーズ等を勘案し、補植していますが、平成29年度は補植による更新は実施しておりません。  更新の考え方につきましては、歩道の幅員確保など、交通安全上の視点、地域の実情、ニーズなどを勘案して検討したいと考えています。 もっと読む
2018-09-20 松原市議会 平成30年  9月 臨時会(第1回)-09月20日−01号 本日付をもちまして、市長より、地方自治法第180条第2項の規定による損害賠償の額を定めることについて、交通事故及び訴えの提起について、市営住宅明け渡し等請求事件の報告がありましたので、御報告申し上げます。  以上をもちまして、諸般の報告を終わります。        〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ○議長(三重松清子君)   この際、日程を追加いたします。   もっと読む
2018-09-18 四條畷市議会 平成30年  9月 定例議会-09月18日−03号 ◎亀澤伸都市整備部長 平成27年から平成29年の大阪府内及び四條畷警察署管内の交通事故件数、自転車による事故件数、重傷または亡くなった方の人数について順次お答えいたします。  まず、大阪府内の交通事故件数は、平成27年から29年まで順に、4万607件、3万7920件、3万5997件です。次に、四條畷警察署管内の交通事故件数は、平成27年から29年まで順に、674件、601件、485件です。 もっと読む
2018-09-12 泉佐野市議会 平成30年  9月 決算特別委員会-09月12日−01号 あと一点だけなんですけれども、70000の交通安全施設整備事業に関連して、資料請求させてもらった110番についてお聞きしたいんですけれども、交通事故件数が大阪府下全域でいえば、年々減少していて、もう5年で1万件ぐらい交通事故が減少しているんですけれども、泉佐野市に限っては、ほぼ横ばい状態になっていて、大阪府下全体と比べると、もう少し減っていないと、泉佐野市は交通事故が多い町ということになってしまっているんじゃないかなあというふうに もっと読む