運営者 Bitlet 姉妹サービス
12158件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-21 豊中市議会 平成30年12月定例会(本会議)−12月21日-付録 また、家屋の倒壊や土砂崩れ、大規模な停電・断水、道路や鉄道をはじめ交通機関への影響なども生じた。被災地域の復旧・復興に万全を期し、被災者の方々が一日も早く安心して生活できるよう、全力を挙げることが求められている。  被災自治体は早期の復旧・復興、被災者支援に向け、全力で取り組んでいるが、多額の経費、労力、専門的知識が必要である。   もっと読む
2018-12-21 大東市議会 平成30年12月定例月議会−12月21日-04号 この画像を見ていただいたらわかるとおりに、まずは地理的要素、交通においても大変利便性が高いと、この大阪市から隣接する位置にあって、しかもJRを使えば、大阪市の中央に10分足らずで行けるということと、そしてもう一つは、近鉄バスが市内を走っていること、そしてコミュニティバス3台が走っている、東部交通がある、そして南部にはワゴンバスが走るという、こんなに小さなまちで、これだけ手厚い交通があるというところはまずないというふうに もっと読む
2018-12-21 豊中市議会 平成30年12月定例会(本会議)−12月21日-04号 ◎都市計画推進部長(上野山雅也) 三国塚口線と山手幹線との接続につきましては、大阪府の事業であることから、基本的には府が主体的に進めるものでございますが、接続に当たっては人、物、情報が流通する新たな交通軸の形成が期待される一方で、流入交通の増加による交通渋滞への影響など、課題もございます。   もっと読む
2018-12-20 大東市議会 平成30年12月定例月議会−12月20日-03号 全市公共交通についてお答えいたします。  まず、南部公共交通の進捗状況についてでございますが、昨年度より市南部地域のコミュニティバスの見直し等につきまして、大東市地域公共交通会議を開催し、平成30年7月17日の会議において運行計画を決定いたしました。   もっと読む
2018-12-20 豊中市議会 平成30年12月定例会(本会議)−12月20日-03号 今年の7月の臨時会代表質問において、公共交通改善計画について、我が会派をはじめ他の会派からもさまざまな角度から質疑されました。本市内の西部地域や南部地域など交通不便地とされる地域では、改善策としてデマンド型乗合タクシーの導入の検討を進めており、今後は豊中市地域公共交通協議会において議論を重ね、2020年度からの施策の実施に向け、取り組んでいるということは理解いたしました。   もっと読む
2018-12-19 大東市議会 平成30年12月定例月議会−12月19日-02号 最後に、本市における交通マナーの啓発活動はどのようなものをされているのかお答えください。  以上、再質問の権利を留保し、降壇いたします。 ○水落康一郎 議長  森田学校教育部長。 ◎森田修司 教育委員会学校教育部長  (登壇)中学校給食の現在の課題についてお答えいたします。   もっと読む
2018-12-19 豊中市議会 平成30年12月定例会(本会議)−12月19日-02号 ( 登 壇 ) ◆20番(斉宮澄江) 交通空白地について。  広大な交通不便地、交通空白地である利倉、利倉西、勝部、走井の地域の皆さんの熱意が市を動かしました。来年秋には交通不便地対策を実施するため、デマンド型乗合タクシーを走らせる方向です。長内市長が市民との約束を守り、まさに英断でした。 もっと読む
2018-12-18 茨木市議会 平成30年第5回定例会(第3日12月18日) 2.災害時に公共交通機関を利用中の高齢者や障がい者、子ども、外国人ら移動困難者については、速やかでわかりやすい情報提供や、一時滞在施設の確保促進対策を行うこと。 3.エレベーター内での閉じ込め対策として、揺れを感知すると最寄り階で自動停止する新型導入への財政支援拡充を行うこと。  以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出する。   もっと読む
2018-12-12 大阪狭山市議会 平成30年 12月 定例月議会-12月12日−03号 地理的条件、行財政基盤の充実、強化、中は省きますが、自然環境、交通利便性、水と緑豊かな総合文化都市として、地方分権の趣旨を踏まえて単独でいくべきである、市民の意向が何よりも大切であると、ある会派は力説しています。時期尚早であるという意見もありました。その他、堺市と合併を望む人はアンケート調査によると11%と少ないと主張する党派もありました。   もっと読む
2018-12-12 守口市議会 平成30年総務建設委員会(12月12日) ○(川見道路課主任)  指定管理Aでございますが、駐輪場の管理業務とあわせまして、大日駅前交通広場及び大日駅前線の管理業務委託、一般国道1号大日地下横断通路昇降設備日常管理業務、守口市放置自転車大日保管所の管理業務、最後に大日駅前交通広場自転車駐輪場の管理業務を合わせた指定管理料で提案を受けているところでございます。 ○(澤井委員)  そうしたら、参考資料を見ているんだけど、54−1。 もっと読む
2018-12-11 松原市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月11日−04号 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ◎福祉部長(中瀬保君)   松原市におきましての子ども・子育て事業計画において、本市は比較的平坦でコンパクトな市域となっていることなど、地理的条件や人口、交通事情など社会的状況を総合的に判断いたしまして、教育・保育提供区域は圏域で1つとなっております。 もっと読む
2018-12-11 茨木市議会 平成30年文教常任委員会(12月11日) 通学路を取り巻く課題として、各自治体で挙がっているのを、ちょっとまとめさせていただきますと、1つが通学路の危険性と、都市基盤整備によって通学区域が幹線道路で分断され、交通弱者と言われる子どもたちにとっては、通学時における安全面で大きな脅威となっており、交通量の多い幹線道路の横断などによる危険性が高まっている。 もっと読む
2018-12-11 茨木市議会 平成30年総務常任委員会(12月11日) この最小出資比率30%というのは、国土交通省の共同企業体のあり方に規定されているわけですが、今回の入札に参加した共同企業体では、どのような出資比率になっていたのでしょうか。   もっと読む
2018-12-10 東大阪市議会 平成30年11月第 3回定例会−12月10日-04号 また東大阪出身のシンガーソングライター、昨年は東大阪でライブをしたいというような御希望、またブルーリボンのほうでもそれを支援をしておりましたが、道路交通法上でかなうことができませんでして、そこをまたことし12月の人権啓発期間の講演の中にお入れいただきましたことも評価をするものでございますし、大阪議連のほうでも評価をいただいておりますので、引き続きまして啓発の活動のほうにも力を入れていただきたく、また もっと読む
2018-12-10 大阪狭山市議会 平成30年 12月 定例月議会-12月10日−02号 それがあるために、ちょっと金剛駅周辺での交通体系というのが非常にまずい状況というか、通りにくい、通過しにくいという状況がございますので、そのあたりもできるだけ早く情報を収集して、高圧線がなくなれば後の利用等、民間ということもありますけれども、大阪狭山市がよりよい、住みよい安全なまちになるよう心がけていただいたらということで、要望だけしておきたいと思います。  以上で質問を終わります。 もっと読む
2018-12-10 茨木市議会 平成30年建設常任委員会(12月10日) ○藤田道路交通課長 市道庄中央線の進捗状況についてでございます。  ことしの11月現在の用地取得率は、67%であり、一定範囲の用地買収が完了した箇所から随時、改良工事を行っております。 もっと読む
2018-12-10 松原市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月10日−03号 公立図書館の設置に当たっては、サービス対象地域の人口分布と人口構成、面積、地形、交通機関網を勘案して適切な設置及び必要な図書館施設の床面積、蔵書数を確保するよう認める。 もっと読む
2018-12-07 東大阪市議会 平成30年11月第 3回定例会-12月07日-03号 次に公共交通について質問します。  人口減少に伴って公共交通の路線バスは、乗客の減少による経営悪化で不採算路線からの撤退が進み、住民、特に高齢者の移動手段の問題が全国的にも大きな問題になっています。乗り合いバスの路線廃止状況は、過去10年間で全国約1万4000キロメートルにもなります。 もっと読む
2018-12-07 松原市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月07日−02号 再認証までの5年間の取り組みとして、交通事故や犯罪、また地域のきずなを強めていく活動の中で安心・安全のまちづくりを推し進めてこられました。2018年11月18日に再認証を取得され、5年後の再々認証に向けてどのように進めていくのか、市としてのお考えをお聞かせください。  2、まつばらマルシェについての質問ですが、8年前、第1回まつばらマルシェが行われ、南大阪最大級の地産地消フェア「買って!食べて! もっと読む
2018-12-06 東大阪市議会 平成30年11月第 3回定例会−12月06日-02号 大阪府と協力し、延伸区間の2029年開業に向けて進めている本事業は、府域に放射状に伸びた鉄道を結節させ、ネットワークを形成し、交通のさらなる利便性の向上、そして沿線地域の活性化が見込めるなど、本市市民にとって非常に有意義な事業であると認識しております。7月には市内3カ所での地元説明会、8月には公聴会が行われ、また、軌道法に基づく特許申請もなされたと仄聞しております。 もっと読む