運営者 Bitlet 姉妹サービス
848件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-10 茨木市議会 平成30年建設常任委員会(12月10日) 十日市浄水場の深井戸の取水量が、最大、1日に1万2,000立方メートルに対して、2016年度の数字が9,643立方メートルにとどまっている状況で、その理由と、その1万2,000立方メートルの回復への展望についてお聞かせいただきたいのと、それから、深井戸の取水量を1日に1万2,000立方メートル高めた場合に、節減できる受水費の削減コストは、どのようになっているのかというのを改めてお聞かせください。   もっと読む
2018-12-06 東大阪市議会 平成30年11月第 3回定例会−12月06日-02号 松井知事は先月28日の定例会見において、2025年の万博へ向け、太陽の塔の世界遺産登録を目指す考えであるとともに、吹田市にある1970年の大阪万博の会場跡地である万博記念公園も関連エリアとして位置づけたい、あるいは各地でのサテライト会場の設置を検討し、各自治体から出される内容と、それに見合う負担をはっきりしてもらった上で判断すると述べ、既に兵庫県の井戸知事は、神戸でもサテライトをつくってもらえないか もっと読む
2018-10-24 松原市議会 平成30年 10月 決算特別委員会-10月24日−03号 ◎副市長(川西善文君)   これ、建設当時から防災関係のその辺から考えましてもやっぱり職員の公用車が地下2階にあるというのも一ついろんな意味で検討したことがあるんですけれども、ちょうど裏の今井戸川とかこの辺に立て坑が掘れないと。 もっと読む
2018-10-15 松原市議会 平成30年 10月 定例会(第3回)-10月15日−02号 内容といたしましては、各町会で定められた避難場所に避難してから一緒に最寄りの小・中学校まで避難して、その後防災倉庫の確認や災害用井戸や水消火器の使用体験、アルファ化米の炊き出しや毛布担架のつくり方などを体験しております。平成29年度は11の地域におきまして防災訓練が行われ、1,537人の方が参加をされております。         もっと読む
2018-10-01 東大阪市議会 平成30年 9月第 2回定例会−10月01日-05号 産業連関表に対する考え方と今後研究する必要性、PR冊子である物づくりの最適環境の中身の充実とさらなる活用、東大阪フォントの今後の展開、中小企業支援に係る商工会議所と新永和図書館との連携内容、リビングラボのような市民の声を製品開発に反映できる仕組みづくり、市内企業への健康経営の周知拡大、災害時のごみ収集の課題と対策、大阪府北部地震や台風21号での課題の環境部の災害活動マニュアルへの反映、水利団体へ行う農業の井戸利用 もっと読む
2018-09-25 東大阪市議会 平成30年 9月25日環境経済委員会−09月25日-01号 ◆高橋 委員  6月議会で、ずっと質問させていただいてる井戸などの水利施設の件なんですけれども、水利組合等へのアンケートをされると言われてましたけれども、その進捗状況を教えていただけますか。 ◎土山 農政課長  委員の御指摘にお答えさせていただきます。現在、水利団体へのアンケート作成中でございます。内容が固まりましたら水利団体へ発送する予定でございます。以上でございます。 もっと読む
2018-09-20 門真市議会 平成30年第 3回定例会-09月20日-02号 具体的には、これまでも言っていますように、かまどベンチやマンホールトイレ以外にも災害時の電源確保、緊急時などにテントとなる防災パーゴラ、風力発電や太陽光の照明灯、ソーラー時計、簡易水道用井戸、飲み水兼用の防火水槽などを設置することを要望するとともに、その必要性をどのように考えているのでしょうか。防災機能を持たせる整備計画策定の必要性についても答弁を求めます。   もっと読む
2018-09-12 羽曳野市議会 平成30年第 3回 9月定例会-09月12日-04号 災害用の井戸の活用の検討も求めたいと思います。  また、避難所では本当に楽しみが少ない生活です。その中でせめて食べることが楽しみでなくてはなりません。冷たいお弁当やパンだけではなくて、温かく心も体もほっこりする手作りの食事が提供されれば、前を向いて生きていくエネルギーにもつながっていきます。避難所となる学校に調理場があれば、手作りの食事を提供することができます。 もっと読む
2018-09-11 茨木市議会 平成30年建設常任委員会( 9月11日) 次に、平成29年度予算に対して、決算が減少した理由及び平成28年度決算に対して平成29年度決算が減少した理由ですが、浅井戸では、10月は例年と比べて台風の影響により降水量は多かったものの、1年を通じて降水量が少なかったこと、深井戸では、2本の井戸の目詰まりによる大幅な取水量の減少や一本の井戸の揚水管の穴あき、また取水量を回復すべく2本の井戸に対して実施しました浚渫工事により、約1カ月間、取水を停止したことも もっと読む
2018-06-25 東大阪市議会 平成30年 6月25日環境経済委員会−06月25日-01号 ◆高橋 委員  では現在の農業用水施設に頼らず水を田畑に供給する方法とは、井戸以外何かあるでしょうか。 ◎土山 農政課長  現在の田畑への水の供給については、農業用水を頼らずには、先ほども申しましたように雨水と、それと東大阪の水道局の普通の水道を使った田んぼや畑への取水でございます。以上でございます。 もっと読む
2018-06-19 藤井寺市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月19日−02号 また周辺には家庭用井戸が数多くあるとも聞き及んでおり、周辺地域の住民の皆様は大変不安であろうと考えます。  そこで、まずこの間の経過や、とられた対策についてお聞かせください。 ○議長(岡本光君)   井上市民生活部長。 ◎市民生活部長(井上昌弘君)   お答えいたします。   もっと読む
2018-06-14 守口市議会 平成30年総務建設委員会( 6月14日) 子どもがちょっと踏んだぐらいでというふうなこと等々がありますので、特に、今後散水、毎日大量の水をやらないといけないということで、これは散水栓、または散水装置等々、これは敷設してからの後づけになるととってもコストがかかるので、この事前に埋設できるものであれば、これは水景施設があって、水のことがあって、設備されているわけですから、また、マンホールトイレ等々であって、非常時の井戸等の抜きもやるんですから、 もっと読む
2018-03-23 東大阪市議会 平成30年 3月23日環境経済委員会−03月23日-01号 ◎木村 公害対策課長  恩智川以西については、水稲栽培用については、井戸のストレーナーの位置が100メーター以深、350メーターより浅い井戸、農林水産用については井戸のストレーナーの位置は350メーター以深になっております。それと環境用については、ストレーナーの位置じゃなくて、井戸の深さとして15メーターより浅い井戸という規定になっております。 もっと読む
2018-03-20 河内長野市議会 平成30年  3月 予算常任委員会(平成30年度予算)-03月20日−01号 現在の駅舎、切符売り場のある改札のある建屋と、既存の駅構内のトイレの間のちょうど井戸がある部分を活用できないかということで協議をいたしております。 ○委員長(角野雄一)   堀川委員。 ◆委員(堀川和彦)   レンタサイクルのほうもわかりました。ただ、観光案内所、今、僕が間違ってたら、また訂正してほしいんですけど、観光ボランティアでやってますよね。 もっと読む
2018-03-19 交野市議会 平成30年  3月 都市環境福祉常任委員会-03月19日−01号               田中万亀夫  ふるさといきものふれあいセンター所長                                  古賀伸一   都市計画部次長兼第二京阪道路沿道   水道局次長       伊藤雄一郎   まちづくり推進室長   近田邦彦   水道局次長       藤井大史   水道局次長兼新浄水施設整備室長                                  井戸保裕 もっと読む
2018-03-15 茨木市議会 平成30年建設常任委員会( 3月15日) 続きまして、自己水の処理コストにつきまして、十日市浄水場の自己水の水源は深井戸と浅井戸であり、平成28年度決算では、深井戸が1立方メートル当たり約40円で、浅井戸が1立方メートル当たり約30円となっております。  また、企業団の平成29年度の受水単価は1立方メートル当たり税抜き75円となります。 もっと読む
2018-03-12 豊中市議会 平成30年 3月12日建設水道常任委員会-03月12日-01号 井戸と水路の工事ということですけれども、計画的に行うような工事とともに、臨時的な改修工事なんかも予算としては入っている部分もあるのかなと思うんですけれども、通常水路改修に対して、工事件数が前年度と比較して減少しているということとあわせて、緊急な水路改修に対しても予算が減少している部分があるんではないかと考えられるのですけれども、不足が出るということはないのか、お考えを教えてください。 もっと読む
2018-03-12 大東市議会 平成30年3月12日街づくり委員会−03月12日-01号 それからいいますと、今はもう断水もしませんし、すばらしいやっぱり施設として頑張っていただいておりますので、1つだけ、交野市が随分と井戸を掘っております。11本ほど掘ったとか聞きました。 もっと読む
2018-03-06 交野市議会 平成30年  3月 定例会(第2回)-03月06日−02号 昨年12月13日に災害用井戸から採取した水から環境基準値を超える水銀が検出されたとの報告がありました。また、ことし1月23日に採取された水から、やはり今度はヒ素が検出されたとの報告がありました。立て続けに起こりましたので、不安に思っておられる住民もいらっしゃると思いますが、これらの有害物質の由来は特定されましたでしょうか。 ○議長(野口陽輔) 今西室長。 もっと読む
2017-12-15 東大阪市議会 平成29年12月15日環境経済委員会−12月15日-01号 もう一つは、井戸を掘って、井戸を掘る中で農業用水をくみ上げて、それで田んぼなんかで使っていただくという用途がございます。 ◆高橋 委員  五箇水路とかに代表される複合目的水路や圧送管は、設置後、数十年経過してまして、老朽化等によるその機能の低下や喪失が問題になっているとお聞きしております。東大阪市として今後とも良好な状態を維持していくためにどのような施策を実施されていますか。 もっと読む