運営者 Bitlet 姉妹サービス
23件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2
日付議会議事録名議事録内容
2018-12-11 八尾市議会 平成30年12月総務常任委員会-12月11日-01号 ◎職員課長(上野山喜之)  婚姻届を出していないんですが、事実上、夫婦であるという場合を、いわゆる事実というような形の場合でも、この配偶者同行休業の適用を受けますと。そういう趣旨でございます。 ○委員長(平田正司)  奥田委員。 ◆委員(奥田信宏)  ぎょうさんいてはりますか。 ○委員長(平田正司)  上野山課長。 もっと読む
2017-12-08 茨木市議会 平成29年総務常任委員会(12月 8日) いわゆる事実、届けを出していないものであれば認められるというようなものはございますけれども、LGBTに関しては特にはございません。 もっと読む
2017-10-23 大東市議会 平成29年10月23日未来づくり委員会−10月23日-01号 滞納の発生におきましては、年金の遡及受給でありますとか、そういった事例がほとんどでございまして、あと事実でわかる場合もございますけども、それについては本人と話をしながら、返還していただくようにお話しております。 ○品川 委員長   澤田委員。 ◆澤田 委員   市税とか国保というのは、債権回収機構、府のほうで一括して、結構厳しく頑張っていただいてることによって収納率が相当上がってますよね。 もっと読む
2016-12-21 豊中市議会 平成28年12月定例会(本会議)-12月21日-03号 今回の質問で触れることができませんでしたが、事実での離別や婚外子の養育などにおいても重たい課題があります。理事者答弁にありました子どもの権利擁護の視点での相談支援の具体化、強化を求めて、この質問を終わります。  次に、障害者グループホームにおけるスプリンクラー設備について伺います。   もっと読む
2016-10-18 高槻市議会 平成28年決算審査特別委員会(10月18日) 次に、児童扶養手当の不正受給の防止対策についてでございますが、毎年8月に実施している現況届の提出時に、必要書類の提出並びに状況確認を行うとともに、手当の支給前に受給者の住民票の異動や同住所への転居者を確認することにより、事実状態でないかの確認をしております。   もっと読む
2016-06-27 高槻市議会 平成28年第3回定例会(第3日 6月27日) まず初めに、配偶者暴力防止法における配偶者の範囲ですが、男女を問わず配偶者や事実関係にあるもの、生活の本拠をともにする交際相手が対象となります。また、元配偶者など、関係を解消する以前から暴力があり、引き続き暴力を受けている者についても対象に含まれます。  次に、DV相談の窓口についてですが、本市総合センター8階の人権・男女共同参画課で実施しておりますDV相談がございます。 もっと読む
2015-12-15 岸和田市議会 平成27年総務常任委員会 本文 開催日:2015年12月15日 ◯池田委員  DV事件というか被害というのは、もちろん女性だけの問題ではなくて、やはり女性自身、もっと認識をしていかなければならないDVもありますし、やはり配偶者や事実のパートナー、恋人同士等々、男女間で起こるいろんなそういう暴力については啓発も進められていっているところなんですが、一たび事故につながるようなことが起これば、やっぱり丁寧な相談が必要ではないかなというふうに思っていますので、今後とも もっと読む
2015-12-14 門真市議会 平成27年12月14日文教常任委員会-12月14日-01号 それから、その世代で婚姻してる人、事実も含めて結婚生活してる人の世帯数とか、あるいは逆にしてない人の区分の人数のデータ。あるいは、家族の同居か単身者かの区別の人数。扶養する子どもを抱えているか否かということもないように思います、この世代についてですね。  あと、職業を持ってる場合の職業や地位についての基礎データ。職種がどうなのか、正規か非正規か等々。また、主な生計収入源についてのデータ。 もっと読む
2015-10-08 堺市議会 平成27年10月 8日子どもと女性が輝く社会実現調査特別委員会(研修会)−10月08日-02号 これはフランスは事実を認めたんで、6割がもう事実の子どもですけど、その事実だろうが結婚だろうが子どもの権利を保障しているので、それが効いてくるということですよね。日本は、家・墓制度というのが強いので、これはなかなか直らないだろうなと思いまして、議論すら上っていないですよね、この問題は。夫婦別姓で終わってますからね。  この4つがよく言われている女性たちの不安ですね。 もっと読む
2015-09-28 高槻市議会 平成27年第4回定例会(第3日 9月28日) 次に、それぞれの債権の原因でございますが、まず、児童扶養手当返還金は、当該手当の受給者が事実状態であることが判明し、返還金が生じたもの。生活保護法第63条に基づく返還金は、雇用保険による給付の受給により、また、同法第78条に基づく徴収金は、収入未申告によりそれぞれ返還金、徴収金が生じたもの。 もっと読む
2015-06-16 八尾市議会 平成27年 6月定例会本会議−06月16日-05号 ところが近年、事実が広がり、婚外子もふえています。厚生労働省の2011年度の調査では、母子家庭となった理由のうち未婚が7.8%で、夫との死別が7.5%を上回っています。未成年の子を持つ未婚のひとり親世帯は推定で約10万世帯に上るとされています。   もっと読む
2014-03-05 泉南市議会 平成26年第1回定例会(第1号) 本文 開催日: 2014-03-05 本年1月3日、夫婦や事実関係にある男女だけでなく、同居する恋人からの暴力にも保護対象を広げる改正DV防止法が施行されました。保護命令には、被害者や家族への接近禁止や住居からの退去などがあります。DVもストーカーも被害の多くは女性であり、女性の命を守る手段が拡大することは、うれしく思います。  被害を防ぐため、同法は公明党の推進もあり、昨年6月、改正ストーカー規制法とともに成立をいたしました。 もっと読む
2013-10-03 東大阪市議会 平成25年 9月第 3回定例会−10月03日-04号 と同時に事実も珍しくはないという社会状況の中で、婚外子を特別視する風潮は薄れてきています。昨年行われた内閣府の世論調査でも、婚外子に対し法律上、不利益な扱いをしてはならないと考える人は61%に上っています。結婚歴の有無により適否を決める寡婦控除についても制度改革を求める声が高まっています。 もっと読む
2012-09-09 堺市議会 平成24年度決算審査特別委員会−09月09日-02号 これまで規定を合憲と判断していたものが見直されたものであり、判断が見直された背景には、事実や結婚をしない子どもを出産する女性、シングルマザー、この増加が大きなことになったのかなと、現状、国民の意識やまた国際情勢など、この変化もあったというふうに判断をしております。   もっと読む
2010-12-16 岸和田市議会 平成22年第4回定例会(本会議 第3日目) 本文 開催日:2010年12月16日 平成22年12月16日            岸和田市議会   別居・離婚後の親子の面会交流に関   する法整備と支援を求める意見書  離婚後の子どもの養育について定めた 民法第766条には、別居している親と の面会交流の規定がなく、多くの親子が 別居や離婚、事実の解消を機に、親子 の関係が絶たれているという現実がある。 もっと読む
2010-12-08 茨木市議会 平成22年第6回定例会(第2日12月 8日) 「内閣府の男女間における暴力に関する調査」平成20年版によりますと、これまでに結婚をしたことのある人2,435人のうち、配偶者、事実や別居中の夫婦、もと配偶者も含むから、身体に対する暴力、精神的な嫌がらせや恐怖を感じるような脅迫、性的な行為の強要のいずれかについて、何度もあったという人は、女性10.8%、男性2.9%、一、二度あったという人は、女性22.4%、男性14.9%、一度でも受けたことがある もっと読む
2007-03-12 大東市議会 平成19年3月12日まちづくり委員会−03月12日-01号 これは事実と、そうでない部分も含んでおります。  それから、満22歳に達する子および孫。それから60歳以上の父母もしくは祖父母、あるいは満22歳に達するまでの弟、妹ですね。それから、身体または精神に著しい障害の程度のある者、これらが収入限度額が130万円未満で、主として職員の収入で生計を維持しているというふうに本人からの届出がありましたら、人事課の方で決定をして、支給をしております。 もっと読む
2004-09-17 河内長野市議会 平成16年  9月 福祉教育常任委員会-09月17日−01号 ◎保険年金課長(加藤忠則)   父子家庭、それから両親のいない家庭ということ、実際上もう実態はつかめてない状況なんですけれども、一応住民票上見ますと、父と子のみの世帯、これが約160ぐらいあるということなんですが、これについては事実とかいろんなことありますので、ちょっと確定的ではない。 もっと読む
2004-03-18 堺市議会 平成16年 3月18日市民環境産業委員会-03月18日-01号 さて、そこででございますが、婚姻届を出さずに事実を選んだ両親の子どもの戸籍続柄欄で、婚外子であるか否かということがわかる記載、これが法のもとにすべての人は平等であるという、日本国憲法に対しても違法であるとしまして、国と東京都中野区に対しまして、東京都武蔵野市の田中須美子さん、そしてそのパートナーである福喜多昇さん、そしてその娘さん、この3人が記載の差しとめと損害賠償を求めていた裁判の判決が去る3月 もっと読む
2002-12-05 東大阪市議会 平成14年11月第 3回定例会−12月05日-05号 正しくは配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律と言い、配偶者には内縁関係、事実も含まれ、昔から警察も民事不介入ということでかなり多くの女性が苦しめられたり命に及ぶような危害を加えられても泣き寝入りの状態でありました。国と地方自治体は同法により配偶者からの暴力を防止し被害者を保護する責務を持つことがはっきりいたしました。 もっと読む
  • 1
  • 2