運営者 Bitlet 姉妹サービス
9032件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-01-15 泉南市議会 平成31年行財政問題対策特別委員会 本文 開催日: 2019-01-15 個々人の方々の福祉を含めたさまざまな課題を、自分のことということではなく、その課題と関係ない地域に住む方も、我がのことと捉えて、主体的に地域全体、いわゆる丸ごとで包括的、総合的に解決する仕組み、いわゆる地域共生社会というものを構築する必要があるのではないかというところでございまして、これにつきましては厚生労働省も、平成29年にこのような決定というんですか、本部決定でこの社会の実現を目指すという形になってございます もっと読む
2018-12-25 東大阪市議会 平成30年11月第 3回定例会−12月25日-07号 平成18年度包括外部監査報告書で、ごみ収集主体として、公と民のメリット、デメリットを以下の観点から十分に検討する必要があるとして、一つは、昨今のごみ減量に伴い、効率性を向上するためには、公と民がお互いに競争し切磋琢磨して、サービスの質の向上と効率性の増進を常に意識するように配慮する。 もっと読む
2018-12-21 大東市議会 平成30年12月定例月議会−12月21日-04号 もう一度、大東市の公民連携事業について、市民が主体者になれる連携を考えるべきであると訴えまして、反対討論を終わります。 ○水落康一郎 議長  ほかに討論はありませんか。  7番・大谷議員。 ◆7番(大谷真司議員) (登壇)議案第80号「大東市公民連携にかかわる条例の一部を改正する条例について」、公明党議員団を代表し、討論を行います。   もっと読む
2018-12-21 豊中市議会 平成30年12月定例会(本会議)−12月21日-04号 ◎健康福祉部長(大東幹彦) かかりつけ医認知症対応力研修につきましては、都道府県が実施主体となっており、大阪府においては府医師会に委託し、年1回実施され、府医師会を通じて会員に案内されています。 もっと読む
2018-12-20 大東市議会 平成30年12月定例月議会−12月20日-03号 その交通手段として、ゴンドラの整備を検討するためには、具体的なシミュレーションといたしまして、運営主体、投資コスト、利用者の見込み、地元住民の理解、費用対効果など、多面的な分析が必要になると認識しております。   もっと読む
2018-12-20 八尾市議会 平成30年12月定例会本会議−12月20日-05号 そもそも社会福祉法人は、その法的な性質から、幼保連携型認定こども園の設置主体者として認められており、その反面として、質が担保された保育の継続性が強く求められています。  それができず、利用者に被害を及ぼすことが、社会福祉法人として、社会的責任を果たしているとは言えません。   もっと読む
2018-12-20 豊中市議会 平成30年12月定例会(本会議)−12月20日-03号 ただし、赤字国債の増大は、地方における社会保障関係経費の増大などの課題もその要因の一つと考えられますため、これら課題に対しては、市は無関係ではなく、最前線で直面する主体でございます。  本市は、社会保障関係経費の増大や公共施設の老朽化などの課題に対し、地域の実情に応じた対策を講じるべく取り組んでおり、全ての市町村が同様の努力をすることによって、将来世代の安心につながるものと考えております。 もっと読む
2018-12-19 大東市議会 平成30年12月定例月議会−12月19日-02号 また、児童・生徒質問紙からは、「認め合う人間関係づくりの高まり」、「学習者主体の授業による児童・生徒の参画意識の高まり」、「規範意識の高まり」、「子供と地域のつながりの高まり」などの成果も、数値とともに各校の実感としてもあらわれてきております。   もっと読む
2018-12-19 豊中市議会 平成30年12月定例会(本会議)−12月19日-02号 ◎危機管理監(伊藤孝彦) 備蓄物資の総量につきましては、大阪府と府内市町村で構成する大阪府域救援物資対策協議会において検討した結果、備蓄しておくべき救援物資の品目や量、各主体の役割について基本的な方向性が示されており、本市の備蓄数量も本協議会が示した備蓄目標に沿って修正をしてまいりたいと考えております。   もっと読む
2018-12-17 東大阪市議会 平成30年12月17日総務委員会−12月17日-01号 成人祭の案内状の誤送付の経過と原因につきましては、事業主体所属である青少年スポーツ室より、システム処理の実施を担当している情報化推進室あてに、処理業務及び処理日程を記載した依頼書を提出していただいた上で、情報化推進室はこの依頼に基づきシステム処理を実行いたします。そしてシステムから出力された対象者のリスト及び封筒張りつけ用の宛名シールを青少年スポーツ室に引き渡すという流れとなっております。 もっと読む
2018-12-14 東大阪市議会 平成30年12月14日総務委員会−12月14日-01号 ◆笹谷 委員  ドーン財団から企画提案があって、市がするかせえへんかと最終的には決定するんやろけれども、逆に市のほうから、当然市が主体やねんから、あくまでも委託先やけれども、こういうものをしてくださいとか、そういうことは発信してるんでしょうか。 ◎西島 男女共同参画課長  提案がある場合と、こちらから発信する、こういうのはどうかというふうに議論する場もございますし、当然そういうこともございます。 もっと読む
2018-12-14 大阪狭山市議会 平成30年 12月 予算決算常任委員会-12月14日−01号 ◎三井雅裕グリーン水素シティ事業対策室長   主には、市が今、正常化委員会を立ち上げておりますので、大阪狭山市が主体となる契約を今考えております。ただ、契約交渉の中で、恐らくそういう話が同じような形でステージにのってくるかなと思っておりますけれども、それは先ほどもちょっとお答えしましたように先のことというか、弁護士同士の話なので、私は今予測はしますけれども、どうなるかはわからないです。 もっと読む
2018-12-12 大阪狭山市議会 平成30年 12月 定例月議会-12月12日−03号 本市におきましては、大阪狭山市避難所運営マニュアルを作成しており、避難所の管理運営における関係機関、団体の主な役割について定めておりますが、実際の管理運営については、自主防災組織や自治会などが地域の実情に応じて主体的に行っていただくこととしております。   もっと読む
2018-12-12 東大阪市議会 平成30年12月12日文教委員会−12月12日-01号 こういう中で、やはり我々としても当然財政事情ございますけれども、そのことに対して、改善に対して消極的ということではなくて、これを現実に実行していくためにはやっぱり財源の確保、これをどうするかという問題も、これは本当に実行しようと思えば我々としてもこのことに主体的に取り組む必要があると、こういうふうに思っております。 もっと読む
2018-12-12 東大阪市議会 平成30年12月12日民生保健委員会−12月12日-01号 そこでどこが主体となってこのひきこもりの問題を、そこですべて完結できることではないので、総合的な窓口、一元的な窓口を、そこから振り分けるということはあったとしましても、市民の方にわかりやすいような窓口の担当を決めていかなければと思っておりますけども、これはちょっと今私のほうでも再度その辺をちょっと指示をして、早く市民の方にわかるようにそういった窓口の明確化については、その会議で指示をしていきたいというふうに もっと読む
2018-12-12 泉南市議会 平成30年厚生文教常任委員会 本文 開催日: 2018-12-12 例えば、御利用いただく子どもさんは登録制にして、主導的に、主体的に館の運営に携わっていただくということで、相当しんどかった状態というのは改善されたというふうになっているところでございます。当然、青少年センターということですので、18歳までのお子さんといいますか、そういう子どもたち、青少年を対象にということなんですけれども、今、委員御指摘の校区を超えられない。 もっと読む
2018-12-11 松原市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月11日−04号 こちら、小学校段階においてプログラミングに取り組む狙いにつきましては、プログラミング言語を覚えたり、プログラミングの技能を習得したりするといったことではなく、論理的思考力を育むとともに、プログラムの働きのよさや情報社会がコンピューターを初めとする情報技術によって支えられていることなどに気づき、身近な問題の解決に主体的に取り組む態度やコンピューター等を上手に活用してよりよい社会を築いていこうとする態度 もっと読む
2018-12-11 茨木市議会 平成30年文教常任委員会(12月11日) ただ、毎年、学校とワークの実施主体であるエンパワメント茨木という団体と、必ずワークの実施前に打ち合わせを行っておりまして、学校や児童の実態に応じて内容の変更、調整等は行っております。  続きまして、3年生、4年生を対象としてる背景であります。  3年生、4年生は学習指導要領の保健になるんですけども、体の成長を習う学年になっております。 もっと読む
2018-12-11 能勢町議会 平成30年12月定例会議(第2号12月11日) ○健康福祉部長(瀬川  寛君) 御質問の中で言われておりますこと、例えば居場所づくり、また今ありました地域主体の移動手段の構築もそうなんですけれども、先般の区長会のときにも申し上げたんですけれども、<キョウイク>と<キョウヨウ>が必要であると。<キョウイク>とは、きょう行くところがある、<キョウヨウ>とは、きょう用事がある、そういったことが生きがいづくりにつながるんだというふうに思っております。 もっと読む
2018-12-11 茨木市議会 平成30年総務常任委員会(12月11日) それプラス、今度は市民を巻き込んでというか、今までも数多くしていただいておりますけれども、市民が主体的になって発信をしていただくという、そういうことも、もっともっと必要ではないかというふうに思います。それについてはいかがでしょうか。 もっと読む