164件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大阪市議会 2034-11-19 11月19日-04号

そうした中で、本市補助金中間支援組織のみで対応し、あとは区任せ、検討や模索の姿勢も持たないといったあり方は、余りにも無責任だと言わざるを得ないのです。 市民負担についても一言指摘いたします。 2018年度介護保険料が17.3%も値上げされ、市だけで比べたら、本市は日本一高い保険料となり、市民から文字どおり悲鳴が上がっています。

阪南市議会 2020-06-09 06月09日-01号

1つ目の十分な情報提供につきましては、今般のコロナ禍により、集合形式によるスタイルは制限されましたが、これからは電話やメール、SNSなどを活用したきめ細やかな情報提供に努め、あわせて、中間支援組織である市民活動センターとの連携により、センターに登録されている団体に対して、郵送等にて市民協働事業に係る情報提供を行ってまいります。 

池田市議会 2020-06-06 06月06日-02号

本市では、公益活動団体を育成支援する中間支援組織として、池田公益活動促進に関する条例において、公益活動促進協議会を設置しており、情報誌での告知やイベントの実施等による支援強化を実施しているところでございます。 今後も当該協議会との連携強化しながら、市民活動ボランティア活動支援し、裾野を広げてまいる所存でございます。以上になります。ありがとうございました。

八尾市議会 2020-01-31 令和 2年 1月31日総合計画策定調査特別委員会-01月31日-01号

地域体制については、八尾市市民参画協働まちづくり基本条例における校区まちづくり協議会や、わがまち推進計画の位置づけを再確認し、地域まちづくり校区まちづくり協議会が中心となり、より多くの市民が参画して取り組むが、市民だけではなく行政中間支援組織もかかわりながら、ともにまちづくりを進めていくことを文章に加筆し、21ページに、それをあらわす図9を追加しております。  

八尾市議会 2019-12-09 令和 元年12月文教常任委員会−12月09日-01号

あとセンター機能を発揮、中間支援組織としての役割ということがうたわれているのですが、地域のさまざまな機関、団体との協働ということをうたわれているのですが、これについて、株式会社はこういうことはできるのでしょうか。 ○委員長露原行隆)  南課長。 ◎生涯学習スポーツ課長南昌則)  幾つか御質問をいただきましたが、まず、守口市とか枚方市も、現に私も見てきました。

八尾市議会 2019-10-15 令和 元年10月15日予算決算常任委員会(総務分科会)−10月15日-01号

コミュニティ政策推進課長的場清信)  特に、何回と決めてやっているものではございませんけれども、さまざまな活動団体協働されるということで、中間支援組織であったり、「つどい」の中で連携を図るということで、個々に進めているというのが現状でございます。 ○委員長田中裕子)  他にありませんか。  田中慎二委員。 ◆委員田中慎二)  よろしくお願いします。  

阪南市議会 2019-09-03 09月04日-02号

それと、中間支援組織としての市民活動センターのこの3年間の役割、少なくとも既存NPO市民団体をつなぐという点において、それから、阪南市の市民活動団体の弱点であるネットワークということについては、なかなか取り組めなかったのではないかなというふうに思っています。 持続可能な社会のための協働を進めるのに大切なのは、やっぱり相互理解とコミュニケーションであると思います。

東大阪市議会 2019-03-25 平成31年 3月25日総務委員会−03月25日-01号

実際28年度、29年度におきましては、いろんな実証実験も行ってはきた中で、もともと観光地でないこの本市におきましては、やはりツーリズム振興機構、基本的には中間支援組織という意味で、旅行客観光客地域事業者をつなぐという仕掛けということを基本的に主力として考えておりました。

阪南市議会 2019-03-04 03月05日-02号

やっぱり中間支援組織というからには、どんな市民団体阪南市の中でどんな状態で活動されているのかと知った上でないと、行政とつなぐという仕事はできないのではないかと感じています。 本当に繰り返しになりますけれども、顔が見えてこそ初めて協働が生まれると思っています。

阪南市議会 2019-03-04 03月04日-01号

また、市民公益活動団体拠点であります市民活動センター夢プラザでは、中間支援組織として情報発信各種団体交流促進及び市民公益活動団体運営基盤強化のために、各種団体行政との連携などコーディネートに取り組んでいくことに加えまして、地域課題解決地域活性化を目指すアイデアを募集することで新しい価値観を生み出せるよう「はんなん共創事業プランコンペ」を実施しアイデア具現化支援してまいります。 

門真市議会 2018-03-08 平成30年第 1回定例会−03月08日-02号

市民公益活動における今後の展望ですが、中間支援組織であります、市民公益活動支援センター機能強化により、団体間のスキルアップ情報共有が図られ、活動活性化により認知度が向上し、市内において市民公益活動がより一層活性化することを目指しております。  次に、ふるさと門真まつり地域まつりとの違いについてであります。