運営者 Bitlet 姉妹サービス
7709件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-01-15 泉南市議会 平成31年行財政問題対策特別委員会 本文 開催日: 2019-01-15 第2条では、市長は最少の経費で最大の効果を上げられるように努めるとともに、将来世代に負担を先送りすることのないよう、中長期的な視点に立って、社会経済情勢や行政需要の変化に対応した健全な行財政運営を行わなければならないとしております。  次のページになります。 もっと読む
2018-12-25 大阪狭山市議会 平成30年 12月 定例月議会-12月25日−04号 子育て世代や働き盛りの世代が普通に暮らしていける水準を確保することが大切と考えています。したがって、現状の報酬を継続してよいものと考えるものです。  議員の定数につきましても、市の現状は課題も多く、重要なときですし、議会や議員がその役割を発揮することが求められており、減らすべきではないと考えます。  以上の立場から、請願第4号につきましては反対であり、不採択を主張し、討論といたします。 もっと読む
2018-12-25 東大阪市議会 平成30年11月第 3回定例会−12月25日-07号 皆さんどうなんですか、そのぐらいで、子育て世代で議会活動できるんですか。できる方手を上げていただけますか。はい、それ以外のお金はすべて政務活動費に出されてるということでしょ。ほな月何ぼぐらい出してるかぐらいわかりますよね。わかりませんか。報酬費から生活費引いたもんが政務活動費に使ってるわけでしょう。それ以外に例えば交際費に使っておられる部分はあると思います。なぜ出ないんですか。 もっと読む
2018-12-21 豊中市議会 平成30年12月定例会(本会議)−12月21日-付録     │〇 天皇陛下の御退位及び皇太子殿下の御即位に伴う本市の対応につ│   │           │ いて                            │   │ 2.公民連携    │〇 公園のリノベーションについて               │   │ 3.財政・政策企画 │〇 将来にツケを残さない財政運営について           │   │           │〇 将来世代 もっと読む
2018-12-21 大東市議会 平成30年12月定例月議会−12月21日-04号 もちろん、今、シニア世代の方々も、こういった英語ボランティア、そしてまた英語のそういったサークルがあります。そういったところで自分の力を発揮したい方がいらっしゃってね、でも発揮する場所が大東市にはないということで、これはもう格好の英語力を向上させる、また英語のしっかりと推進をできるまちにできるんじゃないかと思っております。これについて。 ○水落康一郎 議長  北本政策推進部長。 もっと読む
2018-12-21 東大阪市議会 平成30年11月第 3回定例会−12月21日-06号 本市は財政難、人口減少、超高齢社会突入で、若い世代が貧困に陥り、夢や目標がかなえづらい状況にある中、一円でも多く市民に還元していただき、市民満足をより高い水準に引き上げていただきたいと考えています。 もっと読む
2018-12-21 豊中市議会 平成30年12月定例会(本会議)−12月21日-04号 はじめに三世代同居・近居への支援についてお尋ねします。  過日、私は千葉県市川市が行う三世代同居・近居支援事業について学んでまいりました。具体的な内容は、小学校就学前の子どものいる家庭に限定し、同居に100万円、近居、直線距離500メートル以内に50万円を住宅購入時に補助するものでありました。 もっと読む
2018-12-20 大東市議会 平成30年12月定例月議会−12月20日-03号 ウォレットからの導入自治体でございますので、F−REGIの吹田市が抜けておりますが、これだけの自治体がやっているわけですから、ぜひ、若い世代の利便性ということで考えてほしいんですが、まず最初に、軽自動車税から導入するということはできないんでしょうか。 ○水落康一郎 議長  品川総務部長。 もっと読む
2018-12-20 豊中市議会 平成30年12月定例会(本会議)−12月20日-03号 豊中市の財政運営は、現状、将来世代へのツケ送りである赤字国債や臨財債を財源対策として用いる地方交付税制度によって成り立っている以上、やはり市の財政運営も将来世代へのツケ送りによって成り立っているのではないでしょうか。我が国の将来世代へのツケ送りをやめるために、市として取り組むべきことを教えてください。 ○議長(喜多正顕) 直川財務部長。 もっと読む
2018-12-19 大東市議会 平成30年12月定例月議会−12月19日-02号 しかしながら、本市は現在、公民連携による北条まちづくりプロジェクトを初め、独自かつ先駆的な取り組みを着実に進めることで、子育て世代や、これから子育てを考える世代に選ばれ、住み続けていただくまちづくりを積極的に推し進めているところでございます。   もっと読む
2018-12-19 豊中市議会 平成30年12月定例会(本会議)−12月19日-02号 また、20歳代及び30歳代の教職員が他の世代に比べて多いことから、育児休業取得者が多い傾向がありますが、代替教員を早急に配置することが厳しい状況などが多忙化させている原因の一つであると認識しております。  さらに経験年数の浅い教員が多くなっていることから、指導力向上についても課題であると認識しております。 もっと読む
2018-12-18 大阪狭山市議会 平成30年 12月 総務文教常任委員会-12月18日−01号 ◆薦田育子委員   今回の分ですが、議員とはどんな役割があるかなということをいろいろ考えるわけですけれども、議員になっていただく人の子育て世代とか働き盛りの世代が普通に暮らしていける水準というのは大事だと思いますというのが結論なんですが、本当に多くの方の意見を聞いたり、そういう声を議会に反映していくという点では、やっぱり定員というのは大事な問題だと思います。   もっと読む
2018-12-18 茨木市議会 平成30年第5回定例会(第3日12月18日) 民生常任委員会の審査では、こども医療費助成制度の対象年齢拡大の意義について、市は、子育て世代への経済的負担を軽減することで子育て支援施策としての意義があり、また、どのような状況にあっても子どもが安心して医療機関を受診できることは、セーフティーネット的な意義もあわせ持っておるものと考えておりますと答弁されています。   もっと読む
2018-12-12 大阪狭山市議会 平成30年 12月 定例月議会-12月12日−03号 防災、安全のみならず、地域包括ケアや教育にも共通する解決策として、多様な主体や多世代がコラボレーションする協働社会の構築が、今こそ自治体経営並びに私たちに求められているように思っています。  そこで、1点目、子育て・教育の振興についてお伺いします。   もっと読む
2018-12-11 松原市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月11日−04号 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ◆16番(福嶋光広君)   保育料の無償化ということで、多くの子育て世代の方は期待をされているかというふうに思います。 もっと読む
2018-12-11 茨木市議会 平成30年総務常任委員会(12月11日) ○岩崎政策企画課長 指定管理施設のうち、指定避難所となっている施設につきましては、大池コミュニティセンターのほかは、コミュニティセンターでは春日、三島、豊川の3コミュニティセンター、あとクリエイトセンター、市民体育館、東市民体育館、福井多世代交流センター、西河原多世代交流センター、シニアプラザいばらきの合計10施設となっております。 もっと読む
2018-12-10 東大阪市議会 平成30年11月第 3回定例会−12月10日-04号 ただ、今までお支えいただいた高齢者の皆様をお支えいただく年代、若い世代の方が、ここの東大阪で住み続けたい、東大阪で教育を受けたい、子育てをしたいという方がふえなければ、東大阪の未来はないと思っております。そのためには、物づくり東大阪、税収を上げるためにもこれは大切なことです。それはまた環境経済のほうでしっかりとやらせていただきますが、人づくりが一番大切だと思わせていただいております。 もっと読む
2018-12-10 大阪狭山市議会 平成30年 12月 定例月議会-12月10日−02号 既に国の借金は1,000兆円を超え、単純計算では国民1人当たりが800万円以上もの借金を抱えていることになり、さらに国の借金を増やすことは、将来世代へのツケを回すものであり、現役世代の負担がより一層増すことになるものというふうに考えています。   もっと読む
2018-12-10 茨木市議会 平成30年民生常任委員会(12月10日) それから、多世代交流センターの意義ということでございます。平成26年の高齢者の施策の再構築の中で、居場所、それから出番の創出という考え方から、中央の桑田荘を高齢者活動支援センターに、それ以外の老人福祉センターを多世代交流センターとしたものでございます。 もっと読む
2018-12-10 茨木市議会 平成30年建設常任委員会(12月10日) 20代から50代、60代と、全世代的な、一定、均等な年齢配置になれば、技術的な継承も、世代継承はもちろんですけれども、人件費の節減効果についても、一定、期待できると考えますが、その人件費の面でも、この職員配置の改善はどのように見ておられるのか。  この2点、お聞かせいただきたいと思います。 もっと読む