8493件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

八尾市議会 2019-06-26 令和 元年 6月26日予算決算常任委員会(保健福祉分科会)−06月26日-01号

総合計画における分野2、子どもや若い世代の未来が広がる八尾におきまして、妊産婦包括支援事業、母子保健相談支援事業を掲げております。  以上、まことに簡単な説明でありますが、議案第54号「令和元年度八尾市一般会計第3号補正予算の件」の当分科会所管分のうち、健康まちづくり部所管分についての提案理由の御説明とさせていただきます。  よろしく御審議賜りますよう、お願い申し上げます。

八尾市議会 2019-06-25 令和 元年 6月25日予算決算常任委員会(文教分科会)−06月25日-01号

それと、先ほどおっしゃられた新婚の方向けのパンフレットのことなんですけれども、以前、目にしたときには、割と男の子の習い事はこんなもの、女の子の習い事はこんなものといったジェンダー視点ではちょっと考えものなことがありましたので、ぜひとも、若年層へのせっかくの機会ですので、ジェンダーフリーの視点を入れていただいたり、例えばDVの定義も入れていただいたり、人権学習ができない世代への啓発にもなるので、その辺

門真市議会 2019-06-24 令和 元年第 1回定例会−06月24日-03号

しかし、冷水機は維持管理の問題や衛生面であまり見かけなくなりましたが、1日1回、機器内にたまっている水を排除する自動洗浄機能がつき、設置環境を選ばないユニバーサルデザインになるなど、あらゆる世代に対応し導入しやすくなっています。  

門真市議会 2019-06-21 令和 元年第 1回定例会-06月21日-02号

最近よく言われるのが子育て世代包括支援センターであります。  2016年に日本の出生数は100万人を下回りました。少子化対策の一つとして政府は第3次少子化社会対策大綱で、地域での妊娠・出産・子育ての切れ目のない相談拠点である子育て世代包括支援センターをおおむね2020年度末までに全国に展開することを目標に掲げました。

八尾市議会 2019-06-19 令和 元年 6月定例会本会議−06月19日-05号

八尾市として国家資格の認定以前に、音楽療法を活用していくリスクは理解できますが、先ほど述べましたとおり、音楽療法の効果を受用できる世代は、聴覚障がいを抱えて生まれてきた新生児から高齢者に至るまで、全ての世代にわたります。  特に、これから日本は超高齢化社会を迎えます。認知症の患者数で見ると、2025年には700万人を超え、2050年にはもう1000万人を突破するとの推計もあります。

八尾市議会 2019-06-18 令和 元年 6月定例会本会議−06月18日-04号

本市が実施しております総合防災訓練においても、地域の特性を考慮するとともに、各種体験や啓発展示のコーナーを設けるなど、子どもから大人まで、防災に関心を持っていただけるように工夫を重ね、若い世代や女性の参加につながるようにしていきたいと考えており、体験型防災アトラクションの導入については、今後、研究してまいります。  

門真市議会 2019-06-14 令和 元年 6月14日文教こども常任委員会−06月14日-01号

緑や日の光を感じ、どの世代でも交流できそうな気がしました。  子どもたちは本を読むことで学力向上も期待されます。現在、旧第一中学校跡地周辺に計画が進められている生涯学習複合施設は図書館機能が含まれています。今の図書館は館内も狭く、駐車場もないため自転車で行くしかありません。  

八尾市議会 2019-06-14 令和 元年 6月定例会本会議−06月14日-03号

次の世代に負担を先送りしない、新たな財源を生み出す、生み出した財源を新たな市民サービスに還元する。そして、次の世代に豊かな選択肢と新しい可能性を引き継ぎたい。これまでも幾度となく議論を重ねてきましたが、総論賛成、各論反対を超えて、広く市民と課題認識の共有を図るため、今後さらにどのような取り組みが必要とお考えでしょうか。  

門真市議会 2019-06-13 令和 元年 6月13日民生常任委員会−06月13日-01号

平成31年4月から保健福祉センターで子育て世代包括支援センターひよこテラスの運営がスタートしました。3階のフロアには地域子育て支援センターひよこる〜むも開設され、1日平均では約15組、30人を超える方が利用されていると聞いております。月齢の小さなお子さんと一緒に来館される場合や雨天の日には車で来館される方も少なからずいらっしゃるかと思います。  

八尾市議会 2019-06-13 令和 元年 6月定例会本会議−06月13日-02号

文教関係では、次代を担う子どものために、幼児教育・保育の無償化の取り組み、子ども医療費助成制度の拡充などを進めるほか、関係機関との連携強化による児童虐待の未然防止、早期発見、早期対応に向けた環境づくりや子ども家庭総合支援拠点と子育て世代包括支援センター機能を持つ保健センター等との連携による切れ目のない支援の充実を進めるなど、教育・子育て環境の充実に取り組んでまいります。  

門真市議会 2019-06-10 令和 元年第 1回定例会−06月10日-目次

モノレール延伸決定後の門真市における新駅要望について  ▽ 後藤太平議員の質問……………………………………………………………… 72    1 産前産後ケアについて  ▽ 池田美佐子議員の質問…………………………………………………………… 75    1 市内交通網について  ▽ 中道建議員の質問………………………………………………………………… 78    1 大阪モノレールについて    2 3世代同居

八尾市議会 2019-06-10 令和 元年 6月定例会本会議−06月10日-01号

これらの豊かな資源が持つ八尾の力、八尾のよさをさらに伸ばし、子どもが人の温かさの中で育ち、若い世代は、子育てのしやすさと、八尾で働く喜びを感じ、全ての世代が生涯を通じて生きがいを持ち、安心できる、生活がしやすくなったという生活実感が得られる、もっと元気になれる新しい八尾への成長を目指し、さまざまな施策を展開いたします。  

豊能町議会 2019-06-05 令和元年 6月定例会議(第3号 6月 5日)

○総務部長(内田 敬君)  小寺議員からは何回も同じ御質問を頂戴しておりまして、また同じ答弁でお叱りを受けるかもわかりませんが、本町におきましては出産をなさる世代の女性が転出されているということが、これが要因でございまして、20歳代、30歳代の出生率が低い、これが合計特殊出生率が低い原因でございます。

豊能町議会 2019-06-04 令和元年 6月定例会議(第2号 6月 4日)

単独であった場合はどうだったのかということになりますが、2025年問題、団塊の世代が65歳を迎える2025年、こうなりますと後期高齢に入りますので、そちらの保険者のほうになりますので、国保から離れていくということなんですが、その一歩手前ですね。2023年とか2024年、これは国保の加入者ということになりますので、そこに豊能町の高齢者の方々が山のようにできてくると。

泉南市議会 2019-05-20 令和元年空港等まちづくり対策特別委員会 本文 開催日: 2019-05-20

3番目、事業の目的、(仮称)泉南市営りんくう公園整備等事業(PFI事業)は、公園の全てを対象としておらず、一層魅力的な公園とするために、PFI事業に含まれないエリアを対象とし、PFI事業と連携しながら、グラウンド・ゴルフ場の整備運営を行い、多世代にとって魅力的な公園を目指し、一層のにぎわいと交流の創出を図ることを目的としています。  

茨木市議会 2019-03-27 平成31年第2回定例会(第8日 3月27日)

よって、本市議会は、国会及び政府に対し、UR賃貸住宅団地において、多様な世代が生き生きと暮らし続けられる住まいとまちとなるよう、下記の事項に取り組むことを強く求める。                    記 1.2033年度までに、250団地程度の地域医療福祉拠点の整備を着実に進めること。 2.団地機能の多様化に伴い、高齢者や子育て支援施設の整備を進めること。

豊能町議会 2019-03-27 平成31年 3月定例会議(第4号 3月27日)

世代ホームシェア、トライアルステイ事業などの事業は変わらず行うということで予算化していますという答弁でございました。  次に、住まいの相談窓口は次にどのようにつないでいくつもりかという質問に対しまして、平成31年度で補助金が終わるため、家賃の安いところへ移動して経費を削減して継続することを視野に入れて交渉を進めています。

松原市議会 2019-03-26 平成31年  3月 定例会(第1回)-03月26日−05号

しかし、今回の予算には、市内全ての小・中学校へのエアコンの設置、学校施設を初めとした公共施設の安全対策、天美地区や新堂地区を初めとした新しいまちづくり、現役世代を支援するための保育サービスや子育て支援の充実など、昨今の社会情勢を踏まえるとともに、この間の市民からの要望等がある程度反映されたものであるとして、本予算案に賛成したいと思います。  

豊能町議会 2019-03-26 平成31年 3月定例会議(第3号 3月26日)

そうやなしに、例えば住民本位のまちづくりとか、子育て世代を支援する施策とか、あるいは人口流出しない具体的な改善策とか、豊かな自然環境の保全とか、農家のノウハウを生かす事業開発という漠然とした公約ですわ。これは漠然として何の役にも立ちませんねん。だからこれからは、今後、議会のあんねんけども、きっちりした具体的な施策を述べていただきたい。こういうように思いますのでどうぞよろしくお願いします。