686件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

箕面市議会 2020-12-18 12月18日-02号

一方、各自治体でばらばらであった任用を整理統合してしっかりした制度にすることには大きな意義があるが、官製ワーキングプア社会問題になったことは事実であり、雇用条件賃金が完璧ということではない。今回の制度導入後も、労働条件環境改善等について常に労働組合とも話し合いながら前向きに取り組んでいただきたい。

吹田市議会 2020-10-07 10月07日-06号

まさに公務がワーキングプアの製造場所となって、日本全体の格差拡大を進めていると言っても過言ではありません。 仕事の中身が同じなら権利もお金も皆同じ、人間平等からして当然の状態を公務の職場でこそ実現をすることが求められております。今回の制度の導入に当たり、働きがいを持って働き、より市民サービスが向上することにつながるように、引き続き努力されるよう求めて、本案に賛成をいたします。

箕面市議会 2020-10-07 10月07日-02号

既に派遣、委託、任期つきなど、さまざまな非正規雇用が公務労働にも拡大し、総務省統計では、地方自治体の非正規職員は2016年、約64万3,000人に達し、5人に1人が非正規、低賃金で不安定な働き方は、民間の非正規労働者と変わらない年収200万円以下の官製ワーキングプアと呼ばれる状況がつくり出されてきました。 

吹田市議会 2020-07-23 07月23日-05号

労働市場におきまして、一部の業種では深刻な働き手不足が社会問題となっている一方、多くの非正規職員労働者が、いわゆるワーキングプアと言われる状態にございます。特に就職氷河期と言われる世代の多くが、今なお正規の職につけず苦しんでいる状況でございます。これは民間企業にとどまらず、多くの自治体においても官製ワーキングプアとして大きな社会問題となっております。 

箕面市議会 2020-06-24 06月24日-02号

それは人件費カットに直結し、5年など期間が指定されることと相まって、自治体みずからが官製ワーキングプア再生産し続けることになります。このことは同一労働同一賃金の流れに沿うものではありません。 文教常任委員会での質疑では、同一労働同一賃金については、市は一定の理解を示されておりましたが、国のガイドラインを見た上で対応を考えるというものにとどまっておりました。

河内長野市議会 2020-06-12 06月12日-02号

保育士だとか、図書館司書、学童指導員とか、フルタイムに近い働き方をしながら年収200万前後という官製ワーキングプアです。それが大きな問題となっていると。 本質的にはこの問題は、非常勤職員が何年も恒常的な公務につきながら、正職員と同じように働きながら、労働条件の差があって、しかも任期があって働き続けることが制度として保障がされていないと。

河内長野市議会 2020-03-26 03月26日-04号

官製ワーキングプアの問題が取り沙汰される中、労働者賃金を守り、雇用を安定する公契約条例の必要性はますます高まっていると考えます。既に多くの自治体条例制定がされていますが、中身については、自治体の置かれている状況から相当違いがあるのが実情です。本市においては、公共工事はほとんど最低入札価格での抽せんで、地元企業の利益が少なく、多くの入札企業倒産や、事業継承ができなくなっている現実があります。 

大阪狭山市議会 2020-03-26 03月26日-06号

本陳情の趣旨は、低賃金によるワーキングプアの防止にあると考えられますが、基本的に民間企業などの賃金は労使間で決められるべきもので、法律では最低賃金を下回ってはいけないことになっています。この企業賃金体系を労使によらず条例で規定することになれば、条例の実効性を担保する体制の整備や積算単価の上昇により、契約金額が上がることでの財政的な負担によるほかの住民サービスへの影響などが考えられます。 

豊中市議会 2020-03-19 令和 2年 3月定例会(本会議)−03月19日-05号

官製ワーキングプア問題の解決にもつながっています。  公的サービスは、住民の生活や権利安全を守る大切な仕事を担っています。公務・公共サービスで働く労働者に、適正な働くルール労働条件を確立し、公共事業を住民生活密着型に転換し、優先して地域中小業者に仕事が回れば、地域経済雇用の再生で、自治体の税収入増にもつながります。どこでも条例制定までは長い期間を要しています。

河内長野市議会 2020-03-11 03月11日-03号

要旨1 会計年度任用職員制度が4月からスタートするにあたり、あらためて官製ワーキングプアに繋がるものになっているのではないか。    (1) 国が約束していた予算措置額はいくらか。その見通しは。    (2) 毎月の給与は下がることはあっても賞与分が足されるので年間では増額になると言っていたが、そのようになるのか。 

茨木市議会 2020-03-09 令和 2年建設常任委員会( 3月 9日)

それは、直接的にこの市民サービスの後退とか低下とか、直接的にはそうならへんけども、しかし、やっぱりこの官製ワーキングプアやとか、こういうのを指摘されて久しいわけで、こういうものをどんどん始末していくという形が、結局は、委託先にしわ寄せとなっているのじゃないかなというのは、ちょっと懸念するところなんです。  

大阪市議会 2020-03-09 03月09日-04号

さらにまた、官製ワーキングプアを増やしてしまうということでありますし、それから、職員給与にしても、政令市の20都市中、今も最下位ですかね、20位ですかね、20位ということで、カット、カットで、結局経済全体も沈滞していくという決していいことではないというふうに思うわけです。 朝川副市長にお越しいただいています。ありがとうございます。 

大阪市議会 2020-02-18 02月18日-01号

いわゆる官製ワーキングプアが発生している。これではサービスの水準を継続的に維持できない。また、建設現場の賃金は毎年下がっていた。この傾向が続けば技術が継承されない。役所委託する仕事の現場で働く労働者、それから、公共工事の現場で働く人の賃金が安過ぎるという問題を解決しようと思った。本来、国が直すべきことだが、国は動かないから市で条例をつくった。このときの条例は、市の最低賃金です。

羽曳野市議会 2019-12-20 令和 元年第 4回12月定例会−12月20日-05号

官製ワーキングプアと言われて久しくなりますけれども、今もそういう実態があるなというふうに感じております。その上、低い家賃を選ばざるを得ない。これはやはり給与が低いから、低い家賃のところを選ばざるを得ないということになると思うんですが、そういう職員への住宅手当が減額されるということになりましたら、さらに生活が厳しくなるというふうに思います。  

八尾市議会 2019-09-12 令和 元年 9月12日予算決算常任委員会(保健福祉分科会)−09月12日-01号

税金を投入して、自治体がやる事業で、ワーキングプアをつくることになっていないかということなのですが、今度もう募集するわけでしょう。だから、そこらの働く人の条件です。どうなっているのか、見る必要があると思うのですが、どうですか。 ○委員長(竹田孝吏)  北野課長。 ◎健康保険課長(北野洋英)  こちらのほうから募集に際しましての仕様でありますとか、そういったものを条件としては当然掲げております。