171件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大阪市議会 2034-11-19 11月19日-04号

また、AIやビッグデータなど最先端技術を活用した未来都市を先行実施するスーパーシティ構想について、市長は、まずはうめきた2期において実証を通じた最先端技術の発信を行う。夢洲では、2025年の万博を未来社会の実験場として、その成果を生かしながら、非日常空間を形成するまちづくりを進める。

柏原市議会 2024-06-18 06月18日-03号

狩猟社会、農耕社会工業社会情報社会、それを1、2、3、4と、それに続く新たな社会を指す考え方であるということで、今後、この考え方に沿っていろいろなAI、ビッグデータの活用などが進められていくこととなっております。非常に重要な時代をもう目の前に迎えるに当たって、2020年には通信規格である5Gも出てまいります。 

池田市議会 2020-06-07 06月07日-03号

まず、工業標準化法の改正の背景でございますけれども、第4次産業革命のもと、IoTやAIなどの情報技術革新が進み、企業競争力データやその活用に移りつつある中、ビッグデータ等と産業とのつながりにより新たな付加価値が創出される産業社会への対応が日本産業の喫緊の課題となっておりまして、データを安心・安全に利活用できる事業環境の整備や知的財産や標準においてビッグデータ等の情報技術に対応した制度の導入が必要

八尾市議会 2020-03-12 令和 2年 3月12日予算決算常任委員会(建設産業分科会)−03月12日-01号

経済環境部でもお考えいただいているところたくさんございますので、この辺のヒントを使いながら、あとは、金融機関との連携も経済環境部は一定あるというような御答弁、きのうもいただいておりますので、産業面での住工混在になってきて操業環境が悪くなってきているようなところも、多分にありますので、それをしっかり事業者の方々が操業しやすいところで、またものづくりの八尾を、第4次産業革命というところも、AI、IoT、ビッグデータ

八尾市議会 2020-03-11 令和 2年 3月11日予算決算常任委員会(建設産業分科会)-03月11日-01号

この計画を具体的な記述を見ていきますと、本拠点「みせるばやお」において、AI、IoT、ビッグデータの利活用を促す仕組みを整備することで、市内企業にとってインダストリー4.0、第4次産業革命ですね。この対応や専門人材育成を行うということは、すごい目標を具体的に書いていただいております。  このあたりの取り組みは、今、「みせるばやお」でできている状況でしょうか。お答え願えますでしょうか。

東大阪市議会 2020-03-11 令和 2年 3月第 1回定例会-03月11日-03号

質問者)中西議員                                   (答弁者)教育長 (問)GIGAスクール構想の実施を手段として東大阪の教育にかける決意について (答)平成30年6月15日に閣議決定した「教育振興基本計画」では、「今、我が国は、人生100年時代を迎えようとしており、また、超スマート社会(Society5.0)の実現に向けて人工知能(AI)やビッグデータの活用などの

大阪市議会 2020-03-10 03月10日-05号

まず、夢洲・舞洲地区におきましては、使用水量の多い需要家がほとんどあることから、スマートメーターを全域に導入し、そこで得られる各需要家の使用水量をビッグデータとして活用することにより、漏水監視による有収率の向上のほか、配水ブロック内の水の流れを可視化するなど、配水管内水質の高度管理についての検討を進めてまいりたいと考えております。 

大阪市議会 2020-03-09 03月09日-04号

その答弁で、建設局としても大阪府警と連携して国土交通省ビッグデータ、ETC2.0を活用したモデルエリアを設定して交通安全対策の検討に取り組むとのことでありました。ETC2.0の走行履歴によるビッグデータを活用することによりまして急ブレーキや急ハンドルが発生している地点が把握でき、潜在的な危険箇所であるヒヤリハット箇所の抽出が可能となります。 

八尾市議会 2020-03-06 令和 2年 3月 6日予算決算常任委員会(保健福祉分科会)-03月06日-01号

そういう意味で、実は、生活習慣病に関しましては、KDB、国民健康保険データビッグデータ等がありまして、その利活用を図れるような体制は、もちろんとられておるんですが、これは非常に作業量も大きくて、常時モニタリングをして、分析して、フィードバックするというのは、今の体制だけでは十分に取り組みがたい部分もあります。  

門真市議会 2020-03-06 令和 2年第 1回定例会−03月06日-03号

AI、ビッグデータ、IoT、ロボティクス等の先端技術が高度化してあらゆる産業社会生活に取り入れられ、社会のあり方そのものが劇的に変わるSociety5.0時代の到来が予想されており、これからの時代を切り開く子どもたちには情報活用能力を初め言語能力や数学的思考力など、これからの時代を生きていく上で基盤となる資質・能力を確実に育成していくことが必要であると考えております。  

大阪市議会 2020-03-06 03月06日-03号

近年、AI及びビッグデータを活用し、社会の在り方を根本から変えるような都市計画、つまりスマートシティの動きというものが国内外で急速に発展してきております。令和2年度大阪市予算でもスマートシティ関連の予算が400万円計上されておりますが、一方、昨年11月の決算市会におきまして、我が会派の前田議員からスーパーシティについての質疑があったと記憶をしております。 

池田市議会 2020-03-05 03月05日-02号

Society5.0の実現に向けて、第4次産業革命のコアとなるIoTやビッグデータの活用と人間が行う作業からAIを活用することによる労働の代替、その技術を活用したスーパーシティ構想の推進を検討されております。Society5.0の前の段階に当たるSociety4.0、つまり現代については、人間が自らの意志の下、インターネットなどを介して情報を入手し、それを検討しながら活用をするものです。

交野市議会 2020-03-05 03月05日-03号

また、利用者のデータビッグデータとなり、いろいろな分析が可能になることが期待できます。ぜひ、積極的に登録者、利用者増に取り組んでいただきますよう要望いたします。 ○議長(久保田哲) 13番、岡田議員。 ◆13番(岡田伴昌) ご答弁ありがとうございました。 アスマイル、僕もやっているんですけれども、なかなか楽しいんで、皆さんもぜひやってください。