330件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

八尾市議会 2019-09-10 令和 元年 9月定例会本会議−09月10日-03号

その中で、やはりこういった乳児であればゆさぶり症候群であるとか、4カ月、1歳半になっていくことになると、やはりネグレクトも含めた虐待の部分については、そういった部分はだめですよというような健康教育という形で、内容としては含んでおります。必要な方については、継続して支援をしていると、このような状況でございます。 ○副議長(奥田信宏)  五百井議員。 ◆8番議員(五百井真二)  わかりました。

岸和田市議会 2019-06-19 令和元年第2回定例会(本会議 第3日目) 本文 開催日:2019年06月19日

次に、対応を行った子供の主たる虐待の種別の内訳といたしましては、身体的虐待93人、性的虐待4人、心理的虐待154人、ネグレクト186人となっております。また、近年の対応の状況でございますが、平成26年度は251人でございましたので、5年前と比較いたしまして人数で186人、約2.3倍の増加となっている状況でございます。  

枚方市議会 2019-06-05 令和元年6月定例月議会(第5日) 本文

通園は、虐待やネグレクトの兆候を初め、園児の発達障害等の傾向に対して早期対応の可能性を持ったセーフティーネットにもなっているようです。  今回の幼児教育保育の無償化により、経済的な理由で通園できない児童の数はどのように推移されるとお考えなのでしょうか。見解をお聞かせください。

東大阪市議会 2019-03-18 平成31年 3月18日民生保健委員会−03月18日-01号

本事業の経過は平成22年8月、母の言動からネグレクトを危惧した警察から要保護児童通告を大阪府東大阪子ども家庭センターが受理し、本児らきょうだい3人を一時保護していた。その後本児ら3人は施設入所となったが、平成23年8月母の状態が改善し良好な状態が継続されていると判断したことから家庭引き取りとなったため、以降大阪府子ども家庭センターが主担機関として東大阪市の関係機関と連携のもと見守りを行っていた。

茨木市議会 2019-03-12 平成31年第2回定例会(第6日 3月12日)

(岡こども育成部長 登壇) ○岡こども育成部長 児童虐待定義につきましては、児童虐待とは、保護者がその監護する児童に身体的な暴力を加える身体的虐待、わいせつな行為をしたり、わいせつな行為を見せるなどの性的虐待、保護者としての監護を著しく怠るネグレクト、子どもへの暴言、子どもの前で行う激しい夫婦げんか、いわゆる面前DVなどにより、心理的外傷を与える心理的虐待を行うこととされております。  

豊中市議会 2019-03-04 平成31年 3月定例会(本会議)−03月04日-02号

まず、1項目めの児童虐待についての4点のご質問でございますが、1点目の児童虐待の状況につきましては、児童虐待相談件数で申しますと、本年1月末現在で669件、そのうち対応した件数は375件で、内容につきましては身体的虐待135件、ネグレクト193件、心理的虐待45件、性的虐待2件となっております。  

堺市議会 2019-02-27 平成31年 2月27日文教委員会-02月27日-01号

今日、児童の置かれている課題として、虐待、ネグレクト保護者保護子育て能力の低下、親が友達意識で子どもと接している状況、発達障害など配慮を要する児童が非常にふえていること、また待機児童ゼロ対策など、さまざまな課題が山積みしていると私は考えております。  そこで御質問でございますけれども、このような現状を踏まえ、子育てのまち堺をめざす当市として、保護者にとって真に子育てがしやすい環境なのか。

大東市議会 2019-02-19 平成31年2月19日大東市の教育に関する特別委員会−02月19日-01号

その中で、家庭訪問やいくカフェを通じて、例えば、手が上がったとか、手上がったことを聞いたとか、ネグレクトの話であるとか、という部分は、幾らかスクールソーシャルワーカーからも聞いておりまして、既に家庭教育支援グループからも数件の通告というような形で、新たな分野での報告はさせていただいて、そこの支援に当たるというような形にしておりますので、就学前からの部分と、新たに、そんな件数は多くなかったですけれども

大阪狭山市議会 2018-12-10 平成30年 12月 定例月議会-12月10日−02号

平成27年4月1日から平成28年3月31日までの期間に発生または表面化した子どもの虐待死事例は72例84人、このうち心中以外の虐待死は48例52人で、0歳児が30人と最も多く、虐待の種類では、身体的虐待が35人、ネグレクト12人の順に多かったとあります。  本市における平成28年度以降の虐待件数等はどうであったのか、果たして全国的な過去最高件数は、本市にとって無縁の結果なのでしょうか。

八尾市議会 2018-11-30 平成30年12月定例会本会議−11月30日-02号

例えば、障がい児やネグレクトなど、支援を必要とする子どもたちを全て受け入れ、就学前教育を担ってきました。ところが、公立認定こども園は、障がい児枠が極端に少なく、3歳児でも新たな障がい児枠は、1・2号を合わせて各園1人か2人、5園全体で6人のみです。  公立施設に入園できなかった障がい児が、全て私立に入園できる保証はありません。公立幼稚園が担ってきた役割が継承されていないとしか言えません。  

堺市議会 2018-11-07 平成30年11月 7日子どもと女性が輝く社会実現調査特別委員会−11月07日-01号

そういった意味では、先ほど言いましたように教育も大事ですし、また子ども相談所のかかる前の段階での、いわゆる赤ちゃんポストに預けていわゆる終わりとか、また生まれてすぐ子どもを遺棄するとか、またネグレクトというそういう、多分この年齢構成からいえば子どもで多分ゼロ、1がちょっと突出して高かったかなという、ちょっときょうは資料を持ってこなかったんですが、そういった意味ではその辺も角度を決めながら支援をお願いしたいということをちょっと

東大阪市議会 2018-10-23 平成30年10月23日平成29年度決算審査特別委員会−10月23日-03号

身体的な虐待とかネグレクトとか相談内容はさまざまだというふうに思うんですが、29年度も含めてこのところの児童虐待防止にかかわっての相談で特徴的な動向はありますか。 ◎薬師川 子ども見守り課長  要保護児童対策地域議会に台帳登載されているお子さんが、児童が28年度より900件を超えました。

豊中市議会 2018-10-16 平成30年10月16日文教常任委員会(決算)−10月16日-01号

昨年度の児童虐待対応件数は424件で、虐待種別としましてはネグレクトが200件、身体的虐待が164件、心理的虐待が56件、性的虐待が4件でございました。 ◆委員(沢村美香) 生後4か月までの乳幼児のいるご家庭への全戸訪問から専門家への相談まで細やかな支援をされ、児童虐待を何とか未然に防ぎたいとのご努力が見えてまいりました。