4件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

箕面市議会 2013-10-07 10月07日-02号

シカイノシシサルなど野生鳥獣による農作物被害額は、平成21年以降は毎年200億円を上回っており、また、トド、アザラシ等の海獣による漁業被害額も近年は20億円を超える状況(北海道調べ)となっている。 鳥獣被害が深刻化している要因として、鳥獣の生息域の拡大、狩猟者の高齢化等に伴う狩猟者数の減少による捕獲圧の低下、耕作放棄地の増加等が考えられる。 

枚方市議会 2013-09-26 平成25年第3回定例会(第6日) 本文 開催日: 2013-09-26

シカイノシシ、猿などの野生鳥獣による農作物被害額は、平成21年度以降、毎年200億円を上回っており、また、トド、アザラシ等の海獣による漁業被害額も、北海道だけで近年20億円を超える状況となっています。  そのうち、鳥獣被害が深刻化している要因として、鳥獣の生息域の拡大、高齢化等に伴う狩猟者の減少による捕獲圧の低下等が考えられます。  

河内長野市議会 2013-09-25 09月25日-04号

シカイノシシサルアライグマ等の野生鳥獣による農作物被害額は、平成21年以降は毎年200億円を上回っており、また、トド、アザラシ等の海獣による漁業被害額も近年は20億円を超える状況(北海道調べ)となっている。 鳥獣被害が深刻化いている要因として、鳥獣の生息域の拡大、狩猟者の高齢化等に伴う狩猟者数の減少による捕獲圧の低下、耕作放棄地の増加等が考えられる。 

河内長野市議会 2013-07-17 09月25日-資料

シカイノシシサルアライグマ等の野生鳥獣による農作物被害額は、平成21年以降は毎年200億円を上回っており、また、トド、アザラシ等の海獣による漁業被害額も近年は20億円を超える状況(北海道調べ)となっている。 鳥獣被害が深刻化している要因として、鳥獣の生息域の拡大、狩猟者の高齢化等に伴う狩猟者数の減少による捕獲圧の低下、耕作放棄地の増加等が考えられる。 

  • 1