46件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

八尾市議会 2020-12-09 令和 2年12月 9日予算決算常任委員会(保健福祉分科会)−12月09日-01号

委員松田憲幸)  多分、全国でもこういう自宅療養者の方がたくさんおられて、何かしら、この発端というか、それがあって、このサービス自体が、いわゆる国が主導をしてやっているもんです。これ自体は、八尾市内でも自宅療養者の方から、こんなことをしてほしいというニーズが、直接、当課に上がってきたとか、そういう経緯はあるんですか。ではなくて、もう国からこれをやってくださいという話なのか、どちらですか。

東大阪市議会 2018-12-13 平成30年12月13日環境経済委員会-12月13日-01号

実は今回委託補正予算で、やはり公契約条例での最大のポイントは、今一番問題になってるのは低価格の競争で、低過ぎる委託費が悪循環となって、委託先企業の働いている労働者皆さんの賃金が抑えられたり、もしくは労働条件がより悪くされるということで、公共サービス自体の質の低下にもつながっていくということが出てくると。

八尾市議会 2018-12-07 平成30年12月保健福祉常任委員会-12月07日-01号

委員永田善久)  サービス自体は全く変わらないということで理解してよろしいですね。  そしたら、今後この廃止に伴って、何ら利用者さんには影響が出ないということで、理解してよろしいでしょうか。 ○委員長大野義信)  福島次長。 ◎健康まちづくり部次長健康推進課長福島英彦)  現在、契約している患者さんが22名おられます。

大東市議会 2018-05-31 平成30年5月31日大東市の市庁舎建て替えに関する特別委員会-05月31日-01号

次に、2-5、事業範囲の検討でございますが、PFI事業における業務としては、設計・建設、維持管理運営などが想定されますが、本事業におきましては、運営業務庁舎施設であるため、行政サービス自体は引き続き公共で行うものであり、事業範囲には含んでおりません。  これらをまとめたものが2-6、事業スキームのまとめとなります。  

大東市議会 2017-12-04 平成29年12月4日未来づくり委員会−12月04日-01号

また、そのサービス自体につきましても、事前に御利用者様のほうからの申し出がありましたら、その事情をお伺いしまして、例えば、その月どうしてもこういう事業に参加したいというような申し出がありましたら、移動時間の部分につきましては、増量ということで変更させていただいておりますので、そういった部分については、現在、個々の状況に応じて支給決定させていただいている状況でございます。

枚方市議会 2017-10-03 平成29年決算特別委員会(第2日目) 本文 開催日: 2017-10-03

当時は人件費中心の行革でありましたけれども、今後の財政運営にもし瑕疵が生じると、基本的な市民サービス自体に手をつけることも考えられないことはない、このように思います。収入が減ったから支出を見直す。一般家庭でも当たり前のように行われていることをふだんから行っていく。身の丈に合ったということであれば、新規事業の選択と集中を確実に行っていくことが重要である、このように私は思います。  

阪南市議会 2017-06-12 06月13日-02号

それをいかに決定して使い込んでいくのかということになりますが、措置の時代と変わらない考え方は、個人と、そして保険者基礎自治体であることのように、介護保険サービス自体もやはり公のサービスとしてしっかりと見ていかなくてはいけない。そういう意味では、個人と公というような関係というものは、一つのサービスを通してもしっかりとそれを認識していかなければいけないというふうに思っています。 

八尾市議会 2016-12-07 平成28年12月保健福祉常任委員会−12月07日-01号

福祉指導監査課長寺島潔)  もともと、地域密着型サービス、この条例が平成24年度にできておりまして、そのとき、サービス自体は11種類ございます。今回、2種類追加になっておりますので、13種類ということになります。  以上です。 ○委員長大野義信)  大道委員。 ◆委員大道彰)  それでは、その当時、2年でいいところを5年にしたその理由は何でしょうか。 ○委員長大野義信)  寺島課長

四條畷市議会 2016-06-23 06月23日-03号

そして私自身、先ほど経費の話もございましたが、行政サービス自体は、赤字だからできないというような考えは持ち合わせてはおりません。しかし、市にとって大きな損失は避けなければならないとも考えております。 ここで、特に日常の交通の不便さを訴えておられる逢阪地域田原地域で、デマンドタクシーについての今述べたような調査をしていただきたい。

羽曳野市議会 2015-03-09 平成27年第 1回 3月定例会−03月09日-05号

1つ目に、定期巡回随時対応型訪問介護看護サービスのオペレーターの範囲の件でありますけども、もともとこのサービス自体が、先ほど申しました地域包括ケアにとって大事なサービスであるにもかかわらず、参入が全国的にも得られておらず、羽曳野市でも1事業所のみ指定となっております。非常に全国的にも参入が厳しく、これらは人員基準等が厳しいと。

能勢町議会 2015-03-06 平成27年 3月定例会議(第3号 3月 6日)

ただ、ほかの部分については、そのサービス自体について大きな変更点はないというふうに考えております。 ○議長山本 光晴君) ほかに質疑ありませんか。よろしいですか。     〔「なし」の声あり〕 ○議長山本 光晴君) これで質疑を終わります。  これから討論を行います。     〔「なし」の声あり〕 ○議長山本 光晴君) 討論なしと認めます。  これで討論を終わります。  

枚方市議会 2014-12-16 平成26年第4回定例会(第5日) 本文 開催日: 2014-12-16

さて、運用を開始したとしても、そのサービス自体市民が知らなければ、むだになってしまいます。6月議会でも言わせていただきましたが、他市では、この電話番号を掲載したシールを各家庭に配布して、電話の近くに張ってもらって、いざというときに電話番号がすぐわかるというような取り組みをされている事例があります。  

松原市議会 2014-06-17 06月17日-03号

1カ所ございますが、やはり今、現状市民の方が訪問介護訪問看護個人である程度充足しておりますので、このサービス自体は浸透していない現状です。といいますのは、使わなくてもその報酬単価を払う必要がございますので、そこら辺の個人の持ち出しが高くなるということもございまして、うまく利用できていない現状になっているのかなと思っております。 

東大阪市議会 2013-12-17 平成25年12月17日民生保健委員会−12月17日-01号

ただサービス自体は、やはり居宅を訪問介護事業所職員が訪問させていただいてケアマネージャーが立てたケアプランに基づいてサービスを提供すると。ケアマネージャーは、やはり利用者の方の残存機能も活用した形のプランを立てなければなりません。何が何でも上げ膳据え膳でよいということでは介護保険の趣旨と反しますので、そこの部分をどうやっていくのかというところになっていくと思います。