• "���������������������"(/)
ツイート シェア
  1. 東大阪市議会 2019-12-11
    令和 元年12月11日文教委員会−12月11日-01号


    取得元: 東大阪市議会公式サイト
    最終取得日: 2021-06-22
    令和 元年12月11日文教委員会−12月11日-01号令和 元年12月11日文教委員会 令和元年12月11日  文教委員会 ( 出 席 委 員 )    右 近 徳 博 委員長    山 崎 毅 海 副委員長    馬 場 徳 子 委員    川 口 泰 弘 委員    森 田 典 博 委員    中 西 進 泰 委員    長 岡 嘉 一 委員 ( 関 係 部 局 )    教育委員会 ( 付 議 事 件 )    ・報告第13号 財産取得に関する専決事項報告の件    ・報告第14号 財産取得に関する専決事項報告の件    ・議案第98号 東大阪市立青少年運動広場条例の一部を改正する条例制定の件
       ・議案第102号 令和元年度東大阪一般会計補正予算(第5回)中本委員会所管分    ・議案第123号 指定管理者の指定の件    ・議案第124号 指定管理者の指定の件    ・議案第125号 指定管理者の指定の件               ( 午前9時59分開議 ) ○右近 委員長  委員の皆様方には御参集をいただきまことにありがとうございます。きのうに引き続き、本委員会に付託されました関係議案審査のため文教委員会を開会いたします。  それでは本委員会に付託されております報告第13号財産取得に関する専決事項報告の件以下議案第125号指定管理者の指定の件までの7案件を一括して議題といたします。  それでは質疑、質問を続けます。質疑、質問はありませんか。 ◆川口 委員  おはようございます。よろしくお願いします。まず私から文化財等につきまして御質問をさせていただきたいと思うんですけれども、今回組織機構の整備に伴い教育委員会の権限を市長へ移管するということになっておるということが、きのう中西委員からもございましたが、文化財という性質上、学術的、研究的または考古学的な側面もあろうかと思います。だからこそ文化財課教育委員会と対になるような認識でおりましたけども、それが部局を移管することによって何か変更、変わってしまうところ等はございませんでしょうか。まずそこからお聞かせください。 ◎仲野 文化財課長  おはようございます。文化財保護に係る業務につきましては、文化財保護法に規定する業務を執行するために考古学等の学術的な知識を生かしております。したがいまして今後市長部局に移管されたとしましても、文化財保護法の規定に基づく業務をこれまでどおり学術的な知識を生かしながら執行してまいります。以上です。 ◆川口 委員  これまでどおり従来、変更は特にないということでお聞かせいただいたんですが、市内に133カ所ある埋蔵の文化財についてなんですけれども、開発等に先立って行う発掘調査の実施については、事業者に協力を求め東大阪市教育委員会で実施しているということに今なっておりますが、こういった点については何か変更等があるのでしょうか。 ◎仲野 文化財課長  変更等はございません。 ◆川口 委員  従来どおり文化財の取り扱いについては、市長部局に変わったとしても変更がないということを踏まえた上で、それからちょっと細かくお聞きしたいと思いますが、東大阪の文化財等に関しましては各いろんな分野があろうかと思います。手元資料では今、東大阪市文化財保護条例による指定が86件、保護規則による指定が3件で、東大阪市においては89件、全体では国、府合わせると121件ということでございますが、それぞれの各地域にそういった文化財の説明をする掲示板等が立っておろうかと思いますけど、これは多分、文化財説明板ということで聞いております。これは大体いつごろから設置が始まったものなんでしょうか。 ◎仲野 文化財課長  設置の開始年度ですけれども、昭和43年度から行っております。 ◆川口 委員  昭和43年度から設置されているということでございますが、東大阪市内でそういった文化財の説明をする説明板は全部で大体何カ所ぐらいあるんでしょうか。 ◎仲野 文化財課長  令和元年11月時点で市内に162カ所設置されております。 ◆川口 委員  先ほど手元資料では東大阪の分が89件、全体では121件ということで、全体よりもちょっと多めに設置いただいてるということでございますが、そういった説明板が、要は補修とかまたは更新とかが、やはり老朽化、昭和43年度からですか、なってると思いますので、結構傷んでるところとかもふえてきているのかなというふうには思うんですけど、過去5年間どういった感じで、毎年新しくした、または更新した、そういった状況についてちょっとお聞かせいただけますか。 ◎仲野 文化財課長  過去5年間、平成26年度から、平成26年度には2カ所、平成27年度3カ所、平成28年度2カ所、平成29年度1カ所、平成30年度は2カ所の補修、建てかえ等を行っております。 ◆川口 委員  大体そしたら過去5年で8カ所ぐらいというふうに聞きましたけど、ということは、大体1年間当たりでいくと2カ所かそこらぐらいというふうに思うんですけども、大体年間でどれぐらいの予算が毎年組まれて執行されているのか、ちょっとお聞かせいただいてよろしいですか。 ◎仲野 文化財課長  補修、建てかえ等に係る予算ですけれども、年間32万4000円計上しております。その中で補修、改修等を、細かく言ったほうがよろしいでしょうか。            ( 「ざっとで、概要で結構です」の声あり ) ◎仲野 文化財課長  平成26年度では約25万円、27年度で約26万円、平成28年度で約16万円、29年度で約2万6000円、平成30年度で約26万円の執行をしております。 ◆川口 委員  ということは全体で162カ所、年間で2カ所から3カ所ということは、単純に計算すると全部を新しく回る1周の周期というのは80年ぐらいかかってしまうのかなと思うんですけども、年間のこの32万4000円はこれはもうずっと続いてしまっている状況なんでしょうか。ちょっとそこだけお聞かせください。 ◎仲野 文化財課長  現状、変わっておりません。 ◆川口 委員  やはり1周するのに80年かかるというのはなかなか、できれば改めて年間の補修または新設または建てかえ等に関する部分についても、東大阪市の文化財がある分で162カ所、非常にそういったところの中でも新しいものもあれば古いものもあろうかと思いますので、ぜひこういう部分については積極的に更新していくような姿勢で取り組んでいただきたいなというふうには思いますが、補修についてなんですけども、補修する計画等は文化財課のほうで組まれて、その計画どおり進めてるとか、そういう実施状況についてお聞かせいただけますか。 ◎仲野 文化財課長  補修計画等は現在ございませんが、劣化等を御指摘を受けた文化財説明板から速やかに改修するように対応しております。 ◆川口 委員  例えばここが設置何年にしたから、古くなってきたからそろそろ交換の時期が来たなとかいうところもあろうかなというふうには思います。ただ設置してる場所で、例えば湿気が多い場所であるとか、西日がよく当たる場所に置いてたら劣化も早かろうかなと。それを設置している場所等においても逐一そういった傷んできた部分が仮にあるのであれば、読みにくくなっていたりとかいう部分があれば、対応をいただきたいなというふうには思ってるんですけども、そういったものを更新していくときに、例えば今後の展望、活用で、私も本会議の個人質問で市長答弁をいただいた中に、文化財施設の活用や最先端のデジタル技術を活用した文化財の魅力発信に努めてまいりますという御答弁いただいております。今後更新していく際、例えばそういった説明板にQRコード等の埋め込みで翻訳またはそういったスタンプラリー等、そういう活用は見込まれるのかなというふうに思いますが、その辺についてどのようにお考えでしょうか。 ◎仲野 文化財課長  今年度設置予定しておりますラジオ塔の文化財説明板には、QRコードを用いてアプリと連動させることで研究成果にアクセスできる仕様を検討しております。ただ所有者等の許可が必要であり、頻繁に実施できるものではありませんが、広く公開する有効な手段の一つだとは考えております。 ◆川口 委員  先日、河内寺のところに私も行かせていただきましたら、QRコードまたはVRで実際にこんな風景やったんだなということが体験できたのは、結構これは私も非常に興味深く見させていただいたところでありますので、まさにそういった最先端の技術の導入による文化財のより一層のPRにも、御努力いただきたいなというところがございます。  あと文化財等に関していろいろちょっと関連でお聞きしたいんですけども、道路上にいろいろ道しるべが建っているところが東大阪市内でもかなりたくさんあろうかと思います。ただ道路上の道しるべ、昔の街道の案内の掲示になろうかと思うんですけど、こういったものに関しては文化財なんでしょうか。ちょっとお答えください。 ◎仲野 文化財課長  委員御指摘のとおり道路上の道しるべは道路上を問わず文化財に相当します。 ◆川口 委員  道路上問わずということで大体そういった道しるべ等に関しては文化財という認識であるということがわかりましたんですけども、刊行物で東大阪市の石造物という冊子を発行されておられますが、そこに載っておる道しるべ、または道路上を問わず載っておるものと、そうでない、掲載されていないものについての特に何か違い等はあるんでしょうか。 ◎仲野 文化財課長  記載の違いに関しましては、石造物の調査の後、昭和以降など比較的近年に建立されたものや、建立時期の不明なものは記載しておりません。基本的に江戸時代建立の年代などを記された道しるべを記載しております。そのほか沿道の人々の暮らしぶりをほうふつとさせるようなものも記載し、刊行物を手に取って読まれる市民の関心にこたえているところでございます。 ◆川口 委員  ただこういった道路上、1つ道路にある道しるべを私は一例、ちょっと見てきたんですけども、たび重なるアスファルト等の舗装で、道しるべが最初これぐらいあったのが、どんどんアスファルトで上のほうだけになってしまっておる。または道路拡張工事、または買い取り等セットバック等が入ったときに、道路のど真ん中に道しるべの先っちょだけぽこっと残ってしまっておるようなところも散見されますが、そういった部分について今後そういった保全とか、またはそういったものをちゃんと別の場所に移して保存する、そういった構想はおありでしょうか。 ◎仲野 文化財課長  委員御指摘のとおり道路舗装工事等で碑文の下部が道路下に埋まってしまっております。道しるべは市内各所に数多く残っており、市民の歴史、地域の歴史に親しまれる素材となっております。一方では道しるべは民有地や道路上にあることから、その管理はおのおのの土地所有者にゆだねられているところでございます。当該道しるべにつきましては、今後道路工事の際に埋もれた碑面とその銘文を確認できるよう関係部局等に働きかけてまいりたいと考えております。 ◆川口 委員  道しるべも一つ非常に重要な地域の歴史、または人々の交流、行き交った生き証人であるものだと認識しております。ぜひ保全等にも努めていただきたいなというふうに思うんですが、そういった道しるべも一つの起点ポイントとして、市内ではそういった史跡見学会歴史ウオークといったような行事がいろいろと盛んに最近は行われております。私も本会議個人質問でさせていただきましたように、例えば大坂の陣400年の際には若江城、木村重成公といった、そういった関連史跡への企画が組まれ、非常に多くの方が参加されていたようにお見受けしております。文化財課または教育委員会等で把握されておられるそういった史跡ウオークやまたは史跡見学会、過去5年間ぐらいのデータで結構ですけども、そういった何年は何人ぐらいあったとかいうような情報はございますでしょうか。 ◎仲野 文化財課長  過去5年間の史跡ハイキング等の企画の開催回数等ですけれども、平成26年度で6回、参加者は154名、平成27年度で8回、157名、平成28年度で9回、166名、29年度で7回、113名、平成30年度で10回、198名となっております。 ◆川口 委員  ふえていっておるというふうに、ちょっと今メモをとっていて思ったんですけども、逆にこれは文化財課で把握してる分であり、逆に言うとそういった地域の市民の方、有志の方、町案内ボランティアの方、またはそういった考古学的な研究に興味のある皆さんの団体のグループ等は含まれていないということでよろしいんでしょうか。 ◎仲野 文化財課長  委員御指摘のとおりです。 ◆川口 委員  やはりこれからこういった歴史ウオークまたは史跡案内、そういった部分につきましても、ここは一つ生涯学習とも絡んでこようかとは思うんですが、そういうところで先ほどと関連になりますけども、文化財案内板が文字がかすれていて読めなかったり、またはハイキングマップによってもいろんなハイキングマップ歴史ウオーキングマップ掲示板等での地図が表示されていますが、結構まちまちに、ここは載ってるけどここは載っていない、こっちは載ってるけどこっちは載っていない、例えばここにトイレがあるとかいう情報がないとか、そういった部分も絡んでくることになろうかと思いますので、これをぜひ今後ともそういった歴史ウオーク史跡見学会等に関しましても、東大阪市歴史文化というところの発信にも取り組んでいただきたいなと思うところでございます。  ただ、そういった史跡見学または歴史ウオーク云々というところからつながるんですけども、東大阪市において登録されている文化財、先ほど私は件数を申しましたが、大体は有形文化財という形にはなっておろうかと思います。そういった中で、例えば無形文化財では枚岡神社の粥占神事ですか、あと、しめ縄かけ、そういったところは登録で大阪府等でされておると聞いておりますが、逆に東大阪市が指定している文化財においてそういった無形の文化財、民俗文化財というのは今のところあるのでしょうか。 ◎仲野 文化財課長  現在ございません。 ◆川口 委員  ないということでございますけども、東大阪で例えばそういった神事、または神事でいきますと秋の秋郷祭であるとかお祭り、行事、布団太鼓やだんじりといった、そういう長くから続いているお祭りも、あるいはそういった無形の、これは文化とは関係ないのかもしれませんけど伝統文化、民俗文化というところにはかかわってくるのかなというふうには思っております。それと同じく、例えば音頭でありますね、河内音頭または江州音頭、泉州音頭といった江河泉の音頭であるとか、○○節といったようないろんなそういう音頭につきましても、東大阪ではかなり古い段階、江戸時代ごろからそういった音頭が伝わっておるというところも聞き及んでいます。例えばそういった音頭であるとかお祭りであるとか、本当に市民の皆さんが一つ大事な年間の行事としてされておられることにつきましても、これは文化財と関連づけるのは強引なのかもしれませんが、部局移管等にもよりますけども、一つこういうところも伝統文化、芸能文化というところで考えをいただきたいなというふうに思っておりますが、その辺について逆に文化財課で何かこういうふうに思いますというようなお答えだけ、ひとついただけないでしょうか。 ◎仲野 文化財課長  無形文化財につきましては、一般的には古来からの道具や技術を継承しているものを指定されているものであることから、河内寺等に関しましての指定に関しましては、なお検討を要するものと考えております。 ◆川口 委員  検討を要するものと考えていただいておるということで、ぜひこういったところも一つ文化というところで絡めていただきたいなというふうにも思っております。  それと、続くんですけども、私も本会議で例えば楠公さん大河ドラマ誘致協議会についてお伺いをいたしました。昨年は神武東征に係るということで、宮崎県を中心として東大阪でも日下の地域が神武東征に非常にゆかりが深いということで一つ話題になりました。残念ながら日本遺産の指定にならなかったということで聞いておりますが、やはりそういった今ユネスコの無形文化財であるとか堺、百舌鳥の世界遺産登録であるとか、そういったいろんな、大阪府下でも文化財をもっと活発にしていこうという動きがあろうかと思っておりますので、ぜひそういう部分も組織再編に係って移ったとしても、また継続していただきたいなというふうにも思っております。  あと街道について最後お聞きしたいんですけども、東大阪市内においては暗越奈良街道または伊勢通りに行くおかげ道路、または東高野街道といった歴史的な街道が東大阪市内に残っておりますが、そういった街道については逆に今、文化財課でどんなような位置づけで考えておられるのかお聞かせいただいてよろしいでしょうか。 ◎仲野 文化財課長  街道につきましては指定等というのはなかなか難しいかなとは考えております。ただ歴史的な景観という部分もありますので、今後関係部局といろいろ研究等を進めていきたいなと考えてはおります。 ◆川口 委員  これからまたそういった研究等を進めていただく中で、ぜひ例えば暗越奈良街道は国道308号線ですが、一番きつい坂、最も勾配が急ではないかというピックアップも今ありましてインターネット、ユーチューブ等でもそういった動画が非常に人気を、再生数10万単位で伸びておるというような、そういう、歴史街道でありながら31度、一説には37度と言われている急勾配、非常にそういったところもピックアップされております。また東高野街道につきましては日本で2カ所しかない、瓢箪山地域と長崎にある、国道のところにアーケードがかかっておるという非常にこれも珍しいところであると聞いております。例えばそういった歴史文化ももちろんですが、最近になったらそういう部分、日本に2カ所しかないとか、日本で一番きつい坂ではなかろうかとか、そういった部分も、今後文化財、例えばそういった新しい部分のPR等も絡めて、東大阪市、またこういう魅力があるよというところの発信に努めていただきたいというふうに私、個人的には思っておりますので、どうかよろしくお願いを申し上げまして私から文化財、一たん終わらせていただきます。 ◆長岡 委員  おはようございます。ちょっとお聞きしたいのは小中一貫についてお聞きをしたいと思います。ことしから小中一貫教育が全小中学校でスタートしたというふうに聞いてるんですけども、去年は試行でやられてたということなんですけども、例えば小中一貫になって大きく変わったところというのは、中学校登校が始まったというふうに思うんですけども、今年度、今どのぐらい中学校登校、各学校でされてるかというのはわかりますか。 ◎勝部 小中一貫教育推進室参事  昨年度よりプレ実施という形で進めておりまして、今年度本格実施に至っております。6年生登校の回数ですけれども、11月の末現在で平均10.2回、10回程度実施をしている状況でございます。 ◆長岡 委員  これ小中一貫に当たって20回程度、中学校登校をというふうなことが言われてると思うんですけども、10.2回、11月末でということで、12月とあと3学期で20回になるんですかね。どういうふうな見込みなんですか。 ◎勝部 小中一貫教育推進室参事  20回というのは、中学校の受け入れの最大回数が20回という形になっております。もちろん中学校の児童生徒数の規模によって、それぞれ中学校区によって回数は異なってまいります。そういう点で今、市全体の平均として10回というふうな形で進んでおりまして、小学生の登校回数としては年度末までに中学校区ごとに立てた目標どおり進む予定と考えております。 ◆長岡 委員  目標の回数というのは中学校区ごとで決めたらええということなんですか。そしたら20回という、出てきた目安になってるのかどうか知りませんけども、20回というのはどういった根拠があるんですか。 ◎勝部 小中一貫教育推進室参事  失礼します。20回ということですけれども、1年間の例えば金曜日をカウントしたときに、いろんな行事がございます。その行事を省いた形で最大行ける回数としては、20回程度が限界だろうというふうなことを28年度当時に定めたところでございます。 ◆長岡 委員  そしたら20回行くことに対する効果というのはなくって、行事とかいろいろやり繰りした結果、20回程度やったら行けるやろうということで決めたということですか。別に20回行かないとこういう効果が得られへんとか、そういうことではないんですね。とりあえず20回程度が限界だろうということで20回というふうになってるんですか。 ◎勝部 小中一貫教育推進室参事  28年度に定めた際には、その当時参考にさせていただいていた他市の状況でございますとか、あとは有識者の方の御意見を参考に20回というふうに定めております。 ◆長岡 委員  これ小学校6年生の子が中学校に行くと。子供たちにも負担ですし、何より6年生を担当してる先生の負担というのが大きいんですよね。毎回毎回行くたんびに授業の準備を全部持っていかなあかんわけですよね。小学校でそのまま授業をしてるんであれば、職員室の自分の机のところにその日の教材が置いてあって、1時間ごとに必要な教材だけ持って行けばいいんですけども、中学校登校して中学校で小学校の先生が授業をするわけですよね。こうなったときに、小学校の先生が中学校登校で授業をするとなったら、その日の教材をすべて持って中学校に行くと。小学校の先生が中学校に行ったときに休み時間とかはどうされている、どこか特別にスペースがあるんですかね。どうなんですか、そこは。 ◎勝部 小中一貫教育推進室参事  基本的には6年生が登校しましたら、6年生が一日過ごす教室が決められております。そこに先生方も、居場所ということの一つではあるかというふうに思いますけれども、もちろん職員室等に、小学校の先生が中学校に出勤した際にはここの場所を使ってくださいという形で決められたスペースを用意していただいてる中学校区もたくさんございます。 ◆長岡 委員  中学校もあるということで、ない学校もあるということですね。20回ということなんですけども、1つの中学校で2つ、3つの小学校を抱えている3小1中とか2小1中の学校で、中学校のほうが一遍に受け入れとなったときに、そしたら先生方、2クラス、3クラスある学校が一遍に来たりしたときに、職員室を用意してるというても先生5人分、6人分の机とかが確保されてるんですか。結局そういう教材とかを持っていったときに、ずっともう教室の中に置いとかなあかんというふうなこととか、先生の休み時間も教室にしか先生がいてる場所がないというふうな状況が続いてると、やっぱり教員の負担というのはかなり大きくなってくると思うんです。今お聞きしてると20回、いろんな、有識者の意見も含めてということですけど、結局20回登校したらこれぐらいのことが効果が出てくると。15回やったらこのぐらいまで、10回やったらこうというふうなものも、今お聞きしてるとそういうのが余りないような感じがするんですけども、私も中学校登校そのものについては全く否定するものではないんですけども、こういう、20回を目安にというふうなことを言われる。その一方で回数については各中学校区ごとで設定してもらったら構いませんよというふうなことになっても、中学校登校のしていく獲得目標というか、何のためにこれをしていくのか。中学校生活に移行するのに、なれるためにしていくというんであれば、20回が必要なのか、10回程度でいいのか、あるいはもう5回ほどで十分なのか。こういったことを始める前にちゃんと検討していかないと、やっていった上で、いや20回も要りませんでしたとか、各学校の状況が、例えば教室が少ないんで2つの小学校に一緒に来ていただいても受け入れすることはできないんですとか、そういった状況でしょう。もとから20回が受け入れできないというふうな状況のままでスタートしていく、スタートしてきている、これ自身が私は問題だと思うんです。本当に20回やってもらいたいというんであれば、それなりの条件整備をしとかなあかんの違いますか。ただ20回の中学校登校ということが言われるけども、別に20回でなくても構わないというふうなことで、教師にも負担になってくるし、子供たちも、最初のほうは中学校へ行ったら目新しいので楽しかったというふうな感想も聞いてるんですけども、最近とられた感想の中では、もうこれおれら何しに行ってるんですかというふうな感想も出されてるという話も聞いてるんですよ。もう来年なったら中学校に行くのに、今行って、教えてもらってるのは小学校の先生で場所だけ変わると。もうその大体中学校の配置もわかってるというふうな中で、子供たち自身の中からも、中学校登校を何回も何回もしていくことに対して疑問の声が出てきてるというようなことも聞いてるんですよ。だからそういう中でそれぞれ、今行くことに対してどんな意味があるのか、こういったことが教育委員会の中でもしっかりと検討されてるのかどうか、そのことについてちょっとお考えをお聞かせいただけますか。 ◎勝部 小中一貫教育推進室参事  6年生登校の目的に関しましては、進学や進級時にすべての子供が抱く不安の軽減や、あとは小中学校の先生方がすべての子供の理解を深めていくということを目的に、最大20回ということで計画をして進めているところでございます。中学校区によって回数が違うということで、中学校区ごとにお任せをしているということではなくて、最大20回行けるように物理的なハードの面の支援もさせていただいた上で、回数については協議を重ねて決定をしているところでございます。その20回の効果ですけれども、やはり昨年はプレ実施ということでそれだけの回数をこなすことはできておりませんでしたけれども、今年度、本格実施になりまして、20回を目標に回を重ねていくごとに効果は上がっていくものと考えております。ただ一方で委員おっしゃったような負担の部分、そういう声があるのも、例えば教材を運ぶという点につきましてとか、そういうことがあるということについても確認をしております。その中でどのぐらいの回数がより効果的なのかということについては、実施をしていく中でより深めていくというか、はっきりとしてくるところかなというふうに思っております。また、子供の声ですけれども、子供たちは目的を持って、今回の登校に関する目的はこれだよということで、その都度、毎回同じ目的で行くのではなくて、回を重ねるごとにその目的というのは変わってまいります。子供が目的意識をしっかりと持った上で中学校登校できるように、丁寧な支援というか、指導をしていく必要は今後さらに求められていくのかなというふうに考えております。 ◆長岡 委員  毎回行く目的があるということであれば、それやったら20回どうしてもやってもらわなあかんの違いますか。10回だけやってる学校と20回やってる学校やったら、20回やってる学校は毎回毎回目的が違うわけですから、20回の目標があるわけですよね。10回のところはその半分しか目標がでけへんということでしょう。小中一貫教育、全校で実施すると言って、20回の登校を目標にすると言いながらも各学校の状況に応じてやってもらってると。毎回の登校にそれぞれの目標、目的があるんであれば、そしたら10回しかできてないところと20回してるところでは獲得できる目標、これ差が出てくるんじゃないんですか。また、10回のところもちゃんとできてるというんであれば、そしたら20回する必要はないんじゃないんですか。そこはどうお考えですか。 ◎勝部 小中一貫教育推進室参事  20回と10回というその回数の違いによって子供たちが受ける効果が違うのではないかという、その点でございますけれども、物理的な面で回数が違ってくるというのは一定仕方がないところかなというふうに思っております。ただその物理的な面が子供のその効果に大きな影響を与えてはいけないということについてはもちろんでございますので、その点でいきますと6年生登校だけで小中一貫教育の効果を図っていくものではございません。さまざまな実施項目がございます。それ以外の実施項目の中で回数の差を埋めるような、そのような工夫をそれぞれの中学校区でやっていただいているところでございます。その点で子供たちは小中一貫教育で6年生が中学校に行くときに、やはり楽しいという声のほうが圧倒的に多いというか、うちのほうにはそのような声がたくさん届いているところでございますので、それぞれの中学校区の先生方が校区の実態に応じた工夫をしていただいてるものだというふうに考えております。 ◆長岡 委員  そちらのほうには楽しいという声も出てきてると聞いてますけど、私のほうには子供たちのほうから、何回も行く中で、これは何の意味があるんかなというふうな感想が出されてるということも聞いてますので、子供たちの負担のこと、小学校は45分授業で中学校に行ったら50分の授業の中で受けてもらわなあかんわけですわね。そういったことだとか先ほど言った教員の負担、それでまた実際に中学校に登校していっても、一日の大半は小学校の担任の先生が授業をするわけですわね。それは違うんですか。中学校の先生が6時間の中でずっと教科をかわって教えはるんですか。それはどうなんですか。 ◎勝部 小中一貫教育推進室参事  中学校に行った際には中学校の先生方が、小学生が来てよかったと、楽しい一日を過ごせたというふうに感じる、そういうふうな機会にしたいという思いを持って受け入れていただいています。その中でいいますと6時間の授業の中で3時間、4時間、中学校の先生が授業を実施したりというふうな、そういうふうなこともあります。また、50分授業に関しても、そのような工夫を中学校の先生、受け入れの体制を整えていただいている中で、50分という時間を長く感じないような工夫がされているものと考えております。 ◆長岡 委員  そしたら中学校の先生は、普通の中学生への授業の教材研究と、別にまた小学校の受け入れのために小学生用の授業の教材研究もされてるということなんですかね。どうなんですか、それは。 ◎勝部 小中一貫教育推進室参事  今までなかったときのことを考えると、時間数に関してはそのようにプラスでしていただいておりますけれども、その点については中学校の側からいきますと、1年後に入ってくる子供たちの様子を事前に知ることができるというふうなメリットを大きく感じられて行っていただいている状況でございます。 ◆長岡 委員  子供たちのことを知れるというのは、それはいいと思うんですけども、ただそのことで、ただでさえ忙しい先生が、中学生の授業と別に小学生用の授業を20回登校してくるたんびに考えていかなあかんというふうになってくると、またこれ加重負担になってくるんじゃないかなと。またその間、小学校の先生も横についてるわけですよね。中学校の先生だけでは授業はできないでしょう、これ。違いますか。 ◎勝部 小中一貫教育推進室参事  基本的には小学校の先生がそこについているという形をとっていますけれども、中学校の教科の専門性がございます時間に関しては、中学校の先生だけでも授業をすることは可能かと考えています。 ◆長岡 委員  中学校の先生だけでする場合もあるけども、大半は小学校の先生がついて一緒にやってるということでね。結局小学校の先生の負担もそのまま残りますし、中学校の先生も新たな負担がふえてくるということで、そこまでして得られる効果というものをしっかりと見極めていく必要が私はあるんじゃないかなというふうに思ってまして、小中一貫教育、これは教育委員会のほうからさまざまなメリットもお聞きをしてますけども、逆に小中一貫教育でデメリットで、ということも聞いております。先ほど言うた子供や小学校の先生、中学校の先生の負担が新たにふえていくということもそうですし、スムーズに小学校6年生から中学校1年生への移行を進めていくということで、そこで考えるんであれば、もっといろんな考え方が私はあるんではないかなというふうに考えてます。それで教育委員会のほうから20回の目標が示されて、中学校登校、そこに対して各学校、それぞれやり繰りをされておられて苦労されている、こういった状況があって、私はこれをやると、進んでいく中で、思い起こされるのはやっぱり二期制なんですね。教育委員会のほうで二期制に移行しますというふうに決まったけども、実際の運用については各学校の実情に応じてというようなことで、細かいとこは全部現場に任されていく。そのことで学校側がスケジュールとか計画を立てるのに非常に苦労されてきた。こういうことが二期制のときに学校現場からたくさん出されてるんです。今この小中一貫教育教育委員会が全校でスタートしますというふうにしたけども、学校現場からはやっぱりスタートするに当たってはいろんな課題があると、こういう声も聞いてます。ただその課題については現場のほうの工夫で、実情はして、やってくださいということで、結局二期制のときと同じような感じで、教育委員会のほうから示されるけども、それをやるための具体的手だてについては現場の教員らの努力、工夫、負担、こういったもので実施をしなければならないというようなことで、私は昨年からプレ実施されて、ことしから本格実施されて、まだ途中ですけども、非常に現場には負担の多い取り組みに今なってるんではないかというふうに感じますので、ぜひここについては現場の声もしっかりと聞いていただきたいと思いますので、最後にそのことについてお答えいただけますか。 ◎出口 小中一貫教育推進室長  今、長岡委員のほうから御指摘いただきました。我々、小中一貫教育ですけども、東大阪市の教育行政の中心施策としてやらせていただいております。当然のことながら新しい施策ですので現場の先生方に御負担をかけることも多々あるかと思います。そのために、昨年度からにはなりますけども、小中一貫教育コーディネーターという市単費の施策としてコーディネーター、いわゆる授業を持たない、小中一貫推進のために専属で働く職員を活用しながら進めているところです。その中でやはり学校任せになるということも今まで多々あったかと思いますけども、小中一貫教育推進会議というものを月2回開催して、また勉強会というものを月3回程度開催しながら、学校の状況を我々として把握をしながら、いろいろな適宜アドバイスをしながら協力して進めていっている状況でございます。当然のことながら、小中一貫教育を開始するとともに義務教育学校2校も開校しております。そういう意味でいいますとこの小中一貫教育というのは不撤退といいますか、だめだからやめるというようなものではないと考えておりますので、今後コーディネーターとともに学校現場と話をしながら小中一貫教育の推進をしていきたいと、そのように考えております。以上です。 ◆長岡 委員  私は制度をいじるよりもまず学校現場の声をもっと聞いていただきたいと思うんですね。例えばきのうからも出てますけども少人数学級、これ中学校1年生で実施をしていく、小学校から中学校に上がってきて不安を抱えてる子供たちに目の届く教育をしていこうということであるんならば、35人といわず30人学級を中学校1年生では東大阪独自にやっていって、子供たちの不安を解消していく、より多くの教員が子供たちに接していく中で子供たちの対応をしていく、こういったこととか、学校現場の体制をもっと拡充していく、こういったことなんかのほうが私は小学校6年生から中学校に上がったときの不安なり、そういったものを解消するためには有効だというふうに思いますので、ぜひこういったことも含めて今後検討していただきたいと思います。  続いて、昨今問題になってる運動会での組み体操なんですけども、この間もテレビなんかで東大阪の組み体操が危険じゃないんかというふうなことが報道されたりとかしてて、この間もいろいろそういう声があって、大阪府のほうからも組み体操に対するガイドラインみたいなものが示されて、それに基づいてやっておられるというふうに聞いてますけども、例えば危険だというふうに規定されているものというのはどういうふうな内容になってますか。 ◎川上 学校教育推進室次長  委員御指摘の組み体操ですけれども、令和元年6月に大阪府のほうから通知がございまして、その内容については、府立学校に対して、両足が地面に接地していない児童生徒の上に乗るわざは原則禁止とするという旨でした。その通知を受けまして市教育委員会に対し、組み体操については実施の有無も含めて内容の再検討を指導するようお願いするという内容もございまして、その内容を踏まえた市教育委員会としましては、府の通知と同様に組み体操については、両足が地面に接地していない児童生徒の上に乗るわざは行わないようにすることということで、8月に学校に通知しております。それを踏まえてこの秋実施の学校のほうで安全に配慮していただきながら演技種目を決めていただき、組み体操のほうも行っていただいております。危険なわざというところのこちらからのガイドラインとしましては、両足が地面に接地していない児童の上に乗る演技は行わないということで今統一しております。 ◆長岡 委員  両足が地面に接地していない児童の上に乗るということは、具体的に言うと例えばピラミッドで一番下の子は四つんばいになって、その上に2段目の子が乗って、その上に、2段目の子の上に乗るというのがその地面についていない状況という。タワーでも一番下におる子の肩に乗るのはいいけども、その上に乗るのが危険だと、こういった理解でいいんですかね。 ◎川上 学校教育推進室次長  委員おっしゃるとおりでございます。ただピラミッドに関しましては、見せようによれば3段乗っているように見えますけれども、両足がついていて3段に見えるような形もつくることができるので、その辺に関しましては学校で安全に配慮していただきながら、工夫して生徒に達成感を感じられるように取り組んでいただいております。 ◆長岡 委員  危険だという規定は両足が地面についてない児童生徒の上に乗るということだけなんですかね。 ◎川上 学校教育推進室次長  今申し上げているところでいきますと、危険なわざという認識のものとしては、28年度に府のほうから通知されております体育的行事における事故防止事例集というのがございまして、その中に示されているものも参考にしていただきながら安全を担保していただいております。 ◆長岡 委員  この間テレビなんかで報道されてるのが人間起こしというやつですかね。僕らの後ろに人がいてて、それがぼんとこの上に上がってくると。乗ったその子がその後ろにばたんと倒れていって後ろでみんなが支えている、またそれを押し上げていくと、こういうふうな映像が、これが危険じゃないかというふうに言われてるんです。これはさっきのガイドラインでいえば、上に乗ってる子は皆、地面に足の着いた子の上に出てくるけども、倒れるときの映像が危ないというふうなことをいろいろ指摘をされてると思うんです。これについてはどうお考えですか。 ◎川上 学校教育推進室次長  トラストフォールと言われる名前で現在テレビ等で取り上げられておりますけれども、学校のほうでは支えになる人をふやすであるとか、教師が周りにつくという形で行っております。大きな事故につながる可能性があるわざについては、安全な状態で実施できないと判断した場合は実施を見合わせることということも学校には通知しておりますので、学校等の判断のもと安全にできると判断し、子供たちの能力も踏まえて実施を行っていただいております。 ◆長岡 委員  学校のほうは安全やと判断をされてやっておられる。十分安全性にも配慮されていると思うんですけど、テレビなんかで取り上げられると、もうこれは危ないんじゃないかという声が、ばっと広がっていくんですけども、いやこれは安全なんですよ、大丈夫なんですよというふうなところについて、どういう配慮がされているからとか、例えばピラミッドとかでも、下にいてる子がどんどん積み重なっていったときに、一体どれくらいの重さを受けながらピラミッドの下にいてるのか、こういったこととか、またさっきのトラストフォールについても、落ちていくときの衝撃、これが一体どのくらいあって、ここでどれぐらい緩和をされているのか。例えば受けを失敗することはないんかとか、そういうことはいろいろ指摘をされてくると思うんですよね。これは後ろに思いっきり倒れていくわけですから、重力に任せてね。頭部への衝撃はどうなっているんかと、こういうことについて、一体数値的にどうなっているんやとか、これを安全にするためにはこういった配慮があって、これぐらいに緩和されるから大丈夫なんですよとか、後ろで受け損なったときにはどうなるのかと、受け損なうことはありませんとか、こういったことなんかを学校現場だけではなくっていろいろなところで話、分析をしてもらいながら、こういう点に気をつければ安全にやっていけますよというふうなことなんかを、府の通達だけじゃなくって市独自でも研究をしていきながら、これはテレビではこう言われてますけども安全にできるんですよというふうなことを、客観的に示すものが必要やと思うんですけども、そういったことを例えば大学のスポーツ学の先生とか、そういった方に依頼して、いろんな資料をもらいながら判断できる材料を集めてくるとか、こういったことが必要じゃないかなと思うんです。それについてはどうお考えです。 ◎川上 学校教育推進室次長  専門にあられる大学の先生方のテレビ等でのコメント等を見ている限りでは、その安全性というもの、危険性というもののほうが重視されて伝えられているかなと思います。また私どもとしましても関係機関もしくは他市等の取り組み等も参考にさせていただきながら、今後さらに安全性を高めるような取り組みを続けていきたいと思っております。 ◆長岡 委員  学校のほうも長年組み体操をしてきて、小学校でいうたら6年生、中学校でいうたら3年生が学校生活の最後の締めくくりとして、全体で協力しながら一つのものをつくり上げていくという、これはやっぱりつくってる側も見てる側も感動を与えるというふうなことはあったと思うんです。昨今、組み体操が危険やということでやめていくということもありますけども、そういう見てる側もつくってる児童生徒も一体感を感じれて達成感が味わえるようなものが、巨大ピラミッドなんていうのはその最たるものやと思うんです、全員で一つのものをつくっていくということで。ただそこの安全性が言われる中で、それにかわるものをどうしていくか、これはまたずっと研究をしていかなあかんことやないかなと思うんです。組み体操を今後も続けていくか、それにかわるものをというふうなことなんかも求められてくると思うんですけども、なかなか、かわるもので見てる側もおおすごいなというふうになるものと、長年組み体操をやってきたと、それだけそこの完成度というのは高いものがあると思うんですよね。それにかわるものがあるのかどうかというのはまだわかりませんけども、そういったことも含めて、危険性とか安全性ということについては、やっぱり十分配慮が必要なものだと思いますので、ぜひ、これは危険だ危険だというふうな見解がずっと出てますけども、じゃあそれをどうやったら安全にできるのか、安全にできて、なおかつ見てる側も感動を与えられるような競技というのはどういうのがあるんか、これを学校現場とも、また教育委員会も、そういう専門の先生とも交えて、安全性を担保しつつできるものはどんなことがあるんかということを、ぜひこれ研究していっていただきたいと。大阪府が言うてる基準だけをクリアしたらいいんじゃなくって、市独自に検討しながら、また、ほかの市が同じように悩んでる問題やと思うんですよね。いろんなところで知恵を集めて新しい形をつくっていけるように、ぜひ研究をしていっていただきたいというふうに思いますので、そのことだけちょっと要望させていただきます。 ◆中西 委員  私のほうからは夜間中学校の問題についてお聞きをしたいというふうに思います。今年度の4月から布施中学校と意岐部中学校において、新しい夜間中学の再編整備の計画のもとにスタートをしました。それについていろいろお聞きをしたいんですが、もともと夜間中学校についての国の方針というのはどういったものなんでしょうか。 ◎松木 学事課長  まず夜間中学についての方針でございますが、直近でいいますと第3期教育基本計画や夜間中学の設置、充実に向けての手引、またそういったものの中におきまして、義務教育の未修了者など、外国籍などを含めました方に対する教育の機会の確保等に基づいたことの受け入れ等を進める方策となっておりまして、これは国の方策ですので、すべての都道府県に夜間中学校を設置されるように促進するとともに、教育活動の受け入れや生徒の拡大を図る、教育機会の確保等を進めるようになってございます。以上でございます。 ◆中西 委員  もともとこれは中学校課程ということですから、義務教育の中学校課程が未修了のまま学齢を超過した者ということが夜間中学校の対象やったというふうに思うんです。しかし国のほうでも多様なニーズに対応するために教育の機会を提供しようということで、夜間中学校を推進する方向に行ってるというふうに思うんです。各都道府県に1校ずつ最低でもつくりましょうというようなことでしてると思うんですけれども、従来は義務教育が修了してない者、要するに卒業証書を持った者はもう夜間中学校には入学できないというようなことでしたけれども、国の大きな方針の転換で、修了していても学び直しということでもう一度夜間中学校に入るということができるようになったというふうに思うんですが、これは一つ大きな夜間中学校の考え方の転換だというふうに私は思うんですけれども、夜間中学校ではじゃあどういう子供たち、どういう人らを受け入れるというようになっているのか、ちょっとそのところについてお聞きをしたいんですが。 ◎松木 学事課長  義務教育の段階における普通教育に相当する機会の確保等に関する基本指針におきまして、義務教育未修了のままの学齢を超過した者、本国において義務教育を修了していない外国籍の者、不登校などさまざまな事情から実質的に十分な教育を受けれないまま学校の配慮等により卒業した者で中学校等で学び直すことを希望する者、また不登校などになっている学齢生徒を、本人の希望を尊重した上で夜間中学等で受け入れることも可能ということになってございます。以上でございます。 ◆中西 委員  ですから本来の夜間中学校というのは義務教育が未修了のままの人たちが対象だったけれども、今、義務教育の段階における普通教育に相当する教育の機会の確保等に関する基本指針、長いですが、そこでそのほかに、本国において義務教育を修了してない外国籍の人、また不登校等々で実質的に、卒業証書は持ってるんやけどもう一度学び直しをしたいという人を対象にもします。そしてもう一つは、これは新しい考え方かなというふうに思うんですけども、不登校となっている学齢の生徒を、本人の希望を尊重した上で夜間中学校等で受け入れるということも可能だというふうに指針では出ています。要するにきのうも多くの委員からも質問のあった不登校について、不登校で学校に適応していない子供が、学校には行けないけれども夜間中学校でまたもう一度学ぶということができるようになったというふうに思うんです。これは国の方針としても大きな、夜間中学に対する理念かなというふうに思うんですが、実際東大阪の夜間中学校で今現状、生徒の国籍また年齢層、その辺のところは在籍者の中でどういうふうな分布になってるんでしょうか。 ◎松木 学事課長  現在、本市におきます夜間中学校のほうに在籍しておられます国籍におきましては、多い順で申しますと中国籍の方、ベトナム籍の方、ネパール籍の方、韓国、朝鮮籍の方などが多く在籍しておられまして、在籍から申しますと意岐部中学校のほうで84人中78人が外国籍の方となっております。また布施中学校におきまして109人在籍のところ、98名の方が外国籍の方となってございます。また年齢層でございますが、比較的多くの年代の方といたしましては30代の方が一番多く在籍されておりまして、続きましては20代、40代の方が多く在籍しておられます。また最高齢といたしましては、85歳の方から下は16歳の方が学ばれている状況でございます。以上でございます。 ◆中西 委員  先ほど言ってた受け入れの方針の中で、実際本国において義務教育を修了していない外国籍の人が多いと。今お聞きをすると109人中98人が布施中で、意岐部のほうは84人中78人、ほぼ9割の人が外国籍の人だというようなことのようですが、これ日本人でなおかつ学び直しのためにもう一度入りたいなというような人は今現在、在籍はされているんでしょうか。 ◎松木 学事課長  学び直しについてですが、学び直しの定義というものが正直はっきりしていないところもございまして、対象者がこの方ということでは人数としては申し上げられませんが、形式的に卒業された方におきましては現在学んでおられる状況でございます。以上でございます。 ◆中西 委員  そうしますと日本人の在籍は布施中で男2、女性9で11名か、布施中で11名、意岐部で男女合わせて7名、両方で18名ですね。18名、その中で実際に義務教育を修了せずに入られた方が何名で、義務教育を修了してるけどもまた学び直しで入られた方が何名とか、それは統計は把握されてないんでしょうか。 ◎松木 学事課長  済みません、統計データとしては現在持ち合わせてございません。 ◆中西 委員  実際に日本人は在籍者の中で1割程度ということで、未修了の人もいるし修了した人がいるということでしょうが、その辺の統計がとれてないということなんですね。不登校の子が夜間中学校に行っているというのは、年齢別でお聞きをすると最少年齢が16歳ということですから、そういう子は入っていないというような、そういうような認識でいいんでしょうか。 ◎松木 学事課長  年齢で申しますと、この方、16歳の方が日本籍の方という形で今現在、把握しておりません。外国籍の方も含まれておりますので、外国のほうで日本の義務教育相当を受けておられない方もございますので、その方であるという答弁は今現在、把握できておりません。 ◆中西 委員  いやいや最少の年齢が16歳やから、それが日本人であれ外国人であれ、仮に日本人としても不登校で今の在籍する中学校から夜間中学校へかわったということではないですよねという、そういう確認だったんです。 ◎松木 学事課長  申しわけございません。委員おっしゃるとおりでございます。
    ◆中西 委員  日本人が1割、外国籍の人が約9割という中で、じゃあ教育内容というのはどういうのをされているんでしょうか。 ◎中渕 学校教育推進室参事  夜間学級の教育の内容につきましては、中学校の教育課程を編成し中学校教育を実施することとなっております。しかしながら先ほどからの答弁にございますように、さまざまな国籍の方、さまざまな生徒の年齢層の方がいる中で学力の状況等もさまざまですので、一人一人の学力の実態等に応じました指導のほうを行っているという状況でございます。 ◆中西 委員  もう少し具体的にどういう教科をやっているのかということをお聞きをしたかったんですが。その辺はどうでしょう。 ◎中渕 学校教育推進室参事  中学校の教育課程ということですので、基本的には9教科を教えるということになります。その中で生徒の状況がありますので、学習内容の習熟度の程度に応じた指導を行ったり、複数の教師で指導を行うであったり、また個別の指導を行ったりというふうなことで、さまざま工夫をしながら指導のほうを行っていただいているということになります。 ◆中西 委員  これは中学校というように今ついてるし、中学校の夜間学級というふうに言う場合もあるんですが、義務教育の段階における普通教育に相当する教育の機会を提供するということで、必ずしも中学校という名称がついてるから中学校課程のカリキュラムを全部実施せんとあかんということはないというふうに、それは十分理解をしていますし、こういう形で外国籍の多い人たちを東大阪市として教育するということは、その本人にとってもいいですし、地域にとっても、その人がまた将来の仕事につくためのいろんなスキルを身につけるということにもつながりますし、社会的に私はすごくいいことだというふうに考えてるんですね。また、東大阪市は在日外国人の非常に多いところでもあるので、東大阪としての教育の独自性ということでいうと、私はすごく東大阪市としてよくやってもらってるなというふうに考えるんですけれども、もともと全国に今、夜間中学校というのは何校ぐらいあるか把握されてますか。 ◎松木 学事課長  済みません、今手元にございます資料では全国で31の夜間中学校があるかと思っております。以上でございます。 ◆中西 委員  私の資料では、今現在というのは、これは令和元年度の資料なんですけども、9都道府県で33校というようなことのようなんですが。夜間中学校、何かすごい追いやられたところにあるというふうに思うんです。教育委員会としては全国のいろんな情報とか、夜間中学校についてもうちょっと丁寧に情報も集められたほうが私はいいんじゃないかというふうに思うんですけれども、全国で33校しかない中で、また文科省は各都道府県に最低でも1校夜間中学校を設置したいというような、そういうことを考えている中で9都道府県しかないと。大阪府がとりわけ多いんですけれども、全国に33校しかない夜間中学校の中で東大阪市として2校しているということ。これは私はすごく東大阪の、先ほども申し上げたように教育の独自性、学力の問題とかいろんな問題があるんだけども、多文化共生とか人権教育とかいろんな面でこれまで取り組んできた一つの成果じゃないかなと私は考えているんですね。だからそれは今後も市として大事にしていってほしいなということを前提にお聞きをしたいんですけれども、東大阪の夜間中学校の歴史というのは非常に古いんですよね。もともと長栄中学校で最初設置されたというようなことを聞いています。それは在日一世、二世の人たちが、例えば文字が読めないとかいうような人たちを対象にして長栄中学校でしてきた。それが今度は太平寺中学校に広がったということだと思うんですね。それで長栄と太平寺中学校、2校でやっていた。それが太平寺の俊徳中学校との統合に伴って布施中学校になったということで、布施中学校のところに布施中学校の夜間中学校をつくりましょうということで、新校舎の中に夜間中学校の教室を計画して工事まで行ったのに、それが突如地元との調整ができなかったというような、反対があったということで共設が中止になりました。そこでまた長栄と布施中を統合しましょうと言うたり、いやそれも一たんまた統合計画が中止になって、ほんでまた今度は布施中学校に夜間を残して、そしてまた長栄の方を廃止して、ほんでまた今度は意岐部中学校につくりましょうという、非常に市として夜間中学校に関する計画が定まってないです、迷走してると言うてもいいと思うんですけど。これはもともと長栄中学校で始まって太平寺中学校の2校であった夜間中学の教育というのが、在日一世、二世の人たちが多く集まったというようなところもあって、その人たちが実はもう高齢になって卒業をされていきますよね。在日一世、二世の韓国の人たち、朝鮮の人たちというのは今余り在籍をされていないのかなというふうに思うんですけど、その辺のところはどうなんでしょう。把握はされていますか。在日一世、二世の人たちの、高齢の人がまだ今も在籍してる人が残っているのかどうかという点については。 ◎松木 学事課長  人数に関しましては少なくなってございますが、まだ在籍はされておられます。 ◆中西 委員  いろんなことで、テレビのニュースにもなりました、毎日放送のVOICEでしたっけ、それでいろいろ取り扱われたというようなこともありました。しかし在日のそういった人たちが高齢で卒業されたり、在籍数も非常に少なくなったということで、今、東大阪として夜間中学校の性格は今度はニューカマー、新渡日者の人たちが多く集まるような、そういう学校になってきたというふうに思うんですが、今後東大阪として東大阪の夜間中学校というのをどういう方向に持っていこうとしてるのか、それは国の方針は先ほどの指針でもあったように4つの受け入れの人たちを対象にしてるというようなことがありましたが、国の方針の中で東大阪、今全国で33校しかないうちの2校が本市の夜間中学という中で、今後ですよ、今後東大阪として夜間中学をどういう方向でやっていこうとしているのかという辺をちょっと教育長のほうからお聞きをしたいんですが。 ◎土屋 教育長  夜間中学につきましては、先ほど来いろいろお話をいただいておりますけれども、私自身は本当に教育の機会、すべての人に教育の機会が存在すると、そういうふうなことをどう実現するかという一つのありようとしての夜間中学であろうと、こういうふうに思っております。そういうことで申し上げますと、この間の我が国の戦争後の社会的な動きの中でさまざまな動きがあり、夜間中学に在籍された生徒の社会的な利用層においても、今、中西委員のほうからも御指摘がございましたけれども、大きく変貌してきていると、こういう状況なのかなと思っております。本当に政令市以外で複数の夜間中学を運営しておりますのは東大阪市のみでございますので、我々は本当にこの間の夜間中学に対する歴史なり経験ということを持っております。そういうふうなことを踏まえて、今申し上げましたように教育の機会をどう現実に実現していくのかと、そういうことを中心に置きながら、それぞれの社会的な状況も踏まえて、今申し上げました理念をどう実現するかということを中心に据えて考えていきたいと、こういうふうに思っております。 ◆中西 委員  国の方向に沿ってやっていこうということで、それはすごくいいことですし、昨日からもあったように、不登校の子たちをどういうふうにしていくかという中での夜間中学校の役割というのも、今後考えていってもらいたいなというふうに思うんです。結局、布施中学校の新校舎に計画していたものが工事の途中で中止になりました。布施中学校の旧校舎の中にできました。それが旧太平寺中学校の跡地、今の布施中学校の第二グラウンドになっているところにプレハブの新校舎を建てて、布施中学校の夜間学級としてスタートしましたということで、今はすごく夜間中学校としては落ち着いた方向にあるのかなというふうに思いますし、私は別に布施中学校の校舎の中にある必要もないわけですから、それが布施中学校の第二グラウンドのところに新校舎を建てたということでいうと、安定した形で今後、夜間中学というのが発展させていけるんじゃないかなというふうに思っているんです。ですからその辺のところを、教育委員会としてもしっかりと夜間中学校についてもいろんな施策も実施をしていってほしいし、教育としても大事に育てていってほしいし、私はいつも言うんですが教育は大事やと。ほんで東大阪の独自の教育をやっていってほしいし、その中で人権教育やキャリア教育や多文化共生に向けたいろんな教育をされてきた。そういうことも大事にやりながら、また学力の向上、体力の向上も含めて市独自の施策、今は小中一貫、義務教育学校というのを、施策を中心に据えていますが、それの成果も出せるようにしていってほしいなということを強く要望しておきたいなというふうに思います。  それと、ことしの3月に長栄中学校も廃止になります。布施中学校も新たに新校舎でスタートをするということで、新たなる旅立ちの集いというのがあったんです、布施のリージョンセンターの多目的ホールで。それ私もたまたま行ってきたんですが、そこでキム・ハヂャさんといってVOICEでも出演していろいろ言われてた方がちょうど卒業するということで、そういうことで意見、感想も言うてはったんですが、すごく卒業する方、ネパールの子たちもおったんですが、東大阪の夜間中学に対する感謝の気持ち、念というのも持ってはって、それも発言して、私もすごく感動した会だったんですが、今後も夜間中学校のことは私もどう発展するのか、推移は注視をしたいなというふうに考えますし、市の教育委員会としても大事にしていってほしい施策の一つだなというふうに考えています。これで私の質問を終わります。 ◆馬場 委員  今学びという部分でありましたので、生涯学習推進事業についてお尋ねしたいと思います。現在第4次生涯学習推進計画を策定されておりますけれども、そもそも生涯学習推進計画とはどのような計画なのでしょうか。 ◎岩崎 社会教育課長  生涯学習推進計画でございますが、自分自身の人生を豊かなものにすることを目的に、自分自身に適した方法で生涯を通して自主的、自発的に行うあらゆる領域の学びが生涯学習であると考えております。そして市民の生涯学習の発展のため、その条件整備を図ることを目的とし、本市が目指すべき目標やそれを実現するための施策の方向性を明らかにするものでございます。 ◆馬場 委員  ありがとうございます。それではこの第4次生涯学習推進計画のスケジュールを教えていただけますでしょうか。 ◎岩崎 社会教育課長  現行計画の第3次計画が令和2年度までとなっておりますので、今年度と令和2年度、2年をかけまして今後10年間の第4次計画を策定する予定でございます。この2年間で、外部組織であります社会教育委員の会議、また庁内組織であります生涯学習庁内推進本部、また幹事会に諮りながら策定してまいります。今年度につきましては現状分析や課題抽出を行い、その内容を反映した形で市民アンケート調査を作成し、11月中旬に発送したところでございます。今後はアンケートの結果集計や報告書を作成し、骨子案作成へ進めてまいります。また次年度、令和2年度は計画素案を作成し、両会議の意見やパブリックコメント等を踏まえ計画として仕上げてまいります。 ◆馬場 委員  現状の分析、また課題を抽出しているということですけれども、その内容、わかることを教えていただけますでしょうか。 ◎岩崎 社会教育課長  この計画に基づきまして約200の事業を各所属において実施しておるというふうな状況でございます。その中で大きくは3つの課題があると考えております。1つ目といたしましては、この生涯学習というものは非常に幅が広いため、他の計画と内容が重複している部分が多くございます。そのため生涯学習推進計画としてのポイントが不明確な面がございます。このため内容を精査し、生涯学習推進計画として必要な内容の明確化を図りたいと考えております。2つ目といたしましては、現行計画は抽象的な表現が多いため、分野別の事業内容と計画の施策との関連が不明確であるものが見受けられます。このため事業内容との関連がわかりやすい構成にしていきたいと、このように考えております。3つ目といたしましては、本市は物づくりの町やラグビーの町として標榜しておるわけですが、そういった本市の特性を踏まえた施策が少ないため、位置づけてまいりたいと、このように考えております。 ◆馬場 委員  今、社会的にも課題であります少子高齢化、また人生100年時代という、個人一人一人が変化していく社会に適応していくために生涯学び続けることが必要だと思います。政府の人生100年時代構想会議の中でもリカレント教育の重要性について議論されていますが、このリカレント教育についてどのようにお考えでしょうか。 ◎岩崎 社会教育課長  委員おっしゃりますように日本では急速な少子高齢化によりまして労働力人口の減少が懸念されておる一方で、健康寿命が延び100歳まで生きられる人生100年時代が到来すると言われておるわけでございます。さらに女性の社会進出や転職でのキャリアを目指す人の増加など、働き方の多様化も進んでおります。このように急速に変化する社会に適応するためには、定年退職した高齢者の方、また出産、育児で退職した女性、キャリアアップやキャリアチェンジを目指す人などが活躍できる社会の実現が重要であり、いつでも学び直し、やり直しができるリカレント教育の充実が求められており、その重要性は認識しておるところでございます。生涯学習推進計画はあらゆる領域の学びを推進するための計画であり、新しい時代に対応できるようリカレント教育についても検討し反映させてまいりたいと、このように考えております。 ◆馬場 委員  ありがとうございます。この計画を2カ年で策定するということですので詳細についてはこれからだと思うんですけれども、総じてこの第4次生涯学習推進計画をどのような計画にしていきたいとお考えでしょうか。 ◎岩崎 社会教育課長  人生100年時代を迎える中、市民の学習ニーズは多様化するとともに、SNS等の新たな情報ツールの発達によりまして、子供たちを取り巻く環境や市民のライフスタイルというものは大きく変化しておると。こういうような中でこのような変化に対応していくためには、これまでの慣例にとらわれない新たな発想と家庭教育、学校教育、社会教育を通じた包括的な取り組みが必要であると考えております。新計画策定に当たりましては家庭教育、学校教育、社会教育の連携を常に意識し、関係所属にも働きかけながら、新たな時代に対応できる生涯学習として総合的な施策を展開できるよう検討してまいります。 ◆馬場 委員  わかりました。次年度以降、具体的なことが見えてくると思いますので、またそのときいろいろとお聞きしたいと思います。ありがとうございました。私の質問はこれで終わります。 ◆川口 委員  新計画策定の連携の重要性については、私も隣で聞かせていただいて、大いに生涯学習については推進していくべきであると思うんですけども、非常に全庁的なつながり、全庁舎内的なつながりが重要であるというふうに考えております。そのことについて具体的に何かお考え、構想はお持ちなんでしょうか。 ◎岩崎 社会教育課長  生涯学習を推進するための全庁的なつながりということでございますけれども、一例を挙げますと昨年の4月から生涯学習出前講座というものを実施しております。これは市民が求める場所、時間に職員等が直接出向いて、テーマに沿ったお話をさせていただくと、こういうものでございます。庁内約50所属の御協力をいただき約70の講座を開講しております。これまでにも各所属において出前講座を実施していた事例もございましたが、市全体として制度化されておらず、市民の知る機会が少なかったものと考えておるところでございます。また従来の講座やイベントは日時等が決まっており、市民が参加したくてもできないと、こういった状況もあったかと思います。生涯学習の基本はだれもがいつでもどこでも楽しく学べるものであるため、その機会を確保できるよう全庁的な御協力をいただき仕組みを整えたものでございます。新計画でもこのように横断的な施策を位置づけてまいりたいと、このように考えております。 ◆川口 委員  これ出前講座、私も何個か利用させていただいた経緯があるんですけど、昨年からということですが、具体的に昨年はどういう実績があったのか、ちょっとお聞かせください。 ◎岩崎 社会教育課長  平成30年度の12月末の数字ではありますが、871件で3万6766人の方に御参加いただいております。 ◆川口 委員  約70講座を開講されておるということでございますが、私も使った側からして感じたのは、非常にある意味では偏った、分野の偏りがあるのではないかと思うんですけど、そのあたりは満遍なく実施されているのでしょうか。 ◎岩崎 社会教育課長  やはり70講座ある中でも介護また救命といった講座に人気が偏りがちといった状況があるのは現実としてございます。今後は講座を受けた方の要望なども聞きながら、講座内容の改善を講座実施課へ働きかけますとともに、一層の周知に努めてまいりたいと考えております。 ◆川口 委員  昨年からスタートした事業ということですので、これからPDCA、検証を踏まえて、ますますこれは発展していってほしいなというふうには私も考えております。人生100年時代、これ本当に市民の学習ニーズが高まっているというところは感じておりますが、一つは生涯学習というくくりでは全庁的な横ぐしを刺した連携というのが非常にこれから重要になってこようかと思います。教育委員会、社会教育だけでなく、非常にそういった意味では広範囲な横ぐしを刺した連携を一つキーワードとして次年度の計画策定、意識して進めていただきたいなというふうに思います。私からは以上です。 ◆森田 委員  私からは愛ガードについてちょっと確認したいこと、それと少々のお願いがございます。愛ガードの約50カ所ほど推進委員会があるかというふうに思うんですけれども、地域の方々がそれぞれの地域でお手伝いしていただいてると思います。登録者数の数は把握されてますか。 ◎西野 学校教育推進室次長  愛ガード運動の協力員の方々の登録につきましては、令和元年度11月末現在で市内で1万2959名の方に登録をいただいております。 ◆森田 委員  いやいや、それはPTA会員も含めた全部の数やんね。全部の数でしょう。地域の方だけの登録者数いうのは把握されてますかとお聞きしたんです。 ◎西野 学校教育推進室次長  PTA等を除いて地域の方の協力につきましては、同じく令和元年11月末現在で3427名の方の登録をいただいております。 ◆森田 委員  別々に登録者数を把握してはるわけやね。PTAと地域と、別々にそれを持ってはるわけ、ちゃんと。 ◎西野 学校教育推進室次長  名簿の登録の中で一定の分類がありまして、その中で地域の方ということでは把握はしております。 ◆森田 委員  それぞれの愛ガードですけども、大体地域の方におんぶにだっこで、例外はあるかと思います。50ほどある中で私が知ってるのは5つか6つ、約1割しか知りませんので。そういう情報の中で今御質問してるんですけども。ほとんどのところが地域の方におんぶにだっこ。地域の方なんですけども、今、愛ガードが始まってもうかれこれ15年ぐらいになりますよね。10年のときにそれぞれの推進委員会に対して、感謝状やったかな、表彰状やったかな、どっちか忘れましたけども、出されてますよね。これ今いろいろ愛ガード、聞いてますと15年たついうことは、70歳でやった人がもう85歳ですねん。そんな状態ですねん。もうええかげんやめたいねんけど、後をやってくれる人がおれへんから、もうしゃあないからやってんねんという人もあるし、どうしても体が悪いからやめられる、しかし後がなかなか見つからないというような、じり貧になっていってるような愛ガードの箇所が何箇所か見受けられるんですよ。そんな中でお願いというのは、何とか地域でやってくれてる方々にモチベーションを上げていただきたい。モチベーションを上げるにはどうしたらいいのかと、いろいろ僕も考えたんですけども、これはやり方はいろいろ皆さん考えていただいたらいいと思うんですけども、感謝状、個人の名前、個人に感謝状を出していただく。教育長、できたら市長も連名で出していただいたら、これはもう大変モチベーションが上がる。ことしでやめよう思ってんねんけど、こんなんもろたらもう1年やろかとかね、そういう形に私はなっていくん違うかなというふうに実は思ってます。これがちょっとしたお願いなんですけどね。そういう形で、PTAをやられる方いうのは、いろいろ聞く話によると児童数だけ会員数いてるわけですわね。いてるわけ。月に1回の当番、それもなかなか来てくれへんとか、そういう話を聞きます。しかしながら地域の方いうのは毎日もしくは2日に1回立たれるわけです。これすごいことなんですよ、皆さん。行ったことありますか、現場に。真夏の暑いとき、真冬の寒いときも、これ毎日立たれてる方がいてるんですよ。雨の日も風の日も。これはもう感謝状を出して余るぐらいやと思うんですけれども、その辺どうですか。 ◎西野 学校教育推進室次長  今議員御提案いただきました愛ガード協力員の方々への表彰ということにつきましては、一定、当然私たちも活動いただいてる愛ガード協力員の方々には非常に感謝の思いを強く持っているところであります。また学校現場におきましては、直接見守っていただいてる子供たちが感謝の気持ちを伝える機会等を持ちながら、愛ガードの協力員さんの方との交流等も深めているところであります。しかし今御提案いただいた個人の協力員さんへの表彰ということにつきましては、感謝の気持ちを伝える一つの形として、表彰の仕方等を検討しながら前向きに個別の協力員さんへの表彰についても検討していきたいというふうに考えております。 ◆森田 委員  それは前向きに検討していただけるわけですね、前向きに。前向きやね。はい。よろしくお願いしときます。以上です。 ◆中西 委員  じゃあ私も関連して。私は愛ガードの推進委員会の委員長をしとるという立場であれなんですけども、確かにおっしゃるように愛ガードというのは本当にいい活動をやってもらってるんです。定点に立ってもらってる人、暑い日も寒い日も毎日立ってもらってる。これはすごいことなんですよ。私はバイクで地域を回ってるんですけどもね。ただ高齢化とともに、言うてるように数が減ってるというのはもうこれ各地域共通ですね。だから今提案してもらった感謝状の贈呈というのは、私は一ついい方法だなというふうに思います。それともう一つは、やはり教育委員会として愛ガードを大事にされるんだったら、今後これをどうつないでいくか、どう発展させていくかということ、後継ぎをどうしていくか、地域任せにするんじゃなくて、教育委員会として愛ガードをどうしていくかということを前向きに考えてほしいなというのを、私も要望しておきます。  それと続けて、最後なんですけど、私は教育とコミュニティーの問題というのをずっと質問もさせてもらってるんですけれども、教育というのは地域の中でコミュニティーの中心、拠点になるべきだというような考え方を持ってます。それでコミュニティースクールも推進をしている立場なんです。本会議でも教育長にもスケジュール等々についてもお聞きをしました。今度、市長総括でも、市長は教育というのはコミュニティーにとって中心になっていくべきやというような意見も言われてますので、それは市長総括でまたお聞きをしたいというふうに思っています。  それともう一つは、スポーツが独立した部になりました。それで昨日も申し上げたように市民スポーツが市長部局へ変わりました。市民スポーツが市長部局へ変わるというのは、非常に大きなことなんですよね。それをやると、今度は手軽に本当にスポーツに親しめる場所、環境整備というのは非常に大事になってくるんです。そのために私は学校施設の開放というのをこれは非常に重要やというふうに考えてますので、これについてまた市長総括で質問したいというふうに考えています。以上です。 ◆長岡 委員  そしたら私も愛ガードのことについて関連で。これは毎年どのくらい予算を愛ガードについてはつけておられるか、今ちょっと調べてなかったんでお聞かせいただけますか。 ◎西野 学校教育推進室次長  愛ガードの予算につきましては1126万円を計上しております。 ◆長岡 委員  1126万。ほんで50ぐらいあるということで、1団体当たりほな20万程度ですよね。それでも1年間ずっと毎日、朝も夕方も立ってもらってるんですよね。15年の表彰、これが14年のときに表彰を市のほうで予算化されたときに、私の記憶では議会で予算を修正して増額をして、感謝状だけじゃなくて記念品ぐらい出したったらどうやという話をした経過があったと思うんですけども、ほんまに日々の子供たちの安全を守っていただいてる愛ガードの皆さんに対しては、年間1団体当たり20万程度でやってもらってる、これ自身をもうちょっとふやしていただくことも含めて、新しい愛ガードの参加してくれる方をふやすという意味でも、やっぱり予算そのものをふやしていただいて対応をしていく必要もあると思いますし、表彰を15年表彰も含めてぜひしていただきたいというふうに思います。これを要望させていただいて。  留守家庭児童育成クラブについてちょっとお聞きをしたいんですけども、これは今運営の形態はどういうふうになっておりますか。 ◎樽井 青少年スポーツ室次長  留守家庭児童育成クラブの運営につきましては、市のほうから公募で選定をした事業者に対して委託をして運営をしていただいております。 ◆長岡 委員  今事業者はどういったところがなって、2つかなと思うんですけども、一社と地域運営委員会でやってるところとあるんですかな。どうなっています、今。 ◎樽井 青少年スポーツ室次長  運営事業者につきましては、民間の株式会社と、それからもともと地元の運営委員会をつくっていただいていた団体のほうに法人化していただいて、NPO法人もしくは一般社団法人ということでなっていただいて運営を担っていただいております。 ◆長岡 委員  これは私もずっと委託される以前、すべてのクラブが地域運営委員会方式でやってたころから学童保育についてもずっと質問させていただいてきたんですけども、今回、業務委託するということで仕様書なんかもできてると思うんですけども、学童保育の目的はどういったことになってますか。 ◎樽井 青少年スポーツ室次長  目的といたしましては、昼間、就労等で保護者が自宅にいない御家庭の児童を預かり、放課後の子供たちの安全と健全な生活指導を行っていくということを目的に行っております。 ◆長岡 委員  これ3年前、4年前ですか、小学校6年生まで、今まで3年生までやったんが6年生まで受け入れをするということで、学童保育を希望する子供が全員入れるかどうかということで、待機の問題がこの間もずっと取り上げられてると思うんですけども、去年ぐらいから事前に来年度の学童保育を希望するかどうかというニーズ調査というかアンケートをとっておられるというふうに思うんです。ことしの状況はどうなってますか。 ◎樽井 青少年スポーツ室次長  令和2年度の留守家庭児童育成クラブの入会希望調査につきましては現在集計中でありまして、詳細な数字はまだ出ておりません。 ◆長岡 委員  これ今までは4月に入ってから調査されてたということで、早く調査をしていただいてると。それによって希望の数がわかってくれば、待機が出そうやというクラブについては対応がしていける、教室をふやしていくとかいうこと、対応が可能やというふうに思うんですけども、昨年調査をした結果を受けて、今年度も待機があるというふうに聞いてるんですけども、どういった対応がとられてきたか。事前にわかることによってどういった対応がとられたかというのをお聞かせいただけますか。 ◎樽井 青少年スポーツ室次長  昨年度同じ入会希望調査を行いまして、事前に待機児童が出る可能性があるということがわかった学校につきましては、こちらのほうから学校のほうと空き教室の活用等につきまして協議をして、事前にあけていただける、もしくは放課後だけ使わせていただけるというようなことになった学校につきまして、4月当初の段階から開設をして受け入れを図っているといった形で対策をとっております。 ◆長岡 委員  事前に調査していただいて、可能なところについては待機児童が生まれないような対応もされてると。一方でそういう、学校に余裕教室がないというようなとこもあると思うんですけども、そういったところはことしはどういうふうに対応をされたんですか。 ◎樽井 青少年スポーツ室次長  学校と協議をしました結果、教室がないということであった学校につきましては、1人当たりの児童の面積の要件というのがあるんですけれども、そちらのほうを少し狭くしたような形、具体的に言いますと1人当たり1.65平米の面積を1.50平米に下げて定員をふやして増員を図ったということがございます。 ◆長岡 委員  1.65平米というと畳1畳分ですね。それを緩和して1.5平米にして、やるということなんですけども、その教室に子供がみんな来たときには、例えば子供はランドセルを背負って来るわけですよね。それも含めると本当に子供のいてる場所というのが、1.65平米でも私はなかなか厳しいんかなと思うんですけど、それがさらに小さくなるということであれば、先ほどおっしゃられた、子供が健全に生活できるような場としてそういうことが保障されるのかどうかということが、私は問題になってくると思うんですよ。そういう点でやはり学校の余裕教室の活用をもっと進めていっていただきたいと思いますし、例えば利用のことを考えたら1階にあるのがいいと思うんです。なかなか学校のほうも1階の教室は利用をしていくということで利用の頻度が高いんで、1階には余裕教室がないというとこについては上の階も活用することも含めて拡充をしていく必要があるやろうし、どうしても学校の敷地そのものに余裕がないというとこについても、基準の面積を緩和するというのは私は最終の手段やというふうに考えるので、そうならないように、市自身で決めてる子供たちの基準の面積というのをやっぱり最後まで守り通すために、いろんなところと協力しながら検討していっていただきたい。余裕がないから、スペースがないから基準を削って待機を解消しますじゃなくって、しっかり基準を守りながら待機を解消していける手段をさまざま、種々検討をしていただきたいなというふうに思ってますので、これは指摘をさせていただきます。  それと留守家庭クラブなんですけども、この仕様書を見ると随所に遊びを通して生活を確立していくとか、子供たちの発達を保障していくとかいうふうなことで、遊びを中心にした生活の場というふうなことが種々書かれてるんですけども、そういったことを保障するために職員の資格が私は重要になってくるかなと思うんですけども、各学校に放課後児童支援員という一定の資格を持った方を配置するようにというふうにはなってると思うんです。どういった資格を持った人が配置をされてるんですか。 ◎樽井 青少年スポーツ室次長  放課後児童支援員につきましては、国の省令等で定められてるんですけれども、市の条例でも定めておりますけれども、保育士でありますとか社会福祉士でありますとか教員免許でありますとか、そういった資格を持った方、もしくは高校卒業以上で2年以上の実務経験がある方というような条件に該当される方で、都道府県もしくは指定都市の長が行う研修を修了した者というふうに定められております。 ◆長岡 委員  保育士だとか社会福祉士、また教員免許とか、大学でさまざまな、心理学とか社会福祉学とかを修了した者とか、大学院とかいろいろあるので、そういうふうな資格と同時に、先ほどおっしゃられた高校卒業者で2年以上放課後児童育成クラブ、留守家庭に従事した者というふうな、こういった者が、特に資格がなくても2年以上従事して、ほんで府の研修を受ければ資格ありというふうになってるというふうになってるんです。実際に具体的な保育士やとか教員免許とかという資格を持ってる人と2年以上従事した者という、こういったことで各クラブ、どういった資格で配置されてるかというのは把握されてますか。 ◎樽井 青少年スポーツ室次長  各クラブに配置しております職員につきましては、児童の数が41人以上であれば3人以上、それから40人以下であれば2人以上という形で定めておりまして、その3人以上、2人以上のうち1人は放課後児童支援員の資格を有する者ということで配置をしております。 ◆長岡 委員  そうなんです。その資格のあり方として、そういう具体的な免許とか資格とかを持ってる人、またはそういうことはないけども2年以上従事した人ということで分けたときに、2年以上、放課後児童健全育成事業に従事をしてきたということで資格を与えられてる人というのは、どのくらいいるかわかりますか。 ◎樽井 青少年スポーツ室次長  児童クラブで働いていただく職員の方には、放課後児童支援員の資格をお持ちでなければ順次この研修に参加していただくようにということでしております。そしてこの認定資格研修を受講した方の中で、先ほどおっしゃってました高校を卒業してて2年以上の従事経験がある方というのがどれぐらいいるかということについては把握をしております。 ○右近 委員長  もう一度ちょっと答弁を。確認してるかしてないか。 ◎樽井 青少年スポーツ室次長  その放課後児童支援員の認定資格を受講した方のうち、どのような要件で受けたかということについては把握をしております。 ◆長岡 委員  ほな各クラブの中での内訳というのは人数はわかりますか。 ◎樽井 青少年スポーツ室次長  放課後児童支援員の認定資格を受けた方が全体として何人いて、全体としてどういった資格を持っておられる方が何人いるかということについては把握はしております。 ◆長岡 委員  そしたら2年以上の放課後児童クラブに従事した者ということで資格ありとなってる人は何人いてますか。 ◎樽井 青少年スポーツ室次長  平成31年の4月時点での数字ですけれども、支援員全員が502人おりまして、認定資格研修を受講した者が210名、そのうち高卒以上でかつ2年以上従事経験のある方が150人いらっしゃいます。 ◆長岡 委員  そしたら放課後児童支援員の210人のうち150人ぐらいが2年以上従事した者というふうになってるんですけども、これ、以前からもずっと指摘をしてきたんですけども、留守家庭児童育成クラブが子供たちに魅力のあるものになってるかどうかということが、一つ私は重要やというふうに考えてるんですけども、その中で例えばちゃんと遊びの指導ができてるのかどうか、こういったことは一つ大きな基準になってくるかというふうに考えてるんですけども、いろいろ保育士資格やとか教員免許とかを持ってると子供たちの発達状況とかそういうのもわかって、その中でどういったことが必要か、こういう指導もできてくると思うんですけども、2年以上、放課後児童育成事業に従事してきた者という中でいくと、なかなか子供たちの発達状況とかを加味した指導が、私はこの間の長年やってきた留守家庭児童育成クラブを見てても、そこはその資格だけで十分やっていけるのかというのが一つ疑問に思ってるとこなんです。  続けてやってもいいんですかね。 ○右近 委員長  そしたら一たん、お昼があるので。  済みません、この際、議事進行上、暫時休憩いたします。               ( 午後0時2分休憩 )            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜               ( 午後1時11分再開 ) ○右近 委員長  休憩前に引き続き委員会を再開いたします。  それでは質疑、質問を続けます。質疑、質問はありませんか。 ◆長岡 委員  午前中の続きで学童保育について質問させていただきたいと思います。指導員の中で放課後児童支援員の資格を持った人が210名おるというふうに午前中、答弁いただきましたけども、実際に日々の子供たちの留守家庭のクラブでの過ごし方というのは大体みんな同じような感じなんですか。どんな過ごし方になってるか、わかりますか。 ◎樽井 青少年スポーツ室次長  平日の放課後の留守家庭児童クラブでの過ごし方なんですけれども、若干の違いはあるかもしれませんけれども、ほぼどこのクラブも同じような形で子供たちが帰ってくるといいますか、児童クラブに来ます。そうするとまず先に宿題をやり、その後おやつを食べて、そこからクラブ室の中で遊びをしたり、もしくは運動場とかに行って外遊びをしたりということで過ごして、それが5時前ぐらい、4時半過ぎぐらいまでそのような形で過ごして、お別れの会をして5時に帰る子はそれで解散というような流れになっております。 ◆長岡 委員  来たら宿題をしておやつを食べて、その後遊ぶということですけども、その中で指導員が遊びについていろいろ中心になってやってるのか、それとも子供たちが自由に遊んでるのか、そういった状況について把握されておられますか。 ◎樽井 青少年スポーツ室次長  遊びの時間の過ごし方につきましては、もちろん子供たちの自主性に合わせて、子供たちがやりたいようなことをやっているところもありますし、また全員で取り組んでるような遊びというのもございます。例えばけん玉であったりですとか、百人一首に取り組んだりですとか、あと個人個人ではクラブ室に置いてあるようなゲームを使ってグループで遊んだり、また外遊びにつきましてはそれぞれグループでボール遊びをしたり、また、まとまってドッジボールをしたりというようなことで、その場面、場面で指導員が中に入っている場合とそうでない場合ということで、両方の、指導員が入っていく場合とそれから子供たちの自主性に任せる場合と両方のケースがあるというふうに思っております。 ◆長岡 委員  子供たちがいろいろ遊ぶのは遊ぶんですけども、指導員の資格として遊びを指導していくとかいうふうなことがあると思うんですけども、せっかく学童の、留守家庭のところに1年生から6年生まで集団で子供が来てる中で、私としてはどのクラブでも指導員が中心になって遊びの指導をしていく、それは外遊びの場合もありますし、教室の中で遊ぶ場合もあろうかと思いますけども、例えばドッジボールをするにしても、6年生から1年生まで一緒にやるときには、6年生と1年生がするときにかげんをせなあきませんわね。そういうことを指導員が中に入って一緒に遊ぶ中でそういうことが、高学年の子は低学年の子の面倒を見ながら一緒に遊ぶという、こういったことが子供たちの中でも植えつけられていくんでないかなというふうに思いますし、教室の中で遊ぶにしてもいろんな、ただトランプがあったりボードゲームがあるのを子供たちがそれぞれ好きに遊ぶというのでなく、指導員が間に入っていろいろゲームのルールなんかも徹底をしていく、あるいは工作をするような教材をクラブのほうで用意をするとか、例えば将棋やったりとかの場合はトーナメント表をつくって、その中で順位をつけていったりとか試合をしていく、このようなことで子供たちにいろんな興味を持っていってもらうというふうなことをしていくというのが、指導員の役目じゃないかなというふうに私は考えてるんですね。さまざまなクラブでいろいろ出てるのが、やっぱり子供たちにできるだけけがをせんようにしてもらおうということで、あんまり体を動かしたりとかいうことは極力避けてもらうと。できれば教室の中でおとなしく遊んどいてもらえるようにというふうなことで、子供たちを見守るというふうな形になってるクラブもかつてはあったんですよね。そういったことを改善をしていって、子供たちが毎日通ってくる学童、留守家庭児童クラブで、子供たちがほんまにあそこに行きたいと思えるような子供に魅力あるクラブにしていかないと、クラブへ行っても、じっとしてなあかんということで、もう行きたくないわというふうな声がいろいろ聞かれたりもしてて、習い事をするということでその日はクラブに行かなくていいというふうな感じでなってきたりとか、やっぱりクラブに魅力がないと子供らにしたら、それやったら家に帰って、好きな子とテレビゲームをしたりとかいうふうに過ごすほうがええわというふうに思う子も多いと思うんですよね。やっぱりそうならんようにしようと思えば、留守家庭クラブへ行かないとでけへんようなことがあるんやと、この間もずっと本会議とかも議論されてますけども、ほんまに子供らは遊ぶ場所がない、ボール使って遊ぶことがでけへんと。そういうときに留守家庭クラブにおれば指導員の人が一緒になってゴムボールで庭球野球をしてもらえるとか、ドッジボールなんかもちゃんとできる、サッカーも遊べる、こういったことなんかでほんまに体を動かせるところ、学童へ行ったら、留守家庭クラブへ行ったらそういうことができるんやというふうになっていって、楽しいクラブやなというふうに子供たちに思ってもらう。親のほうにしたらやっぱりちゃんと預かってもらいたい。子供が、親が帰って来る前に家に帰って一人で過ごす時間をできるだけ短くしたいと。だから留守家庭に預かってもらいたいというふうに思ってるけども、子供のほうはなかなかそこが苦痛になってるという状況を改善していくためにも、やっぱり指導員さんの果たす役割というのは私は大きいと思うんです。特に長期の夏休みとかなってきたり土曜日になってくると、ほぼ一日そこで過ごさなあかんわけですよね。そういうときにも窮屈なところで過ごすんでなくって、本当に子供たちが体を動かせる、いろいろ頭を使って遊べる、こういったクラブに、子供に魅力のあるクラブにしていくためにも、仕様書の中でも遊びに関することがいろいろ出てくるんですよね。そういうことを仕様書に書いてあるように各クラブに徹底していっていただいて、本当に指導員の人が遊びの中心になって子供たちの遊びを指導していく、そして魅力のある学童をつくっていくというふうなことが必要やと思うんですけど、その点についてはどうお考えですか。 ◎樽井 青少年スポーツ室次長  遊びに関しましては、大阪府が実施しております放課後児童支援員認定資格研修でありますとか、本市が独自に実施しております総合研修の中でも遊びに関するカリキュラムというのはございます。そういった研修を受講していただいている職員の方々につきましては、そこの研修で学ばれた内容を日々の子供たちとのかかわりの中で実践していただいているところであるというふうに思っておりますけれども、委員の御指摘も踏まえまして、より子供たちにとって放課後を有意義に過ごせるように、充実した放課後が過ごせるような形にしていけるように、各運営事業者のほうには求めてまいりたいというふうに考えております。 ◆長岡 委員  仕様書の中では業務日誌もそろえておくようにということでされてますよね。だから業務日誌があれば日々子供たちがどういうふうに過ごしているのか、指導員がどういったかかわりをしているのかというのがわかると思うんですよね。各クラブの指導員がどう遊びにかかわっていっておられるのかということを、ぜひ青少年スポーツ室としても把握をしていっていただきたいと思うんです。いろいろやってるクラブもあったり、やってへんクラブもあると、こういうクラブ間での格差が以前からもずっと指摘をされてきてますので、こういった格差をなくしていって、どこのクラブへ行っても指導員が中心になっていろんな遊びを子供たちに提供している、一緒に遊びの中に入っていって指導してると、こういう状況がどこのクラブでも日々の活動の中で実施されていると、こういったふうに改善していくように実態をぜひ把握をしていただいて、今おっしゃられたようなことになってへん場合はちゃんと遊びの指導をしていただいて、留守家庭児童クラブが子供たちにとって魅力のあるクラブにぜひなるように、ぜひそういった指導を教育委員会として行っていただきたいというふうに思います。そのことだけを指摘をさせていただいて終わらせていただきます。 ◆川口 委員  私からは中学校給食並びに小学校給食、給食に関してちょっとお伺いさせていただきたいと思うんですけれども、ことしから東大阪の義務教育学校後期課程において、まず625名が食缶方式による中学校給食が始まったというふうにお伺いをしております。そういった中で献立等も見させていただいておりますが、こういった毎日の給食の献立等は民間の調理場がおつくりになられるものなんでしょうか。 ◎正埜 学校給食課長  中学校の献立ですが、市のほうでつくらさせていただいております。 ◆川口 委員  例えば11月22日、和食の日、献立、河内のっぺと、郷土料理も入ってる。こういった献立も市のほうでつくっておられるということで、非常に子供にとってはいいことだなというふうに思うんですけども、今2校始まってこれから段階的に中学校給食を進めていく中で、やはり気になるのがアレルギー対応でございます。現在、東大阪の始まった2校の中学校給食においてのアレルギー対応の現状についてちょっとお伺いさせてください。 ◎正埜 学校給食課長  現在の中学校給食のアレルギー対応についてですが、おかずなどの副食は文部科学省の学校給食における食物アレルギー対応指針に示されている詳細な献立表対応を実施しております。給食の原材料を詳細に記した献立表を事前に配布しまして、それをもとに各御家庭では保護者の方々と、また教室では担任の先生などの指示や生徒自身の判断で、給食から原因食品を除いて食べる対応となっております。また牛乳、御飯、おかずの申し込みをとめることで除去食対応が可能となっております。以上です。 ◆川口 委員  まさにそれがこの献立表でアレルギー物質が非常に細かく、7項目ですか、書かれてあろうかと思いますが、基本的にはそういったいわゆる同一製造ラインにおけるコンタミネーション、ごく少量な微量な混入等についても、生徒さんや家庭がめいめいで対応するというような形が現状であるとお聞き受けしましたけど、それでよろしいでしょうか。 ◎正埜 学校給食課長  委員おっしゃるとおりでございます。 ◆川口 委員  これから中学校給食が全校一貫でやっていく中で、各家庭対応が一つ必要であるという、アレルギーについてこれからどういうふうになるのかという疑問に、心配に思っておられる市民の方もいらっしゃると思いますので、先行の2校、さらにこれからふえていく校につきましても、まずアレルギー対応としては東大阪市はこういう対応ですという指針が、今おっしゃっていただいた一部弁当対応、または一部除去するということで、これも文科省の対応レベルでいうと約2.5ぐらいかなとお聞き受けします。それでよろしいでしょうか。 ◎正埜 学校給食課長  今委員おっしゃるとおりなんですが、レベル1、レベル2、レベル4まであるのですが、レベル1として詳細な献立表対応、レベル2として弁当対応、レベル3として除去食対応となっております。またその上のレベル4としましては代替食対応となっておりますので、今現在、民間調理場で委託をしているのはなかなか難しいのかなと考えております。以上です。 ◆川口 委員  そういう方、そういった現状が理解できましたので、これから中学校の給食をしていく中でそういう対応が各家庭で必要であるというところは、また事前にいろいろと御説明等がいただけて、地域ごとにまたそういった説明会等もやっていただけたらなというふうには思います。  あと最後に食べ残し、食品ロスについてなんですけども、東大阪市、これは小学校の統計だとは思うんですけども、現状的には食品ロス、いわゆる食べ残しについては現状はどのような形になってるのでしょうか。概要だけで結構ですので、よろしくお願いします。 ◎正埜 学校給食課長  今現在の食品ロスというか小学校の給食の残食率は調べてるのですが、平成16年より年2回、6月と11月に数校選んでの残食の調査を行っております。今現在でいうと児童1人の給食量を100%としたときの最新の、先月のデータですね、それでは残食率は4%となっております。また平成27年度に国が調査した残食率は6.9%となっておりますので、本市の残食量は少ないとは考えております。以上です。 ◆川口 委員  本市の残食について全国平均から見たら少ないという状況であると思いますが、これからまさに中学校給食もやっていく中で、食べ切るのがええというわけではないとは思いますが、そういった、もったいないであるとか、当市役所の11階の食堂にも必ずテーブルの上に食品ロスの啓発の掲示がされておられると思いますけども、そういった部分も含めての食育、または子供たちの食とのかかわりについても、また、給食または各部局のほうでさらに啓発等に努めていただきますことをお願いいたしまして、私からは終わらせていただきます。 ◆山崎 委員  少しお時間いただいて質問させていただきます。まず留守家庭児童育成クラブの件でございますけど、今現時点で小学生の全体の生徒数に対して育成クラブに行かれてる割合はどれぐらいありますか。把握してますか。大体でいいわ。  年々、待機と言われるようなものがたくさんどんどんふえてきてる、近年はしてる状況です。この年末にも集計をしていただいてるおかげで、ことしも早速待機児童の解消のためにいろいろと当初予算で組んでいただき本当にありがとうございます。社会状況的にも本当にたくさんの方が育成クラブに預けるような時代にこれからもますますなっていこうかと思います。当然今のいろんな家庭の事情だとかいろんな方があって、預けるというのが今の趨勢なのかなと。教育委員会としてはやっぱりそれにいろんな形で対応していくべきだろうと私も思ってます。それでこれまでも家庭的な、経済的な御負担の軽減ということで減免制度を何回かお訴えをさせていただきましたけど、特に非課税所帯のひとり親、ひとり親がいいかどうかはまた別として、ひとり親世帯の何とか軽減ができないかということで、これまでも何回もお訴えをさせていただきましたけども、その後御検討されたと思いますけども、今の現状はいかがでしょう。
    ◎樽井 青少年スポーツ室次長  御指摘いただいております留守家庭児童育成クラブの減免についてなんですけれども、現在行っております減免制度といたしましては、生活保護受給世帯と、それから各クラブに複数の児童が入会しているという多子世帯の減免を行っておるという状況でございます。御指摘のひとり親世帯でありますとか、さまざまな世帯に向けた減免制度ということにつきましては、これまでも検討はしているところなんですけれども、どういったところ、どういうやり方で基準を設けるのかですとか、そうした場合にどういった課題があるのかということを引き続き研究していく必要があるのかなというふうに考えております。 ◆山崎 委員  現時点でもかなりの都市で、ひとり親というのはちょっと少ないかなと思うけど、いわゆる非課税世帯の減免制度というのはかなり行われているので、そこらも一つ参考にしていただきながらぜひまた検討をよろしくお願いをしたいと思います。  それからLINEによる相談ですけど、来年度もまた新しく拡充をして府のほうが続けるというふうに聞いておりますけども、何か連絡は来てますでしょうか。 ◎堀 教育センター次長  大阪府のLINEを活用した教育相談についてですけれども、今年度の大阪府、年度途中での拡充、期間の延長等について11月11日に通知をいただいております。今年度は1月27日、月曜日までというところで、これまで期間あったんですけれども、現行に加えて3月30日、月曜日までの、毎週月曜日及び1月7日、火曜日が追加されております。相談時間についてはこれまで18時から21時となっておりましたが、1月6日、月曜日以降の相談時間は17時から21時までと1時間延長しております。また対象者がこれまで中学生、高校生となっておりましたが、1月以降は小学生もその対象に含まれたという状況です。令和2年度についてですけれども、来年度も実施であるというふうには伺っておりますが、詳細についてはまだこれからというふうに伺っております。以上でございます。 ◆山崎 委員  恐らく効果を見てということになろうかと思いますけども、また来年度もぜひ続けていっていただきたい。全国的にもLINEによる相談というのは大変効果が上がってるというふうにも聞いておりますので、私ども党としてもこれは引き続きやっていただきたいということは要望させていただこうと思っておりますので、よろしくお願いいたします。  あわせていわゆるSNSを使った、つい最近もいろんな形でSNSを使ったいろんな悪質な事件等が起きておりますので、それに対する安全対策もあわせてやっぱりやる必要があろうかなと思っておりますけども、子供たちへのSNSを使った安全対策ということではどういうことをされておるか、聞かせていただけますか。 ◎西野 学校教育推進室次長  子供たちのSNS等の活用についての危険性等も含めた指導でございますけれども、もちろん国や府から学校向けにさまざまな通知等については発信しながら、学校の指導のあり方についても発信してるところであります。各学校におきましては携帯電話を扱う会社でありますとか、またネットアドバイザー等の専門家、また警察機関等を講師として活用して、子供たちへの注意啓発等については進めているところであります。また学校によりましては保護者向けに関しましても、参観日の後の懇談会の時間を使ったりでありますとか、また入学式の後でありますとか、子供たちの使用に関して保護者に理解を求めていくと、管理について啓発していくというような機会も設けながら、子供たちの安全な利用についてということで進めているところでございます。 ◆山崎 委員  今回、議会質問の中で我が党から、ちょっと話は変わりますけど、読解力のお話の提案をさせていただきました。答弁でも、本市でもいろんな形で取り組みをしていただいております。この読解力が下がっているという原因の一つにLINEの使用があるというふうに言われてます。皆さんも御存じやと思いますけど、LINEというのは非常に短文というか、超短文での、すぐのやり取りができて大変便利な反面、LINEを使ってるがゆえに、短文のゆえに、その人の考えを超短いのでしかできない。これを理解する彼ら彼女らはすごいと思うんですけども、それを繰り返してることが一つの大きな読解力の低下につながってるというような懸念もあります。一方で今LINEを使ったいろんな悩み相談をやってます。一方でLINEを活用していただきたいということを言いながら、また逆にLINEが一つの大変いろんな犯罪にもつながりかねない、あるいは読解力を低下させるという点で非常に悩ましい問題であると思います。だからまだ悪いことだけでのSNSのことだけじゃなくて、いいこともお伝えしながら、こういう危険が潜んでいるよということもしっかりと、両方しっかり教えていく必要があろうかなと思いますけども、いかがでしょうか。 ◎根井 教育センター所長  失礼します。教職員のほうの研修のほうで情報モラル等の研修を行っております。各学校担当者、悉皆のほうで行っておりますので、児童生徒への指導ということでSNSの扱い方、またLINEについてもSNSの即時性、双方向性のよいところがあると思いますので、そういったところと、あとSNSの危険性についても教職員のほうに伝えてまいりたいと思います。以上でございます。 ◆山崎 委員  これが私もいいのかどうかちょっと判断に困りますけど、これも大事なとこかなと。だから日ごろのそういう、ただLINEでも易しい長文で送れるような、二、三行は最低でも書こうねとかいうようなこともできれば将来的にはいろんな形で、自分の気持ちをしっかりと相手に伝える、あるいは相手から来た文章をしっかりと自分が読んで、それに対して理解をして、また再発信ができるということも、昔は手紙でやりとりをしておりましたけど、手紙というのは何週間もかかるから長くなる。あれも双方向で瞬時に来るので、なかなかちょっと難しいかもわかりませんけども、これはちょっと私の浅はかな考えでございますけども、そういうことも加えて言っていただければ、子供たちも自然のうちに読解力の向上にもつながるのかもしれないなという思いでちょっと言わさせていただきました。  それから、きょうこの委員会でも議論になっておりますけども、本市は機械警備に、学校の全体的について切りかえをいたしました。あわせて、これは同時という考え方になるかどうかわかりませんけども、SSSを導入して、先生たちの働き方改革として導入をしました。本会議でもこのSSSが今のところ2名欠員をしてるというような状況です。私も愛ガード、立たせていただいておりますときに校長先生からもいろんなお話を聞いたりしてます。そうすると、門の前に立ってる人はあれはSSSですかと言うと、そうですと言います。ある小学校ですけども、そこは主に警備、子供たちの見守りということで朝、来ていただいてるそうです。6時間という制約がありますので、そうすると朝から出てきていただくともう昼過ぎには帰らなきゃいけないので、中抜きをして、朝3時間やったかな、で夜、夕方3時間というような配慮、その方はそういう配慮をしていただいてますが、やってるそうです。ただSSSの導入は、これは働き方改革、先生方の負担を軽減するということで、本来の趣旨で導入しましたので、先生方の働き方改革になってますかと聞くと、それはもうなってますと言うてました。これまで先生方が担ってきた仕事のいろんな形で、例えば施錠するとかいろんな形で、子供たちのために仕事をしていただくという、それでもなってるというふうに言ってましたので、これはこれでいいかなと思ってます。でも年齢的なこともありますし、なり手もなかなかないということも、これも聞いております。機械警備もこれももとに戻さないということでありますし、ちょっと話がいろいろ飛びますが、議会の中で私たちは子供たちの安全対策として通学路の防犯カメラの設置を提案をさせていただきました。これは何もつけろということではなくて、これまで、やっぱり体制を変えたわけですから、これについてしっかりと検証していく。安全対策でやり過ぎるということはないと思いますので、しっかりと検証して、これから教育委員会としてできることは、これからはどんどんやっていくという姿勢を少なくとも保護者の皆さんや東大阪の市民の皆様方に、教育委員会は子供たちの安全のためにこういうことをやってます、また、先生方の働き方改革のためにこういうことをやってますと、実際に現実に稼働してますということを発信をする必要があろうかと思いますので、まだ年度途中でございますので、ぜひとも、特に機械警備の件、それからSSSの件、これは議論を呼んでおりますので、しっかりと検証していただきたいと思うんですけども、いかがでしょうか。 ◎土屋 教育長  今、山崎副委員長のほうからこの間教育委員会が進めてまいりましたさまざまな取り組みについて御意見、御指摘をいただきました。このことにつきましては本当に我々としてもまず子供の安全、安心、これは本当に最重要課題と思っております。ただ全体的な教職員の働き方の問題等も含めて、一定の全体的なバランスの中でこういう選択をしてまいりましたけれども、今御指摘ございましたように一つ一つの取り組みがどうであったのか、このことについてはきちんと我々として検証しながら前へ進めてまいりたいと、こういうふうに思っております。 ◆山崎 委員  よろしくお願いいたします。  それから小中一貫教育の件でございますけども、小中一貫を導入するに当たっては、私も10年前に提案をさせていただいて、当時は小中連携でした。また広島型のカリキュラムとか、こういうのを通して、やはり義務教育というんであれば東大阪は行政がしっかりと子供たちの将来に責任を持つべきやと、そういう思いで提案をさせていただきました。当時も今の戦後、今の教育制度そのものがなかなか今のグローバルな、いろんな情報がたくさん入る中でなかなか子供たちに対応できていないというような状況もありましたし、子供たちそのものも昔よりも大体2歳ぐらい早熟しているというような状況もあり、当時全国的にも始まってました小中連携、小中一貫という手法を東大阪でも取り入れてはどうだということを言いました。5年前に市長、いろんなやりとりをさせていただいて、市長も選挙の公約にもしていただきましたし、その間教育委員会ともいろんなやりとりをして、3年前にはモデル実施をし、1年前にはプレ実施をして本年全校同時にスタートしました。全校区同時にスタートをするなんていうことは全国的にもまずありませんでしたので、一つは大きな意義があったかなと思ってます。私たちは東大阪の子供たちに社会に出て本当に生きていく力を養っていくために、教育委員会、行政がやっぱり責任を持つ、こういうことを全員で小中一貫がスタートするときに確認をし合ってスタートしましたので、いろんなことがあろうかと思います。当然教師の皆さんは忙しくなります。当たり前です。だけど頭を下げてでも、東大阪市の子供たちのために何とか努力をお願いしたいということをぜひお願いをしたいなと思ってます。私も現場でもいろんな先生とお話しをしますが、私が話す限りではだれ一人として忙しくなったからどうやという先生は一人もおりませんでした。子供たちのためなら残業もいとわないという先生のほうが大半でございましたし、そういう意味では私ども公明党も全力でこれを応援をしていきたいと思っておりますので、よろしくお願いをいたします。  その上で、やっぱり東大阪、やるからにはしっかりとした結果を残していくべきだろうと思ってますので、今回は特に中学校登校、本市のように分離型でスタートをしたのにはこの中学校登校が大きな一つの、今回を成功させるかどうかの大きなものになります。また不登校とかいじめとか、この解消のためにも全国的にも効果があらわれておりますので、しっかりと中身を、回数の問題じゃないと私も思います。物理的な回数ができないところもあるでしょうから。であればやっぱり中身をしっかりとして、回数等も検討していただければなと思いますけども、ことし一応11月ぐらいまでで中学校登校での一つの効果を、見えてきた部分があろうかと思いますので、それを教えていただけますか。 ◎勝部 小中一貫教育推進室参事  失礼します。先ほどからありますように6年生登校やうちの独自の教科であります夢TRY科など、さまざまな取り組みを通じて進めております。年度当初計画をしておりましたその計画に沿って、先生方の努力によって進んでいるところであります。子供たちの様子で、例えば6年生登校の際になかなか小学校では登校できない、その子供が中学校登校には積極的に参加をするというふうな様子でありますとか、受け入れる中学校側の生徒会の子供たちが、中学校の先生たちが頑張っている姿を見て、私たちも盛り上げたいということで主体的な活動が進んでいる様子、そのような子供たちのみずから進んで取り組んでいくような、そういう姿が見られているのが大きい効果かなというふうに感じています。 ◆山崎 委員  それはもう全員でやっぱり共有をしていただいて、ぜひまた年度までしっかりとよろしくお願いをしたいと思います。ほかにも一部担任制、あるいは定期テスト等もありますので、きょうはありませんが、しっかりとその効果について、また改めて課題についてもこれは一つ大きく検証して、しっかりと、ある意味では厳しい目で検証していただく、子供たちのためにですから検証していただきたいと思います。特にまたうち本来の夢TRY科がありますけども、これについて今、大体ほとんどの学校でスタートしてると思いますけども、特にどういう学年等で利用されてるんですか。 ◎勝部 小中一貫教育推進室参事  夢TRY科に関しましては、目的としましては9年間の教育課程ということで一貫した教科というふうなことが前提でございますので、テキストに関しては3年生から中学校3年生まででございますけれども、1年生、2年生も含めて9年間で進めていきたいというふうに考えております。 ◆山崎 委員  すべての学校でもう利用されているんですね。はい、わかりました。特にかなめとなる5年生、6年生、あるいは中学校2年生ぐらいかな、このところがかなめになろうかと思いますけども、一応3年生からやけど1年生からもいろいろと利用をしたりしてる。これが最終的には一番大事かなと私も思ってます。教育は何も小学校から始まるわけではありませんし、できるだけ早く取り組みをするという意味では、これからはやっぱり幼、小、中、これらの連携が非常に大事かなと思っておりますので、今現在、夢TRY科をした中で、ちょっと早いかもわかりませんけども、中身的にはどういうような評価というか、あるいはちょっと不都合な点があったとかいうようなことはございますか。 ◎勝部 小中一貫教育推進室参事  中身に関しては多くの学習内容が含まれておりますけれども、全体的には先生方は、子供たちが興味のある内容が記されているということもあって、子供たちは関心を持って意欲的に取り組んでいるというふうな評価をいただいております。また子供たちの様子に関しても、身近な課題がたくさんありますので、ふだんなかなか手を挙げることができない子供たちも挙手をする機会がふえているとか、そういうふうな様子を伺っているところです。 ◆山崎 委員  全国で初めてで1年そこそこでつくりましたので、大変中身、私も拝見させていただきましたけども非常に内容の濃い非常にいい内容かなと思っておりますけども、不断にこれからは中身をいろんな形で更新をしていかなければいけないと思いますけども、大体サイクル的にはどのようなお考えですか。 ◎勝部 小中一貫教育推進室参事  中身に関しては、先ほどからも申し上げてありますように本当に身近な課題であるというところからいきますと、今、本当に激動の社会と言われている中で日々内容が更新を求められていくものかなというふうには考えております。そういう意味では、一般的な教科書が4年ということもございますので、そのあたりを考えながら来年度以降、本当にこの改訂に向けての検討のスケジュールも含めて考えていく必要があるかなと考えております。 ◆山崎 委員  つくるときは一生懸命、ほとんどが皆さん方がかかわってやって、あんまり予算が、縮小してできましたけども、これはやっぱり専門家も入れてせなあかんかなと思います。スタートをするときに教育長も初め、中学校も全部行っていただいたそうで、聞いております。うちのスタートの段階で小中一貫教育推進室というのを置いていただいて、そうしたことで皆さん方がこうして単独でいろんな形で回っていただいておりますけども、大体どれぐらい今年度は回っていただきましたか。反応も教えてください。 ◎勝部 小中一貫教育推進室参事  9月以降、本格的に教育長を初め回って様子を見ているところでございます。現在の段階でほぼすべての中学校に訪問をしているところでございます。そのときの様子ですけれども、夢TRY科に関しましては、先生方は初めての教科ということでどのように子供たちに理解をさせていけばいいのかという戸惑いは感じながらも、新たな取り組みに対して前向きに進められている様子をうかがうことができます。子供たちの様子も、考えるという時間について今後新しい学習指導要領でも求められていく課題でもございますので、そのような、子供たちが悩んでいるというか考えている様子を見る機会が多いかなというふうに感じています。 ◆山崎 委員  済みません、最後に、ちょっと時間がありませんので教育長にお聞きをしたいと思うんですけど、一つは今回の組織が始まるときに5年ぐらいはというふうに教育長からも昨年言うていただきましたけども、これはしっかりと室を置いて、子供たちのために、小中一貫の推進のためにもうぜひとも残していただきたいこと、これが一つ。  もう一つは夢TRY科、これが東大阪独自のいろんな、本当に先進的な取り組みでございますので、不断に中身もしっかりと毎年検討しながら、先ほども言うたようにこれはできるだけ早い時期に教育をスタートするのがいいと私も思ってますので、ぜひ1年生、2年生でも使えるようなところ、まだちょっと別のになるかもわかりませんが。それからあわせて幼、小、中でのいろんな取り組みも拡大をしていただくということもぜひ御検討いただければなというふうに思います。そのためにも来年度しっかりと予算確保が要りますので、これは副市長に聞いたほうがいいのかわかりませんが、ぜひとも確保をよろしくお願いをしたい。それぞれ、まず。 ◎土屋 教育長  まず組織の点でございますけれども、これは副委員長に御答弁申し上げましたように時限的な組織と、これはこういうふうに考えております。ただこれは本当に我々、決して組織のための組織をつくったんじゃなくて、本当に小中一貫教育を実施していく、徹底していくと、こういうための組織でございます。私といたしましては小中一貫教育室に対しまして毎年度具体的な目標、ミッション、これを設定をいたしまして、その中で今年度はこれをやっていこう、来年度はこれをやっていこう、そういうふうなことで各年度ごとのきちっとした目標、ミッションを持って、時限的な組織であるということを踏まえて、本当にそのことが逆に組織としての駆動力になっていくような、そういう運用をしてまいりたいと、こういうふうに思っております。  それから夢TRY科につきましては、私も今23の中学校、小学校も幾つか回っておりますけれども、授業を見ております。その際にはできれば朝、学校の校門の前に立って登校してくる生徒の様子を見たり、あるいは職員会議で職員朝礼で一人一人の教職員に対して夢TRY科の意味を説明をしたり、そういう取り組みをしておりますけれども、本当に夢TRY科につきましては、小中一貫教育の教科であると同時に、この間でもこの委員会でも御議論いただいておりましたようなICTの問題であるとか、子供たちの読解力を中心とした理解力の問題であるとか、本当にいろんなところにかかわった教科である、こういうことで我々も学校へ行く中で非常に多くのことを我々自身が学んでいると、こういう思いでおります。そういうことで本当にこのことについては学校と一体になって、我々もこれから学ぶと、こういうふうな姿勢で取り組んでいきたいと、こういうふうに思っております。  最後のいわゆる就学前教育を含めました一貫教育といいますか一体的な教育、これにつきましてもやはり就学前教育の重要性、このことについては本当に私自身もこれは教育の基礎をつくると、こういうことで、いろんな取り組みを教育委員会としては、やりかけておりますけれども、やっぱり究極は就学前教育を含めた一貫教育、これをどうしていくかと、こういうことであろうと思っておりますので、このことについては本当に究極的なテーマでもあると思っておりますので、このことを念頭に置きながら進めていきたいと思っております。 ◆山崎 委員  推進、ちゃんとした計画を出してくださいね。  それから最後になりますが、市長が所信表明の中で、また議会でもコミュニティースクールを目指すということを言われました。小中一貫を始めるときにも将来的にはコミュニティースクールを目指すべきだろうということも私も確認をさせていただいてスタートいたしました。ただ、こんなことを言ったら怒られるかわかりませんが、市長の言うコミュニティースクールと小中一貫のコミュニティースクールが同じものかどうかというのは私もちょっとわかりませんが、少なくとも私どもの言うコミュニティースクールというのは小中一貫、つまり地域と学校と家庭がいろんな形で協力をしていく。当時は三鷹でコミュニティースクールが小中一貫と同時にスタートをした事例も、教育委員会と一緒に見に行かさせていただきましたけども、あのところではいろんな意味で地域の方々が先生方の働き方改革にも貢献をしていく、子供たちの授業とかをサポートするとか、いろんな形で地域の方にもかかわっていただいておりました。うちもまだ小中一貫がスタートしたばっかりでございますけども、このコミュニティースクールについての教育委員会の現時点でのお考えを聞かせていただきましょうか。 ◎土屋 教育長  コミュニティースクールにつきましては、やはり地域と学校の協働、いわゆる地域で学校における教育をつくっていく、そういう大きな理念のもとで、私もこのことにつきましては、今日的な社会の状況を踏まえるならば、そういうことがぜひとも必要であろうと思っております。具体的にではどういう、コミュニティースクールという一つのテーマがあるわけでございますけれども、これにつきましても全国の事例を見ますと、さまざまな形やありようがございます。そういうことの中で本当に本市にとって一番ふさわしいありようというのはどうなのか。今お話しをいただきました小中一貫教育との関係、これも非常に我々は重要なポイントであると、こういうふうに考えております。そういうことも総合的に考えながら、この実現に向けて検討してまいりたいと、こういうふうに思っております。 ◆山崎 委員  ありがとうございました。私はこの委員会に属してますし、小中一貫教育を進める立場からコミュニティースクールを言わせていただきましたので、ぜひとも小中一貫に見合うコミュニティースクールを構築をしていただきたいということを言わさせていただいて、質問を終わっておきます。 ○右近 委員長  他にありませんか。                ( 「なし」の声あり ) ○右近 委員長  他にないようでありますので、一般的な質疑、質問はこの程度にとどめます。  この際、議事進行上、暫時休憩いたします。               ( 午後2時4分休憩 )            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜               ( 午後2時57分再開 ) ○右近 委員長  休憩前に引き続き委員会を再開いたします。  これより市長に対する総括的な質疑、質問を行います。質疑、質問はありませんか。 ◆中西 委員  それでは私は一つ教育とコミュニティーの関係というところからの観点で質問をさせてもらいます。市長はコミュニティースクールに関しまして、くすは縄手南校の開校式でも言及されましたし、定例会における所信表明の中でも地域とともにある学校づくりという言葉を使われて、コミュニティースクールのことにも言及されました。またフェイスブックで拝見すると、これからのまちづくりは学校を拠点とすることが肝要であるというような言葉を使われて、学校と地域の関係について言及をされています。私はこの認識は大いに賛成なんです。やっぱりこれからの学校というのは地域とともにあるべきだし、地域と連携をもっともっと強めていくべきだというふうに考えています。そういうことでいいますとコミュニティースクールというのは学校運営協議会という組織を設置して、より地域が学校の運営にかかわるという、そういうことでいいますと、私はコミュニティースクールというのはぜひとも早急に実現してほしいなと。また文科省も全国的に法律も改正して、全国の公立の学校にコミュニティースクールを努力義務として設置することを明記したということもございます。それとまちづくりにかかわりましても、例えば防災のこととか子育て、教育、また福祉のまちづくりやそういったことでも、私は学校というのは大いに関係してくる組織だというふうに考えています。そういうことでいいますと危機管理室や協働のまちづくり部や福祉部や子どもすこやか部といったところとの連携というのは、これからの教育で大事なことではないかなというふうに考えています。コミュニティースクールを私はぜひとも実現していかなければならない政策だというふうに考えているんですが、本会議のときにも所管を含めた手順について教育長にもお聞きをしたところなんですが、市長のコミュニティースクールにかける思い、そしてまた、まちづくりの拠点であると、学校はまちづくりの拠点になるべきだという、そういう思いについてお聞かせ願いたいというふうに思います。 ◎野田 市長  コミュニティースクールがこれからの地域のまちづくりのいわば一つの柱になる、そういう思いを持っているところであります。一つには学校が地域に開かれた、同時に地域が学校を支えるということが子供たちの健全育成に大きく寄与する。と同時に、ある部分では教職員を結果としてサポートすることにつながるのではないかと思っているところであります。もう一つは、この間、東大阪市版地域分権ということでさまざまな話し合いなどを重ねて考え方を構築をしてまいりましたけれども、最終的な仕組みづくりにはまだ至っていないところであります。しかしその中の議論では、いろんな考え方はありますけれども、小学校区単位あるいは中学校区単位、地域がどちらかを選択するにしろ、校区という考え方がやはり市民の皆様には地域といういわば概念とイコールになるところがある、そういう多くの意見を改めて確認をできたところでございます。そういったことを考えると、学校を中心としたまちづくりを考える、そしてまちづくりを考えるに当たって学校をいわば支えていく、そういったことを、2つの課題を解決するというのか、共通目標を持ってなし遂げていける、それがコミュニティースクールの形ではないかなと思っているところでございます。当然教育委員会の所管事項でございますので、できるだけ早く私とすれば教育委員会の中でコミュニティースクールについての可能性、さまざまな効果、そういったものを議論をいただいて、具体的なコミュニティースクールの実現への道筋をつくってほしいと、そういう思いをまた私自身も今後、総合教育会議等々で教育委員の皆様にもお伝えをしたいと考えているところであります。 ◆中西 委員  私はすごい卓見だというふうに思います。本当にこれからのまちづくりというのは教育とのかかわりというのは非常に大事ですし、私は協働のまちづくり部が制度設計をされるときも、もっと教育のまちづくりにもかかわった考え方をというのは、もうずっと言ったことなんです。ですからぜひとも、これから学校というのは必ず地域との結びつきの中であり得るし、また地域のまちづくりというのはやっぱり学校とのかかわりを抜きにして考えることはできないというふうに考えていますので、コミュニティースクールを中心として教育とコミュニティーの考え方をぜひともこれからも前進してほしいなということを強く要望しておきます。  それと続けてスポーツのまちづくりについてお聞きしたいと思います。私はスポーツのまちづくりについては従来からずっと言うていたことなんですが、スポーツというのは多面的な要素を持ってまして、競技スポーツ、もうチャンピオンになるために自分の極限までやるという、そういうスポーツの局面もありますし、また生涯スポーツでゆっくりと、自分の好きなスポーツをゆっくりと自分のペースで楽しむという生涯スポーツもありますし、また、見るスポーツ、支えるスポーツの側面もあるということでいろんな側面を持っている。そのスポーツの側面の中で自己実現の手段、生きる力になったり、地域または仲間との一体感をつくったりとか、そしてまた健康づくりにも役立つとか、また経済的な効果、これも大きいんですよね。経済的な効果もあると。そういったいろんな多面的なよさを持っている。それを今回独立した部にされたということは、私は高く評価をするものなんです。それで本来スポーツが教育委員会の本籍地にあったものを出された。これは法律の改正があって出すことができたということで、誘致室の、ワールドカップ推進室もしかり、またスポーツのまちづくり戦略室もしかりなんですが、そうしていろいろまちづくりに生かすために教育委員会から条例をつくって出された。今回はそれをもっと広い範囲で、スポーツは学校スポーツを除く市民スポーツの部分、また、見るスポーツ、支えるスポーツの部分まで出された。これは私は非常に大きな改革だったというふうに考えています。考えているんですが、市民スポーツ、生涯スポーツというのはまだ教育的な要素も非常に大きい、社会教育的な要素が非常に強いものです。多分全国で見ても市民スポーツや生涯スポーツは教育委員会の所管をするところがほとんどじゃないかなというふうに考えます。それをあえて市長部局へ出された、私はこれはすごいことだなというふうに思っています。それでこの市民スポーツ、生涯スポーツを市長部局へ出されたということについて、私が本会議でも質問したときに、市長は、スポーツは子供から高齢者まで言語、性別、障害の有無などにかかわらず参画することができ、教育という枠組みを超え、健康福祉、国際交流などの分野にも普遍的にまたがる施策であることから、市長部局において取り組むことが生涯スポーツの振興やスポーツのまちづくりに有効であると判断したというように答えられました。しかし部についていいますと、都市魅力産業スポーツ部という名前の中に、私はこれの意義を問うたときにも、経済的な側面だけが何か強く出てるような気がするんです。市民スポーツ、生涯スポーツを市長部局に持ってくるということの重要性、これについて私は市長に再度確認をしときたいんですが、これはやはりこれを市長部局に持ってきたということは、市長部局の責任は非常に大きいものがあるというふうに考えるんですが、市長はその辺はどうお考えでしょうか。 ◎野田 市長  今回、機構改革で教育委員会社会教育部が担っておりましたスポーツに係るものを市長部局に移し、今、都市魅力産業スポーツ部として今後施策を展開をしていくところでございます。ラグビーワールドカップを開催をしたこれまでのさまざまないわばスキル、そういったものをまちづくりに、スポーツとのまちづくりに生かしていく。そして市民スポーツという観点からすべての人たちがあらゆるスポーツに親しみを持ち活動をしてもらうという、スポーツとまちづくりということがここはもう全体として市長部局で行っていくということ。またあわせてスポーツで使用するさまざまな運動用具、あるいは必要な器具等々、市内の物づくり企業の人たちが何かの気づきがあって改良、あるいは新しい製品を開発をしていく。今、大阪大学医学部、歯学部と医工連携、歯工連携を行っておりますが、まさにそのいわば地域版のようなことも今後事業として展開できるのではないか。そういった考えを持ってこれからスポーツを一つのキーワードとした東大阪市としての政策展開を積極的に行っていく、そういう考え方から今回の機構改革を議会のほうにお示しをし、御審議をお願いをしているというところでございます。 ◆中西 委員  なるほど、そういうことで市民スポーツもいろいろまちづくりに絡めて、いろんな、物づくりとの関係もいい影響が出るようにと、そういう発想だというふうに理解をしたんですが、私はこれは本当にすばらしいことだというふうに考えます。しかしこの市民スポーツを、生涯スポーツを市長部局へ持ってきたというときには、その環境づくりというのが非常に大事になってくると思うんです。ところが我々の市では体育館は2つしかない、バスケットコートでいうと4面しかないというような市なんですが、これは非常に50万人都市としても貧弱な、脆弱な施設のありようなんですが、そういうことでいいますとスポーツをする環境づくり、場というのは市長としてはどういうようにお考えでしょうか。 ◎野田 市長  スポーツをする大規模施設、屋内体育館あるいは競技場、球技場等々、それぞれ相当の土地の面積を必要とするものでございます。東大阪市は御承知のとおり市のいわば人口、あるいは事業所の数を考えると非常に市域面積が狭い町ということもございまして、そういった施設の充実ということがなかなか今日まで取り組むことが非常に難しかったところでございますが、今回、例えば花園中央公園のパークPFI等々の取り組みで少しそのあたりに何か民間の活力を傾注することができないか、あるいは改めて、限られた資源の中でより一層効率的な使用方法、そういったものができないか、改めてそういったことも考えていく必要性があると考えております。しかし中西委員御指摘のとおり、確かに東大阪市の人口を考えると大規模スポーツ施設がやや数の上において乏しいという事実は、ここはしっかりと受けとめながら、あらゆる可能性を今後探っていきたいと考えております。 ◆中西 委員  やや乏しいというより非常に乏しいというように言ったほうがいいんじゃないかなというぐらい貧弱だというふうに思います。また、パークPFIはすごく私はいい政策だというふうに考えているんです。花園中央公園をもっともっと活性化していくためにも重要だと思うんですが、今度計画されてる花園ラグビー場の第2グラウンドについても、いろいろな民間の活力も導入するということでいいんですが、それはあくまでもやっぱり競技スポーツであったり大きな大会をするための競技場であって、市民が日常的にスポーツを楽しむために使うということでいうと、なかなかちょっと難しい部分があるのかなと。だからそういう施設を整備していくことと同時に、それは都市格もアップさせますし、いろいろ、見るスポーツ、支えるスポーツの点でも、また競技スポーツの向上という点でも貢献するんですが、私は市民スポーツ、生涯スポーツについてもっともっとそういう環境を整備していくことが必要なんじゃないかなというふうに考えているんです。これについて国は、そういうハードをつくるというのはいろんな予算があって制約があってなかなか難しいけれども、国はいろんな場面で学校施設の開放、学校施設の利用というのを、よく出てるんです。例えばでいいますと2001年から10年間のスポーツ政策で、総合型地域スポーツクラブを中学校単位でつくりましょうという政策があったんですね。それは東大阪市ではスポーツエリア花園というところが1カ所、形だけつくったような感じなんですけども、本当に1カ所しかできてなかったんですが、その中でも総合型地域スポーツクラブはどこでするのかということでいいますと、いろんな場があるんやけど学校の施設を重要視してるというところがあったんです。また2011年から20年までの政策でスポーツ立国戦略という国の政策があるんですが、その中でもやっぱり学校施設の開放、利用を言うてるんですね。また今、第2期のスポーツ基本計画の中でも学校施設を利用しようということを本当にもう再三再四、国は言うていってるんです。実際に学校施設の開放というのは学校施設開放委員会を通じてされています。小学校でも51校、中学校でも18校、これは義務教育学校も含めてなんですが、今そういう現状であるというのも本会議で質問させてもらったんですが、やはりこれは学校が主体で、従で社会教育にも、社会体育にもそれをどうぞ使ってもらって結構ですよということでいいますと、学校教育上または施設管理上、支障のない範囲で学校開放をしますということだと思うんですね。しかし国が考えている学校開放というのは、もうあと一歩、先に進んでるというところがあって、例えば学校の中で施設を開放します、その中で例えば総合型地域スポーツクラブにしても、クラブハウスを学校の中につくります、だから学校の施設ともう関係なく、学校の中にそういうものをつくりますということが大事ですよと言うてるんですよね。学校の施設開放で一番の大事なことは、まず第一に子供たちの安全、安心にこれは必ず影響しないこと、これは第一だというふうに思います。そしてまた学校開放することによって教職員の負担がふえるということであっては、これは学校開放、本末転倒になります。ということで、そういう条件をクリアした中で学校開放というのは進めていくべきなんですが、私は学校の施設とかかわりなく、学校の中へ入って学校の管理がどうということではなくて、むしろ学校の中の敷地や学校の例えば校舎の中を使っても、それは学校と関係なくそういうものが存在するということが私は学校開放の中で何よりも大事なことだというふうに考えているんです。ですから市としてもこれからもっともっと学校開放を進めていってほしいんですが、市長にここでちょっとお聞きをしたいんやけども、市長は学校の施設の開放ということについてはどういうようなお考えをお持ちなんでしょうか。 ◎野田 市長  学校施設そのものが市民にとってのいわば地域の財産であると思っております。そういったこともあってコミュニティースクールというものは学校を支えると同時に、学校という施設を地域で最大限いわば享受する、使う、そういったことも可能ではないかと思っております。そういった中から現在、地域によっては学校施設、体育施設の開放を行っておりますけれども、いわば余裕があるということであればコミュニティースクールを形成する中でそういったことも包含してやって、学校の施設はぜひとも最大限地域の皆様で御利用いただける、そんな学校であればいいと私は考えております。 ◆中西 委員  確かに小学校、中学校というのは地域に必ずあるんですよね。必ずある。本当に地域の財産だというふうに思うんです。それを学校だけが閉鎖的な空間でやってしまうんじゃなくて、それをもっともっと地域に開放していく。しかしこれはハードルが高いんですよ。これは、ここの壁を破るというのは並大抵ではないというふうに思っているんですが、私は先ほどの2つの条件、子供の安全、安心、また教職員の負担がふえないということを条件にして、もっともっと地域との交流を深めていくべきだというふうに考えています。例えば京都の御池中学校でしたっけ、新しい校舎を建てるときに公民館や老人施設や保育園やというものも、そしてまたカフェも併設した形で建てました。しかしそれはあくまでも中学校とそういう施設は別ですよね。別々のものである。ただそれが一体となった建物であるということ、これが非常に大事なことだというふうに思うんです。私は学校の中に公民館ができるというのも、近い将来必ず実現するんじゃないかなというふうに考えているんですが、そういう形で地域のコミュニティーの中心として学校というものがあるというような形でこれからも施策を進めていってほしいなと。私はこれまでの3期の野田市政というのはすごく評価をしてるんです。着実に政策を進められたし成果がありました。また今回、ワールドカップということを通じて、この成功は市にとっても、非常に大きな追い風になったというふうに思います。しかしいろんな課題がある。それをPDCAサイクルの中で、副市長も3人体制にされました。組織機構も見直されました。そういう中で4期目をぜひそういう課題解決のために使ってほしいし、その中で教育というのは一番大きなテーマじゃないかなというふうに考えているんです。私は4期目はぜひとも教育ということに市長も大きな力を注いでいただいて、ぜひともこれからの東大阪の市政をさらに前進させてほしいなというふうに強く要望しまして、私の質問を終了します。 ◆長岡 委員  私のほうからは、まず学校の施設の老朽化についてお尋ねをしたいと思います。本会議でも質問させていただきました。ほんでこの委員会の中でも議論させていただいて、教育委員会のほうからは今年度中に改修すべき学校については計画を持っていきたいというふうな答弁がございました。建築基準法でD判定になってて、早急に改善が必要だと言われてる箇所がどの学校にも存在をして、箇所数でいうと1000カ所を超えるような実態になっている。こういうことで、早急に改善が必要やということで教育委員会のほうからも、急いで調査をして改修に当たっていきたいというふうな答弁がございましたので、本会議で市長のほうも長寿命化計画を立てていった上で予算化をしていきたいというふうな御答弁もあったかと思いますけども、ぜひ今年度中に計画を立てていきたいという教育委員会の決意も踏まえて、来年度から工事にぜひかかっていただけるように取り組んでいただきたいと思うんですけども、市長の御見解をお聞かせください。 ◎野田 市長  学校施設の老朽化対策につきましては所信表明でも申し上げました。また、本会議での御答弁でも申し上げましたが、現在の本市にとっては大変重要な課題であると認識をしているところでございます。そういった中で今教育委員会には学校施設の長寿命化計画を今年度中に策定をし、その計画に基づいて必要な予算を可能な限り配分をしつつ学校施設をいわばリニューアルしていこう、あるいは今後の長期の使用に耐えることのできる校舎にしていこう、そう考えているところでございます。今委員のほうからも御発言ございましたが、今年度中に教育委員会のほうがその計画を策定されるものと考えておりますので、そこはまた財政当局も含めて、しっかりとその後の予算配分につきましては調整をしていきたいと考えているところでございます。 ◆長岡 委員  ありがとうございます。学校施設の調査を去年から行ってくる中での、本当にどの学校も雨漏りがひどい状況、学校が子供たちの授業にも支障の出るような状況がずっと放置されてきてたというのが明らかになってきましたので、ぜひこれは急いで早急に改善をしていただきたい。また、避難場所となってる体育館の雨漏りなんかも、この委員会の中でもいろいろ質問もされてましたので、そういったことも含めて学校、子供たちが快適に学べる教育環境をつくっていく、また、避難所としての活用ができるようにぜひしていただきたいなというふうに強く要望させていただきます。  それで続いて、文教委員会の中できのう、きょうと議論をしてきましたけども、私だけではなくほかの委員さんからも、学校での教員を初めとした人手不足の問題が種々指摘をされてきました。例えば今年度からSSS、スクール・サポート・スタッフが配置されましたけども、その一方で学校の警備員さんがいなくなってこのSSSの方がそのかわりを担っているという状況。もともとは働き方改革ということで教職員の負担を減らすということでつけられてる経過があるんですけど、なかなかそれを十分に活用し切れてなくって負担軽減につながってない学校もあるというふうな話も出てましたし、少人数学級を拡充してほしいという意見、またあわせて、私も本会議で質問しましたけども実際の学校の中で40人を超える人数で授業をしてるという実態が生まれてると。多いところでは45名で授業をするような事態にもなっていると。これを改善をする必要があるんじゃないかということなんかも出てました。さらには病欠、産休で欠員になってる状況が24名もあると。長いところでは5月1日から教員が配置されてないと。このことでは担任外の先生等が入って何とか授業を回しているという事態で、一方でSSSを入れるなどして働き方改革をすると言ってる一方でも、こういった教員の欠員が解消されてないと。教室でも40人を超えるような状況で授業が行われてる。こういったことで教職員の負担を軽減するためにも、もちろん大阪府にも要望をされるということは必要ですけども、東大阪市独自としてもこうした教員の負担軽減するためにも、講師の採用なんかをもっと積極的に行っていただいて、教職員の負担軽減に努めていただきたいというふうに考えてるんですけども、市長のお考えをお聞かせいただけますか。 ◎野田 市長  教職員の欠員については、担当部局からもその状況を確認をしているところでございます。まず少なくとも府費で対応ができる教職員がそれぞれの理由によって現在、休暇等々でいわゆる欠員状態であると。ここはしっかりと本市教育委員会として講師の人材確保を常に行って、速やかに配置ができるようにさらに工夫をするように指示をしているところでもございますし、また当然それらにつきましては可能な限り我々もサポートをしていかなければならないと考えているところでございます。  また、支援学級の在籍児の関係でクラスの定数が事実上40人以上になっているという、こういう実態につきましては、私自身もそれは確認をしているところでございます。このことにつきましては既に国または府に対しましても、いわゆるダブルカウントと言うんでしょうか、きっちりと在籍児の中に支援学級に通っている生徒さん、そして普通学級で学ぶ生徒さんという形でダブルカウントをして、結果としては40人定員というものを守っていけるようにこれをやるべきではないか。そのことが子供たちがまさに学校で安心して学んでいける、あるいは支援学級で学ぶ子供たちもさまざまな場面でいい教育を受けることができるんではないか、そう考えているところでございますので、これらにつきましても、さらに国また府に対しても強く要望をしていきたいと考えているところでございます。 ◆長岡 委員  ダブルカウントの問題については市長のほうも十分御認識いただいているという御答弁がありました。かつてはほとんどが障害児学級で過ごしている子供が多かったんです。今は通常の教室で過ごす時間のほうが多い子供も支援学級にカウントをされているんで、40人を超えてる状態が常態化してるという。机も結局、その子が支援学級に行ってる間も机はそこにあるわけですから、教室自身が非常に狭い状況になってるわけですよね。そういうことも踏まえてぜひ、これはいろいろ調べてみたら本市だけの問題ではなくって、大阪府下のほかの市でも同じようにダブルカウントでけへんかということが議会の中でもたびたび取り上げられているような状況もありますので、これについてはぜひ他市の市長、また教育長ともあわせて大阪府に、府下の市町村挙げて改善を求めていくというふうな取り組みも必要ではないかなというふうに考えております。  あと私がきのう質問させてもらった中で学校の図書室の問題なんですけども、東大阪は学校の図書室に学校司書という、司書教員ではないんですけども、司書の免許を持った方が配置をされていないんです。しかし一方では大阪府下で見るとそういうふうに司書が配置されてないのは本市と千早赤阪村だけなんですね。ほかの市では常勤の職員、非常勤の職員、また有償ボランティアと、いろんな形で司書が配置をされてまして、各学校に1名以上配置されてる、こういった学校も15校ぐらいあるんです。全体で見ると80%近い学校で司書が配置をされる、こういうふうな状況に今なってる中で、子供たちの教育環境の改善を図っていく、本を読む、こういった習慣をつけていく上でも、司書の配置も含めて学校自身に人をもっと配置をしていく、教職員の皆さんの負担を軽減していくことも含めて子供たちの学ぶ環境の充実を図っていく、こういうことも含めてぜひ検討いただきたいと思いますし、東大阪の学校に通わせたいと思えるようになっていってもらうためにも、司書がほかの市では配置をされてるのに東大阪ではまだどの学校にも配置されてないと、こういった状況もぜひ改善をしていただきたいというふうに思うんですが、市長のお考えはどうですか。 ◎野田 市長  司書の役割というのは非常に重要であると考えております。過日もメディア等で報道されましたが、日本の学生の人たちの読解力が世界OECDの加盟国の中でも非常に成績が悪いというような状況等もございます。そういったところでやはり読書、まず本を読むということは非常に重要なことだと考えております。先ほど中西委員からのコミュニティースクールの御発言がございました。コミュニティースクール等々をやる中で司書資格を持っている地域の方たちがおられれば、まさに有償ボランティアとか何らかの形でのお手伝いをいただけるのではないか、そんな思いもございますし、また時間的な中でそれが時間がかかるというところがございましたら、例えば巡回をしながら図書指導を司書が子供たちに行うと、いろんな方法はあるかと思います。そこは教育委員会ともまた相談をしながら、その必要性を十分かんがみながら今後検討していきたいと考えております。 ◆長岡 委員  ぜひ、他市の状況を見ても学校数以上に配置されてるところもあれば、2校に1校とか中学校区に1人、こういったことで配置をされてるとこも、さまざまなんですけども、とにかく司書を配置をしていこうというのは大阪府下でももうほとんどの市で行われている。図書館基本構想を策定するときにも学校の図書室と図書館との連携を進めていく、こういったことなんかも話をされてて、その上でも、管理をする上で司書の配置というのは必要やということは4年前も私、文教委員会で質問させていただいた、一緒にそういう議論をさせていただいた経過もありますので、学校、子供たちの教育環境を守っていく、こういった点でやっぱりマンパワーというか、人の配置というのは避けては通れないことになってくると思いますので、ぜひほかの市とも連携をしながら、ダブルカウントの問題なんかも含めてぜひ教育の充実をさせていっていただきたい。また市独自でできる取り組みとしてさまざまなことを、人の配置なんかも含めてぜひ検討していただいて、子供たちによりよい教育環境の提供ができるようにぜひ要望させていただきます。以上で終わります。 ○右近 委員長  他にありませんか。                ( 「なし」の声あり ) ○右近 委員長  他にないようでありますので、市長に対する総括的な質疑、質問はこの程度にとどめます。  この際お諮りいたします。本日の審査はこの程度にとどめたいと思いますが、これに御異議ありませんか。               ( 「異議なし」の声あり ) ○右近 委員長  御異議ないようでありますので、さよう決します。なお次回は12月18日、午前10時より委員会を開会いたします。  本日はこれにて散会いたします。               ( 午後3時37分散会 )...