柏原市議会 > 2026-11-28 >
11月28日-01号

ツイート シェア
  1. 柏原市議会 2026-11-28
    11月28日-01号


    取得元: 柏原市議会公式サイト
    最終取得日: 2020-07-23
    令和 元年 12月 定例会(第3回)                目次◇開会 午前10時0分 開会挨拶(議長 中村保治)………………………………………………………………4 開会挨拶(市長 冨宅正浩)………………………………………………………………4◇開議 日程第1 議会運営委員会委員長報告(寺田悦久)……………………………………4 日程第2 会議録署名議員の指名(鶴田将良・岸野友美子)…………………………5 日程第3 会期の決定(11月28日~12月20日)…………………………………………5 日程第4 議会活性化特別委員会委員長報告(新屋広子)……………………………5 日程第5 議案第60号 教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて      議案説明(市長 冨宅正浩) (同意)……………………………………6 日程第6 議案第61号 公平委員会委員の選任につき同意を求めることについて      議案説明(市長 冨宅正浩) (同意)……………………………………7 日程第7~日程第19 一括上程(議案説明)     *総務部長(脇田直行) 議案第56号 議案第62号…………………………8     *市民部長(西戸浩詞) 議案第57号…………………………………………9     *教育部長(福島 潔) 議案第58号 議案第59号 議案第63号 議案第64号……………………………………………………………………………………………………9     *市立柏原病院事務局長(中川拓也) 議案第65号 議案第70号…………11     *上下水道部長(辰巳伸一) 議案第66号……………………………………12     *財務部長(福井 浩) 議案第67号…………………………………………13     *健康福祉部長福祉事務所長(石橋敬三) 議案第68号 議案第69号…15◇散会 午前11時6分◯令和元年第3回柏原市議会定例会会議録(第1号)-----------------------------------◯令和元年11月28日午前10時0分より柏原市議会議事堂において開会-----------------------------------◯議事日程 日程第1       議会運営委員会委員長報告 日程第2       会議録署名議員の指名 日程第3       会期の決定 日程第4       議会活性化特別委員会委員長報告 日程第5 議案第60号 教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて 日程第6 議案第61号 公平委員会委員の選任につき同意を求めることについて 日程第7 議案第56号 行政財産の貸付けについて 日程第8 議案第57号 公の施設(柏原市立市民プラザ及び柏原つどいの広場)の指定管理者の指定について 日程第9 議案第58号 公の施設(柏原市民文化会館)の指定管理者の指定について 日程第10 議案第59号 公の施設(柏原市立サンヒルスポーツセンター)の指定管理者の指定について 日程第11 議案第62号 柏原市個人番号の利用及び特定個人情報の提供に関する条例の一部改正について 日程第12 議案第63号 柏原市スポーツ振興基金条例の一部改正について 日程第13 議案第64号 柏原市立小学校及び中学校の設置等に関する条例の一部改正について 日程第14 議案第65号 水道事業及び下水道事業の企業職員給与の種類及び基準に関する条例及び柏原市病院事業の企業職員給与の種類及び基準に関する条例の一部改正について 日程第15 議案第66号 柏原市下水道条例の一部改正について 日程第16 議案第67号 令和元年度柏原市一般会計補正予算(第5号) 日程第17 議案第68号 令和元年度柏原市国民健康保険事業特別会計(事業勘定)補正予算(第2号) 日程第18 議案第69号 令和元年度柏原市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第1号) 日程第19 議案第70号 令和元年度柏原市市立柏原病院事業会計補正予算(第1号)-----------------------------------◯出席議員(16名)              1番    峯 弘之議員              2番    梅原壽恵議員              3番    大木留美議員              4番    山本修広議員              5番    鶴田将良議員              6番    山口由華議員              7番    田中秀昭議員              8番    山下亜緯子議員              9番    新屋広子議員             10番    中村保治議員             11番    橋本満夫議員             12番    岸野友美子議員             13番    奥山 渉議員             14番    大坪教孝議員             15番    寺田悦久議員             16番    乾  一議員-----------------------------------◯欠席議員(なし)-----------------------------------◯説明のため出席した者の職氏名            市長        冨宅正浩            副市長       松井久尚            教育長       新子寿一            監査委員      裏野榮士 政策推進部      部長        市川信行            総合政策監     山口智弘            危機管理監     渡辺敏弘 総務部        部長        脇田直行            理事次長     瀬田友之            総務課長      具志堅将史 財務部        部長        福井 浩 市民部        部長        西戸浩詞            理事        山口伸和 健康福祉部      部長福祉事務所長 石橋敬三            理事次長     梅川保和 都市デザイン部    部長        森本貞男 会計管理室      会計管理者会計管理室長                      小林由幸 上下水道部      部長        辰巳伸一 市立柏原病院     病院事業管理者   石川哲郎            病院事務局長    中川拓也 教育部        部長        福島 潔            教育監       岡本泰典 選挙管理委員会監査委員公平委員会農業委員会事務局            局長        安田善昭-----------------------------------◯事務局出席職員    事務局長      前川留彦            次長        松田佳世            参事        北井潤一            参事        畑中一章~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ △開会 午前10時0分 ○中村保治議長 おはようございます。 ただいまの出席議員16名、定足数に達しております。よってただいまから令和元年第3回柏原市議会定例会を開会します。 定例会の開会に当たりまして、一言ご挨拶を申し上げます。 議員各位、市長、理事者並びに職員の皆様には、本会議にご出席いただきまして、まことにありがとうございます。 本定例会は、人事案件を初め条例案件、補正予算案件など15件の議案が提出されております。議員各位には、十分なるご審議をいただきますようお願い申し上げますとともに、円滑なる議事運営ができますようご協力をお願い申し上げ、開会のご挨拶とさせていただきます。 それでは、市長から挨拶を受けます。     〔冨宅正浩 市長 登壇〕 ◎冨宅正浩市長 皆さん、おはようございます。 令和元年第3回定例会の開会に際しまして、議長のお許しをいただき、一言ご挨拶を申し上げます。 議員各位におかれましては、師走を間近に控えまして何かとお忙しい中、本会議の開催をお願い申し上げましたところ、ご参集賜り、厚く御礼を申し上げます。 本日ご提案申し上げております案件といたしまして、人事案件が2件、条例案件5件、予算案件4件、その他案件4件の計15件でございます。これから順次ご説明申し上げますので、よろしくご審議、ご決定賜りますようお願い申し上げまして、開会に当たりましてのご挨拶とさせていただきます。よろしくお願いいたします。----------------------------------- △開議 ○中村保治議長 直ちに本日の会議を開きます。 それでは、本日の日程に入ります。 日程第1、議会運営委員会委員長報告を議題とします。寺田悦久議会運営委員会委員長、報告願います。     〔15番 寺田悦久議員 登壇〕 ◆15番(寺田悦久議員) おはようございます。議会運営委員会の寺田悦久でございます。 ただいまから、本定例会の運営につきましてご報告を申し上げます。 まず、本定例会会期は、議会運営委員会で本日から12月20日までの23日間とし、日程については、既にお配りをしております定例会運営予定表のとおりとすることに決しております。 本日の本会議では、お手元の議事日程表のとおり、会議録署名議員の指名、会期の決定を行います。 次に、閉会中に議会活性化特別委員会が開催されておりますので、委員長の報告を受けます。 次に、議案第60号 教育委員会委員の任命につき同意を求めることについてを上程し、市長から提案理由の説明を受け、質疑の後、委員会付託及び討論を省略し、簡易採決により採決することに決しております。 次に、議案第61号 公平委員会委員の選任につき同意を求めることについてを上程し、市長から提案理由の説明を受け、質疑の後、委員会付託及び討論を省略し、簡易採決により採決することに決しております。 次に、議案第56号から議案第59号まで及び議案第62号から議案第70号までの13件を一括上程し、担当者から順次提案理由の説明を受けます。 以上が本日予定しております議事日程でございます。 次に、本定例会は、申し合わせにより、議案に対する質疑及び一般質問個人質問制により行い、持ち時間は答弁時間も含め1人40分以内とし、質疑・質問の順位は質疑・質問通告書の提出時に抽せんを行い決定をいたします。 なお、質疑・質問通告の締め切り日は、12月3日火曜日の正午となっておりますので、よろしくお願いをいたします。 次に、12月12日の質疑・質問終了後に採決を予定しております議案は、議案第62号、議案第63号及び議案第69号の3件でございます。 次に、議案第56号から議案第59号まで、議案第64号から議案第68号まで及び議案第70号の10件につきましては、後日配付いたします議案等付託表のとおり所管の常任委員会に付託することに決しております。 なお、各常任委員会の開催日につきましては、既にお配りをしております定例会運営予定表のとおりとなっておりますので、よろしくお願いを申し上げます。 次に、理事者から追加議案といたしまして、人事院勧告に関する議案が整えば、本定例会の最終日に提出予定であるとの申し出がありました。 最後に、本会議の運営につきましては、適宜議長の判断で変更されることもございますので、よろしくお願いを申し上げます。 以上が本定例会の運営につきまして当委員会で協議、決定いたしました内容でございます。議員各位におかれましては、よろしくご理解をいただき、円滑なる議会運営ができますことお願いを申し上げ、報告を終わらせていただきます。 ○中村保治議長 ただいまの委員長報告どおり本定例会の運営を行いますので、ご協力をよろしくお願いいたします。----------------------------------- ○中村保治議長 次に、日程第2、会議録署名議員の指名を行います。 本定例会の会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、議長において、5番鶴田将良議員と12番 岸野友美子議員を指名します。----------------------------------- ○中村保治議長 次に、日程第3、会期の決定を議題とします。 お諮りします。本定例会会期は、本日から12月20日までの23日間と定めたいと思いますが、これにご異議ございませんか。     〔「異議なし」の声起こる〕 ○中村保治議長 ご異議なしと認めます。よって本定例会会期は本日から12月20日までの23日間と決しました。----------------------------------- ○中村保治議長 次に、日程第4、議会活性化特別委員会委員長報告を議題とします。新屋広子議会活性化特別委員会委員長、報告願います。     〔9番 新屋広子議員 登壇〕 ◆9番(新屋広子議員) おはようございます。議会活性化特別委員会の新屋広子でございます。 11月26日に当委員会を開催いたしましたので、ご報告を申し上げます。 令和元年第1回定例会の初日に報告させていただいておりました大阪教育大学留学生さんとの意見交換会については、10月23日水曜日に、19人の学生さん参加のもと、「かしわらの魅力発見!ええとこ、悪いとこ、私が住みたいまちにするには?」をテーマに、3つのグループに分かれて意見交換を行いました。 今回の意見交換会は、ブレーンストーミング方式で行い、留学生の皆さんからたくさんの意見を出していただきました。意見交換会では、グループで出された意見をよいところ、悪いところに分け、最終的には要望や目指すまちとして、それぞれのグループでまとめました。 留学生の皆さんから提案された主な内容については、よいところとしては、治安がよい、自然が豊か、おいしいブドウが食べられるなどといった意見が出され、悪いところとしては、電車の本数が少ない、お店やアルバイト先が少ない、文化の交流ができる地域の活動や外国人の悩みを相談できる機会が少ない、まちの情報が私たちには届かないといった意見が出ました。これらのほかにも留学生さんならではの率直なご意見をたくさんいただきました。 まとめとしましては、学園都市柏原を目指し、学生のまちとしてのまちづくりを行うという提案のあったグループや、地域の方と大阪教育大学の学生や教授が連携し、柏原市の自然が豊かなところを利用して、芸術的に発展できるようなイベントを行ったり、外国人と連携し、グローバル的な芸術の発展を要望として上げたグループもありました。 また、安全で住みやすいまちという観点から、地元の方とつながれる交流会などがたくさんあればよいといった提案をしたグループもありました。 次に、意見交換会のときに留学生の皆さんからいただいたアンケート結果では、意見交換会の感想について、参加された全員が「よい」とお答えいただいており、柏原市について知ることができ、気軽に意見交換ができてよかったという感想が多くございました。また、参加した理由としては、友人、知人に誘われたという理由の次に、テーマに興味・関心があったという理由も多くありました。今後このようなイベントがあれば参加したいかという質問に対しましては、ほとんど留学生さんが参加したいとの回答でした。 参加された学生の皆様、ご協力いただきました大阪教育大学の関係者の皆様には、心から感謝申し上げますとともに、この場をおかりし、厚く御礼を申し上げます。 このたびは、留学生という視点でさまざまなご意見やご提案をいただくなど、大変有意義な意見交換会でありました。市内大学との連携につきましては、昨年度は関西福祉科学大学の学生さんと、今年度は大阪教育大学留学生の皆さんと意見交換会を行い、市内にございます2つの大学と交流を深めました。今後もさらに議会大学との幅広い相互協力を構築する取り組みを検討していきたいと考えておりますので、議員各位におかれましては、今後ともご協力いただきますようお願いを申し上げます。 なお、委員会における詳細な協議内容につきましては、後日配付いたします委員会会議録のご参照をお願いいたしまして、報告を終わらせていただきます。 ○中村保治議長 ただいまの委員長報告に対し、質疑ありませんか。--別にないようです。よってこれにて質疑を終結します。 議会活性化特別委員会におかれましては、引き続き議会活性化の取り組みを進められるようよろしくお願いします。----------------------------------- ○中村保治議長 次に、日程第5、議案第60号 教育委員会委員の任命につき同意を求めることについてを議題とします。 議案の朗読を省略し、直ちに説明を求めます。     〔冨宅正浩 市長 登壇〕 ◎冨宅正浩市長 それでは、議案書の5ページをお開き願います。 議案第60号 教育委員会委員の任命につき同意を求めることについてでございます。 現在、教育委員会委員の田中保和氏の任期が令和元年12月19日に満了となりますことから、引き続き同氏を後任委員として任命することにつきまして、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第2項の規定により議会同意を求めるものでございます。 人事案件参考資料の1ページをお開き願います。 田中保和氏は、お住まいが柏原市古町、昭和25年生まれの69歳で、職業大学学長、所属政党無所属でございます。略歴といたしましては、お手元の人事案件資料をご参照いただきますようお願いをいたします。 なお、委員の任期は4年でございます。よろしくご審議、ご決定賜りますようお願い申し上げます。 ○中村保治議長 説明は終わりました。これより本件について質疑に入ります。質疑ありませんか。--別にないようです。よってこれにて質疑を終結します。 本件については、委員会付託及び討論を省略したいと思いますが、これにご異議ありませんか。     〔「異議なし」の声起こる〕 ○中村保治議長 ご異議なしと認めます。よって本件は委員会付託及び討論を省略することに決しました。 直ちに採決します。 お諮りします。議案第60号 教育委員会委員の任命につき同意を求めることについては、同意することにご異議ありませんか。     〔「異議なし」の声起こる〕 ○中村保治議長 ご異議なしと認めます。よって議案第60号は同意することに決しました。----------------------------------- ○中村保治議長 次に、日程第6、議案第61号 公平委員会委員の選任につき同意を求めることについてを議題といたします。 議案の朗読を省略し、直ちに説明を求めます。     〔冨宅正浩 市長 登壇〕
    ◎冨宅正浩市長 それでは、議案書の6ページをお開き願います。 議案第61号 公平委員会委員の選任につき同意を求めることについてでございます。 現在、公平委員会委員の野口重弘氏の任期が令和元年12月21日に満了となりますことから、後任委員として、尾野晋一氏を選任することにつきまして、地方公務員法第9条の2第2項の規定により議会同意を求めるものでございます。 人事案件参考資料の2ページ目をお開きください。 尾野晋一氏は、お住まいが柏原市片山町、昭和33年生まれの61歳で、職業は自営業、所属政党無所属でございます。略歴といたしましては、お手元の人事案件資料をご参照いただきますようお願いいたします。 なお、委員の任期は4年でございます。よろしくご審議、ご決定賜りますようお願い申し上げます。 ○中村保治議長 説明は終わりました。これより本件について質疑に入ります。質疑ありませんか。--別にないようです。よってこれにて質疑を終結します。 本件については、委員会付託及び討論を省略したいと思いますが、これにご異議ありませんか。     〔「異議なし」の声起こる〕 ○中村保治議長 ご異議なしと認めます。よって本件は委員会付託及び討論を省略することに決しました。 直ちに採決します。 お諮りします。議案第61号 公平委員会委員の選任につき同意を求めることについては、同意することにご異議ありませんか。     〔「異議なし」の声起こる〕 ○中村保治議長 ご異議なしと認めます。よって議案第61号は同意することに決しました。----------------------------------- ○中村保治議長 次に、日程第7、議案第56号 行政財産の貸付けについてから日程第19、議案第70号 令和元年度柏原市市立柏原病院事業会計補正予算(第1号)までの13件を一括して議題とします。 議案の朗読を省略し、直ちに説明を求めます。     〔脇田直行 総務部長 登壇〕 ◎脇田直行総務部長 私からは、提出案件のうち議案第56号及び議案第62号の2件につきまして説明を申し上げます。 議案書の1ページをお開き願います。 議案第56号 行政財産の貸付けについてでございます。 本件は、新庁舎がより市民に親しまれるものとなるよう、新庁舎の一部を売店等運営事業者に貸し付けるもので、地方自治法第96条第1項第6号の規定により議会議決をお願いするものでございます。 運営事業者の選定方法につきましては、来庁者の利便性の向上やにぎわいの創出などの提案が期待できます公募型プロポーザル方式といたしました。 1回目のプロポーザルでは、公募条件で示された貸付料では採算がとれないなどの理由から応募者がなかったため、2回目のプロポーザルでは、貸付料も運営事業者からの提案によるものとして実施いたしましたところ、1者から応募がございました。 この事業者からは、飲食物や文具等の販売に加え、パスポートの申請に必要となる収入印紙の取り扱い、本市特産品コーナーの設置、市のイベントへのキッチンカーなどの出店、また災害発生時の協力体制などについて提案がございました。 また、貸付料につきましては、貸付期間内での設備投資の減価償却の完了や休日営業によります人件費等の割り増しなどを踏まえた収支シミュレーションの結果、月額3,300円を提案することになったとの説明がございました。 この事業者につきまして、新庁舎売店等運営事業者選定委員会において、この貸付料を含め、総合的に検討された結果、来庁者の利便性の向上はもとより、にぎわいの創出、防災拠点としての機能強化が図れる点などを評価し、新庁舎の基本コンセプトである市民安全・安心の拠点となり、市民生活の中心となる庁舎の実現が期待できるものとして、この事業者を事業候補者として選定されたものでございます。 次に、貸し付け内容についてでございます。貸し付け物件は柏原市役所本庁舎1階部分の一部114平方メートル、貸し付け目的は来庁者及び職員の利便性の向上、貸し付けの相手方は大阪市東住吉区にあります丸善食品株式会社で、貸付期間は新庁舎の供用開始の日から令和8年3月31日まで、貸付料は月額3,300円とし、貸付料とは別に売上高の歩合により施設協力金を徴収することとしております。 なお、貸付期間中の光熱水費は全額運営事業者の負担としております。 以上で議案第56号の説明を終わらせていただきます。よろしくご審議、ご決定賜りますようお願い申し上げます。 続きまして、議案書の7ページをお開き願います。あわせて条例案件参考資料のご参照もお願いをいたします。 議案第62号 柏原市個人番号の利用及び特定個人情報の提供に関する条例の一部改正についてでございます。 個人番号をその内容に含む個人情報であります特定個人情報の利用につきましては、その利用できる事務の範囲及び利用できる特定個人情報について、いわゆるマイナンバー法により規定されておりますが、同法に定められている事務以外に、社会保障、税、防災に関する事務であって、市の条例で定める事務については、その市において特定個人情報の利用が可能となるよう規定されているところでございます。 今回、このマイナンバー法施行規則の一部改正があり、新たに介護保険法による保険給付の支給、地域支援事業の実施、または保険料の徴収に関する事務使用できる特定個人情報として、中国残留邦人等支援給付等関係情報が規定されました。 この改正に伴い、この事務において中国残留邦人等支援給付等関係情報の利用が法律の規定により可能となりましたことから、本市の条例で定めております事務から当該情報削除するものでございます。 なお、条例施行日は公布の日としております。 以上で議案第62号の説明を終わらせていただきます。よろしくご審議、ご決定賜りますよう願い申し上げます。 私からは以上でございます。     〔西戸浩詞 市民部長 登壇〕 ◎西戸浩詞市民部長 続きまして、私からは提出案件のうち議案第57号について説明申し上げます。 それでは、議案書の2ページをお開き願います。 議案第57号は、公の施設(柏原市立市民プラザ及び柏原つどいの広場)の指定管理者の指定についてでございます。 柏原市立市民プラザ及び柏原つどいの広場は、平成29年4月1日から指定管理者として、テルウェル西日本株式会社による管理を行っておりますが、令和2年3月31日をもちまして指定管理期間が満了となります。令和2年度以降も指定管理者による管理を継続するためには、新たに指定管理者の選定が必要なことから、柏原市公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例第2条の規定により、指定管理者希望する団体を市の広報誌やホームページ、インターネット指定管理者専用サイトを通じて募集をいたしました。 その結果、2団体から応募があり、学識経験者や市職員から成る指定管理者選定委員会において、同条例第4条による選定基準に照らし、総合的に審査を行っていただき、最も評価の高い団体指定管理者の候補として選定いただきましたので、地方自治法第244条の2第6項の規定により議会議決をお願いするものでございます。 議決をお願いいたします団体は、埼玉県さいたま市中央区にございます株式会社クリーン工房で、指定の期間につきましては、令和2年4月1日から令和7年3月31日までの5年間でございます。 以上で議案第57号の説明を終わらせていただきます。よろしくご審議の上、ご決定賜りますようお願い申し上げます。     〔福島 潔 教育部長 登壇〕 ◎福島教育部長 私のほうから説明をさせていただく案件は、提出案件のうち議案第58号、議案第59号、議案第63号及び議案第64号の4件でございます。 まず、議案第58号につきましてご説明申し上げます。 議案書の3ページをお開きください。 議案第58号は、公の施設(柏原市民文化会館)の指定管理者の指定についてでございます。 柏原市民文化会館の管理につきましては、指定管理者制度を導入しております。現在の管理者であるよしもとグループによる指定管理期間が令和2年3月31日をもって満了となります。令和2年度以降も指定管理者による管理を継続するためには、新たな指定管理者の選定が必要なことから、柏原市公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例第2条の規定に基づき、市のウエブサイトやインターネット指定管理者専用サイトを通じて事業者を公募しましたところ、一つの団体から応募がございました。その団体につきまして、同条第4条の選定基準に照らし、学識経験者や市職員から成る指定管理者選定委員会において、総合的な審査を経て、指定管理者の候補者として選定いただきました。 今般、その候補者を指定管理者として指定するため、地方自治法第244条の2第6項の規定により議会議決をお願いするものでございます。 議決をお願いします指定管理者となる団体は、大阪市中央区難波千日前11番6号にあります株式会社よしもとデベロップメンツでございます。 なお、指定管理の期間は、令和2年4月1日から5年間でございます。 以上で議案第58号の説明を終わらせていただきます。 続きまして、議案第59号につきましてご説明申し上げます。 議案書の4ページをお開きください。 議案第59号は、公の施設(柏原市立サンヒルスポーツセンター)の指定管理者の指定についてでございます。 柏原市立サンヒルスポーツセンターの管理運営につきましては、指定管理者制度を導入しております。現行の指定管理者である株式会社サンアメニティ大阪による指定管理期間が令和2年3月31日をもって満了となります。令和2年度以降も指定管理者による管理を継続するためには、新たな指定管理者の選定が必要なことから、柏原市公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例第2条の規定に基づき、市のウエブサイトやインターネット指定管理者専用サイトを通じて事業者を公募しましたところ、一つの団体から応募がございました。その応募団体につきまして、同条例第4条の選定基準に照らし、学識経験者や市職員から成る指定管理者選定委員会において、総合的な審査を経て、指定管理者の候補者として選定いただきました。 今般、その候補者を指定管理者として指定するため、地方自治法第244条の2第6項の規定により議会議決をお願いするものでございます。 議決をお願いします指定管理者となる団体は、大阪市中央区南新町2丁目3番7号にあります株式会社サンアメニティ大阪でございます。 なお、指定管理の期間は、令和2年4月1日から5年間でございます。 以上で議案第59号の説明を終わらせていただきます。 続きまして、議案第63号につきましてご説明申し上げます。 議案書の9ページをお開き願います。 議案第63号は、柏原市スポーツ振興基金条例の一部改正をお願いするものでございます。 令和元年10月17日、学校法人村上学園東大阪大学柏原高等学校同窓会柏友会から、柏原市のスポーツ振興に役立ててほしいと4,433円のご寄附の申し出がございました。これに伴い、柏原市スポーツ振興基金条例の改正をお願いするものでございます。 議案書の10ページをお開き願います。 改正内容は、寄附金を収受したことにより、同条例の第2条第2号の別表にあります「寄附金の名称又は寄附者の氏名」の欄に、学校法人村上学園東大阪大学柏原高等学校同窓会柏友会を、寄附金の額の欄に4,433円を加えるものでございます。 以上で議案第63号の説明を終わらせていただきます。 続きまして、議案第64号につきましてご説明申し上げます。 議案書の11ページ及び12ページをご参照ください。 議案第64号は、柏原市立小学校及び中学校の設置等に関する条例の一部改正についてでございます。 柏原市立国分東小学校に在籍する児童数は近年減少傾向が顕著であり、小規模校としての課題が年々大きくなっております。そのため、柏原市立小・中学校適正規模・適正配置基本方針に基づき、両小学校保護者、関係団体等へ説明会を実施し、柏原市立国分小学校と同国分東小学校の統合を進めてまいりました。これらの経過とあわせ、平成31年4月開催の柏原市立小・中学校通学区域審議会における国分小学校の通学区域に現在の国分東小学校の通学区域を含めるとする答申、また令和元年6月の教育委員会会議での条例改正への同意を経まして、令和2年3月31日をもって国分東小学校を閉校し、同年4月1日に国分小学校と国分東小学校の両小学校を統合することとなりました。 今回の条例の一部改正につきましては、両小学校の統合を踏まえ、柏原市立小学校及び中学校の設置等に関する条例別表第1にございます柏原市立国分東小学校に関する事項を削除する改正をお願いするものでございます。 また、放課後児童会につきましても各小学校に開設しておりますので、本条例附則におきまして、柏原市放課後児童会条例別表中にございます「国分東小学校放課後児童会」の項を削るとともに、統合先の国分小学校放課後児童会定員を「120人」から「200人」に改めるものでございます。 なお、この条例施行期日は、令和2年4月1日となります。 以上で議案第64号の説明を終わらせていただきます。 以上4件でございます。よろしくご審議、ご決定賜りますようお願い申し上げます。     〔中川拓也 市立柏原病院事務局長 登壇〕 ◎中川拓也市立柏原病院事務局長 続きまして、私からは提出案件のうち議案第65号及び議案第70号についてご説明申し上げます。 議案書の13ページをお開き願います。 議案第65号は、水道事業及び下水道事業の企業職員給与の種類及び基準に関する条例及び柏原市病院事業の企業職員給与の種類及び基準に関する条例の一部改正についてでございます。本来であれば、それぞれ担当部長からご説明をすべきところですが、内容が会計年度任用職員制度の創設に伴う給与に関するもので、病院事業で規定いたします改正条例第2条第3項以外は水道事業及び下水道事業と改正内容が共通するため、私から一括して説明をさせていただきます。 提案理由につきましては、さきの議会で市長部局について議決をいただきました会計年度任用職員に関する条例と同様、地方公務員法の改正により、現行の非常勤職員の規定が見直され、新たに会計年度任用職員制度が創設されたため、その給与について関係条例を改正するものでございます。 条例の内容につきまして、議案書の14ページをお開き願います。 第1条では水道事業及び下水道事業の企業職員給与の種類及び基準に関する条例第17条を、第2条では柏原市病院事業の企業職員給与の種類及び基準に関する条例第22条を改めるものでございます。 ともに第1項では会計年度任用職員給与及び手当の種類について規定しております。第2項では、会計年度任用職員準用するそれぞれの条例の条項について規定しております。 水道事業及び下水道事業の第3項及び病院事業の第4項につきましては、短時間勤務職員及び会計年度任用職員以外の非常勤職員給与について規定しております。 病院事業に限り第3項を設けておりますが、これは大学病院からの派遣により週1回の診察に当たっている医師休日・夜間の診療に従事している医師、夜勤専従の看護師など、勤務の特殊性により通常の給料表では評価しがたい医療従事者に対応するための規定でございます。 附則におきまして、この条例施行日を法律施行日と同じ令和2年4月1日とし、職員厚生制度に関する条例の一部改正を行っております。 以上が水道事業及び下水道事業の企業職員給与の種類及び基準に関する条例及び柏原市病院事業の企業職員給与の種類及び基準に関する条例の一部を改正する条例の提案理由と改正内容でございます。 続きまして、議案第70号についてご説明を申し上げます。 議案書の55ページをお開き願います。 議案第70号は、令和元年度柏原市市立柏原病院事業会計補正予算(第1号)についてでございます。 今回の補正の主な理由といたしましては、次年度以降の更新を予定しておりました医療機器に故障が頻発し、今年度中の更新が急遽必要となったことによるものでございます。また、一時借入金の限度額の改定をあわせてお願いするものでございます。 改正内容につきましてご説明を申し上げます。 まず、第3条は、資本収入及び支出の補正でございます。 令和元年度柏原市市立柏原病院事業会計予算第4条の企業債を6,140万円増額し、資本収入を4億2,181万5,000円に、建設改良費を6,150万5,000円増額し、資本的支出を6億2,017万1,000円とするものでございます。 次に、第4条でございますが、今年度中に予定をしております医療機器等整備事業の財源を起債とするため、予算第5条で定めておりました起債の限度額を6,140万円増額し、1億5,450万円とするものでございます。 次に、第5条では、予算第6条の一時借入金の限度額を2億円増額し、15億円とするものでございます。 続きまして、補正内容についてのご説明をさせていただきます。 議案書の62ページをお開き願います。 補正予算基礎資料の資本収入及び支出についてでございます。下段の支出からご説明をさせていただきます。 目2資産購入費の補正予定額6,150万5,000円は、医療機器等の更新に伴うものでございます。 続いて、収入でございます。 企業債の補正予定額6,140万円につきましては、今回の医療機器等整備事業の財源を起債とするため計上させていただくものでございます。 以上で令和元年度柏原市市立柏原病院事業会計補正予算(第1号)の説明を終わらせていただきます。 私からは以上でございます。よろしくご審議の上、ご決定賜りますようお願い申し上げます。     〔辰巳伸一 上下水道部長 登壇〕 ◎辰巳伸一上下水道部長 続きまして、私からは提出案件のうち議案第66号についてご説明申し上げます。 議案書の16ページをお開き願います。あわせて条例案件参考資料もご参照いただきますようよろしくお願いいたします。 議案第66号は、柏原市下水道条例の一部改正についてでございます。公共下水道に下水を流入させるために行う排水設備等の工事施工につきましては、工事を行う事業者は指定工事店として本市の指定を受けている必要がございます。また、この指定を受けるためには、営業所ごとに当該工事についての技能を有する者を専属させ、その者が責任技術者として本市の登録を受けている。これが要件の一つとなっております。 今回の改正は、この本市を含め大阪府下の全市町村がそれぞれ個別に行っております責任技術者の登録業務と大阪府下水道協会が行っております責任技術者資格試験や登録更新講習等の業務を同協会が令和2年4月1日から一元化して行うこととなりましたため、本市下水道条例において所要の改正を行うものでございます。 今回の業務一元化によりまして、市町村においては事務の軽減が図れるとともに、大阪府下複数の市町村で登録を希望する事業者にとりましては、同協会において登録が一本化されることにより、一度の登録で府内どの市町村においても下水道の排水設備工事責任技術者として業務が行えるようになりますので、事業者におきましても利便性が向上するとともに経費の削減につながるものと考えております。 なお、本市において行っておりました登録業務を同協会が行うことに伴いまして、本市において徴収しておりました責任技術者の登録及び更新に係る手数料は廃止することとなります。 条例の改正内容といたしましては、第9条の2第1項第2号で、責任技術者の規定をこれまでの本市管理者の登録を受けている者から同協会が発行いたします下水道排水設備工事責任技術者証の交付を受けた者へと変更しております。 次の第9条の9では責任技術者証の携帯及び提示について、第9条の10及び第9条の11では責任技術者の責務及び登録の取消し又は停止について、第9条の12では指定工事店の指定及び更新に係る手数料の徴収について、それぞれ定めております。また、以上の改正に伴い、不要となります第9条の13から第9条の17までを削除する旨、定めております。 なお、附則により本条例施行日を令和2年4月1日と定めております。 以上で議案第66号の説明を終わらせていただきます。よろしくご審議の上、ご決定賜りますようお願い申し上げます。 私からは以上でございます。     〔福井 浩 財務部長 登壇〕 ◎福井浩財務部長 私からは、議案第67号について説明させていただきます。 議案書の19ページをお開き願います。 議案第67号は、令和元年度柏原市一般会計補正予算(第5号)でございます。 第1条では、歳入歳出予算の総額に8億5,291万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を282億6,396万2,000円とするものでございます。 次の第2条では継続費の補正、第3条は繰越明許費の設定、第4条は債務負担行為の補正、第5条は地方債の補正を行うものでございます。 それでは、歳出から説明させていただきますので、34ページをお開き願います。 目1一般管理費326万8,000円は、来年度からの会計年度任用職員制度の実施に向け、会計年度任用職員システムの構築費用を計上するものでございます。これにつきましては、当初5年リースによる導入を想定し、今年度の当初予算使用料を計上しておりましたが、現在使用しております人事情報総合システムに機能を追加することで対応可能となったため、システム変更の業務委託料510万4,000円を計上し、当初の使用料183万6,000円を減額するものでございます。 次の目4財産管理費3億40万円は、柏原市財政調整基金条例に基づき、平成30年度の決算剰余金のうち、その2分の1に相当する額を積み立てるものでございます。 次のページをお開き願います。 目2障害福祉費70万円は、重度身体障害者住宅改造助成事業に係る申請件数が当初の見込みを上回ったことにより、予算を増額するものでございます。 次の目3障害者自立支援費2億6,584万4,000円は、自立支援給付における介護給付費訓練等給付費の利用者、自立支援医療費のうち更生医療による高額治療継続者、また次のページにございます障害児通所支援におけるサービス利用者が、いずれも当初の見込みを上回ったことにより、給付費及び手数料を増額するものでございます。 36ページの目10介護保険福祉費658万9,000円は、認知症高齢者グループホームに対し、非常用自家発電設備設置に係る費用の一部を補助するものでございます。 なお、補助金の財源は、その全額が国から交付されます。 次の目11後期高齢者医療保険福祉費482万9,000円は、大阪府後期高齢者医療広域連合に対する平成30年度の療養給付費負担金の精算金を計上するものでございます。 次のページをお開き願います。 目1児童福祉総務費717万4,000円は、平成30年度に交付されました子ども・子育て支援交付金などの国庫支出金及び府支出金の額の確定に伴う返還金でございます。 次の目2児童保育費1億2,164万1,000円は、児童手当の支給額が当初の見込みを上回ったこと、また児童扶養手当法の改正に伴い、支給回数が変更され、翌年度に支給していたものを今年度に支給することとなったことから、その増額分を計上するものでございます。 また、次のページにございます施設型及び地域保育給付費は、認定こども園や小規模保育事業所の入所児童数が当初の見込みを上回ったことにより、給付費を増額するものでございます。 38ページの目5ひとり親家庭医療助成費1,730万円と次の目6こども医療助成費1,400万円は、いずれも医療費が当初の見込みを上回ったことにより増額分を計上するものでございます。 次のページをお開き願います。 目2予防費83万3,000円は、令和2年度から開始予定の子育て世代包括支援センターの運営の準備費用として、備品購入費を計上するものでございます。 なお、この費用のうち、その3分の2については交付金が国と府から交付されます。 次のページをお開き願います。 目5交通対策費1億751万8,000円は、消費税の引き上げに伴う自転車自動車駐車場の指定管理料の増額分と、柏原市都市開発公社が平成6年に当時の駅前再開発事業用地として購入した土地を現在運営しております柏原駅西口自転車駐車場用地として買い戻しをするための費用を計上するものでございます。 なお、買い戻し予定箇所等につきましては、柏原市一般会計補正予算(第5号)説明資料の説明番号2をご参照ください。 次のページをお開き願います。 目1学校管理費141万2,000円は、国分東小学校と国分小学校の統合に伴う什器の運搬費用と、新たな通学路の安全対策として防犯カメラを設置するための費用を計上するものでございます。 次のページをお開き願います。 目1保健体育総務費140万5,000円は、東京オリンピックに係る聖火リレーに関する費用とスポーツ振興基金への寄附金の積み立てでございます。 以上で歳出の説明を終わらせていただきます。 次に、少し戻っていただきまして、28ページをお開き願います。 歳入の補正でございます。 目1民生費国庫負担金1億7,982万8,000円は、障害者自立支援費、児童手当扶助費、児童扶養手当扶助費及び施設型及び地域保育給費の増額分に対する国庫負担金でございます。 次のページをお開き願います。 目2民生費国庫補助金686万6,000円は、認知症高齢者グループホームに対する地域介護福祉空間整備補助金子育て世代包括支援センターの準備費用に対する国からの交付金でございます。 次の目4土木国庫補助金224万円は、道路舗装修繕事業に対する国庫補助金でございます。 次のページをお開き願います。 目1民生費府負担金7,237万5,000円は、障害者自立支援費、児童手当扶助費及び施設型及び地域保育給付費の増額分に対する府負担金でございます。 次のページをお開き願います。 目2民生費府補助金1,191万6,000円は、重度身体障害者住宅改造助成事業費補助金、認定こども園への施設型給付費、こども医療助成費及びひとり親家庭医療助成費の増額分並びに子育て世代包括支援センターの準備費用に対する府補助金でございます。 次のページをお開き願います。 目1指定寄附金5,000円は、スポーツ振興基金に対する寄附金でございます。下段の目2雑入マイナス3,241万2,000円は、今回の補正における収支均衡を図るため計上するものでございます。 次のページをお開き願います。 目3土木債1,140万円は、道路舗装改修事業に対する市債を新たに発行するものでございます。 下段の目1繰越金6億69万5,000円は、平成30年度一般会計決算の剰余金を繰越金として計上するものでございます。 以上で歳入の説明を終わらせていただきます。 それでは、また少し戻っていただきまして、23ページをお開き願います。 第2表、継続費の補正でございます。 庁舎施設整備事業について、環境保全対策費用が必要となったことから、継続費の総額を47億6,350万円に増額し、その年割額を変更するものでございます。 なお、一般会計補正予算(第5号)の説明資料の説明番号1に環境保全対策費用に関する説明がございますので、後ほどごらんください。 次のページをお開き願います。 第3表、繰越明許費でございます。 いずれの事業におきましても業務の進捗がおくれているため、状況に合わせ繰り越すものでございます。 次のページをお開き願います。 第4表、債務負担行為の補正でございます。 指定管理者の指定に伴うものを含め、新たに8件を債務負担行為として設定するものでございます。 次のページをお開き願います。 第5表、地方債の補正でございます。 これは、先ほどの歳入で説明いたしました市債の発行に伴い、道路舗装改修事業債を追加するものでございます。 私からの説明は以上でございます。よろしくご審議の上、ご決定をいただきますようお願いいたします。     〔石橋敬三 健康福祉部長 登壇〕 ◎石橋敬三健康福祉部長 続きまして、議案第68号並びに議案第69号についてご説明申し上げます。 議案書の43ページをお開きください。 議案第68号 令和元年度柏原市国民健康保険事業特別会計(事業勘定)補正予算(第2号)についてご説明いたします。 今回の補正案は、予算の総額に歳入歳出それぞれ337万9,000円を追加いたしまして、総額を85億1,874万5,000円とするものでございます。 それでは、補正内容を歳出からご説明いたしますので、議案書の48ページをお開きください。 目1一般管理費181万5,000円は、国保システム改修委託料でございます。これは、国からの依頼により市町村が報告する外国人保険者の国内での診療費等に係る調査につきまして、令和2年度からの調査において在留資格等の追加項目があり、その変更に対応するため、本市基幹系システムを改修するものでございます。 また、令和3年3月から全国的に導入いたします国保オンライン資格確認システムの運用に必要となる改修の一部が今回の改修箇所と同一であることから、国からの指示のもと該当する箇所に係る改修を一部先行実施するものでございます。 続いて、49ページをお開きください。 目5保険給付費等交付金償還金27万5,000円は、交付金の精算に伴う返還金でございます。これは、平成30年度に概算交付されました特別調整交付金について、実績報告の結果に基づく精算により返還するものでございます。 次に、目6その他償還金128万9,000円は、会計検査院実地検査結果による国庫返還金でございます。平成31年2月に実施されました実地検査の結果、平成27年度及び平成29年度に交付された特別調整交付金につきまして合計で128万9,000円が過大交付であることが判明いたしましたため、検査結果に基づき返還するものでございます。 次に、歳入の説明でございますが、説明の都合上、款6国庫支出金からご説明いたしますので、議案書の47ページをお開き願います。 目1システム開発等補助金181万5,000円は、歳出でご説明いたしました国保システム改修委託料の全額が国庫補助金の対象となるため、その同額を計上するものでございます。 1ページ戻っていただき、46ページをお開きください。 目6雑入156万4,000円は、歳入歳出均衡を図るための財源調整といたしまして、歳出の増額補正分から、さきにご説明いたしました国保システム改修に係る国庫補助金を差し引いた額をその他雑入として計上するものでございます。 議案第68号の説明は以上でございます。 続きまして、議案書の50ページをお開き願います。 議案第69号 令和元年度柏原市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第1号)についてご説明申し上げます。 今回の補正案は、予算の総額に歳入歳出それぞれ3,174万2,000円を追加いたしまして、総額を10億3,450万1,000円とするものでございます。 それでは、補正内容を歳出からご説明申し上げます。議案書の54ページをお開き願います。 目1後期高齢者医療広域連合負担金3,174万2,000円は、広域連合への保険料負担金の増額分でございます。これは、平成31年4月以降出納閉鎖までに収納いたしました平成30年度保険料を制度上、令和元年度の保険料等負担金として広域連合に支払うものでございます。 次に、歳入のご説明をいたします。 戻っていただいて、議案書の53ページをお開きください。 目1繰越金3,174万2,000円は、平成30年度会計決算確定により生じました剰余金を令和元年度に繰り越すもので、平成31年4月以降出納閉鎖までに収納いたしました保険料と同額でございます。 ご説明は以上でございます。ご審議どうぞよろしくお願い申し上げます。 ○中村保治議長 以上で説明は終わりました。ただいまの説明でわかりにくい点がありましたら、質疑にならない範囲でお聞きいただいて結構です。ありませんか。--別にないようです。よって提出案件の説明を終わります。----------------------------------- ○中村保治議長 以上で、本日の議事日程は全て終了しました。 なお、質問通告の締め切りは12月3日火曜日の正午までとなっておりますので、よろしくお願いします。 あすから12月10日までは休会とし、11日に本会議を再開します。 本日はこれにて散会します。 △散会 午前11時6分...