715件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

那覇市議会 2019-12-13 令和 01年(2019年)12月13日教育福祉常任委員会(教育福祉分科会)−12月13日-01号

そのときの数字ですが、対象となる児童800名というふうに想定しておりました。  その中で、浦添とか、うるま市とか大体半分ぐらいを利用しているという状況がつかんでおりましたので、800人から半分400人が利用するというふうに想定した場合、1億6,500万円の事業費が必要というふうに試算しております。 ○委員長(坂井浩二)  奥間亮委員。

那覇市議会 2019-12-12 令和 01年(2019年)12月12日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)-12月12日-01号

今のところ警備と運営のスタッフ等も含めて、委託業者から出ていただく業者は70数人、それに合わせてイレクターフェンスであったり、カラーコーンであったり、そういった資機材も含めて800万、イレクターフェンス等私どもが持ってるのは削った中で、今こういった金額等を県のほうからご提示いただいてるところですが、これについては、先ほど申し上げたとおり、警察と今調整をしております。

那覇市議会 2019-12-12 令和 01年(2019年)12月12日教育福祉常任委員会(教育福祉分科会)-12月12日-01号

それから配送業務を委託のほうにお任せするようなイメージで考えているところでありますけれども、単純な金額の比較というところに関しましては職員が実施する人件費、これが変更になる部分というふうに考えておりまして、直営で実施した場合は正職員の調理員がこの施設に関しては約7人、会計年度職員調理員でこれが7人、それから配送を担う運転手が4人というようなところで配置が必要と考えておりまして、差額としましては大体2,800

那覇市議会 2019-12-12 令和 01年(2019年)12月12日都市建設環境常任委員会(都市建設環境分科会)−12月12日-01号

◎クリーン推進課長(大嶺毅)  今年度は、例年の梅雨時期よりかなり800ミリとかなりの降雨量が出ております。  過去10年間を見ましても最大値になっておりますので、この分は2年分の想定はしておりましたが、過去10年分という大きなスパンでの想定はしておりませんでした。 ○委員長(前泊美紀)  仲松委員。 ◆委員(仲松寛)  そうなるわけですよね。

那覇市議会 2019-12-11 令和 01年(2019年)11月定例会−12月11日-07号

訴訟の内容につきましては、現行の賃料月額2,500万円を昨今の県内における地価の上昇やホテル物件等の賃料相場の上昇を受けて、約800万円を増額し、月額約3,300万円を求めたものでございます。  ホテル部分の契約につきましては、期間平成21年7月1日から平成31年(令和元年)6月30日までとし、固定の賃料より契約を行っておりました。  

那覇市議会 2019-12-09 令和 01年(2019年)11月定例会-12月09日-05号

開削工法による布設替工事の実績は、平成29年度は汚水工事1件、工事金額約900万円、工事延長約130メートル平成30年度は汚水工事1件、工事金額約2,800万円、工事延長約260メートルとなっており、令和元年度は汚水工事1件、工事金額約2,000万円、工事延長約100メートルを行っているところでございます。 ○久高友弘 議長   當間安則議員

那覇市議会 2019-12-06 令和 01年(2019年)11月定例会−12月06日-04号

この車両の特性としましては、薬液と水を混ぜて通常の約10分の1の水量で消火できる圧縮空気泡消火システム通称キャフス)を搭載し、従来の消防ポンプ車は水を2,000リットル積載ですが、この車両は水を800リットル積載となっております。  現在、本市では、キャフスを搭載しているポンプ車を6台保有配置しております。 ○久高友弘 議長   金城眞徳議員

那覇市議会 2019-12-05 令和 01年(2019年)11月定例会-12月05日-03号

◎宮城寿満子 福祉部長   平成29年に試算したところの数字でございますが、対象となる児童の約800人中、他市の状況などを参考にし、半分の約400人が利用すると想定した場合で、約1億6,500万円の事業費が必要になると見込んでおります。 ○久高友弘 議長   坂井浩議員。 ◆坂井浩二 議員   400人想定、約1億6,500万円かかるということがわかりました。  

那覇市議会 2019-10-02 令和 01年(2019年)10月 2日予算決算常任委員会−10月02日-01号

次に、企画財務市民税課関係分のうち、市県民税の課税漏れの件について、当局から、追加徴収の対象者は全体で78名、総額は328万9,800円、国民健康保険税の追加徴収については全体で24名、総額は101万5,100円である。  療養休暇に入った職員の未処理データを8月7日に確認し、9月19日に対象者へ納付書を発送した。

那覇市議会 2019-09-27 令和 01年(2019年) 9月27日教育福祉常任委員会(教育福祉分科会)-09月27日-01号

これから引きますと、800名から900名の方が対象となる可能性がございます。  そこで、あらあらではございますが、ただ、この800名、900名の方に平均の年間医療費、重身の年間医療費を掛けますと、約1億円程度の数字試算を今出しているところでございます。これがまた事業費として上乗せされるということになると思います。 ◆委員(湧川朝渉)  終わります。

那覇市議会 2019-09-26 令和 01年(2019年) 9月26日教育福祉常任委員会(教育福祉分科会)-09月26日-01号

不納欠損は全体で申しますと、2017年が177件で3,900万円余り、2018年が128件で2,300万円余り、2019年が214件で7,800万円余りとなっております。  これにつきましては、全ての返還金を今、洗い出しを全部しておりまして調停等も全部過去にさかのぼって台帳一つ一つ調べているところから、ちょっと増えている状況でございます。以上です。 ○委員長(坂井浩二)  宮平のり子委員。

那覇市議会 2019-09-26 令和 01年(2019年) 9月26日都市建設環境常任委員会(都市建設環境分科会)−09月26日-01号

29年と30年度で送水移管とポンプの設置工事は完了しましたが、調整池屋根については、大雨等の影響で工事がおくれたため、3,899万7,800円を今年度に繰り越ししております。  次、16ページをお願いします。  03の事業番号02、し尿等下水道放流施設維持管理事業でございます。  

那覇市議会 2019-09-26 令和 01年(2019年) 9月26日総務常任委員会(総務分科会)-09月26日-01号

主なものは、1階外回り柵の修繕費64万5,840円、再生水加圧ポンプの修繕費41万4,331円、計測機器の修繕費38万8,800円となっております。  以上でございます。 ○委員長(上里直司)  ただいまの訂正申し出につきましては、会議規則第124条の規定を準用し、委員長において許可することにいたします。  休憩いたします。                 

那覇市議会 2019-09-25 令和 01年(2019年) 9月25日教育福祉常任委員会(教育福祉分科会)-09月25日-01号

◆委員(翁長雄治)  1,800万円でしたか、その中の2分の1ということでよろしいですか。 ○委員長(坂井浩二)  下地課長。 ◎こども政策課長(下地広樹)  すみません、説明が不足しておりました。  予算事業そのものは3,223万9,000円でございまして、2分の1の補助が現状ございますので、一般財源が1,819万7,000円ということでございます。

那覇市議会 2019-09-25 令和 01年(2019年) 9月25日都市建設環境常任委員会(都市建設環境分科会)-09月25日-01号

都市計画課担当副参事(平良正樹)  実証実験の支払い上限額、単価契約になるのですが、こちらについては41万2,800円ということであります。  基本的には、平成28年度に真和志地域の乗り合いタクシーの実証実験を行いまして、平成29年の1月から本格運行を行いました。  

那覇市議会 2019-09-25 令和 01年(2019年) 9月25日総務常任委員会(総務分科会)−09月25日-01号

広報広報なは「市民の友」を本市のホームページに確保した広告枠の売却によるものであり、売却金額は365万5,800円でございました。  歳入については以上でございます。  続いて歳出についてご説明いたします。資料の7ページをお開きください。初めに、秘書及び渉外事業について主なものをご説明いたします。当該事業は、市長、副市長の秘書及び渉外業務に関する経常的な事務経費及び内部管理費となります。

那覇市議会 2019-09-24 令和 01年(2019年) 9月24日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)−09月24日-01号

◎商工農水課主幹(新川智博)  まずこの不用額の金額につきましては、その1社の申請の見込額といいますか、もともと当初予算800万だったんですね。その申請のあった時点で、4社の応募がございましたので、これが大体600万ぐらいの見込みでありました。  

那覇市議会 2019-09-24 令和 01年(2019年) 9月24日教育福祉常任委員会(教育福祉分科会)-09月24日-01号

◆委員(奥間亮)  今の部分聞きたいんですけれども、これ結局7,800万円、これはもう繰り越しじゃなくて不用額になったということで間違いないですか。 ○委員長(坂井浩二)  平安山所長。 ◎教育研究所長(平安山敏和)  はい。不用額でございます。 ○委員長(坂井浩二)  奥間亮委員。 ◆委員(奥間亮)  これソフト交付金ですよね。この入札したのはいつですか、決まったのは。