43件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

那覇市議会 2019-09-24 令和 01年(2019年) 9月24日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)−09月24日-01号

観光課長(赤嶺文哉)  現状ということで、平成30年度、昨年度の看板等の指導回数につきましては、累計で9,724件、前年度、平成29年度は7,681件でしたので、約1,900件近く増えてはおります。  あわせて車両の指導回数が、平成30年度が4,951件、前年度の平成29年度が4,612件となっております。  

那覇市議会 2019-09-11 令和 01年(2019年) 9月定例会-09月11日-05号

歳出予算現額から支出済額を差し引いた991万2,724円が不用額であります。  歳入決算額から歳出決算額を差し引いた601万105円が平成30年度決算における実質収支額であります。  以上、認定第2号、平成30年度那覇市土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算の概要をご説明いたしましたが、詳細につきましては決算書及び附属書類をご覧の上、ご審議くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

那覇市議会 2018-09-19 平成 30年(2018年) 9月19日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)-09月19日-01号

予算額7,779万2,000円、執行額7,593万5,724円。これはパレット市民劇場の指定管理料が主なものとなっております。そして、修繕費が183万6,000円という形になっております。  パレット市民劇場に関しては3年間の指定管理期間で、平成28年度から、ことし平成30年度までの3カ年となっておりまして、今年度公募している最中でございます。  

那覇市議会 2018-09-19 平成 30年(2018年) 9月19日建設常任委員会(建設分科会)−09月19日-01号

その下、沖縄振興公共投資交付金は、久場川公園、虎瀬公園、森口公園などの6公園と、那覇埠頭緑地などに緑地を整備するために活用している交付金で、繰り越しによる収入未済が3,724万805円となっております。当該交付金の繰越分につきましては、8月末までに全額執行済みとなっております。  続きまして、2ページ目をごらんください。  

那覇市議会 2016-10-12 平成 28年(2016年)10月12日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)−10月12日-01号

歳出予算額1億6,336万7,000円に対し、支出済額1億5,793万4,276円となっており、543万2,724円の残となっております。  では、主なものをご説明いたします。  まず、説明資料の54ページ、下の欄。事業番号30、協働によるまちづくり推進事業をご覧ください。予算現額605万1,000円に対し、支出済額571万4,499円で、執行率94.4%となっております。  

那覇市議会 2016-10-12 平成 28年(2016年)10月12日教育福祉常任委員会(教育福祉分科会)-10月12日-01号

№4の小学校管理運営費は、予算現額1億4,381万8,000円、支出額1億3,724万3,611円、不用額657万4,389円、執行率95.4%です。この事業は、小学校36校の消耗品やタクシー使用料、備品購入費などの経費で、実績による不用となっております。  №8の中学校管理運営費も同様の事業で、執行率は90.9%です。  

那覇市議会 2016-09-29 平成 28年(2016年) 9月29日予算決算常任委員会−09月29日-01号

次に、歳出につきましては、建設管理部全体で2,724万5,000円を増額補正しております。  これは、道路新設改良事業に係る工事請負費と一般事務費の非常勤職員補充のための報酬及び、新都心公園及び漫湖公園における施設修繕等の増額補正となっております。  続きまして、平成27年度建設管理部各課関係の主な事業について、その決算概要をご説明いたします。  

那覇市議会 2015-06-26 平成 27年(2015年) 6月定例会-06月26日-06号

◎徳元律夫 消防局長総務部参事監   本市における平成26年の救急出動件数は1万7,701件、搬送人員は1万5,409人で、前年と比べますと、出動件数で914件、5.4%、搬送人員で724人、4.9%の増加となり、過去最高となっております。  1日の平均出場件数は、約48件で、約29分に1回の割合で出動したことになります。  

那覇市議会 2015-06-25 平成 27年(2015年) 6月定例会-06月25日-05号

前年と比べますと、出動件数で914件、5.4%の増加、搬送人員は724人、4.9%の増加となり、過去最高となっております。また,本年5月末現在の速報値では、出場件数7,698件、搬送人員6,714人となっており、この推移でいきますと、おおよそ出動件数は1万8,500件、搬送人員は1万6,200人に達すると予測されます。  次に、救急体制の強化充実の取り組みについてお答えします。  

那覇市議会 2012-12-03 平成 24年(2012年)12月定例会-12月03日-01号

第2款 繰入金は、724万円の減額となっております。  第3款 繰越金は、40万3,000円の増額となっております。  第4款 市債は、1,460万円の減額となっております。  これらは主に、農連市場地区において、組合設立認可申請や事業計画認可申請が年度末にずれ込むため、認可後に予定している調査費等の減額に伴うものであります。  次に、歳出についてご説明申し上げます。  

那覇市議会 2012-09-04 平成 24年(2012年) 9月定例会-09月04日-01号

第4款基金積立金は、1億9,724万5,000円の増で、平成23年度決算剰余金等を介護給付費等準備基金に積立てることによるものであります。  第6款諸支出金は2億7,517万3,000円の増で、平成23年度決算に伴う償還金及び繰出金が生じたことによるものであります。  よろしくご審議くださいますよう、お願い申し上げます。 ○永山盛廣 議長   大城弘明環境部長。

那覇市議会 2011-12-14 平成 23年(2011年)12月定例会-12月14日-07号

それを踏まえて県の過失による損害を請求することは、損害の回復にあたることから、国家賠償法の第4条に基づいて返還を求める期限について、民法724条、不法行為による損害賠償請求権期間制限の規定に従って、20年分遡って請求できるとしています。私はこの主張に全面的に賛同しておりますけれども、当局の見解を伺います。 ○翁長俊英 副議長   渡慶次克彦企画財務部長

那覇市議会 2010-06-14 平成 22年(2010年) 6月定例会-06月14日-03号

次に、市管理の墓地数は全体で724区画あり、現在は711区画が利用されております。  納骨堂につきましては、南納骨堂は全部屋数が2,240室あり、現在2,191室の利用があります。北納骨堂に関しましては老朽化が著しいため、一般市民への利用をお断りしている状況であります。  今後の整備につきましては、北納骨堂の建て替えを計画しており、その際には市民共同墓の導入も検討しております。

那覇市議会 2008-09-19 平成 20年(2008年) 9月定例会−09月19日-05号

今、那覇の識名園の墓は幾つぐらいあるかといいますと、まず識名園5,000坪ぐらいの墓地の面積があるんですが、5,000坪の中に724区画あるわけです。そして、これを那覇市が711区画貸し出しているんですが、この5,000坪で724区画というと、1区画といっても大体15uぐらいのものですから、本市が貸し出ししているのは。家族墓になっているわけです。

那覇市議会 2008-02-29 平成 20年(2008年) 2月定例会−02月29日-06号

なお、全724区画中694区画が既に永代使用で自己管理となっていることから、現時点での状況では霊園管理費の導入は困難と考えております。  最後に(5)指定管理者制度の導入について、お答えいたします。  指定管理者制度の導入については、霊園墓地のみではなく、納骨堂やその他の施設も含めた霊園全体として検討する必要があるものと考えております。