46件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

那覇市議会 2019-09-25 令和 01年(2019年) 9月25日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)-09月25日-01号

予算現額、調定額、それぞれ692万9,000円、収入済額も692万9,000円で、100%の収入率となっております。  続きまして、歳出に移りたいと思います。9ページから11ページまでとなっております。説明のほうは、主な事業と執行率が低いものについてご説明したいと思います。  では9ページ、4款衛生費、1項保健衛生費、2目予防費、そちらの2番目の予防接種事業になります。

那覇市議会 2019-09-18 令和 01年(2019年) 9月18日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)−09月18日-01号

予算現額9,163万8,000円に対し、収入済額8,721万4,692円、差額442万3,308円となっています。今回、歳入減となった主な理由について、厚生年金適用事業所の増加に伴い、2号被保険者が増加し、1号被保険者が減少していることから、事務交付金の額も減額となっています。  続きまして、歳出についてご説明いたします。  

那覇市議会 2019-09-18 令和 01年(2019年) 9月18日都市建設環境常任委員会(都市建設環境分科会)−09月18日-01号

第1款資本的支出、予算額合計23億5,336万3,000円に対しまして、決算額は14億7,084万1,692円となっております。翌年度繰越額が8億5,004万3,080円となっておりますが、主な理由は道路管理者との協議を要したことなどに伴い、適正な工期を確保するために繰り越しにしたことによるものであります。  

那覇市議会 2019-09-02 令和 01年(2019年) 9月定例会-09月02日-01号

資本的収支における資本収入決算額は3億863万円、資本的支出の決算額は14億7,084万1,692円となっており、資本収入額が資本的支出額に不足する額は、建設改良積立金等で補てんしております。  よろしくご審議くださいますよう、お願い申し上げます。  続きまして、議案第96号、平成30年度那覇市下水道事業会計利益の処分及び決算の認定について、ご説明申し上げます。  

那覇市議会 2019-02-27 平成 31年(2019年) 2月27日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)-02月27日-01号

昨年度末の麻しんの流行に伴い、0歳児に対するMRワクチン接種に係る費用が2分の1県補助金となっておりましたので、新規に692万9,000円の補正額となり、補正後の額としまして692万9,000円となっております。  続きまして、歳出予算の説明でございます。  歳出予算につきましては、補正額が50万円以上の事業を説明いたします。  配付資料の4ページをごらんください。  

那覇市議会 2019-02-27 平成 31年(2019年) 2月27日建設常任委員会(建設分科会)-02月27日-01号

◆委員(糸数昌洋)  前回もお聞きしたんですが、ちょっとすりあわせというか、政策説明資料とどうしても皆さんの資料と、道路管理課分だけはどうしてもまたがるからちょっと合わなくなっているところもあるので、亜熱帯庭園都市道路美化事業、これは繰越明許されている分と、もともと6,692万9,000円のところが520万9,000円減で、今回補正減されて、6,172万になっているんだけど、この繰越明許された分と

那覇市議会 2018-09-26 平成 30年(2018年) 9月26日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)−09月26日-01号

調定済額308万8,208円に対しまして、収入額45万1,004円、不納欠損額84万4,512円、未収額179万2,692円、対調定収納率14.6%となっております。  続きまして次の行の、市場使用料及び電気水道料相当損害金(現年度)は、平成28年度の小間明け渡し等訴訟判決による、平成25年4月1日から平成29年3月2日の期間使用料相当損害金、86万5,563円でございます。  

那覇市議会 2018-03-08 平成 30年(2018年) 3月 8日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)-03月08日-01号

この事業は、公共水域及び地下水の水質の環境基準の監視、事業等の指導、主要の水浴場の水質調査などを行う事業で、公共水域等の水質測定業務委託として、6つの河川27地点、海域で6地点、地下水、今回は21地点、海水浴場1地点の水質測定を行っており、予算額は692万9,000円を計上しております。  次に、番号22住宅騒音防止対策事業です。

那覇市議会 2017-09-19 平成 29年(2017年) 9月19日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)−09月19日-01号

平成28年度現年度予算歳出予算現額3億5,361万8,000円に対し、支出済額3億4,668万8,158円となっており、692万9,842円の残となっております。また、繰越明許、予算現額115万5,800円に対し、支出済額115万5,600円、200円の残となっております。  では、主なものをご説明いたします。説明資料の14ページ、決算の審査資料は124ページになります。

那覇市議会 2017-09-15 平成 29年(2017年) 9月15日教育福祉常任委員会(教育福祉分科会)-09月15日-01号

次に第6款諸支出金は2億2,692万3,000円で、これも平成28年度の決算に伴う償還金及び操出金の発生によるものであります。その内訳は、国及び県への償還金が1億3,176万4,000円、一般会計への操出金が9,515万9,000円であります。  以上で補正の説明を終わります。よろしくご審議くださいますようお願い申し上げます。 ○委員長(多和田栄子)  これより質疑に入ります。  桑江豊委員。

那覇市議会 2017-09-01 平成 29年(2017年) 9月定例会−09月01日-01号

第6款 諸支出金は2億2,692万3,000円の増額補正で、平成28年度の決算に伴う償還金及び繰出金が生じたことによるものであります。  以上が、議案第71号、平成29年度那覇市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)の概要であります。  よろしくご審議くださいますよう、お願い申し上げます。 ○翁長俊英 議長   新里博一健康部長

那覇市議会 2017-03-09 平成 29年(2017年) 3月 9日総務常任委員会(総務分科会)−03月09日-01号

歳出の総額は6億692万6,000円で、昨年度比で1,354万1,000円の減になっております。  減額の主な理由は、議員共済会への負担金、議員年金に相当する部分ですが、負担金が減額になったことによるものです。  歳出の内訳につきましては、事業別に主なものを説明してまいります。  

那覇市議会 2016-10-14 平成 28年(2016年)10月14日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)-10月14日-01号

皆さんの資料の予算書とあわせながら、特に予算現額に対して収入済額が、収納率58.7%という部分はわかるんですが、そのことに対する指摘と執行状況についての当初予算が279万5,692円に対して251万3,602円というくだりの部分は、どこの事業に当たっているのかがこの資料からもよく見えないんですね。その辺のご説明と、この予算決算規則で指摘されている事項についてご説明をお願いしたいと思います。

那覇市議会 2016-10-14 平成 28年(2016年)10月14日建設常任委員会(建設分科会)−10月14日-01号

道路建設課分の歳出合計は、予算現額が92億6,380万5,089円、支出済額が、55億9,530万7,824円、翌年度繰越額が、36億1,157万7,186円、不用額5,692万880円、執行率は60.4%となっております。  ただ、支出負担行為額自体は、82億ぐらいありまして、契約ベースでの執行率のほうは5月31日時点で、89.3%となっております。  以上が道路建設課分の説明であります。

那覇市議会 2016-10-13 平成 28年(2016年)10月13日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)−10月13日-01号

予算費目、13節委託692万2,000円、支出済額629万9,380円、不用額62万2,620円、執行率が91.0%となっております。公共水域の水質測定業務として市内6河川、27地点で年間4回から12回の測定を行っています。海域のほうは6地点で6回から12回、地下水が1地点。海水浴場のほうは年4回、測定を実施しております。