553件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

那覇市議会 2019-12-20 令和 01年(2019年)11月定例会-12月20日-付録

公正に解決するべきことを求めることについて  (8) 陳情第10号 那覇市議会としてのラジオ番組を持ち、定期的なラジオ放送を行うことについて  (9) 陳情第25号 日本政府中国空軍沖縄空域での活動を中止させ、沖縄平和安全を守り、日中関係の改善の実現を図るよう求めることについて  (10) 陳情第36号 10.10空襲で戦災にあった那覇へ義援金を送った方へのお礼について  (11) 陳情第66

那覇市議会 2019-12-09 令和 01年(2019年)11月定例会-12月09日-05号

その集計結果によりますと、小学校6年生の保持率は66.3%、中学校3年生の保持率は87.5%となっております。  現状の課題としましては、スマートフォンの長時間使用により昼夜が逆転し、学校生活に影響を及ぼしたり、インターネットゲームによる多額な課金請求の問題、違法、有害サイトヘアクセスし、トラブルに巻き込まれる案件などが挙げられます。 ○桑江豊 副議長   末吉正幸こどもみらい部長

那覇市議会 2019-10-04 令和 01年(2019年) 9月定例会−10月04日-付録

公正に解決するべきことを求めることについて  (8) 陳情第10号 那覇市議会としてのラジオ番組を持ち、定期的なラジオ放送を行うことについて  (9) 陳情第25号 日本政府中国空軍沖縄空域での活動を中止させ、沖縄平和安全を守り、日中関係の改善の実現を図るよう求めることについて  (10) 陳情第36号 10.10空襲で戦災にあった那覇へ義援金を送った方へのお礼について  (11) 陳情第66

那覇市議会 2019-09-25 令和 01年(2019年) 9月25日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)-09月25日-01号

66行目及び67行目の第三者納付金は、交通事故などによりけがを負った場合、一旦は国保で医療費を給付し、その費用を加害者や自賠責保険、任意保険会社に対し請求するもので、収納強化により前年度より増額となっておりますが、一方で被保険者数の減により延滞金などの減少が大きく、諸収入全体としては前年度から減となっております。  次に、歳出の主なものについて説明いたします。  

那覇市議会 2019-09-24 令和 01年(2019年) 9月24日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)−09月24日-01号

◆委員(下地敏男)  国際通り情報発信大型ビジョン活用事業なんですけど、有料広告料の調定額が66万8,000円、そしてビジョンにかかった費用が1,116万円余りですね。  繰越明許で674万円ということなっているときに、この支出済額から繰越明許を引いて、その額が実際に支払われていて、有料広告料は66万8,000円ということでの理解でよろしいですか。この繰越明許との関係を教えてください。

那覇市議会 2019-09-24 令和 01年(2019年) 9月24日都市建設環境常任委員会(都市建設環境分科会)−09月24日-01号

決算書は66ページと67ページでございます。  内容といたしましては、03社会資本整備総合交付金の現年度分と繰り越し分をあわせて予算現額1,233万9,000円。そして、収入済額は同額となっております。対予算としては100%となっております。  続いて、第15款、これは県支出金でございますが、この中の第2節都市計画補助金をごらんください。  決算書は78ページでございます。  

那覇市議会 2019-09-18 令和 01年(2019年) 9月18日都市建設環境常任委員会(都市建設環境分科会)−09月18日-01号

収益的収入及び支出の決算額は、収入が77億2,591万2,000円、支出が66億9,284万5,000円となっております。  従いまして、グラフの下半円の右側部分に赤色で表示されております、当年度純利益は、収入から支出を差し引いた額、10億3,306万7,000円となっております。  次に、右側のグラフ資本収入及び支出についてご説明いたします。  

那覇市議会 2019-09-17 令和 01年(2019年) 9月17日都市建設環境常任委員会(都市建設環境分科会)−09月17日-01号

奨励金の支出額が66万6,000円となっているわけだけど、この執行率はどれぐらいだったんですか、すぐわかりますか。ごみ処理の機器等の支援奨励金。これはごみ減量の資源推進事業ですよね。 ○委員長(前泊美紀)  仲尾次主幹。 ◎廃棄物対策課主幹(仲尾次潤)  こちら決算議会日付だと思うんですけど、きょうわかる範囲でお伝えしますと、予算自体の執行率は81%です。 ◆委員(仲松寛)  え?もう1回。

那覇市議会 2019-09-10 令和 01年(2019年) 9月定例会−09月10日-04号

過去3年分の予算額と執行率について申し上げますと、学校教育活動の一環としての運動競技及び文化的活動の大会派遣を対象とした児童・生徒の県外派遣旅費補助金事業が、平成28年度予算額が1,396万円で執行率87.7%、29年度予算額が1,396万円で執行率66.9%、30年度予算額が1,418万4,000円で執行率99.6%となっております。  

那覇市議会 2019-08-26 令和 01年(2019年) 8月26日都市建設環境常任委員会(都市建設環境分科会)−08月26日-01号

66ページ、地域土地利用の方針。  68ページ、地域公共交通の方針。  70ページ、安全・安心な地域形成の方針。  72ページ、暮らしと交流の方針。ここまで1セットといいますか、こういう項目で地域別に記載しております。  A3の全体構成の中でも黄色でマークしました。ここは特徴的なところをマークしておりまして、今回そこをご説明いたします。  

那覇市議会 2019-08-19 令和 01年(2019年) 8月臨時会(その2)−08月19日-目次

・提案理由説明   古 堅 茂 治 議員………………………………………………………………… 60  ・質疑(共同提出者の登壇:清水 磨男 議員)   奥 間   亮 議員………………………………………………………………… 62  ・討論   奥 間   亮 議員(反対)………………………………………………………… 65  ・表 決(賛成多数により可決)………………………………………………………… 66

那覇市議会 2019-07-01 令和 01年(2019年) 6月定例会−07月01日-付録

──────────┼─────┼─────┤ │議   案│那覇市立森の家みんみん条例の一部を改正する │  〃  │  〃  │ │第 65 号│条例制定について              │     │     │ ├─────┼──────────────────────┼─────┼─────┤ │議   案│令和元年度那覇市一般会計補正予算(第2号) │  〃  │  〃  │ │第 66

那覇市議会 2019-07-01 令和 01年(2019年) 6月定例会-07月01日-09号

                      (教育福祉常任委員会委員長報告) 第10 議案第54号 那覇市附属機関の設置に関する条例の一部を改正する条例制定について                       (厚生経済常任委員会委員長報告) 第11 議案第56号 那覇市手数料条例の一部を改正する条例制定について    議案第61号 那覇市消防手数料条例の一部を改正する条例制定について    議案第66

那覇市議会 2019-06-21 令和 01年(2019年) 6月21日総務常任委員会-06月21日-01号

次に、議案第66号、令和元年(2019年度)那覇市一般会計補正予算(第2号)中、消防局警防課関係分についてを議題といたします。  それでは、新城敏行警防課長、説明をお願いいたします。 ◎警防課長(新城敏行)  ハイサイ。消防局警防課長、新城です。よろしくお願いします。  それでは、一般会計補正予算をご説明いたします。歳入はございませんので、歳出についてご説明いたします。

那覇市議会 2019-06-21 令和 01年(2019年) 6月定例会−06月21日-08号

について    議案第65号 那覇市立森の家みんみん条例の一部を改正する条例制定について    議案第68号 財産の取得について(救助工作車)    議案第69号 市道の路線認定及び廃止について    議案第70号 議決内容の一部変更について 第4 議案第56号 那覇市手数料条例の一部を改正する条例制定について    議案第61号 那覇市消防手数料条例の一部を改正する条例制定について    議案第66

那覇市議会 2019-06-21 令和 01年(2019年) 6月21日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)−06月21日-01号

●開催日時  令和元年(2019年)6月21日 金曜日 開会 午前10時13分                    閉会 午後0時11分 ─────────────────────────────────────── ●場所  厚生経済委員会室 ─────────────────────────────────────── ●会議に付した事件  予算分科会  1 議案審査    (1) 議案第66